スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念!

先週は、日差しが暑かったんですが、今日も結構なお天気でジリジリと来そうな感じです。
土手の上から見ると、よほど釣れないのか?鮎師の影も無く、いつものヘラ師の方達数人と、ルアーは先行者が1人のみです。
20080614-1

降りていくと先行者はやはりmasaさんで、あまり状況は良くないとの事でした。
6時現在気温22℃、水温は21℃、先日の雨の影響で薄っすらと濁りが入っています。
確かに魚の気配は殆ど有りませんが、前回雷魚殿を上げたポイントに入りキャスト&リーリングを繰り返します。

今回は、試しにバークレーファイヤーラインクリスタル25lbを使用しています。ライン径も0.238mmとナイロンの8lb並みの細さなので、リールもアルテグラC3000です。
半透明と言いながらハッキリ解る白い糸ですね。魚にも見えそうな感じです。結び目はスナップに直結で、今回からパロマーノットを採用しましたが、引き抜ける事も無く強度も良い感じでした。

いつものシーマスターがよりキビキビと動く様子が、明確に伝わってきます。川底に当たる感じも良く解ります。ライン径が細いので遠投が効き、水の抵抗が小さいのでルアーの潜度も深くなった感じです。

しかしこのポイント先日の増水で砂利が流れ込んで浅くなってしまいました。ちょっと釣り難い感じですが、遠投を効かせてルアーを引いているとロッドが絞り込まれました。
右に左に、上流にと走ります。この感じはニゴイですがしばらくしてフックアウトしてしまいました。フックにニゴイの小さなウロコが付いていました。スレだったのですね。

しばらくしてまた当たりが有りましたが、再びフックアウト、これもスレだったのか。

そんなこんなで1時間過ぎて、待望の鯰さんがフッキングしました。なかなかの良型です、慎重に寄せて岸まで後2m程の所でフックアウトしてしまいました。残念!

気を取り直してキャストを繰り返すと、15分もしない内に再度ヒット!
今度はランディング成功、とっても頭が大きくメタボな鯰さんでmasaさんと「これはでかい70cmは有るだろう」と慎重にメジャーを当てたら65cmでした。重量は1.9kgとずっしりと重かったです。ちなみに物凄く元気でした!
20080614-2


先週のmasaさんの釣行時と同じように、再び堰のゲートが閉じて水がどんどん減り始めました。流れが止まってしまい、ヘラ師の方達も釣りを止めて歩き回っています。辺りは暫し騒然としています。
しばらくして、水位は元に戻りましたが、鯰さんびっくりしてしまったのか当たりが無くなってしまいました。

それでも1時間ぐらいしたら、再び鯰さんの当たりが有って数m引き合ったのですがこれもフックアウトしてしまいました。結構良い型だったのに残念です。

もう少し、もう少しで時間延長して攻め続けました。
ついに来た大当たり!確かに鯰さんだと思いますが、物凄い力です!鯉の引きに力強さとスピードを加えたような感じ。
ジャンプと突っ走りを繰り返して寄せてくると、masaさんがこれはでかい記録物だと言う程の大鯰さん。
ところが・・・口の端にテールフックが刺さっているのみです、あと一息の所で無念のフックアウト・・・・燃え尽きて灰になってしまいました・・・・。

スレの2回を除いて、4ヒット1ゲットですから当たりは結構有った事になりますが、如何せん食いが浅くフックアウトばかりとなりました。

PEはバラシが多くなるとは聞いていましたが、PEに変えた為に当たりが増えたとも思えるしで迷いますね。結局、PEの使いこなしが出来ていないだけなんでしょうね。
ただ今回は安く入手できたので使いましたが、耐久性はまだ解らないし、またナイロン党になる公算も大きいですね。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

お疲れ様です
masaさん、お疲れ様です

やっぱり熱が有ったんですか、無理は禁物ですからね。
明日ゆっくり休んで、父の日だし、大事にしてもらってください。
次回はリベンジと行きたいものですね。
体調さえ良ければバッチリとタイミングが合うんじゃないでしょうか。
(私も昨日から胃腸の具合が悪いですし、やっぱり風邪でしょうね。)

これからの昼鯰さんは、炎天下ですから厳しいですよね。でも今日の様にピーカンの13:00過ぎに大物が掛かる事も有るわけで、油断は禁物ですね。

ほんと、釣れても釣れなくても楽しい釣りをまたしましょう。
  • 2008-06-14│22:44 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
雷魚
こんにちは

昨日は仕事のため、出撃できずでした。

堰下は空いていて、まだまだ大丈夫そうですね。

大物GETならず残念でしたねぇ。

PEは伸びが無いゆえ、バイトを弾き易く、ライン
の伸びでバイトを乗りやすくすることが出来ないの
が難点ですね。
それ相応のシステムを組んだ方がいいのでしょうか?

感度と乗りやすさ、どこを自分の妥協点とするか難し
いところです。

さて、私は午前中出撃しましたが、雷魚1本のみ。
アスリート君達は全滅し、月曜日以降補充に走ります。

にっくき流れ込み付近にある根掛りポイントです。
今晩は
Toshi さん、お疲れ様です。

しかし雷魚殿にすっかり気に入られてしまいましたね。
でも毎回、上げられるとは流石です。
masaさんもですが、私も昨日黄色っぽいスネークヘッド(でかいやつ)が浮いているのを見ました。
こうして見ると結構な数の個体が棲んでいるみたいですね。
あの独特の引きも楽しいですから歓迎ですね。

PEを使ってみて、確かにバイトは増える様ですが、仰る様に吸い込みが悪いようで、昨日のバラシもちょっと今までに無い感じでした。
これは上がると思った魚の掛かりが思ったよりも浅いのです。上がった1本はトリプルフックをバックリ銜えていて絶対外れない状態でした。
帰宅後ネットでよくよく諸先輩方のHPを見るといろいろ合点が行きました。
(確かに鯰さんの口は、バス系やマス系に比べて吸い込む感じではないように見えるので、逆に吸い込みが少しでも良くないと駄目なのかも知れません)
伸びのあるリーダーを使う方がいいかも知れませんね。あるいはもっと柔らかい乗りの良いロッドにするか。
クリスタルは半透明なので直結で行けるというのも選択肢の一つだし、私は面倒なのは嫌いですし・・・・。

しかしライン選びは難しいですね。これはこれで面白いですが。
次はフロロもまた試して見たくなりました。


masaさん、風邪は良くなりましたか?
父の日に、大事にしてもらえましたでしょうか。

私は父の日に亡き父の墓参りに行ってきました。
昨日、粘りすぎましたね、足腰ががたがたで、今日は長く歩くのはちょっとしんどかったです。腕も痛いしで。

次回は、バッチリとリベンジして、釣り好きだった父に見せてやりたいものです。

また、皆さん、楽しく釣りましょうね!
  • 2008-06-15│19:12 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
仕入れ
こんにちは。
私もなぜか風邪なようで喉が痛くて熱っぽいです。
多摩川の風を浴びすぎたのが原因でしょうか?
そんな時でも仕事はしなければならないわけですが、
合間を見て仕入れをしてきました。
アスリート9S、ビーフリーズ78、ドリフトトゥイッチャー85S などです。
7月から北海道釣ーりング も控えてますので渓流系もポツポツと揃えました。
今週末は土日、来週末は土曜に出撃して7月は前述の

北海道があるので出撃はほとんどないかなぁってとこです。真夏は渓流で涼みたいですしね。
  • 2008-06-17│17:22 |
  • Toshi URL│
  • [edit]
バラシ対策
私も仕事帰りに、リーダーとフックを仕入れてきました。
フロロカーボン20lbと、バーブレスのカルティバSTBL46TNです。

バラシの反省点として、ラインシステムとしていなかった点が一つ。
(クリスタルの魅力は直結しても食いが良いことですものね。出来れば直結で使えればと。)
これはあまり関係ないかも知れませんが、確かにPEが根ずれに弱いのですぐササクレたのでその対策も含めてラインシステムを組みました。
イージーノットを採用、力いっぱい引っ張っても抜けませんでした。

もう一つは、「雨の多摩川」の日にルアーボックスが水浸しになっていてフックが迂闊にも錆びていた事(猛反省)。シーマスターはフックをいつも変えて使うのですが、マルタを狙った時から動きが良い物でそのままバーブを潰して使っていました。
これ小さなフック(マルタも銜えられる)で動きも良くて根掛りも少ないのですが、バラシが多くなります。また今回も初めのはそうでしたがフックを伸ばされてしまいます。
いつもはST41TN(1mの草魚も平気)のバーブを潰して使っていましたが、今回はSTBL46TNが入手出来たのでこれで勝負です。

後は、如何に美味しいベイトに見せて上手く誘えるかによりますね。
これが一番重要なんですがね。一番難しいですよね。
  • 2008-06-18│23:55 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
根掛りポイント
こんばんは。

マルタウグイさんはラインシステム組んだんですね。
私は面倒くさがりやなので、なかなか手が出ません・・・。

でもPEの可能性には惹かれつつあります。
渓流でも試してみたいんですよねぇ。

今日は先週ようやく一段落した仕事で燃え尽きた体を癒すため
充電期間(1ヶ月くらい続くとおもいます)のため、お休みして出撃
してきました。

メインは、根掛り回収器を購入したので、先週根掛りポイントに吸い込
まれたルアー救出作戦です。

平日なので、いつもより遅め?の6時くらいに現場着。平日は静かで
いいですねぇ。
土日も止まっているヘラ師の原付があるのにはビックリしましたが、
ヘラ師も数名で、思う存分釣りができそうです。

開始早々、鯉のスレが連発しましたが、その後はまったく音沙汰なし。

平日のプレッシャーが低い中でも、数日雨が無く、水質は超クリア、まぁ
晴れという状況なので厳しいのでしょうか?

根気よくキャストし続けましたが、ついに根掛り!待ってましたよ~

ラインを張って、根掛り回収器始動!


しかし、うまく根掛かったポイントまで届かない。
ラインを伝って、根掛りポイントに重量のある金属部分をぶつけて
ショックで根掛りを外す&チェーンにフックを引っ掛けて無理やり引きずりあげるタイプなので、届かなければ意味が無い。

なんと1発目から、役に立たないことが発覚しましたが、功を奏したのが
今日の水質。

そう、クリアだったので、偏向グラスで見れば、何に根掛かっているのか
が見えたのです。

ウェーダーが腰に浸かるまで、川の中に進んで行くと、ついに根掛りの
原因がわかりました。
masaさんのおっしゃる通り、畳1畳程度のブルーシートが沈んでいます。

その周りには、キラリと輝くルアー達が沈んでいるのが見えました。

この時点で私の目的は釣りからルアー回収にシフトしました。

根掛り回収器をじかに投入し、ブルーシートに根掛かったルアーの
救出作業開始です。

このブルーシート、底の石にしっかり固定されて元はビクともしません
が、浮いている部分は川の流れに身を任せ、うまい具合に浮遊している
んですねぇ。
つまり、ルアーを捕まえるがごとく、動いているんですよ。
底に固定されている中心から1メートルの範囲は危険地域ですね。

そんなこんなで、自分でロストしたアスリート×2、フェイクベイツ、ドリフト
トゥイッチャー70Sを回収し、自分のではないシーバスハンターも救出。

そして次の目的は、ブルーシートの除去ですが、どう引っ張っても抜け
ないので諦めざるを得ませんでした。

このような人工物で根掛かるのは納得いかないですねぇ・・・。
ここにどうして沈んでいるかはともかく、なんとか撤去したかったのです
が、水が引けばどうにかなりますが、冬の渇水時期に出動して片付け
られればと思いました。

最近ウェーダーの浸水が酷くなってきました。PROXの透湿タイプを
購入しましたが、安かろう悪かろうだったのかなぁと。
今日キャスティングに行ったら、透湿タイプではないですが、5000円で
売っていたので心が揺らぎましたが、シーリングと防水スプレーで対策し
たので、今週末の結果を見て考えます。

で、結果は根掛りポイントでガサガサやりまくってしまったのでお魚さん
たちもビックリして遊んでもらえませんでした・・・
お疲れ様です
ラインシステム面倒なので、前回はPE直結でやったんですが、根掛りのたびに(回収は出来るんですが)ささくれが出来てしまいました。
クリスタルの売りは、半透明なので直結しても食いが変わらないとの事ですが、ネット上の評判も良かったり悪かったり(ファイヤーライン自体がそうですから)で自分で確かめるしか無いようです。
でもこのライン、前に使ったものと比べてライントラブルは全く起きませんでした。

昼鯰さん狙いなので、PEが紫外線に強いのも魅力ですね。ホントに耐久性が高ければ却って安上がりかとも思えますし。
根ズレに強いフロロをリーダーにすると安心なのと、張りが強いのでルアーとラインが絡みにくい(前回結構有りました)様なので採用しました。

masaさんが言われる様に、鯰さんはルアーの色を見ているかどうかですが、増水時や先日の様なややマッディな感じでは見えない(見難い)事を前提に早巻きでアピールしています。
こんな時はどの色でも良い感じですが、使って見て蛍光色の方が食いが良い様な気がしますね。

逆に、クリアーな時は良く見えるようにゆっくりと引く事が多いですね。
クリアーな時は、特定な色しかヒットしない事が多いようですから、こんな時はカラーを見ている様に思えます。
クリアーな時は魚も慎重なのでなかなか釣れませんが、ピーカンの真昼間でも釣れる時は釣れますね。
それにこんな時でも渋いカラーでは無くて、結構派手なカラーで釣れる事が多いように思います。

ただ確かにカラーよりも、アクションや泳層、スピードやトレースラインの方が重要ですね。
  • 2008-06-20│20:58 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。