スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣り収め Part 2

先日、釣り収めした筈なんですが、今年最後の暖かい陽気になるとの事でしたのでやっぱり来てしまいました。
まだ薄暗い水道橋下には、誰もおりませんでした。気温は、先日の-2℃と違って+2℃で4℃UPです。水温も12℃とこの季節にしては申し分有りません。
これなら釣れる筈と準備していると、橋の上から声を掛ける人がいます。masaさんでした、大掃除からエスケープして来たのですね。

20081230-1

この辺りは川原からビルが見えるので都会の川と言った感じですが、水温が高いので川面に靄が立って何とも不思議です。

20081230-2

水位は元に戻りすっかり下がっていますが、予想以上に土砂が流れ込み一部を除いて浅くなってしまいました。クリアーウォーターでは厳しいですね、雨が降り少し濁りが入ると良いかもしれません。
鯰さんの反応が無い所で、何時もの障害により堰下に場所を移動しました。

20081230-3

堰下に来ると、ヘラ師1人とToshiさんの貸しきり状態です。対岸には何時ものルアーマンが1人ですが、みなさん今日は調子が悪いそうです。
天気予報は当たりで、段々と暑くなって来ました。ヘラ師も3人に増えましたが、まだまだ以前に比べれば空いています。流石に年の暮れですね、よほど好きな人意外来ませんよね。

20081230-4

しかし幾ら引いてもピクリともしません、ここで作戦を変えて普段あまり狙わないヘラ師の下流側に移動、ロッドを高く立ててゆっくりと漂うようにミノーを流します。この釣り方は、トロ場のマルタや活性の低い時期の鯰さんのミノーイングに効果を発揮します。(やや流れが有るトロ場が合いますね)
漂わせて、巻き上げようとした瞬間にガツンと大きな当たりが有り、合わせるとしっかりとした手応えが有りました。
上がってきたのは58cm、1.3kgの元気な鯰さんでした。元気が良いので、暴れまわって泥だらけになってしまいました。

20081230-5

お陰様で、良い釣り収めが出来ましたね。ヒットルアーは、やっぱり何時ものシーマスターズの鯵カラーでした。この色は、クリアーウォーターには定評が有りますね。

20081230-6

更に、暑いくらいになって来たので、もう少しと粘ったのですが、流石に欲張ってもこの時期の鯰さんは追加出来ませんでした。

上着を脱いで土手を歩いていると、日差しは春の様な暖かさでした。
明日から冬に逆戻りなので、1月早々は寒さ厳しい釣り始めになりそうです。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

まだ納められません
獲物を手に釣り納め。やりましたね。
漂わせる釣り方はルアーがどの位底を切ってるのか分かりにくいので不安があります。玄人向けの釣り方ですね。
私は時々底に当たる位の引き加減でやってますが、底に当たる音を嫌う場合もあるでしょうね。

私は夕マズメ狙いで先ほど帰りましたが、ノーフィシュ。
まずいです、やばいです、明日一日しか有りません。
夕マズメとか言ってないで明日は朝から釣れるまでやります。
夕方まで釣れない事も考え夜用のジタバグ系も持っていかないと、、。
12/31 0:00までは年末ですから。

居残りさせられている小学生の気分です。
  • 2008-12-30│18:05 |
  • 金太郎豆 URL│
  • [edit]
終焉
こんばんは

今日はお疲れ様でした。

大掃除で腰痛が勃発し、大げさですが満身創痍での出撃はきつかった
です。
誰かが上げて、鯰さんの姿が拝めればと思っていましたが、やはり
「ドラマ魚」はマルタウグイさんにきましたね。
年間通してコツコツ通われた努力が報われたのでしょうね。

私のように辛い夏場を渓流に逃避しているようでは修行が足りないかも
知れないです。

masaさんの仰るとおり、「押しかけ弟子」として来年も色々技を盗んで
いくつもりですのでよろしくお願いします。


やっつけで年賀状は作り終えたのですが、明日の出撃は迷っています。
実家に帰るのでやるとしても早朝限定ですが・・・。
  • 2008-12-30│18:20 |
  • Toshi URL│
  • [edit]
有難うございました
masaさん、Toshiさんお疲れ様でした。

今日は水温も高くて良い感じでしたが、水量が少ないのと水が澄んでいたのが厳しかったんでしょうね。
昨年末は雨の後で水量も有り少し濁りが入っていたのと、気温水温共に高かったのが良かったようです。
ブログを続けていると、こんな風に記録が残っていますので参考になりますね。
後、撮りためた写真です。何時も同じ景色の様ですが、流れ方や水位の程度、釣れたポイント等撮って居ますのでパターンが読みやすくなります。

しかし多摩川は順に砂に埋もれていく運命なので、あの場所も上流側から浅くなった分流れが強くなってしまい流れの緩い下流側にポイントが移っていったのでしょうね。今日、掛かったのはトロ場の吐き出し部分ですから、寝床の近くのベイトが集まり易い場所で食事といった所だったんでしょうか。更に、水温が上がれば瀬に出て行くのでしょう。

masaさんも今年一年良く通いましたね。ガイドが凍る真冬から、倒れそうな熱さの真夏でもめげずに良く釣りました。そして遂に75cmの大物もゲットされましたし凄いです。

Toshiさんもマルタの季節から堰下の魔力に獲り付かれて、早朝からの朝錬、暗くなるまでの夕錬と頭の下がる熱意には感服しました。釣り上げた多様な魚種が全てを語りますね。目の前でシーバスが上がるとは思いませんでした。

そんな創意工夫と熱意で物にした1本はとても貴重ですよね。
しかし鯰さんはホントに不思議な魅力が有りますね。良い年した人たちがこれ程熱心に通いつめてしまうのですから。

弟子なんてとんでもないです、お2人とも大事な釣り仲間ですから。
勉強させて頂く事も度々有りますし、今日もお陰様で1本ゲットできましたし。
また、来年も宜しくお願いいたします。
次回は、皆で初鯰さんをゲットしましょう!

金太郎豆さん、今晩は。

やっと一本ゲット出来たといった所で、家に帰ってバタンと寝てしまい夕方やっと起きて大掃除の続きをしました。(昨日も一日掃除でした。Toshiさん同様、今日は足腰が痛かったです。)

漂わせる釣り方は、クロスかアップでややライナーに投げてロッドを立ててカウントダウンすると糸ふけが伸びて行きルアーが底に着くとラインの動きが変わるので、そこから時々底に当たる程度で水流に乗せて流すようにします。この釣り方は、底を取れるので水深が良く解ります。
決して難しい釣り方ではないですよ。トロ場の食いの悪いマルタを小型ミノーとかスプーンで良く釣りました。

後は、ダウンクロスでキャストして、ロッドを倒して超デッドスロー(2秒に1回転位)で流れの中を漂わせるのも昨年の冬場は良くやりました。チップの高さで引く層を調整出来るのでこれも良いですね。
いずれにしても、ほとんど動かないルアーが流れの変化や底に当たった時に生じる動きで釣る釣り方になります。水が澄んでいて、活性の低い時期向きです。

明日は、最低気温-2℃と寒くなる方向ですので、水温が上がる昼頃が勝負でしょうか。
何とか1本ゲット出来ると良いですね。ご健闘を祈ります。
  • 2008-12-30│21:35 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
こんばんは、マルタウグイさん。

最後の最後で釣り上げるとは、
魅せてくれますね!

自分の中で、ナマズは初夏から秋のイメージでしたが、
マルタウグイさんの日記を見るようになって、
冬でも釣れるものだったのかと驚かされました。

でもそれは、
常に多摩川の変化を追ってきたマルタウグイさんだからこそ、
得られた結果だと思います。

様々なフィールドに行き新しい経験を積むのも良いですが、
一つのフィールドに通い込むことで見えてくる事も多いですね。

最後になりますが、来年もよろしくお願いします。
  • 2008-12-31│18:38 |
  • タカヲ URL
  • [edit]
有難うございます
タカヲさん、今晩は。

ご祝辞有難うございます。

私も鯰さんと言うと、初夏特に梅雨時、しかも夜のターゲットなので昼ばかりの自分には無縁だと思っていました。
でも多摩川に通っていると結構、ピーカンの昼間でも釣れる事が有り、これは面白いと思っている内に気が付くとメインターゲットになっていました。

未だにコンスタントには釣れません、まだまだ修練が足りないのだと思います。多摩川昼鯰さん、難しいです。
でも、皆さんからの貴重な情報がヒントになって、一歩ずつでですが前進していると思います。

こちらこそ、来年も宜しくお願いいたします。
また、多摩川でお会いしましょう。


  • 2008-12-31│20:01 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
戒め
たとえ渋くても時間さえかければ一尾は上がるだろうと高を括っていたら、やられてしまいました。
朝7時から始めて日没後30分まで休むことなく投げ続けて、ノーフィッシュ。
これは「甘く見んなよ」って事なんでしょうね。
来年は気を引き締めてお魚さんに対峙したいと思います。

今朝はとても風が強く「日が高くなれば止むかも」という甘い期待も裏切られ、
風に吹き付けられる一日になりました。
こんな状況の中でも私以外に釣り人がいましたが釣れた所は全く見ませんでした。
「ゴゴッ」とか「ガツガツッ」というアタリも有るには有りましたがフッキング出来ず。食いが浅いのかもしれませんが対応する術もなくアッという間に日が暮れてしまいました。
冬の日照時間って短いですね。当たり前ですが実感しました。

水道橋左岸、水道橋右岸、堰下右岸と移動しましたが水道橋は全然ダメです。
風が吹くと弱いのでしょうか、数日前の夕マズメは無風だったのですが日没と共に鯉のライズがあってジャイアント・ドッグXを咥えかけたりしましたが(惜しかった)その時とエラい違いです。
堰下は自然護岸の下に相変わらず鯉がウロウロしていて偶に水面の餌を喰ったりしていて少しは良さそうな状況です。
アタリもたま~~にですが忘れた頃に来ます。だからアワセ損なうんですが。

今年は堰下で季節外れのマルタウグイを釣ったのに始まり、ルアーでの鯉狙いにはまりまくった一年でした。
以前から「鯉がルアーで釣れたら楽しいのに」と思ってはいましたが、ネットで検索してもマグレ的に釣れた話しか出てこないのでモチベーションが上がらず真面目にやったことがありませんでした。
偶然見つけたマルタウグイさんのブログに頻繁にルアーで鯉が釣れているのを見て、その気になってやってみたら釣れちゃった、、で火がついてしまいました。
マルタウグイさんのブログがなかったらこんな楽しい遊びにハマることもなかったと思います。

来年も宜しくお願いいたします。
また多摩川で楽しい釣りをしましょう。
  • 2008-12-31│21:36 |
  • 金太郎豆 URL│
  • [edit]
マルタウグイ様

今年はリンクして頂きありがとうございました。
マルタウグイさんのように昼の鯰釣りに何度か
挑戦しましたが釣れませんでした。
来年は頑張ってみます!
来年もよろしくお願いします。
  • 2008-12-31│23:41 |
  • 鯰 道 URL│
  • [edit]
お疲れ様です
金太郎豆さん、お疲れ様でした。

朝、買出しに出掛ける時に、寒いのと風が強いので金太郎豆さん苦戦しているだろうなと心配していました。
昼頃は少しは暖かくなりましたが、条件はかなり厳しかったでしょう。
それでも当たりが有っただけでも凄い事だと思います、ホントに執念ですね。
今日は、川原に立っているだけでも大変だったでしょうに。

冬場の鯉は食性が夏場と違ってしまうのか、別の魚見たいですよね。夏場のあの荒々しい性質は何処に行ってしまうのか?不思議ですよね。
masaさんも言ってましたが、この時期の鯉の攻略法を見つけられれば面白いでしょう。でも金太郎豆さんだったら、きっと見つけそうですよね。

もう新年ですね、今年も宜しくお願い致します。
また多摩川で、楽しく釣りましょう。
  • 2009-01-01│00:21 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
こちらこそ
鯰道さん、明けましておめでとうございます。

ブログ何時も参考にさせて頂いております。
トラちゃんもすっかり大きくなりましたね。
昼鯰さん、なかなか釣れないのですが、今年もまたすっかりはまってしまい何時もの堰下に通う事でしょう。
鯰道さんの事ですから、今年は昼夜問わず制覇される事と思います。

今年も楽しく釣りましょう。宜しく、お願い致します。
  • 2009-01-01│00:39 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
こちらこそ
masaさん、今晩は。
あけまして、おめでとう御座います。今年も宜しくお願い致します。

私も明日は実家で新年会ですので、気を付けないといけませんね。
今年の3日は、昨年と違って少しは条件が良さそうなので、誰かに初鯰が出そうな気がします。
ロッド購入して、魂入れが出来ると良いですね。

それでは、多摩川でまたお会いしましょう。
  • 2009-01-01│23:23 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。