スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップでカープ!その3

今日25日は朝の内は曇っていて、涼しくて過し易かったです。水位は更に減少し、やや濁り気味で鯉の姿は全く見えません。人気のない時は大概、岸近くを泳ぐ姿を確認できるのですが、あまり活性が良くないのかも知れませんね。やはりそろそろまとまった雨が欲しい所です。今日は期待できないかも知れません。

前回は、シーマスタズのダーターミノー108のボラカラーが良かったのですが、今回は形状とかアクションが良いのか色具合が良いのかを検証しようかと思います。
と言っても大袈裟な事ではなく、ダーターミノー108の色違いと同色仕上げのシーマスタズツゥイッチミノー105(細身)のボラカラーを買って来て試して見ようとの計画です。ダーターミノー108は何処にも在庫が無く、やっと見つけたら全体が緑の凄い色が特価品で売っていました。ツゥイッチミノー105のボラカラーは簡単に入手、ついでにパブリックルアーのエリア10 ホログラムイナとオーロラクリアーイワシも面白そうなので購入。

108のこの色?? 1時間引いても何も追ってきませんでした。実績のあるボラカラーに変更、たちまちヒット!しかしやはり掛かりが浅いので、かなりのやり取りの後フックオフしてしまいました。80cmは有りましたね。

105のボラカラーは如何か、ボディ形状の違いはかなり大きいのか?1時間頑張って見ましたが反応有りませんでした。細身は駄目なのか?美味しそうに見えないんでしょうか?

エリア10はフローティングのはず、「海水ではね」と声が聞こえてきそうです、何だこれはスローシンキングになっているではないですか。3本フックの内1本外したら、何とか浮いていますがちょっと引くと直に沈んでしまいます。これはこれで良いアクションを示しますが、今回のような鯉のサイトフィッシングにはもう少し浮力があった方が使い勝手が良いでしょう。案の定全く反応が有りません。

結局良く解らないのですが、浮力のある太目のボディでキラキラと目に付くホログラムカラーの反応が良いようです。それとラインがナイロン16ポンドと太いので、抵抗の大きなルアーで無いとラインに引きずられてドラッグが掛かってしまいます。この不自然さが追わない原因かも知れません。(フロロを使うと言う手も有りますが)

多摩川はかなりの大物が潜んでいます、藤田克昌氏の「フライで鯉を釣る」の記録では108cm、あっきー氏の「あっきーの釣り人日記」の記録では六郷橋で90cm(9.8kg)の鯉、組合員の方の話ですが鯰とか雷魚は90cm級が居るとの情報も有ります。

私はまだ釣り上げていませんが、以前90cm超の鯉にトラウトロッドを折られたり、サイズ不明の魚に20ポンドを切られたりしています(キャスター132とミリオネア3Hのベイトタックルでした)。90cmの鯉が約10kgとして、20ポンド(10kg)ラインでぎりぎりで、ロッドで上手くためたりラインの伸びを利用しないと切られてしまう事になります。ただ20ポンドは太すぎて余りにも使い難いので16ポンドにして、繊細でもパワーのあるシーバスロッドを使用して対応する作戦です。

話が脱線しましたが、色々実験していた関係もあり、昼までに結局3ヒット1ゲットのみでした。57cm、3.2kgの鯉でヒットルアーは先週と同じでした。
20070825-Z20070825koi02

この鯉を釣った後に、この釣り場で最近良くお会いするオイカワ狙いの方の目の前でバシャ!と猛アタックしてきて、思わず2人揃って声を上げてしまいました。トップで狙う鯉は、見ているだけでも興奮してしまう迫力です!





スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。