スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋の下

3連休初日は晴天に恵まれましたが、朝は冷え込みが厳しいです。
6時現在、気温は10℃、水温9℃とだいぶ下がって来てしまいました。
今日は、気になっていた堰上に行こうとうす暗い川原を降りて行ったんですが、立ち入り禁止のロープが張ってあって入れない雰囲気なので、結局遠回りして何時もの堰下へやってきました。
既にmasaさんがロッドを振っていましたが、反応は無いそうです。
20081122-1

日差しは暖かいが風がとても冷たくて芯から冷えてきますが、ヘラ師の方達は順調に上がっています。対岸のルアーマン氏は鯰さんをゲットされたそうですが、こちらは全く反応が有りません。
手応え有りと思ったら鯉のスレでした。すぐにオートリリースしました。

亀ポイントに行かれていたToshiさん合流、皆さん投げ続けるもう~ん当たりが有りません。
ここで朝行けなかったが、堰の修復工事の為に減水して魚影は濃いはずなので水道橋の下に行く事にしました。何となく鯰さんが居そうな気がするし。
結局、立ち入り禁止はほぼ関係無しで、近くのワンドにはヘラ師が一杯でした。

流石に鯉の数は多いですね、小田急線の鉄橋下流の流れ込みまで釣り下りルアーを引いていると6回程鯉がスレ掛りしましたが全てオートリリースでした。口を使ってくれません。
20081122-2

折り返して水道橋下に戻ってくると上から声がします、masaさんとToshiさんのお2人でした。橋上から見ると鯰さんが泳いでいるのが見えるらしいです。
20081122-3

声に従って投げるも反応は有りません、いつもはこのテトラが隠れるほど水位が有る場所ですからね。すっかり浅くなって、両岸にギャラリーが頻繁に通るしで厳しいです。朝のうちは釣れるかも知れませんね。橋の上下流に良い条件が整っているのでタイミングが合えばゲットできるかもです。
20081122-4

風が無いと昼間は暑いくらいです、厚着しているので汗をかきながらの帰宅になりました。また風邪を引きそうですね。明日は用事が一杯になってしまったので、残念ながら釣りはお休みです。気温がグンと上昇するのでチャンスかもです。皆さん、頑張ってくださいね。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

masaさん、今晩は。

見える魚は釣れないと昔から言いますが、そんな感じですかね。
この辺りの魚は、激戦区で毎日の様にルアーを見せられているのと、結構な人たちが通りますから厳しいのかもしれません。
前に金太郎豆さんが早朝限定と書き込みされていましたが、やっぱり夜か早朝に歩が有りそうです。

今日は使わなかったですが、小型のスピナベ、バイブレーションとか如何でしょうかね?

明日はコンディション良さそうですから、大物ゲットですね。
ご健闘を祈ります。
  • 2008-11-22│21:24 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
お久しぶりです
どうもお久しぶりです。
朝方は厳しかったようですね、冬場は暖かくなる10時過ぎが良いとかいいますが、もうそんなパターンなんでしょうか。
今日は堰下に夕マズメ狙いで行って来ました。
左岸(東京側)に入ったのですが対岸にはルアーマンとおぼしき人が3人ほど居ます。
シーバス情報でここも有名になったんでしょうか。
チャガースプーク無反応、スプーン無反応、、、で日が暮れてしまったので最近仕入れた蝉ルアーを試します。
http://www.tiemco.jp/index.php/mod/catalog_show/act/detail?scene=bass&code=317
結構ゴテゴテしたデザインで飛びそうにないのですが、投げてみるとソコソコ飛びます。
動きも悪くないのですが全く魚の反応なし。そろそろ帰ろうかと思っていたら聞き覚えのあるナマーのバイト音!フッキング成功!、とここでラインがズルズル出ていきます。ドラグを締め忘れていました。いつまでたってもこの凡ミスが直りません。
慌ててドラグを締め込んで取り込んでみるとカワイイ40cm程のナマズです。
蝉ルアーやりますね。
ナマズのトップ狙いは7バイト0フィッシュなんて事もありますから、今日の1バイト1フィッシュは運が良かったかも。
  • 2008-11-22│21:32 |
  • 金太郎豆 URL│
  • [edit]
お元気そうですね
金太郎豆さん、ほんと、久しぶりですね。
コメント有難うございます。

今日は朝は寒かったんですが、昼から暖かかったので夕方の方が良かったんでしょうか?しかしシケーダーのジャンボが有ったんですね、小さいのは私も持っていますが。(前に多摩川ライフのhiroさんが冬にこれで鯉が来たと書かれていたので購入)
これも面白そうですね。

しかしこの渋い時にゲットされるとは流石ですね。
私ももっと研究しないといけませんね。また面白いルアーが有ったら教えてください。
  • 2008-11-22│21:55 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
堰上
こんにちは

昨日は厳しかったですねぇ。金太郎豆さんがコメントされているように
堰下に魚が居ないわけではないのですが、狙い方が合っていないの
でしょうね。

もう少し沈みがよくて、なおかつアクションもほどほどに良いミノーで
深みに潜んでいる鯰さんを直撃出来るといいんですが。

今日のmasaさんの狙い方が参考になるかも知れませんね。

明日は仕事と思っているので、出撃しても超早朝限定です。

しかも来週末は職場の旅行ゆえ、出撃できません・・・。

師走で釣りどころではないかもしれませんが、またお会いしましたらよろ
しくお願いします。
  • 2008-11-23│12:38 |
  • Toshi URL│
  • [edit]
やはり好調でしたか
masaさん、Toshiさん、ダブルヒットおめでとうございます!
しかも良い型ではないですか。

昨日は不調でしたが、今日は絶好調でしたね。
私も出撃したかったのですが、午前中も午後も予定が入ってしまったので残念ながらお休みしました。次週も土曜日が出なので、行っても日曜日の朝のみです。

やはり昨日午後からの気温上昇が効いたのでしょうか、以前から気になっていた場所のひとつでしたが、水位が高いと狙い難いので工事で水位が下がった今がチャンスなんですね。
3月の工事終了まではこちらの方が良いかも知れません。工事の濁りも関係ないし、場所も広く狙えますしね。

昼間泳ぐ鯰さんが見られるのは、兵庫島の野川が結構有名?ですか、雷魚殿も泳いでいますが、あれだけ人出が有ると狙う気にもなら無いです。(昼間、目の前を通してもプイと無視されてしまいます。)

ところで、ご存知かもしれませんが、今日出掛けた帰りに上州屋に寄ったら、シーマスターの新色が7色出ていました。う~ん、ナチュラル系の感じでは無いかも知れませんがつい6色購入してしまいました。
次回はこれで攻めて見ます。

また、多摩川で楽しく釣りましょう。
  • 2008-11-23│15:37 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
シーマスターズ
こんばんは。

シーマスターズ情報ありがとうございます。
早速シーマスターズ旅に出てみます。

私は在庫がある頃はイワシ系のナチュラルなカラーを好んでいましたが
鯰さん狙いであれば、カラーはほぼ無関係と思っているので在庫の少なくなった最近はあまり気にしないようにしています。

でも、クリア系とやマッド系、メタル系は光の反射具合が違うとともに塗料のノリで動きが若干変わると思うので、いくつかあるとベストと思っています。

まぁ要は使い方なわけですが、シーマスターズの「マスター」マルタウグイさんには到底及びません。
地の利を生かして腕を上げるしかないですね。

  • 2008-11-23│18:23 |
  • Toshi URL│
  • [edit]
なるほど
masaさん

弱ったベイトを模そうとすると、あまり元気な動きは良くないですよね。昨年夏の亀ポイントを思い出します。上流の鮎師が捨てたり、ばらした鮎が流れてくるのを下流で待っていて荒食いするのですよね。
アスリートも良いですが、今日見ても1600円とは高すぎですね。つい製造原価はいったい幾らなんだと思ってしまいます。
でもやっぱり釣れるとなると、つい買ってしまいますよね。

最近メバルに凝っているシーバスマンと話していて、「絶対釣れると信じると釣れる。自信を持って引く事が一番。」と意見が一致してしまいました。
使いこなして自信針が増えていく事は、また楽しいですよね。


Toshiさん

そうですね、カラーは何でも釣れる様に思います。シーマスターはレッドヘッド以外では全色で釣っています。

でも、時によっては鯰さんこの小さな目で見ているのか?と思う位、色に反応する事も有るようです。特に、クリアーで晴天の時ですね。
他の魚種でも同じで、マルタウグイを釣っていて当たらなくなった時に銀⇒金などに換えると途端に食いだしたりしますね。

以前、釣具店でどの色が良く釣れますか?と聞いている方が居ましたが、難しい質問ですよね。自分が気に入った(以前釣れた)カラーをどうしても多く使う傾向になるはずなので、ますます確率が高くなるでしょうし。
自分の好みでチェイスすれば良いのでしょうが、カラーが増えると迷う楽しみが増えるのでこれはこれで良いかなと。

また、皆で楽しく釣りましょう。
  • 2008-11-23│21:52 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。