スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬パターン

日の出が遅くなりましたね。
多摩川に着いて見ると暗闇の支配が終わろうとしている狭間でした。

20111126-1

厚着して歩いて来たので汗ばむほど暖かいですが、暫くすると寒さが身に凍みてきました。
今日は右岸を釣り上がる計画ですが、初めのIポイント下流は時々鯉が姿を出しますが熱心にアクションさせるもバーンズのルアーには見向きもしません。
ローテェーションしても反応は無く、Kポイントに移動です。

順に上がって行くと、鮎の群れに遭遇しました。この周辺にフィッシュイーターが取巻いていると思い丹念にルアーを通しますが、軽い手応えで上がって来たのは婚姻色の出た鮎でした。事故と言う事で直ぐに放流です。

20111126-2



落ち鮎パターンというのは、ほんの僅かのタイミングを外すと反応が無くなるものなんでしょうか、この前の荒々しい反応が嘘の様ですね。
元気な鮎の群れを離れて、M下ポイントに行くとまたもや護岸工事中でした。
ここは相変わらず鯉の魚影が濃いですが、何時ものルアー達に反応は有りません。

リベンジにTポイントに移動です。
と思いましたが、この時にアクシデント発生です。
今日はおニュウの防寒長靴を履いてきたので、思わずいつもは渡らない伏流水の流れに踏み込んでしまいました。
ズブズブと長靴すれすれまで泥に沈んでしまい、彼方此方泥だらけです。
汗だくで抜け出して、川で洗って干して、リールも泥だらけでしたがロッドを折らなかったのが不幸中の幸いで・・・・でも汗をかいたので風が寒いです!

20111126-3

鯉のクチパクとライズは結構有るのですが、色々取り揃えたバーンズのルアーには無反応ですね。その他のトップも反応は殆ど有りません。
やはりこの季節は、小型ポッパーの様です。
LDSでの記録を伸ばすべく極力使わないようにしていましたが、定番のベビーポッパー50に変えて真剣に操作開始です。
やはり、良いアタックが時々有りますね。なかなか乗りませんでしたが、粘りに粘ってやっとヒットしました!
やはり良い引きですね、夏には及びませんが結構走ってくれましたね。
80cm、18ポンドのズシリと思い鯉でした。

20111126-4
20111126-5

洗濯物も乾いたので、今日は上がりとしました。
トップでカープも冬パターンに突入ですね。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

段々と渋さが増してますね。
23日と今日、タマゾンに出撃しました。
23日は、M下対岸から板チョコ下流の瀬下までチェックし、本日は、稲城大橋から多摩川原橋までチェックしました。
どちらも鯉は確認出来たのですが、23日の方がチョイスが多かったです。
しかし、自分は、鯉を掛ける事は、出来ませんでした。
23日は、72cmと60弱のズーナマ、本日は60くらいのズーナマと40くらいの才蔵と遊んでもらいました。
鮎は、まだ、居ますがフィッシュイーターは付いてない感じでした。
タマゾンもそろそろ冬なんですね。
これから、数ヶ月は厳しい時期になりますが、散歩がてらにタマゾンをこれからも釣り歩いてみるつもりです。
因みに、秋の鮎はルアーに良く反応しますね。
私もこの秋も鮎を何匹か掛けました。
口に掛かってくる鮎もいるので鮎は、産卵間際にはベイトを追うのかもしれないですね。
サスペンドシャッドをジャークしてステイさせると、ガツンと当たるので、間違いなくルアーにアタックしていると思ってます。
これからもタマゾンを堪能致しましょう!
  • 2011-11-27│14:52 |
  • しん1 URL│
  • [edit]
マルタウグイさん、こんにちは。

今回は災難でしたね。お怪我もなく何よりです。

そうですか、LDSに反応がないですか。。。いよいよ「冬」ですかね。
この冬パターンでいくつかの面白いメソッドが確立できたらなと感じています。縦、リアクションなど幾つかのキーワードが頭を過ぎっていますが。。。如何せん釣りに行けません。

80センチの鯉ゲットおめでとうございます。流石、冬パターンを確立されていますね。





  • 2011-11-29│16:10 |
  • Free Knot URL│
  • [edit]
コメント有難う御座います
しん1さん

相変わらず厳しい中、鯰さんゲットされてますね。流石です。

気温・水温が下がると、どうしても動きが緩慢になって来てアタックが弱くなってきます。水面を口パクで泳ぐ鯉達も段々とスローモーになって行き、リアクションで食わせるのが難しい状況ですね。

鮎があれだけ派手に跳ね回っているのに、フィッシュイーターが付いて居ないのは不思議です。稚鮎のころはそんな事はないのに、もう少し経って落ちて行かないとターゲットにはならないのでしょうか。
毎年、落ち鮎パターンは掴み損ねてしまいます。まだまだ研究が足りませんね。

鮎がヒットするのは、友釣りの感じなんでしょうか、結構攻撃性の強い性格が産卵期になってより強調されるんでしょうね。スプーン、スピナー、ミノーでも掛かってきます。

霜柱が立って、雪がチラついても、たっぷりと着込んで川原を歩くと案外と平気なものです。魚達のほうが寒いでしょうに、飽きずに遊んでくれます。
冬のタマゾンもまた楽しいですね。


Free Knotさん

ご心配有難う御座います。寝不足、慢性疲労、加齢からか、うっかりと足を踏み外してしまいました。ぬかるみから抜けるのもかなり体力が居る物だと良くわかりました。
後から考えると、何であんな事をしたのか不思議でなりません。

今年は何とかLDSを代表とする大型のTOPで、何時まで釣れるか記録を伸ばしたかったのですが、どうやっても流石に反応は無くなってしまいました。
どちらかと言うと朝から10時位までがパクパクと水面を泳ぐ個体が多いですね。
今回は、パクパク頻度が下がってからのヒットでしたが、ポッパーに結構アタックが有りましたから、Tポイント狙い方によってはまだまだ大きいのが釣れそうです。
ただポイントが沖目なのが、良い様な悪いような感じですが。

いいいよ年末になり、一層忙しくなりますが、何とか時間を作って釣りに行けると良いですね。
また多摩川でお会いしましょう。
  • 2011-11-29│22:11 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。