スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増水の後

いつも参考にさせて頂いている国土交通省の水文水質データーベースから、多摩川の玉川観測所の水位を連日確認していました。
迷っていたのですが、昨日の夜半には、今回の雨の影響による増水は20cm程に収まってきたので釣りに行く事にしました。

しかし平常水位がだいたい2.05mのところ、今回の雨で一旦は3.64mまで増水したので川の様子はまたも一変してしまいました。(下の写真は左が増水前、右が増水後)
濁りに関しては、予想していた程度なので十分釣りになるはずです。
20080412-120080412-2

気温は13℃、水温も13℃と暖かいし魚も沢山居ますが・・・・、口を使ってくれません。masaさんは、マルタを結構上げて居ますがやはり今日はルアーをかなり選ぶようです。

見ずらいですが、下の左の写真の黒々しているのはマルタ・鯉・ニゴイの群れです。
私もルアーを色々と変えて、ようやく大きいスプーンで1本ゲットしました。増水の時に多い婚姻色の出ていない個体です。
20080412-320080412-4

本流の流れはまだ急ですが、流心から岸よりにかけて婚姻色の出ていないマルタウグイと大鯉がうようよいて鯉のスレ掛りが多く腕が痛くなってしまいました。
何とか鯰さん釣れないかと粘っては見たものの、60cmのニゴイを1本追加して本日は終了です。
20080412-520080412-6

今日はあまり釣れませんでしたが、このブログにご訪問頂いているmasaさん、hiroさん、慶次さん、toshiyさんとお会いできてお話が出来てとても楽しかったです。皆さん有難うございました、また多摩川でお会いしましょう。

数日で水位も平常通りになりますが、また新たなポイントの探索が必要になりそうです。
マルタウグイに関しては、今回待機中の大群が一斉に瀬付を開始しますから大変な騒ぎになるものと予想します。
でも次回はきっと鯰さんが釣れます様、期待したいと思います。

釣れても、釣れなくても楽しいのが最高ですね!
スポンサーサイト

Trackback

Comment

今日もお世話になりましたm(_ _)m
日々表情を変えていく川原の風景にはとても驚かされました。
最初,「川原がなくなって瀬になってる!」と思いました。

コイのスレ掛り,多かったですね。
一筋縄ではいかないところもミリョクだとは思いますが
なんとかちゃんと釣り上げられるよう精進したいところです。

またお会いしましょう!よろしくお願いいたします。
  • 2008-04-12│21:57 |
  • toshiy URL│
  • [edit]
今日は水位高かったですね。いつもは川崎側から渡渉しているのですが今日は狛江側からで大正解でした。水色も雪代か?のような濁り具合でしたね。釣り場到着が4時過ぎで釣人少なかったです。瀬付きはそこそこでしたが濁りのためか蚊針反応いまいち・チャート系に反応ありでした。疑似ゑはシルエット大きめのスプーンでナチュラルドリフトがハマリパターンでした。夕鯰も責めるつもりでしたが水量・水色であきらめて日没で止釣・あす以降期待できそうですね。本日またまた小口黒鱒目撃×2回!瀬下っていきました。先月末堰下プールで蚊針で一尾釣ったときは奥多摩湖からながれたのがたまたまと思いましたがこの様子だと繁殖してます。釣れた奴も目撃したやつも完璧なスポーニング色でした来月以降の瀬鯰狙い外道できそうな予感。
  • 2008-04-12│22:01 |
  • 通り縋りの・・ URL│
  • [edit]
ご訪問有難うございます
toshiyさん、こちらこそ有難うございました。

本当に川の様子は増水のたびに変わりますよね。
この場所も改めて過去の写真を見直して見ても、川幅が狭くなったりやけに広くなったりしていました。

でも基本的に堰の下は魚が溜まり易いので、多摩川全体として見ても1級ポイントである事は間違いないでしょう。
懲りずに何度か通われるときっと鯰さんとかが、遊んでくれるようになると思います。

またお会いしましょう。


通り縋りの・・ さん、情報有難うございます。

スモール居ましたか、そういえば今日の魚の中に幅の広いマルタ見たいのが居たのですがあれがそうだったのですかね?
昨年、東名下で釣れたのが2chで晒されて、俄かにルアーマンが増えたことが有りましたが、私の釣っていた下流側ではとんと見かけませんでした。

ラージは昔から沢山見ていますが、腕が悪いので私の引くルアーにはそっぽを向いたままでしたし。バスには縁が無いかも知れません。

今年は1匹ぐらい釣れますかね。また何か有りましたら教えてください。
多摩川でお会いしましょう。

  • 2008-04-12│23:03 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
ほんと魚は多かったですね
masaさん、あれから仕事だったんですか、お疲れ様です。
なかなか休日アングラーは厳しいですよね。
いつか有給休暇を取って平日に釣りに行きたいと思いながら、結局25年たっても出来ませんでした。なかなか休めませんよね。

ニゴイも黄色いシーマスターで釣りました。どうしたものか2本のフックが口に両方とも掛かっていたので難儀しました。
しかしmasaさんの釣った鯉は、でかかったですね、8.5kg有りましたものね。洗いにしたら名人分あるやらですね。
次はやっぱり鯰さんを釣りたいですね。頑張りましょう!

あの黄色い花は、カラシ菜でしたか、知りませんでした。今度摘んで見ましょうか。
多摩川では子供の頃は、イタドリを良く摘んで食べました。また、定番はヨモギの草団子ですよね。後、野蒜を炒めて食べたりもしました。

また、多摩川でお会いしましょう!
  • 2008-04-12│23:55 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
昨日は雑談にお付き合いいただきありがとうございました。
私のほうは全く駄目で、根がかりでルアーロストするわ
き外人はさらにヒートアップするわで、とほほでした。
釣れなくてもあの環境にいるだけで楽しいのでいいんです。
いつか鯰やライギョをあげてみたいです。

また色々お話きかせてください。
  • 2008-04-13│13:47 |
  • 慶次 URL│
  • [edit]
多摩川は楽しいですよね
慶次さん、こちらこそ楽しかったです、有難うございました。
そうですかあの外人さんあれからも・・・・・魚と一緒ですかね?

川の流れる音を聞いているだけでも良いですよね。心が和みますね。
六郷とかの下流ですと護岸の中を流れているのですが、この辺りまで上がると川といった感じがしますし、キジがいたりクワガタがいたりと自然が一杯です。

諦めずに通えばきっと鯰さんも雷魚殿も釣れると思いますよ。
またご一緒に釣りましょう。
  • 2008-04-13│19:42 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
ご訪問ありがとうございました
土曜日は活性が低かったのですね。
私個人としては、前回より釣れたのであまり意識していませんでしたが、そう言われてみると、アタリは少なかったと思います。
しかし、私のキャストがまだまだ安定していないのと、パターンが掴めずに色々とやっているので、活性によるものなのか、やり方が間違ってアタリが少ないのか判別できないのが実情です(^_^;)
まだまだ、マルタ以外に手を出しても、結果は出そうにないですね。
でも、外道で掛けたニゴイが面白かったです!!
同時に現在使用している7g負荷のメバルロッドの限界を感じました。
詳細は、後日ブログにUP予定ですが、もう少し強いロッドを投入しないとダメそうです。ただ、私の所持するシーバスロッドはそれほど良いものではないので、軽いルアーが投げられるのか不安ですが。
次回は、その辺りの確認作業になりそうです。
ロッド選び難しいですね
ニゴイも良く走るので面白いのと、淡水域でルアーで狙える貴重な対象魚ですよね。
昔、相模川や津久井湖で良く釣ってきて、飼育していたのですが20~25cm位の魚体でも5、6cmのモツゴやモロコを丸呑みにしてしまう様な獰猛さを持っています。
また、かなりの激流の中を高速で泳いでいく姿を見せる等、敏捷な一面も持っています。(初めは何の魚かと思うくらい早いです)
確かに、専門に狙ってらっしゃる方も居る訳です。

ロッド選び、難しいですね。私は財布と相談がメインですが。
結局、多摩川の大物を無理なく取り込むには、ラインが12~16ポンドになり、かつあまり立ち込まずに広範囲を釣る為に今のタックルになってしまいました。

ただ、マルタとかニゴイは流れがある所で狙う事が多いので、細めのラインが有利です。従って柔らかめのシーバスロッドの方が、食い込みも良くバラシも減ります。鯉対策で太めを使いますが、ホントは6~8ポンドが釣りやすいですね。
鯰さん系は口が堅いので同じロッドではバラシが増えてしまいます。合わせの効きやすいやや固めのロッド、バランス的に太目のラインになってしまいます。従って小型のルアーは遠投出来ません。

対象魚で違うのでどうしても万能とは行きませんね、最近は鯰さん用で無理やり通していますのでマルタは釣り難くなっています。
しかし、シーバスロッドは種類が多くて、中堅クラスの物は耐久性も有りで助かります。

次回はマルタの活性が高くなっていると思います。
楽しい釣りが出来ると良いですね。
  • 2008-04-14│20:15 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
さお
こんにちわ。私の多摩川での使用タックルは3gスプーンから14gクラスプラグまで対応できる6・6fメデイアムライトのバス竿です。中学生の友バスワンでも充分かと。結構バットパワーあるので2尺超のナマズ・鯉・背掛うぐいにも充分対応可能。これに飛距離アップ・水流対策の為PE1号+16lbリーダーです。3gでも空気抵抗少ないスプーンなら充分飛距離でます。伸びがない分硬調のさおと同じ効果で口の硬いなまずにもあわせ効きます。最近のPEは細い番手・スピニング使用でもトラブル少なく使用できますよ・但し時合のときにシステム組みなおしはチトつらいですが・・
  • 2008-04-15│11:39 |
  • 通り縋りの・・ URL│
  • [edit]
アドバイスありがとうございます
>マルタウグイさん、通り縋りの・・さん、ありがとうございます。
最近釣りの幅を広げ過ぎて、仕掛け類の購入だけで精一杯になってます(汗
去年、江ノ島で青物を始めてから、サバ・ワカシ用にダイワ ラテオ10MLが欲しいとずっと思い続けているのですが中々買えませんし、他にも欲しいものが山積みです。
一先ず、今の在庫から1/4-3/4oz負荷8ft3inか1/16-5/8oz負荷6ft6inシーバスロッドが候補です。
PEは、マルタ釣りの最初の頃使用していたのですが、川の流れに慣れない所為か、海ではほとんどなかったライントラブルが頻発。で、新たに結び直したリーダーが、このところ軽いルアーのために吹き付けていたシリコンオイル(海でPE使うと塩でくっつくので予防)の影響か、スッポ抜け連発(家ではFGノット、現地では電車結び)。現在、ラインシステム見直し中なので、すぐには使用しにくいです。
当面は、ナイロン2~3号のラインを直結で使用するつもりです。
ラインも難しいですね
皆さん研究熱心で、ラインには一家言をお持ちのようですね。

私は、ロッドと同じで財布に相談がメインなのでここ7~8年は、サンラインの600m巻きを2~3回の釣行で巻きなおすで通しています。

PEはラインシステムを組むのが面倒で止めてしまいましたし、フロロは沈みも感度も良く気に入ったんですが高いのでやめて、結局伸びがある普通のナイロンに落ち着いてしまいました。
腕の悪さを伸びのお陰でカバーされた事も多いので、なかなか変えられなくなってしまいました。
また懲りずにいろいろ試して見たいと思います。安くて良いラインが有りましたら教えてください。
  • 2008-04-15│21:00 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
実況
本日の多摩川・登戸実況です。水位は+15cmほど・水色はクリアー・瀬着きは申し分ありません。まだまだいけそうですね。ヒットカラーは赤・黒・紫あれだけ爆発したチャート系まったくだめでした。瀬着き鯉攻略に新?パターン発見です。3gジグヘッド+カリーテールのスイミング。4バイト3キャッチいずれも口にがっちりでした。鯉はウグイ以上にきまぐれなのでいつも効果あるかは?ですが皆さん一度トライしてみてください。
しかし週末はまた大雨の予想ですね。せっかく状況良くなったのに残念です。
  • 2008-04-16│22:08 |
  • 通り縋りの・・ URL│
  • [edit]
ジグも面白そうですね
通り縋りの・・さん、今晩は。

せっかく水位が落ち着いてきたのに、また雨とは残念ですよね。
またまたポイントの状況が大きく変わるんでしょうかね。

昨年の今頃も雨で結構水位が変動して、国土交通省のページと睨めっこしながら出撃しようか迷っていました。
数字を見てこれぐらいならと小雨の中出かけたのですが、意外と水位が高く薄濁りでちと不安が過ぎったのですが、いつもの徒渉ポイントを無理やり渡って中洲に行こうとしました。
結構深いなと思いながら、膝より少し上ぐらいだから楽勝楽勝と進むうちに頭がぼおっとして、ふと気が付いたら流れの速い深みに進んでいてヒップウエーダーに水が入って来ていました。
もう大慌てで、コケで滑る大きな石を夢中で上がりましたよ。
多摩川は色々あるとは聞いていましたが、皆さんもくれぐれもお気を付け下さい。もっとも私のようにドジでは無いでしょうが。
少し早い、怪談話でした。

ジグで鯉ですか面白そうですね、前にフックに銅ワイヤーを巻いて重くしてフラッシャブーを付けたフライ(YSさんの真似です)をスピナーとかスプーンに付けてマルタに混じって釣ったことは有りますが、ジグ単体では私は不発でした。
五本松で中学生の子がジグでマルタの入れ食いだったというのは、前に聞いて感心したことが有りましたが、鯉も掛かるんですね。
この時期の鯉は気まぐれですが、フィッシュイーターとしての本性がいよいよ出てきたと言う事でしょうか、楽しみですね。

しかし、雨が大した事無ければ良いんですが。
  • 2008-04-16│23:36 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。