スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日焼け

昨日が暑かったのと先週からの状況から見て、今日はかなり難しいとは思いましたが、まあ一匹位は何とかなるかなとまたいつもの堰下にやって来ました。
気温26℃、水温23℃で結構クリアな水質です。いや、釣人が少ないですね、良い天気なのにヘラ師の方が数人のみ、鮎師の方は相変わらず誰も居ないです。

20080705-120080705-2

写真の様に水位が急激に20cm位下がったようで、濡れた岸が大きく出ていました。
経験上、こんな日は釣れないんですよね。
国土交通省水文水質データベースの玉川観測所のデーターをいつも参考にさせて頂いてますが、残念ながらこんな変化はデーターに出ない事が多いのです。

今日は、ファイヤーラインとロッドの相性、リールの巻き取り長さ(結構影響が有ると私は思う)、フック形状、リーダーがナイロンとフロロの比較をしようと結構な量の荷物を持ってきましたが、鯰さんは今日は遠足にお出掛けのようで全く影も形も見えません。

繰り返した増水でポイントが埋まってしまったのとこの減水で、何処を探ってもすっかり浅くなってしまいました。
気温30℃を超える暑さの中粘りましたが、1ヒットのみ、しかもテスト使用の新形状のフックがいとも簡単に伸ばされて・・・残念ながらフックアウトしてしまいました。
ネムリが入っているので根掛りはし難いのは良いのですが、ショートバイトは取れなかったし、このフック大丈夫なのかな?

鮎師の方が1人見えまして、色々お話を伺ったのですが、相模川水系は結構鮎の調子が良い様で、人が沢山だそうです。
今年の多摩川は駄目ですよとお話しましたが、流石にベテランの方で、始めて数分後にはもう一匹釣り上げてしまいました。これには驚きました。
が・・・その後は全く駄目で、鯉のスレ掛りに苦笑いして早めに帰られました。鮎は何処に行ったんでしょうかね?

次回は、狙い場所を考えないといけませんね。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

私も日焼け
土曜日は、寝坊して竿を持たずに出かけたので、多少距離があっても良いと思い、川崎側ですが、堰下まで足を伸ばしました。
マルタウグイさん達らしき方々を見掛けたら、東京側までと思っていたのですが、見つからず、結局、新規ポイント開拓で第三京浜まで川崎側を色々と見て回りました。
第三京浜手前数百mでパンクして断念、帰りは手押しでしたけれど。
そういうわけで、釣りもしないのに私もかなり日焼けしました。
皆さん、今晩は
masaさん、今回は暑かったですが、8月の炎天下はこんなものではないので、水分をかなり持っていかないと脱水症状で倒れてしまいますね。

しかし、昨年は6月23日に亀ポイントで20cm近い鮎が何匹か釣れていましたし、以降、3週連続鮎が釣れていました。
鯰さんも6月2日から毎週の様に、炎天下で上がっていたのですが、今年の様に鮎が振るわないと駄目ですね。
鮎の居る場所を探さないといけませんね。
まあ時期が来れば堰下もまた必ず復活するとは思いますから、懲りずに出撃するのも一計です。
取り合えず来週も行って見ようかと思います。

takaさん、多分入れ違いですね。1時頃までは写真のヘラ師の方の上流側にいました。
第三京浜までの間に結構良さそうなポイントが有りますね。鮎は何処かに群れていませんでしたか?何処かに集まっているはずなんですがね。

私も、数年前に六郷水門までサイクリングに出かけて、水門を過ぎた途端にパンクして、直せば良かったんですが、廃棄する可能性も有ったので8月の炎天下を2時間半程押してきた事があります。
死ぬかと思った・・・・。一気に痩せましたね。
お互い、気を付けましょう。

  • 2008-07-07│21:19 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。