スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨が降ると

日が短くなって朝晩は涼しいですが、日中は残暑が続く多摩川にやって来ました。

20120916-1

今日は気張って朝早くから来ましたが、鮎師の方達は更に早くから熱心に立ち込んでますね。良い感じの鮎が順に上がってます。
しかし今回も鯉のもじりは見えず、静かな水面にルアーをキャストするもやはり反応は有りません。

20120916-2

ただただ時間は過ぎていきますが、時々チェイスは有るものの中々乗りません。
???こんな日は何処に居るのか、やる気のある鯉は、と探していると。
やや下流側の流れの中で反応が有りました、2回目でようやく乗ったのは75cm級の鯉でした。ルアーは定番のLDS鮎カラー。やはり良い引きをしますね。

20120916-3

また反応が無くなりました。まだ時間が早いので移動を考えますが、その前に思い切った所を狙って見ましょう。
瀬尻の膝位の深さの浅場ですがベイトが結構跳ねています。上流側からナチュラルドリフト+ショートジャークで攻めて行きますと、来たと思ったら大きな口がルアーを押さえ込みました。
この重量感と悠然とした走りは大物ですね、慎重にやり取りしてやっと寄せてくると91cm、21lbの綺麗な鯉でした。

20120916-4

ルアーはLDS118、リアル鮎カラーですが、こうして見るとこの位のサイズのルアーは丸呑みにしてしまうのが良く判りまよね。

20120916-5

20120916-6

ここでKポイントに移動しました。途中は、鮎師で一杯ですが、話をして見ると結構良い型の鮎を沢山ゲットされてますね。

Kポイントで数投目、ガツンと来て一瞬ですっぽ抜けました。
何だったんだろう?とよく見ると、LDSのテールフックがご覧の様にグシャと噛み潰されていました。鯉は咽頭歯はタニシを噛み砕く程ですが顎は強く有りません、こんな悪戯は恐らく雷魚の仕業だろうと思います。

20120916-7

彼方此方探るも反応は無く、再びTポイントに戻りました。
雲行きが怪しくなり、やがて雨が降り始め、豪雨になりました。
雨で活性が上がったのか、LDSで何度も反応が有りますが乗りません。フィードシャロウに換えて、同じ流れを流すとミスバイトの後にしっかりと乗りました。
80cm級の鯉ですが、雨の為に元気になったのか凄い引きです。

20120916-8

その後、一本追加して今日は4本で終了です。

20120916-9

雨も上がり、また強烈な日差しが眩しいですが、帰りがけに橋の下でバーベキューをしていた若者達に「釣れましたか?」と聞かれて、「4匹」と答えたら皆でワーと拍手してくれました。「有難う!」と言って帰路につきました。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

マルタウグイさん、こんばんは。

Tは順調ですね。とは言っても簡単ではないと思いますが。。。それでも90サイズの大物をコンスタントに出されていますね。

Kにいかれたのですね。私も昨日の夕方、Kに出撃して来ました。現地に着くと上流ポイントにはキャンパーが居て撃つことが出来ません、下流に移動しながら探って行きますが、な~にも起こりません。Kの下流域は広大なのでビックベイトで表層を派手にアクションさせて行くと、後ろから引き波が立ち、ヒットです。この後は、岸際をダウンで投げてゲット出来ました。遠投、ロングポーズが肝でした。しかし、サイズがイマイチですね。
  • 2012-09-17│22:10 |
  • Free Knot URL│
  • [edit]
ビックベイト
Free Knotさん、こんばんは。

以前と違い、Tポイントで鯉が水面でもじるのを見ませんので、狙いが定め難いですね。
今回は特に反応に乏しく、早朝から出向いたのに姿を見せませんでした。
流れの筋を少しずれただけで反応が無くなったりと、結構神経質になっている感じです。
しかしこの時期は、雨が降ると急に活性が高くなりますね。まさに恵の雨です。

Kポイント、私が行った時もキャンパーが上流に居て狙いにくかったです。
下流域を狙っても反応は無くで、なるほどビックベイトで広範囲にアピールするのは効果的なんですね、今度試してみましょう。
良い感じのポイントなんですが、キャンパーが来なくなる時期でないとじっくりと狙うのは難しいですね。
以前は、忘れられたポイントといった感じで散歩の人以外は誰も居なかったんですよね。

また、多摩川でお会いしましょう。
  • 2012-09-19│21:24 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
Tポイント
ご無沙汰しております。
Tポイントには8月によく夕方行ってました。
日暮れ直前は、デュオのタイドミノーSSRで良く巨鯉釣れましたよ~
日暮れは鯉と入れ違いでニゴイとナマズが、良く釣れました。
Tポイントの瀬の下と瀬の開きは鉄板ですが、対岸に打ち込むとルアー回収不能なのが厄介です(^_^;)
トップのレッドペッパーにも引き波立てて追って来るのは迫力ありました。

涼しくなってきたので、そろそろ本腰入れて出撃頻度を増やして行きたいですね~
  • 2012-09-23│19:10 |
  • masa URL│
  • [edit]
No title
鯰研究会と申します。お元気になってなによりです。

リアル鮎カラーリアルですね。マルタウグイさんのブログは、多摩川の近況が分かったり、攻略のヒントがあったり更新が楽しみです。

私についてですが、先日多摩川の増水パターンで鯰をなんとか1ゲットしました。

1月に、「シーマスターズの90」で「秘密の温排水」で鯰の75cmを釣りました。

私の見解ですが、多摩川で1つしかルアーを持っていけないとしたら、「シーマスターズ90」が答えに近いような気がします。ニゴイ、ライギョなど何でも釣れ、良く飛びます。

川は増水で地形が変わったり、ポイントが変化が激しいので、釣っている方は、やはり場数を踏んでますね。

これからは落ちアユで大フィーバーが楽しみです。
  • 2012-09-23│21:31 |
  • 鯰研究会 URL│
  • [edit]
これから楽しみですね
masaさん

お久し振りですね。
私も昨年は昼過ぎから蝙蝠が徘徊する頃まで居ましたが、今年は体力が続かないので早仕舞いです。
夕方のTポイントは雰囲気が良いんですがね。

ここはベイトが豊富だからなのか、巨鯉が何故か多いので楽しい所です。
トップを引き波立てて追ってくるのも夏場ならではの楽しみですが、私の場合今年はどうも深場から急上昇して飛び付くタイプが殆どです。これはこれで、焦らして誘って狙い通りと言った所で楽しいですが。

秋も深まってきますので、これから荒食いが有って楽しみですね。


鯰研究会さん

ご訪問有難う御座います。

中々釣れない事が多く、悩みながら釣っているのですが、お役に立てて居るとすれば幸いです。毎年同じパターンが続かない所が、難しくもありまた楽しい所ではないでしょうか。
同じパターンで容易に釣れ過ぎると気が抜けてしまいますが、こんな状況なので何とか飽きないで通い続けてしまいます。

仰るとおりシーマスターズ90は、多摩川では最適なルアーのひとつである事は間違いないですね。
アイの向きを多少上下して、アクションの強弱を換えれば季節変化にも対応出来ますしね。

そうですね、多摩川は温排水が入る所が何箇所か有って冬場はベストポイントですね。難点は、狙いは皆同じで混みあう事でしょうか。

落ち鮎の季節がやってきますね、去年仕入れたLDSの落ち鮎タイプが今年は良い仕事をしてくれる事を期待しています。
  • 2012-09-24│21:45 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。