スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新システム

今日は天気が良いのでお出掛け日和ですとの事で、再び何時もの堰下にやってきました。
昨日の、masaさんに待望の鯰さんゲットとの情報に、いやがうえにも期待がたかまります。
到着すると、既に堰下オールスターズの皆さんスタンバイされてました。
20090321-1
今日は新しいマルタ用仕掛けを準備して来たので、早速試して見る事にします。
まずは通称1番瀬のマルタを狙います、このタイプの仕掛けは必ずサイドハンドキャストでと、でもこの仕掛けは投げるのが結構難しい。最もロッドがソルティで硬すぎるので、コントロールが効かないんですがね。
数投目で難なくマルタ君ゲットです、ちゃんと口に掛かっていて一安心。こちらはオーラスレッドを使ったものです。
20090321-220090321-3
20090321-720090321-6
次々とバイトするが合わせのタイミングが、ちっとも合いません。バラシてばかりです。
1番瀬にマルタが居なくなったので、Toshiさんにちょっとお願いして5番瀬に入らせて頂きました。
NORIさんのアドバイスを受けて更に練習です。
20090321-12
おや、当たりの様だと合わせると、やっぱりちゃんと釣れますね。今度はエッグボールを使いました。
20090321-420090321-5
大きな鯉も2度掛かったんですが、見事にフックを伸ばされてしまいました。次は、対策にこんなタイプを使ってみようかと思います。
20090321-820090321-9
何で変わった仕掛けをと思われるでしょうが、流れの速い浅瀬はルアーで狙うと浮き上がってしまい釣り難いのでフライの方が有利です。また逆にフライでは不利なポイントもルアーなら狙いやすい事も有ります。何処でも・誰でも・簡単に狙えるシステムを目指して研究中といった所です。
先日の「通り縋りの・」 さんのコメントでも玉浮きを使ったシステムで楽しまれた様ですし、私も昔良く楽しんだオイカワやウグイの瀬釣りを思い出して今日はとても楽しかったです。(玉浮きを2個ロストしてしまい途中で断念しましたが)ラインは8~12ポンド位。
20090321-11

20090321-1320090321-14

今回のいんちきフライは、手持ちのスプーン用フックにφ0.5の銅線(φ1.0位の方が良いかも)を巻いた物がベースです。ズレ止めに瞬間接着剤を付けています。(これは有る有名サイトを参考にさせて頂きました。以前管理人の方にお会いしましたが、とてもよい方でした。)真鍮線やアルミ線等でも良いかな。今回買ってきた様なフックを使えば、更にコストは最低でバッチリと釣れるシステムが組める訳です。
ちなみに制作時間も極僅か(数分)で、誰でも簡単に作れます。今回は全て手持ちの材料で、即席で組みました。
昔、少ないこずかいで買ったルアーをロスとすると酷くガッカリとしたものですが、これならルアーの十数分の一のコストです。
まだ工夫が必要ですが、皆さんも興味が有りましたらお試し下さい。

今日は、本命の鯰さんが釣れませんでしたが、お陰様で楽しい一日となりました。
しかし、午後の堰下は凄い人出ですね。
20090321-10
スポンサーサイト

Trackback

Comment

工夫
おはようございます。

常駐班も今日はお休み・・・のはずです。


新システムは5番瀬の本流合流点に固まっているマルタを狙うには
いい仕掛けでしたね。
あぁいうところはフライは届かない、ルアーではスレ連発とちょうど
いい狙い方が出来ないんですよね。
(渡ってしまえばフライで狙えますが)

玉浮きの大きさとタナの取り方を調整すれば、爆釣出来そうですよね。

あとはどこを流すかだけだと思います。


今日はまだ雨はありませんが、風が非常に強いです。
今日の雨と大潮で4月の頭はマルタラッシュとなりそうな気がします。
  • 2009-03-22│08:49 |
  • Toshi URL│
  • [edit]
常駐班休養日?
昨日はお疲れ様でした。この時間に常駐班のみなさんが書き込みしているということは、今日は本当にみんなお休みだったようですね。

Toshiさんが書かれているようにあのポイントを狙うには良い方法ですよね。フライだとあそこは上手く流せません・・・ アタリをとるのが難しそうですが、慣れれば爆釣の可能性がありますよね。
それにしても午後の人の数はすごいですね。

コスト削減は私にとっても重要課題でマルタ釣り用のフックはフライ用ではなく、海釣り用の安い針を探して使っています。
  • 2009-03-22│11:03 |
  • NORI URL│
  • [edit]
昨日は
マルタウグイさん
またまた釣りの手を止めさせてしまいすみませんでした。
そして、色々と教えていただきありがとうございます。
マルタウグイさんをはじめ常駐班のみなさん、研究熱心で仕掛けも工夫されて楽しまれているのですね。
昨日は、リールの換えスプールを忘れてしまい渓流用の4ポンドラインしかなかったので釣行は断念しました。持ち歩いているロッドも携帯用のバス用4pac-6ft-Lightだったのでどっちにしてもきつかったかな。
また、色々教えてて下さいね。
次回はサクラマス&ソルト釣行で使用している5pac-8ftを携帯していきたいと思います。
また、多摩川で。
  • 2009-03-22│13:25 |
  • tamagawalk URL
  • [edit]
皆さん、こんにちは
Toshiさん

今日は凄い風ですので、多摩川人出が少ないのでしょうね。
新システムと言うほど斬新では無いのですが、子供の頃の釣りと言えばオイカワやウグイをウキ釣りで良く釣ったもので、特に微妙な当たりを読む為に玉ウキでは無く流れの速い所でも唐辛子ウキを厳選して使用していました。

目印を使った脈釣りも面白いのですが、ウキ釣りはまた魅力が有ります。そこで今回はあえてウキを使っています。
まだバランスが悪いので、当たりは解り難かったのですが、いやあ久しぶりに楽しめました。オイカワと違って、獲物は大きいですからね。
ここ数年、数は飽きない程度に釣れれば良いと思っていますので丁度良いです。(やっとマルタ肘が治ったばかり、キーボード打つのも辛かったので。)

最近のマルタ狙いの課題は、待機マルタを何とか振り向かせる言った所ですが、いんちきフライを工夫すればもしかするといけるかもと思っています。

これから更にマルタ本番でしょうね、4月半ばに入るとマルタの増加に反比例して人が減っていくのが通年ですが、今年は結構マルタフィーバーが続きそうな感じですね。


masaさん

今回、やはり鯉が2回掛かったのですが、オーナーのシングル59#4ではロッドパワーに負けて伸ばされてしまいました。
マルタの卵狙いの鯉なのでエッグボールに掛かるのは当然?ですが、もちろん工夫すれば真冬の鯉も狙えますね。

今の様にコ式が流行る大分前に、六郷橋上流で飛ばしウキでパン餌で鯉を釣っている2人組みを見た事が有ります。ロングの投げ竿でかなりスピーディーな感じが印象的でした。
上手く飛ばせれば左岸でも釣れそうですが、鯉のウキ釣りも面白そうですね。

ナマズさん連日ヒットは凄いですね、BMミノーもmasaさんの使いこなしが良いので実力発揮しているのでしょう。
多摩川の昼鯰師、すっかり板に付いたようですね。
次回は、ダブル、トリプルヒットと行きましょう。


NORIさん

昨日は、アドバイス有難う御座いました。フライでの狙い方、釣り方もとても参考になります。

有り合せの材料で、前夜パパット組んだにしては、結構良い感触を得る事が出来ました。
でもウキ、オモリ、ライン、フックのバランス、タナの取り加減等まだまだ見直す必要が有りそうです。

流石に、視力が落ちているのでこれ以上小さなウキでは見難いので、もう少し大き目のウキも購入して来ました。
使ったゴム管もウキも10年以上(20年?)前の物なので、暫く使ったら自然にロストしてしまい途中で中止せざるを得なかったのは残念です。次回は万全の用意でチャレンジして見たいと思います。

管付きのルアー・フライ用フックは高いですね、管付きより耳付きの方が自然に流れるので繊細な釣りに向くそうで、より日本的だとの事で今回は耳式にして見ました。交換はハリス毎行うつもりです。
ほんとは、こっちの方が断然安いのと、形状的に種類が多いからなんですがね。

それに、ひねりの付いた丸せいごは首フリのバラシ防止に効果が大きいとサクラマス釣りの方が書いてましたので、スイミングフックにして鯰さん用にも使えるかなとの考えも有ります。(これにするとかなりバラシが減るそうですよ)
これは、後日作って見ようと思っています。


次回は、天候に恵まれそうですね。今週の冷え込みがどの程度の影響が有るかどうかですが、まあ釣れなくても楽しく釣が出来れば良しとしましょう。

また、多摩川でお会いしましょう。
  • 2009-03-22│15:25 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
有難うございました
tamagawalkさん、今日は。

昨日は、楽しくお話できました。有難う御座いました。

tamagawalkさんは、ブログの通り優しい方なんですね、ちょっと竿を出して見ようかと思うんでしょうが、あえてそのまま引き上げるとは。

4ポンドラインでも結構耐えますが、ルアーを銜えたままラインブレイクすると魚は死んでしまいますものね。仮に助かっても、口に大きな傷跡が残ってしまいます。そういった、ヘラブナや鯉や鯰を何度も釣った事が有ります。(凄い生命力がある事にも驚かされますが)

この前も、岸を歩いている亀をToshiさんが見つけたら、口の中にトリプルフックが刺さっていました。これでは餌が取れませんものね、直に取ってあげました。
針を飲み込んだ鴨(お昼の納豆巻きを取られました)も居ましたね。これはみんな釣り人の責任ですよね。

サクラマスも釣られるんですか、私は結構ごついタックルを使用しているので、以前ある人のブログで「サクラマスおじさん」(サクラマスを狙うかのようなタックルを使うおじさん)と呼ばれていました。いつかは本当に多摩川で釣って見たいとは思っていますが。

また、多摩川でお会いしましょう。
  • 2009-03-22│15:55 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
追加訂正
記事中の銅線は、ポリウレタン被覆の物を使用すれば錆びません。
昔は、絶縁線はエナメル線を使ったものですが、最近はこれですね。
  • 2009-03-22│21:51 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
浮子釣り
おはようございます。浮子つりたのしいでしょ?おやじにはたまりませんよね。ルアーやウェットフライの手元にゴンも楽しいですが浮子に出る当りも格別です。システムについて老婆心ながら以下
1.ラインとリーダーの間に小型のヨリモドシをつけると錘がずれなくてよいですよ。ガン玉使用しているといつのまにか針のアイまで移動→極小ジグヘッド状態になってしまいます。これだと確実にバイトがわるくなります。やはりアクションの問題でしょうね。またヨリモドシがあると当然ながらリーダーの交換が楽・大物に備えて太めを使用・沈めるためにフロロ使用等が可能です。
2.浮子の10cmぐらい下にフライのインジケーターを付けてみてください。これは所謂水中浮子として使用→確実に当り多く拾えます。特に遠投用に重量・浮力とも多きい浮子を使用したときは効果抜群です。
以上です。一度お試しあれ。
なまず堤下でもでましたか・そろそろホームゲレンデ日野橋周辺もサーチに行かねばです。昨年初なまずは4月中旬に浅場でトップでしたから
今年は工事で深場増えたので要チェックです。
  • 2009-03-23│07:36 |
  • 通り縋りの・ URL│
  • [edit]
ウキ釣りは苦手
新システム、面白そうですね!
今度拝見させて下さい。
実は、私も昨年似たような感じの釣り方を試してみていたのですが、上手くいかなかったので、今年はまだ投入しておりませんでした。
私の場合、流し方が下手なのだと思います。
尚、遠投性が問題になるなら、スーパーボールなどの飛ばしウキの使用が効果的ですよ。磯釣り関係のサイトが参考になります。
はじめまして
金曜の朝に子供と2人で釣ってきました。
雨が降りそうだった(帰りに降られましたが笑)ので
3,40分で上がってしまったのですが、他の方は雨の中も釣られていたのでしょうか?
毎年この時期はマルタを釣りに来るんですが
こちらで皆さんの釣果を見るたびに驚いております。
ちなみに金曜の釣果はマルタ1本鯉1本バラシ4本でした。
この時期に鯉がミノーを喰ってきたのには驚きましたが。
  • 2009-03-23│19:08 |
  • パパバサー URL│
  • [edit]
皆さん、今晩は
通り縋りの・ さん

おお同好の士と言った感じですね。失礼ですが年齢的にも多分近いのでしょうね、ウキ釣りはやはり楽しいですよね。
貴重なアドバイス有難うございます。

この前ヨリモドシ探したら鯉に使った大きいのしか無かったので諦めて、確かカミツブシが有ったはずとひっくり返すとこれまた極小粒しか残っていなかったので即席で板オモリでやりました。これはこれで沈む時にひらひらして効果的なんですが、仰るとおりずれてきてジグヘッドになってしまいました。これでは釣れませんね。
昔やった小物釣りでも、ハリスの長さが釣果を決めるので気を使ったものですよね。
私も小型ヨリモドシを使ってみます。

今回の有り合せの玉浮きは子供のはぜ釣り用の残り物なのですが、なかなかインパクトが有りますね。あの雰囲気の中ではちょっと異質でした。でもそれも面白いですよね。
実は、シモリ仕掛けの様にしようかなとか考えてましたが(これもかなり面白そう)、インジケーター(フライはやらないので何かで代用しますが)も良いですね。

迷うのは、ウキの浮力が大きい方が良いのか小さい方が良いのかです(オモリは重い方が良いのか軽い方が良いのか)、選択を間違えるとフッキングがまるで違うはずなので、試して見るしかないのでしょうかね。
また面白い事が有りましたら、是非ご教示下さい。

日野橋ですか、水質も景色も更に良さそうですね。私にはちょっと遠いかな。


takaさん

この様な感じのメソッドは大分以前からやられている様ですが、あまり表面化してきませんね。皆さんフライかルアーかに二分されているので、中間の様な釣り方はなかなか手が出ません。
でもこの方法をであれば、takaさんがこの間書かれていた、目の前に一杯いるのにルアーでは釣れない(フライで入れ食い)状況でも十分釣る事が出来るはずです。

ルアーでは釣れない状況とは、上手くルアーを沈めてポイントに流せない(浮き上がってしまう)状況なので、ベテランのフライマンは上手く沈めて流して連続ヒットに持ち込みます。
昔のルアーの本にも、ポイントの上流に投入して沈めながらポイントを通過させる事が重要と書かれていました。

多摩高前~下流でも是非トライして見て下さい。楽しい結果が出るかもしれません。

スーパーボールも確かに面白そうですね。大分前に六郷~ガス橋辺りをウロツイテいた頃に、鯔を釣るのに同じ様な感じで試した時はスーパーボールでした。結局、鯔には振られましたが。


パパバサーさん

コメント有難うございます。

大荒れ予報の金曜日にお出掛けとはお好きですね。
皆さん、雨の中でも帰らずに続けて釣られていたそうですが、パパバサーさんもお子さん連れでなかったらそのまま続けられていたのではないですか?
きっと堰下メンバー資格十分な方なんではないでしょうね。

鯉はこの時期からフィッシュイーターモードに変身するので、面白くなりますよ。夏になったらトップで狙って見てください。鯉に対するイメージが変わりますよ。

直に多摩川でお会いしそうですね、メタボな白髪頭のおじさんを見つけたら気軽に声を掛けて下さい。
  • 2009-03-24│00:13 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
多摩川・・・サクラマス・・・
マルタウグイさん
マルタウグイさんをはじめ常駐班の方々も傷ついている生き物を見てほおっておけないのですね。皆さん心優しいですね。

私も痛々しい傷を持つ魚たちを何匹も目にしてきました。
その大半はフックによると思われるものです。
昨年、自身もトップを引いていると鳥に咥えられてしまうというアクシデントを経験しました。
ただ、私の多摩川ルアーはバーブレスのシングルフックをテールに付けるの単純なものなので、そのおかげで鳥から上手くルアーをとってあげることができました。
バーブレスのシングルフックだと上手くフッキングしなかったり、ルアーによってはルアーバランスが崩れることがあったりします。
しかし、私の場合は子どもとの釣行が多いため子どもの安全と生き物への負担を軽減することを考慮してバーブレスシングルです。。

昔のよき姿を取り戻しつつある多摩川、今後もっとよい環境になっていけばいいなと思います。
それこそ、マルタウグイさんの目指す、多摩川サクラマス最高ですね。

そうそうサクラマスの件ですが、身内が「釣りキチ三平」の里、秋田県いるので一年に一度、秋田県を目指し釣行しながら北上してます。
秋田のサクラマスといえば米代川ですね。
ちょうど北上最終地点が米代川水系支流の里川になります。
まだ本格的にではありませんがサクラマスに挑戦してます。

未だに釣れたことはないですが・・・(泣)

しかし、あのあたりの里川は凄いですよ。
集落の田んぼの間を流れる小さな川で天然のイワナやヤマメがルアーにガンガンアタックしてきます。スレてないんですね。
多摩川でもいつかサクラマス・・・体験してみたいですね。

  • 2009-03-24│01:51 |
  • tamagawalk URL
  • [edit]
シングルフック
tamagawalkさん、今晩は。

私もシングルフックは、2006年4月半ばからマルタ釣りに導入開始しました。マルタもシングルフックではやはり掛かりが悪いので、始めのうちは釣れないとトリプルフックに変えてしまいました。変えると途端に連続ヒットするのですが、スレも出てきます。やっぱりそれではいやなので、翌年からはシングルフックのみとしました。

しかし、他の魚種はなかなかヒットに持ち込めないので、相変わらずトリプルフックの出番が多かったのですが、年頭から意を決して「釣れなくても良いや」でシングルフックに徐々に変更しています。確かに釣れなくなりましたね。(やっぱり腕が悪いだけですがね)

しかし、フライは皆さんシングルフックですからね。きちんと食わせる事が出来れば良いのですから、腕をしっかりと磨こうと思います。
魚対人間では絶対人間の方が有利なはずとある人が言ってました、やはり人間がハンデを持たないと対等では無いと。
魚との知恵比べ、楽しみましょう。でも頭悪いので、何時も負けてしまいますがね。

子供の頃、相模川の田名堰に良く釣りに行ってましたが、堰の上はヘラ師が多くてヘラ以外のウグイやオイカワが釣れると岸に投げ捨てる、堰下流はウグイのぶっこみ釣りが主なのでヘラが釣れると足蹴にする。ほとほと自分勝手な人達だと思いました。
そんな風に子供たちに思われないようにしたいものですね。

調布堰もまた開放された事ですし、その内通年開放なんてことになれば多摩川の生態系も遥か昔に戻りまた意外な顔を見せてくれるかもしれません。
多摩川でいつか当たり前の様に、サクラマスが釣れる日を夢見て楽しく遊びましょう。
  • 2009-03-24│23:42 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
こんにちは
玉浮き+鮎玉は僕も使っています。

スレ避けとフカバの突っつき当たりに効果的です。

フライの場合この手は邪道とされることが多く敬遠されがちですが、浮き釣りはなんとも言えない楽しさがあるので、積極的に取り入れています。


中浮きのアイデアは参考になります。早速やってみよう
  • 2009-03-26│08:39 |
  • マニハナ URL│
  • [edit]
スタイル
マニハナさん、今晩は。

いろんな釣り方が有りますが、誰かが初めて試した時にはみんな邪道だったんではないでしょうか?
日本に伝わってきた時点で、アレンジして調子が良ければ良いんじゃないでしょうかね。スタイルに拘る事は無いと思います。

プラスチックの目印(安いですね)を買ってきたので、取り合えずこれをインジケーター代わりに使います。でもこれは何か適当なもので作れそうですね。
間に合えば、シモリ仕掛けも使ってみたいです。

また、多摩川で楽しく伐採しましょう。
  • 2009-03-26│22:08 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
お疲れ様です
masaさん、今晩は。

堰の工事が終わったので一気に登って行ったのでしょうかね?
ここの所、寒いので冬といった感じですから、降りてしまったのか?
きっと深場に潜んでいるんでしょうね。

でもこの時期は気まぐれで、急に冷え込んだりすると、全く姿を見なくなったり、入れ食いになったと思ったら短時間で群れがいなくなったりしますから、不思議では無いですね。
沢山居ても、全く無反応だったり。
昨年も4月に入ってから、毎回調子がかなり変わりました。

折角、フライも新しく巻いて、シモリウキも買ってきたのにマルタが居ないなら、鯉を狙うかですね。

兎に角、出動してきます。でもとっても寒そうですね。
  • 2009-03-27│21:17 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。