スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狙い方が難しいですね

今日はTポイントに再び出撃です。
鯉の姿は見えず、ボラが時々跳ねるだけで静かな水面ですね。

出張前に出掛けて来ましたが、厳しい状況かもしれませんね。
しかし危惧は直ぐに解消しました、当たりのLDSパニックグローに好反応が有り、75cm程の鯉をゲットしました。

20130727-1

好調な滑りだしと思いきや、その後は反応は無く厳しい状況に。
ルアーを色々と変えて、反応が有ったのはLDSの他の色やサミー、自作ルアー、フィードシャロー等の定番のルアー達ですが、如何にも乗りません。

本日は超ナチュラルドリフトと、軽いジャークの組み合わせで、流れの筋を読んで流さないと全く反応が無い事が解りました。
後は、続けて同サイズを2本ゲットして楽しかったのですが、その内の1匹がウオジラミ数十匹を寄生されていたので可哀想でした。
鱗周りが赤く滲んで見えますね。下の健康な鯉と比べると一目瞭然です。

20130727-3

20130727-4

灼熱の太陽のもとで、何とか4本目を狙うのですが、熱射病寸前です。シーマスターズダーターミノー108白塗りはやはり、頼りになりますね。
力強い手応えで暴れ回ってくれたのは、80cm、16ポンドのずっしりと重い鯉でした。

20130727-5

20130727-6

今日は、狙い方を研究してゲット出来たので十分満足できました。
出張前に病院めぐりが有りますので、早々に引き上げました
スポンサーサイト

Trackback

Comment

釣りは朝
こんばんは。

見事な釣果ですね。やはり色「パニックグロー」などの白系がよいのでしょうか?

熱射病寸前は怖いですが、これだけ釣れると大満足ですね。

最近は早朝、SMBをひっそりと釣っております。
バス釣りブームのときはそんなことはなかったですが、今はバス釣りをしていると言うだけで、肩身が狭い思いをすることも私は多いです。

ナマズの夜釣りが主体でしたが、釣りは朝がよいですね。

8月~10月はナマズが非常に釣れにくく人も多いので、どうしようかと思っています。

私は多摩川専門ですが、人生初のマスの管釣りでも始めようかなと思います。釣ったマスを塩焼きにしようと思います。
  • 2013-07-28│01:24 |
  • namaken URL│
  • [edit]
夏の釣りもの
namakenさん、おはようございます。

流されて行く瀕死の鮎を見ると、腹部のグアニンを含んだ白が特に目立ちます。
反転しながら短距離の泳ぎを繰り返している時の、腹部の艶かしい輝きは遠くからでもすぐに解りますね。
今回、LDSでもパニックイエロー、若鮎、死魚、Kitamura Clear、リアル鮎、マッドブラック等を試しましたが、遠くからでも目立つパニクグローの反応が良かったです。
ただし、これもこの日の条件に有ったという事で、私のブログをご覧になっているとわかります様に正反対のブラックが抜群な事も有ります。

バサーの方々は結構、大丸堰下流に集まってきますね。また良く上げられています。
性質上特に夏場は、上流の瀬に着いている事が多い様ですね。気兼ねなく釣るにはお仲間が多い処の方が良いですし、ここから上流側をお薦めします。石田大橋周辺は、大物が上がるそうですし。

鮎師の方のお話ですと、掛かった鮎を鯰に横どられたり、大鯉が掛かってラインブレイクしたりが多い様ですよ。
この時期は鮎を狙って鯰と鯉の争奪戦が繰り広げられているので、ポイントとルアーの選択で面白い釣りが出来るのではないかと思います。日中のんびりと釣れますしね。

管理釣り場ですか、私も7年前に初めて行って来ましたが、理由は同じく夏の釣りものが無かったからです。それに美味しいですし、家族も喜んでました。
結果、惨敗でした。川の残り鱒を釣るのとは違って、独特の狙い方が最初は解りませんでした。場所は奥多摩フィッシングセンターです。1匹のみだったので、可哀想にとサービスに冷凍物を頂きました。
2回目は管釣り用のマイクロスプーンを買い込んで、フリーフォールに近い流し方で良く釣れてリベンジ成功です。
家族の者がもう食べたくないというし、今はトップで鯉を狙って居るので管釣りはやめてしまいました。
超小型スピニングも買ったんですがね。
  • 2013-07-28│09:03 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
さっそく
さっそく次回上流に調査に行こうと思います。色々お話参考になりました。
ありがとうございました。
  • 2013-07-29│01:19 |
  • namaken URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。