スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連続バラシ

今日は暖かいお花見日和という事なので、久しぶりでスニーカーで出かけてきました。
ホントに日が長くなったので、家を出るときから既に明るくなっていますね。

今日は先週よりも人出が出ているのでは無いかと思う反面、多摩高前と堰上流が好調との話が有る事、4月に入るとフライの方達が順に渓流に移動される(ブログ拝見していると解りますね)ので人出は減って行く事、等々で意外と少ないのではと思いながら土手を上がります。

熱心にロッドを振る釣り人を発見、やはり常駐班のToshiさんですね。masaさんもほとんど同時に到着されました。今日は2番瀬が良いとのお話ですが、誰も居ない5番瀬をまず狙って見る事にしました。

20090404-1

鯉が結構居るみたいですが、先週に比べて5番瀬は魚影が薄いですね。それでも手を変え品を変えで工夫していると、5回以上バイトが有りましたが暫く引き合うも全てフックアウトしてしまいます。

食いが浅いですね、悪戦苦闘しているとウキが大きく引き込まれて、合わせるとかなり強い引きです。これは間違いなく鯉ですね、しかもスレっぽい、本流に乗られてしまい止む無く全部の瀬を横断して下ってランディングしました。大きな4kgUPの鯉でしたが、背びれにフッキングしていたので写真は撮りませんでした。ふう~、疲れた。

20090404-2

1時間以上こんな状態だったので、2番瀬に移動して見ました。魚は沢山入っているので少し調整するとヒットしますがやはりバラシが多いですね。このシステム、合わせが難しいですね、特に食いが浅い(じゃれる様な感じ)ときは連続バラシです。

それでも、試行錯誤(このシステムの面白い所)しているときっちりとフッキング、これは重いなと思いながら寄せて見るとご覧の様にぶっといマルタでした。

20090404-3
20090404-5
20090404-5

その後は、ポツポツとウグイとマルタをゲットして、鯰さん狙いのmasaさんと合流です。
強固な根掛りの正体がバイクだったとは(Toshisさんのブログ参照)、道理でピクリとも動かない訳ですね。
しかし鯰さんヒットしません、いったい何処に行ってしまったのか?

再度、マルタ狙いに戻るもフライを見切ってしまいます。相変わらずバラシの連続ですが、ようやくウグイがヒットしました。
丁度お見えになっていたtamagawalkさんに、お見せする事が出来ました。

このフライも見切られてしまい、久しぶりにブレットンを投入するとたちまちヒット、しかしやはりバラシが多いです。
最後にお馴染みシーマスター70Sをキャストして引いてくると、良く見える水中を狂ったようにマルタが追ってきて目の前でヒットしました。これはエキサイティングですね。

20090404-7

その後、数匹上げてから鯰さんの延長戦に再チャレンジしましたが、こちらはやっぱり駄目でした。

帰る頃には流れ込み下流の右岸はヘラ師の方達で一杯でした。鯰さん、次回は場所を変えて狙うかですね。
でも今日は、沢山の方達とお話が出来て楽しかったです。皆さん、有難う御座いました。

水が引いて化石島が復活していました、右岸は今年もお花見で賑わってますね。

20090404-8
20090404-9

マルタの季節が終わると、鯉・ニゴイの滝登りに引き続き鯰さんの季節がやって来ます。楽しみですね。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

ありがとうございました
マルタウグイさん
本日はどうもありがとうございました。

我が家では、昨年多摩川で子どもが釣った小さなウグイを飼育しています。
初めて見る婚姻色の大きなウグイ、マルタウグイとは違った婚姻色の美しさに私も子どもたちも、そして、一緒に伺ったご家族も感動しました。

毎度、釣りの手を止め情報交換や楽しい会話、心よく対応していただけることに感謝×2です。

どっぷりと太ったマルタウグイすごいですね。メスでしょうか。

そして、シーマスターを追い食いするウグイ、私も体験してみたいです。

仕掛けも、色々な工夫をされていて、釣りや自然を本当に楽しまれているんだなと感じます。

先日、ここ十年通い続けてる多摩川で、かなりの嫌な思いをした分、今日は本当に楽しい一日となりました。

masaさんとも本日初めてお話することができよかったです。。
マルタのとウグイの交雑の話など自然の興味的な話や子どもとの遊びの話ができ楽しい時間が過ごせました。

堰下の方々は場所を譲り合ったり、生き物や自然を大切に思う方々が多いような気がして足を運ぶといつも楽しい体験ができます。

今後も伺わせていただきますのでよろしくお願いします。

追伸:本日撮影させていただきました、ウグイをブログで紹介させて下さい。
また、平日の朝一にでも教えて下さった瀬で産卵の邪魔をしないように水中カメラを沈め産卵観察を試みてみます。
  • 2009-04-05│00:56 |
  • tamagawalk URL
  • [edit]
鯰GETならずでしたか
こんにちは。

鯰はGETならずでしたか。
狙いたいポイントにヘラ師が大量に入っているのも
ありますが、中々きびしいですね。
暖かくなってきたので、動いているはずですから
丹念に攻め続けるしかないのでしょうね。


ぶっといマルタはいつ見てもいいですね。
去年はこのような個体に出会えなかったので、更に
ハマるきっかけとなってしまいました。


もうしばらくマルタと遊んでいたいです。



  • 2009-04-05│11:19 |
  • Toshi URL│
  • [edit]
有難うございました
tamagawalkさん

私も子供の頃、多摩川や相模川でウグイやオイカワを良く釣っていました。
子供ですから、重くて長い竿を持てないので、継ぎ数を減らした竹の竿で届かないポイントめがけて目一杯振り込んだものです。
流れに乗ったウキの微妙な変化を読む楽しさ、魚の掛かった手応えの嬉しさもこの釣りならではですね。

今になってまたウキを引っ張り出して遊んでいます。中々、思うように行かないので今回もバラシてばかりでした。しかし時間の経つのも忘れて、少ない釣果でも十分なのでこれはこれでいいかなとおもってしまいます。
でも、子供の頃のウグイってこんなに大きかったですかね?せいぜい20cm位が多く、尺バヤなんて中々釣れなかったですよね。
これは涸沼からマルタに混じって来た降海型?のウグイなのか、マルタとの交配種で巨大化したのでしょうか。

子供の頃、水槽で飼育していると、オイカワは元気すぎて飛び出してしまうし、蓋をすれば頭をぶつけて怪我をしてしまうしで、可哀想なので私の父は蓋にスポンジを貼ってくれました。

折角縁あってこられたのだから、皆さん多摩川で楽しい思い出が作れると良いですよね。
日によって何処でも釣れると言う訳ではないですから、場所を譲り合って皆で気持ちよく釣りを楽しみたいと思っています。



Toshiさん

昨日も、午後になってかなり気温が上がったので、瀬に出ているかと思って粘ったのですが完敗でした。
鯰さん居るとしても、条件によりルアーの種類を考えないといけないかもしれませんね。
でももう少しで良い季節がやってきますから、ちょっと辛抱ですかね。

以前は、いつもマルタ釣りの外道に良く掛かり、2本、3本と続いた事も有りました。
2005年4月25日には、マルタ・ニゴイに混じって、ピーカンの12:31に75cmが上がっています(この日は鯰さん3本)。ブレイズスピナー4.8gをバックリでした。
今と違って、左岸の枝流の流量がかなり多かったころですが。

また、多摩川で楽しく釣りましょう。
  • 2009-04-05│20:22 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
良かったですね
masaさん、今晩は。

お子さんにもマルタ釣れて良かったですね。
大喜びだったでしょう、きっと大きくなっても忘れませんよ。お父さんと同じく釣りキチになるんではないでしょうか。
昨日も、帰り際は2番瀬の流れ出しにかなりの数が入ってきていて、見ていると入れ食い状態でした。今日は、何処も凄かったんですね。

私はToshiさんの多摩サイに刺激されて、ずっと下流の六郷にサイクリングしてきました。ハゼが上がってないので、釣り人がほんと少ないですね。彼方此方、話込んでしまいましたが、私が以前良くシーバス行っていた多摩川大橋下流が復活した情報は耳よりでした。
この辺りも工事が入っていて、釣り難そうですが。

また、多摩川で鯰さん狙いましょう。


  • 2009-04-05│20:42 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
おはようございます!
堰下も楽しそうでしたね!
私は海釣り仲間2人と亀P、多摩高前を回り、多摩高前で、ウグイのバシャバシャを発見して、そこに落ち着いてしまいました(初めて見ました)。
型は小さく引きも軽いですが、楽しかったです。

しかし、マルタもウグイもスレの傷痕が生々しい個体が増えました。
楽しいですが複雑な感じですね…
  • 2009-04-07│07:56 |
  • taka URL│
  • [edit]
今晩は
masaさん

タバコのポイ捨ては良くないですね、私が吸っていた時は携帯灰皿持参でした。
多摩川のゴミは、上流から下流に行くほど酷くなりますね。
バイク、自転車、テレビ等、何でも有りです。上流の好文橋のゴミの少なさとは対照的で、同じ多摩川とは思えません。

『きままな日記』さんの所で紹介されている、『テナガWeb』さんでレジゴミのご提案をされています。
http://homepage3.nifty.com/tenagaweb/53/rejigomi/rejigomi.html
「レジ袋1杯だけでもゴミ拾い」、各自気軽にゴミを拾いましょうとの事なので、多摩川に来られる釣り人が皆さん実行されればいつかはきっと綺麗になるはずです。

先日も、コンビニで買ったお菓子を歩きながら開けて、包装材を道にポイする子供を見ました。ゴミ箱の直そばでもこれですからね。親の顔が見たいねと思っていたら、今度はペットボトルを道端にポイする親子連れをみてしまいました。
どこかの国の様に罰金を取らないと無くならないのでしょうかね。悲しいですね。


takaさん

亀ポイントも増水の度に様子が変わりますが、今は結構良い感じのポイントを形成していますよね。ただ、上流側の工事が終わらないと水質が安定しないのでマルタはあまり良くないかと思います。

毎年の実績は多摩高前が一番で、時々後期で川のど真ん中のみバシャバシャ何て事も有りましたが、オカッパリで釣れるのとバックが結構広く開いているので釣り易いポイントですね。
昨年の最後期は、海に戻る前の個体が目一杯居ましたが、私のルアーには見向きもしませんでした。祭りの後の誰も居ない川原で悪戦苦闘しましたが、今年はどんなものでしょうか。

シーズン後半は、傷のある個体が多いですよね。遡上に夢中になってあちこちでぶつけて傷になる固体も多いでしょうが、大きなトリプルフックで高速巻きされたら堪りません。ルアーの付いたギャング釣りになってしまいます。
釣れなくても、シングルフックでスローリトリーブ、これならスレは激減します。

ちょっと古い書き込みですが、狛江のmartanianさんもフライの場合について書かれています。http://maruta.furainozasshi.com/?eid=100768
ルアーもフライも、マルタ釣りでの扱い方は同じだったんですね。


また、多摩川で皆さんで楽しく釣りましょう。
  • 2009-04-07│23:08 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
2nd run
祭り再開!本日堰下はすべての瀬・落ち込みでハタキまくり・魚だらけ!!鯉のハタキも本格化して大騒ぎでした。昨年の2nd runと異なりマルタがなぜか大型で60upがかなり混じりました。フライ・ルアーともに赤に反応大。調子こいてあわよくば初鯰も狙いましたがこちらは×でした。今週末の大潮がグランドフィナレーでしょうかね。
  • 2009-04-08│21:59 |
  • 通り縋りの・ URL│
  • [edit]
絶好調ですね!
通り縋りの・ さん、今晩は。

今日の堰下は魚が一杯でしたか。
60UPがかなり混じったとなると、マルタ肘が出てきそうですね。
仰るとおり、収束に向かって行くんでしょうが、まだまだ細々とは続くんではないでしょうか。
しかし、幻の70UPは何処に?今年は無理でしょうか。

次は、鯰さんゲットしたいですね。
  • 2009-04-08│22:56 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
素朴な疑問
皆様に:あれだけ遡上してくるマルタは普段はどこにいるのでしょうか?多摩川河口??湾奥?東京湾はシーバス狙いでさんざん釣りあるいていますが一度も釣ったことがありません。いま多摩川にいるマルタの故郷の涸沼・涸沼川は一年中マルタがいて昔(昭和四十年代まで)はハゼ・カレイ・ボラ・セイゴとならぶ立派な釣りものでした。秋口和船に乗ってゴカイ・バチ餌の五目釣りは名物でしたが・・東京湾で釣れるあるいは釣ったことのあるポイントがあればご教示をお願いいたします。
  • 2009-04-10│21:06 |
  • 通り縋りの・ URL│
  • [edit]
下流に居ますよ
通り縋りの・ さん、今晩は。

私は、十数年前に丸子橋の下流ゴルフ場前で、セルタ3.5gで釣った事が有ります。この時は、マルタが何とかルアーで釣れないかと粘っていてやっと掛かった一匹でした。確か秋口の増水時でしたね。

2005年7月に、シーバス狙いで多摩川大橋下流でスレで大きいのが掛かった事が有りました。
地味な魚ですよね、産卵期の様に黒くも赤くも無くで・・・・。
引きも弱くて、ヌボーと上がってくるので、産卵期の魚とは別の種類の様でした。
この辺りでは、時々流されてくる弱ったマルタを見かけた事は有りますから、汽水域に生息している事は間違いないと思います。

しかし、あの大きなウグイは何なんでしょうか?
この季節以外は釣った事が有りません。彼らは、何時もは何処に居るのでしょうか?不思議です。

  • 2009-04-10│23:56 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
今晩は
マルタウグイさん
大潮きましたね。
本日も堰下をみなさんで楽しまれることとおもいますが、
私は仕事で・・・(淋)。羨ましい。
釣行結果など、皆さんのブログで楽しく拝見させていただきますね。

私も夏場に子どもたちと、浮き釣りで楽しんでます。
子どもはウキの小さな動きを察して早合わせするのですが、これが意外と釣れる。釣果では毎回、負けです。
マルタウグイさんがウキ釣りで楽しんでる姿を見て、早速、上州屋に足を運んでしまいました。
しかし、婚姻色のウグイたち大きいですね。マルタに負けない位大きい。
昨年の夏はウキ釣りでウグイが入れ食い状態でした。
しかし、あんなに大きいウグイがいるとは。本当に普段は何処にいるんでしょうね。

話変わりまして、ゴミの話。
マルタウグイさん、masaさんをはじめみなさん、ゴミが気になる心やさしい方ですね。
先月、漁業組合の方と川辺の清掃をしました。
東名下から二子緑地までゴミ拾いをしたのですが、2トントラックがいっぱいになりましたよ。
川岸はそうでもないのですが、ちょっと入った草原にゴミがいっぱい。
増水の時に取り残されたゴミのようです。
レジ袋のアイデアが広まれば、もっといい遊び場作りができそうですね。

次回の投稿楽しみにしてます。

追伸1
教えていただきました「マルタの花道」拝見しました。
ありがとうございました。
観察する子どもたちへの思いや心使い、マルタウグイさんのおっしゃるとおり紳士な方だなと歓心いたしました。
この場をかりて「マルタの花道」多摩川森林組合 カスタマーセンター長  まにはなさんに感謝感謝です。今度コメント書き込みをさせていただきます。
子どもたちには釣りを楽しまれてる方々への気遣いを忘れないよう常々話しております。
お互いに声を掛け合い、楽しみたいと思います。

追伸2
先日、9日(木)満月・大潮の日、仕事あと夜中に産卵観察に行ってきました。
そこで、大型の鯰と雷魚が浅場に上がって来ているのを発見しました。
漁業組合員の方の話だと、すでに稚アユが群れをなして遡上してきているようです。
それも、あって活性が上がってきたのでしょうか?
久々に見た鯰に感激しました。
土曜日、釣れるといいですね。
  • 2009-04-11│01:59 |
  • tamagawalk URL
  • [edit]
ありがとうございます
masaさんマルタウグイさん情報ありがとうございます。食性から考えてボラの近くにいると思ってましたがやはりそうでしたか→東北~北海道ではこちらのボラのかわりにマルタが港内にウジャウジャいると聞いたことがあります・専門に狙う人がほとんどいないのもボラと同じ・と。産卵時以外はなかなかねらって釣るのは難しいそうですね。
今日明日は最高の釣り日和ですが仕事がwww・・・皆様のご健闘(含昼鯰・雷魚)祈念いたします。
  • 2009-04-11│12:28 |
  • 通り縋りの・ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。