スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また坊主

気温23℃、水温21℃で結構クリアーな水色です。
先週とは違って、曇りの予報ですが結構青空が覗いています。今日は暑くなりそうです。
しかし釣れない情報が流れているのか、去年とは打って変わって鮎師の姿は全く見ませんし、ヘラ師の人数も減って、対岸のルアーマンもほとんど見なくなってしまいました。(後から来た組合員の方の話でも、多摩川は今、不調で魚が居ないそうです。)
鮎に関しては、奥多摩川が好調なので皆さんそちらに行かれているのかと思います。

20080628-120080628-2

先行者のToshiさんは既に1本上げられたとの事で、川の雰囲気は結構良い感じです。
堰下ですから、彼方此方、段々と砂礫に埋まってきてしまうのは仕方ないのですが、浅場が増えて釣り難くなって来ました。。

良さそうだったのですが、1時間経ち、2時間経ち当たりが無いです。今日は先週よりも渋い感じです。
しかし、色々なパターンで引き倒していると、終に大きな当たりが来て大物がヒットしました!しばらく引き合ったら、まさかのフックアウト、またバラしてしまいました。・・・・残念!
多分、あの引きは大鯰さんかもしかすると鯉だったはず。

また暫くして、大きな当たりが来て大物がヒット!ドラグの調整、結構大きい鯰さんと思いながらバラさ無いように慎重にやり取りをしましたが・・・・これも結局バラシてしまいました。

合わせは結構大きくしているはずですし、新品のバーブレスフックを使用しているのに何故バレてしまうのか?
PEに変えて3回目の釣行ですが、毎回余りにもバラシが多く考えてしまいました。
今日は、大物2回ヒットしましたが、その後当たりが来なかったので、結局久々の坊主になってしまいました。(正確には、ヘラブナが来ましたが、これもバレてしまいました。)

要するにバックリとフックを銜えていれば良いのですが、食い気の無い魚を誘い出して掛けるとなると、バイトを弾き易いラインは数少ないチャンスを逃がす事になるのかも知れません。更に、研究が必要ですね。

後、気になっている耐久性ですが、既に3回目の釣行でファイヤーラインのコーティングが剥げて来ているように見受けられます。また、根掛りを引き切った時の強度が初めよりも下がって来ている様な感じがしました。
今日は、2回の根掛りでルアーロストしましたが(これも意外)、リーダーのノットの所からファイヤーラインが伸び切れるのは良いのですが、おや?こんな強さで切れたか?1回目の釣行では切れなくて苦労したはずなのにと思ってしまいました。
2回目のノットは、更に慎重に結んだつもりですからあの強度は解せません。
ネット上で、賛否両論が様々有る訳ですね、納得です。

まあ、これはこれで面白いテーマなので、今日は坊主でも良しとしたいと思います。

20080628-320080628-4

川原ではハルシャギクの花が満開です。これだけ咲くと流石に綺麗ですね。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

まさか・・
こんばんは。

結局あの後もダメだったんですね。

私が釣れたのは5時20分くらいだったので、夜のやる気
あるヤツが居残っていたのでしょうか?

しかし、2回目のバラシは悔やまれますねぇ。魚が水面を
かき回していましたからもう少しで魚影が確認できたので
すが、まさかのフックアウトでしたね。

PEのバラシについてですが、PEシステムに変えてから
1バイト1GETですので、検証するには程遠い経験値です。

ただ、1バイトはものすごい感覚で伝わってきたので、魚に
もこちら側の様子がバッチリ伝わっているのは間違いない
ですね。

なんで、リーダーをナイロンに変えてみようか?というのが
今のタックルを使いつつ出来る最大限の対応なのかなと
思っています。

とりあえず経験値を上げるのが先決ですが・・・。

北海道が控えていますので、しばらく現場には行けませんが
レインボーさんたちと戯れてきますので、感覚は鈍らないと
思います。

それでは・・・
今晩は
今日は、良さそうな感じだったんですが、結局坊主になってしまいました。

ホントに釣り人が少なくて、また皆さん早々に引き上げて行かれるので、昼前にはほとんどどなたもいませんでした。
明日は、雨の予報なので、状況的には今日よりも魚の出は良いと思います。
もし行かれるのであれば、幸運を祈ります。

今日も鯉は相変わらず元気でしたから、コ式も面白いかも知れません。
時々、やっている人が居ますよね。結構釣れていますしね。

PEの感度の良さは、捨て難いものが有りますよね。ただ、今ではナイロンでもよい物はありますし(高いですが)、迷うところです。
しかし、面白いですよね。この趣味は、なかなか奥が深いですね。

また、多摩川で、楽しく釣りましょう。
  • 2008-06-28│22:19 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
お疲れ様でした
masaさんお疲れ様でした。

諸事情により今日は出撃できませんでした。
雨も降っていましたし、ひょっとしたら爆釣?と
報告を期待していましたが厳しかったのですね。

鮎の遡上との関係もあるんでしょうか?昨日の
鯰のアタリ具合からすると、魚は元気です。
固まっているのか、昼はピンスポットにルアーを
送り込むプラス、タイミングが合わないと出てこな
いそんな感じがします。

そんな私も午後の数時間出撃しましたが、増水が
段々きつくなりつつあり中州に取り残されても困る
のでほどほどで退陣しました。
元気がいい鯉はポイントをうろついていましたが、
鯉とは別の魚の群れも見えましたが、何かはわか
りません。

先週のように下流も行ってみましたが、またもや浅
瀬で、草魚とバッティング!どうやら縄張りのようで
す。
掛けようとがんばりましたが、深みに消えていきまし
た。

鯰はしばらくお休みですが、皆さんの釣果楽しみに
してます。
お疲れ様です
masaさん、やっぱり行かれたんですね。
かなりの降りだったので大変だったでしょう。でも貸切状態も魅力ですよね。
堰下のヘラ師ポイントは砂礫で埋まって狭くなったのと、堰の工事の終了で堰上のポイントが復活した事で昨日もホントに人が少ないし前の様に釣れないみたいでした。

水が澄んでいると厳しいものが有りますよね、ルアーは見切るし警戒心が高くなっているので昼間は難しいです。朝か夕方のまずめ時以外はどうにもポイントがしぼられてしまいます。
鮎が何処に行ってしまったかですね、鮎の居る所にやる気のある鯰さんが集まっているはずなので、見つかれば良いのですが。

私は今日もバラシ対策を練っていました。(アームチェアフィッシングですね)PEラインの場合ロッドを選ぶ様なので、マルタ用のライトアクションのシーバスロッドを使用しようと思います。
ソルティーショットと振り比べるとかなり違いが有りますが(しなやか)、10ft有りますからためる事が出来るので大丈夫でしょう。マルタに使っても食い込み抜群でフッキングが良く、バラシも無いロッドなのです。(以前、大鯰さんに折られた物の修理品です。)

また、バーブレスフックとして売られている物は調べるとバラシが多い形状の様なので、カツイチのY-W77を購入してきました。
カツイチは鮎針で有名なメーカーなので、そのノウハウを盛り込んだ独自形状のトリプルフックを作っていて、丁寧な作りで期待できそうです。
これならソルティーショットでもバラシが無くなるかもしれません。
これで駄目なら、アシストフックを採用して見るかと言った所です。

Toshi さん、草魚はパンフライで釣れる様ですから、そんな感じのルアーであれば釣れるかも知れませんね。新魚種追加にどうでしょうか?

北海道で大物が上がると良いですね、ブログ楽しみにしております。
そうですね、済みません、遅ればせながらリンクを張らさせて頂きたいと思いますので、宜しくお願いします。

また、皆で多摩川で楽しい釣りをしましょうね。
  • 2008-06-29│19:55 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
ありがとうございました
こんばんは。
多摩川も何だか渋そうですね。
実は、密かにメバルロッドで、毛鉤仕掛の先端にスプーンやミノーをつけてのアユ釣りを計画していたのですが、当面見合わせた方が良さそうですね(^_^;)
ナマズさんも皆様がそのような状況では、私には難しそうです。今週末はまた雨の予報なので、おとなしくしてますかね…
この週末の私は予定通り海に行き、釣果はさておき、皆様の温かいコメントのお陰か、堤防でありながらも楽しく海そのものを堪能できました。
改めて、ありがとうございましたm(__)m
尚、釣行記はまだですが、まずは御礼まで。
  • 2008-06-30│20:38 |
  • taka URL│
  • [edit]
何よりです
takaさん、お元気そうで何よりです。

今年は多摩川鮎が不調の様ですが、調布取水堰は今年も開放され昨年よりも少ないですが遡上はかなりの数になったそうです。
でも釣れないのは瀬に鮎が付いていないからで、それは良い苔が生えていない為だそうです。(組合員の方のお話)

瀬に付く前の鮎は淵かトロ場に群れになっているとすれば、ドブ釣りが良い筈ですから、takaさんのアイデアは当たっているのかも知れないですね。場所さえ解れば若鮎のてんぷらが沢山食べられるかもです。

その内多摩川でお会いしましょう。
  • 2008-06-30│22:50 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
よろしくお願いします。
マルタウグイさん

リンクの件、了解です。私もリンクさせていただきます。

熱心に研究されて、またニューアイテム投入ですね。

私も少しライトなロッドに変えてみようかと思うのですが

何せ未だにロッドを折られた記憶が鮮明ですので、ライト

にするにしてもソルティショットの806MLもしくは806M

かなぁと思っています。

まぁしばらくロッドには手を出せませんが・・・
そうですよね
Toshi さん、今晩は。
確かに、ロッドを折られるのはショッキングですよね。

パックロッドで軽快にマルタを狙っていた頃、ラインは6か8lbで十分と思っていたのですが、大鯉が掛かって大きく煽ったらあっけなく折れてしまいました。釣具屋に文句を言って無償修理してもらいましたが、これは理屈抜きに駄目だと思いましたね。

今回の柔らかめのシーバスロッドは、70UP鯰さんを掛けた時に確か20lbラインで引きずり上げようとした時に折れてしまい修理したものですが、多分この時はロッドが痛んでいた為と思います。3本継ぎの2番が折れていました。

結構、折るときはいろんな事で続けて折るものですが(この他にも折ってます)、そんなこんなで今はソルティーショットになっています。
このシステムには、ナイロンリーダーを長くして対応する予定です。
  • 2008-07-02│23:13 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
こんにちは。初めて書き込みします。
今朝同じ場所でやってみたら51cmのマルタウグイ?が釣れました。
婚姻色の全く無い銀色なヤツでしたが、並ウグイってこんなに大きくはならないですよね。
鮎を狙って下流から上がってきたんでしょうか。
ヒットルアーはラッキークラフトのビーフリーズSPワカサギカラーです。
ではまた。
  • 2008-07-03│09:06 |
  • 金太郎豆 URL│
  • [edit]
コメント有難うございます
金太郎豆さん、コメント有難うございます。

昨年もそうですが、マルタウグイの居残りが居ますね。
産卵期は婚姻色で(ウグイは3条、マルタは1条)見分けやすいのですが、それ以外は見分けにくいと思います。
比べるとウグイは頭が小さく尖っていてスマートな感じですが、マルタは頭が大きくて全体にずんぐりとした感じです。
ウグイの方がマルタに比べて小振りが多いですが、51cm位のウグイは居ますよね。

ウグイの降海型=マルタウグイと書いてある場合と、別種と書いてあるものがあり?となりますが、ウグイの降海型が存在すれば多摩川であれほど大きいウグイがマルタに混じって(結構混じります)釣れるのも頷けるのですが。

昔、相模川水系でウグイ(ハヤ)釣りをしていて、尺バヤはなかなか釣れないものでしたがそれでも40cm近いのは高田橋とか半原で釣りました。ウグイでも条件が合えば大きくなる事もあるようです。

昨年に引き続き今年も鮎の遡上を促す為に、調布取水堰を開放したので、鯔とかシーバスも結構上がってきている様です。同じ汽水域に棲むマルタウグイが居てもおかしくは無いですよね。
私がマルタ釣りを始めた2003年頃は、シーズンが終わると全く姿を見なくなったのに、調布取水堰の開放が効いている見たいですね。

いずれにしても、貴重なルアー対象魚が居て楽しく釣りが出来るのは良い事ですよね。
  • 2008-07-03│21:14 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
マルタウグイさん。ご丁寧にありがとうございます。
記録に撮ったデジカメ画像とネットの魚類図鑑を見比べてみたら、ウグイは上顎の方が長いのに対し、私が釣った方は頭がちょっと寸詰まりな感じで上顎と下顎が同じ長さでした。
どうもマルタウグイっぽいです。

調布取水堰が開放されているって言うのは知りませんでした。
色んな魚が釣れると楽しいですね。五目釣り大好きです。

もう少し上流に釣り易そうな場所が思い当たるので、次回はソコ狙ってみます。
釣り場で会ったらよろしくおねがいします。
  • 2008-07-04│14:13 |
  • 金太郎豆 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。