スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑くなりました

連休なのでまたまた久し振りに大丸堰下にやって来ました。
前回のように雨ではなく晴天で暑くなるのと、人出が多くなるので難しいかもしれませんが、ストレス解消にのんびりと釣りを楽しもうと思います。

20120429-1

いつも沢山居る活性の高い鯉の群れは見えませんね、産卵の時期なので大移動してしまったんでしょうか?
それでもポツポツと水面に口が見え隠れしています。
ここで近づいて来る方がいました、ブログにご訪問頂いているkuniさんです。
折角ですから何とかポッパーで釣って見せたかったんですがね、活性が悪くてチェイスが1回有ったのみでした。

ようやくフッキングしても掛かりが浅くて外れてしまうしで、暫く粘りましたが産卵が終わるまで駄目ですね。諦めて、鯰さん狙いにチェンジです。
BUX14.3gRGをキャストして丁寧にリトリーブ、繰り返していると良い感じの当りが有り、上がって来たのは53cmの元気な鯰さんでした。

20120429-2

更にキャストを続けていると、今度は56cmの鯰さん。

20120429-3

調子に乗って続けますが、連続3本は難しいです。ググンと良い感じの当りが有りましたが直にバレてしまいました。
日差しが更にキツくなってきたので、BUXのカラーをPLに変えて探ります。
今度は61cmの鯰さんゲットです。元気一杯で暴れまわりますね。

20120429-4

流石に晴天ですから、当りが遠のいてしまいました。ダーターミノーに変えて粘り強く引いていると良い感じの当りが有り、68cmのナイスボディの鯰さんです。

20120429-5

シンキングミノーのエリアベイスラッシュ90に変えて直に何かがヒットしました。
案の定、尺上の見事な箆鮒嬢ですね。

20120429-6

やはり何とか鯉を釣りたいので、新しい自作ルアーのテストを兼ねてカラーを変えながら探って行きます。やはり反応が悪いのですが、黒・白・緑に少し反応が有りました。
何度かチェイス→フッキング→バラシを繰り返しようやくヒットさせる事が出来ました。
手応え十分な80cmのオスの鯉です。産卵期の為か、随分とスリムで細長い感じですが、とても元気で大暴れです。

20120429-7

最後にマルタウグイが掛かったんですが、スレなので写真は有りません。ここが遡上の上限と聞いていますがバシャバシャが無いので居るのに気が付きませんでしたね。

暫く粘りましたが、鯉達が人の気配を敏感に察し出したので今日は上がりとしました。

スポンサーサイト

Trackback

Comment

昨日はおつかれさまでした。
マルタウグイさんが府中にいらしてるのに長いことお会い出来ずにいましたがようやく会うことができました。いつもブログでコイポッパーの記事を読んでどうやってつっているんだろうと疑問でしたが、ご教授いただきありがとうございました。私も小さめのポッパーを自作し試したいと思います。さてナマズですが好調だった先先週にくらべだいぶ活性が落ちてきてる中こんなに釣るとはさすがです。そろそろアユも登り始めたみたいなのでまたコイ、ナマズの活性が上がるといいですね。
  • 2012-04-30│09:57 |
  • kuni URL│
  • [edit]
コイポッパー
kuniさん、今日は。

昨日は声を掛けて頂き有難うございました。
自作ポッパーで鯉を釣る記事を読んで頂いていたのですが、産卵期であのポイントの活性が下がってしまい、頻繁にチェイスする様子をお見せできなくて残念です。
また時期が来れば活性が上がってきますので、是非自作されてチャレンジしてみて下さい。これからは、インレットの所が良いと思います。

鯰さんですが、良く水面を見ていると鯉に混じってヒラを打つ姿を何度か確認できました。暫くは集結している様なので、スポットを見つければまだ釣れるかも知れません。やはり人気の少ない、雨模様の日が狙いですね。
スプーンに一回バスが追ってきましたが、小型なのでフッキングはしませんでした。止めると突っつくを何回か繰り返して、面白かったですよ。

鮎が瀬に着き始めると、俄然活性が上がりますし、溶存酸素の多い流れの中の魚は勢いが違いますので楽しみですね。
また、多摩川でお会いしましょう。
  • 2012-04-30│12:09 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
今年もようやく稚鮎が瀬に入る行動が、この辺り(登戸、狛江)で見られるようになりました。
昨日、その稚鮎狙いの鯉やズーナマ狙いに出撃しましたが、これが難しく、鯉は、ルアーの側まで来るのですが、見切って反転
かなり、すれているかもみたいです
やっと釣れたズーナマは、スプーンのスローロールでの73cm。スモールは、まるで反応なし冬より難しいゴールデンウイーク
マルタさんの好調ぶりが羨ましい次第です
  • 2012-04-30│18:52 |
  • しん1 URL│
  • [edit]
SMBは何処に
しん1さん、今晩は。

稚鮎が瀬に入るのが見られて、鯉がルアーを追ってくるとは良い季節がやってきましたね。
鯉は産卵期にには、ナーバスになるのか昨日何人かフライマンの方が鯉を狙っていましたが、見かけたのは1ヒットのみで暫く引き合ってバラしてましたから食いが浅いのですね。
トップも追いが悪かったですし、この時期水面は難しいのかも知れません。

鯰さんは、スプーンをダウン気味にキャストして流芯際をゆっくりと引いて来てのヒットです。この辺りは浅くて流れが強いので、アップストリームは鯰さんが追いきれないで駄目でした。
確かにSMBは振るいませんね、バサーの方は鯰ばかりと嘆いてましたが、時々ベイトを追っていますがサイズは小さいですしね。
この時期何処に居るんでしょうか、集結場所が解ればつれるんでしょうね。
  • 2012-04-30│19:59 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
連発
マルタウグイさん
おはようございます。

相変わらず好調ですね。
かなり浅い印象があるこのポイントで明るいうちに
鯰さんが連発するのは不思議です。
産卵に備えて浅場に集結しているんでしょうが、
昼間も口を使うものなんですね。

下流は最近不調で全く結果が得られていない状態です。
上流に遠征するか、パターンを変えるか悩みながら試行
錯誤を続けて何とか打開したいと思っています。
  • 2012-05-01│07:57 |
  • Toshi URL│
  • [edit]
浅いですが
Toshiさん、今晩は。

何とか連続で出ていますが、人出が多くなり昼間は段々と難しくなりそうです。
この辺りは浅い場所が多いのですが、通っていると結構皆さん朝の内連続で鯰さんゲットの話を良く聞きます。ヒットルアーは、ワームとディープダイバー系ミノーが多いですね。
バサーの方が多いので、鯰さんは目的外なので何処で出たかは良く教えて頂いてますよ。

ここは特別で、産卵期以外でもベイトの数は半端では無く、鯰さんやフィッシュイーターには居心地の良い場所です。デトリタスも多いので鯉も沢山居ます。(なので早朝から人も多いですね)
浅いので増水で場所は変りやすいですが、その時のポイントさえ掴めれば確率は良いですね。

ただここ以外にも、バサーの方々から聞いている情報では爆釣ポイントは彼方此方有りますので、機動力を生かせば楽しい釣りが出来るのではないでしょうか。

また、多摩川でお会いしましょう。
  • 2012-05-01│21:21 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
ご無沙汰しております
マルタウグイさん、こんばんは。

なまず、好調ですね。すばらしい釣果です。
マルタウグイさんもお忙しそうですね。私も忙しくてなかなか釣りに行けず、久しぶりに多摩川に出撃して来ました。しかしながら可也の増水ですねェ~。
TOPへの反応を試したく、最初からLDSで攻めますが、サイズは102としました。軽いトゥィッチで引いてくると、ブルっと来て二ゴイGET!
しかし後が続きませんねェ~。
ここで発想を変えて、シンキング使用のSUPER落ち鮎に切り替え、流れの中に入れていくとフォール途中でバイト!寄せてくるとなんとシーバスです。
何度もエラ洗いを繰り返し、ファイトがエキサイティングです!
最後、粘られましたが、無事岸に寄せてファイト終了です。ハイシーズンの鯉ほどの引きではないにせよ、力強い引きで楽しませてくれました。また、シーバスのファイトは視覚的に興奮します。久しぶりのシーバスに感激して納竿です。viva多摩川!





  • 2012-05-06│21:01 |
  • Free Knot URL│
  • [edit]
流石ですね!
Free Knotさん、今晩は。

お久し振りですね。
忙しいと釣りに行かれなくて、この連休はチャンスでしたが、増水で厳しい状況でしたね。
そんな状況で、シーバスゲットとは流石ですね!
しかもLDSのスーパー落ち鮎とは、とても楽しいですね。
増水前に宿河原堰下で釣れた話は聞いていましたが、これからLDSで狙う楽しみが増えました。

今年の夏もバーンズLDSが活躍しそうです。LDSの新色とガーゴイルスイマーも購入してしまいました。早くTOPの季節が来ると良いですね。
また、多摩川でお会いしましょう。
  • 2012-05-06│21:45 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。