スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二子玉川

まだ増水の影響が抜けない多摩川ですが、ターゲットの鯉が流されてきているポイントを探して久し振りに二子玉川近辺を探索してみました。

20110918-1

野川に掛かる兵庫橋を渡ると親水公園に出ます。
確か以前は広い川原で子供達が遊んでいたと思いますが、親水公園になってから流れが変ってしまい、何年か前に子供の水難事故が起きて、今は出っ張り部分はロープが張って立ち入り禁止になっています。

20110918-2

小物釣りの子供達が数名楽しそうに釣っています。
時々鯉が跳ねるんですが、全く反応は無いですね。サイズが小さすぎるのが原因でしょうか。

岸辺の散歩道を上流目指して歩いて行くと、この辺はやたらに小さなトカゲが多くて何度も遭遇しました。楽しい散歩道ですね。
この辺りも以前は浅瀬が続いていて、狙っても何の反応も無かった場所ですが、良い深みが出来ていて鯉の魚影を確認しました。
ダーターミノーで一度チェイスが有りましたが、サイズの問題かヒットには至らず。

20110918-3

板チョコポイントを見て回っても、鯉の姿は見えません。
キャスコロの方のお話ですと、上流部で二日前にこんな大きな鯉が上がったと両手を広げると1mを軽く越えそうでしたよ?
「釣りの話をする時は、両手を縛っておけ」と聞いた事が有りますね。
ちなみにキャスコロは、全く駄目だそうです。

20110918-4

今度は下流を目指して移動します。
スーパー堤防の工事中と言う事で、例のごとく立ち入り禁止の柵が延々と続いています。
やっと終わったと思ったら、既に第三京浜のすぐ上流側でした。

20110918-5

下流側に移動して、鯉の姿が見えたポイントを攻めるも、やはり反応は有りません。

20110918-6

鮎師のお話では、鯉を狙うなら上流のテトラの所だと言います。やはり鮎は全く駄目だそうです。テトラ帯に移動して狙って見ますが鯉の姿は全く皆無です。

20110918-7

引き上げる方向で上流を目指します。
結局、スーパー堤防の工事柵がかなり上まで有って、兵庫橋を渡らないと川に出られませんでした。
定番の野川との合流点ポイント、やや澄んで来た野川の流れとまだ濁った本流の流れが合わさる所です。鯉の数は回った中では一番多いようですが、やはり大型の鯉はここにも居ませんね。当りらしいのは一度有ったきりでした。
珍しく、マルタ?ウグイ?、40cm位のが流れに逆らって泳いでいました。

20110918-8

最後の残暑の中ちょっと粘りすぎてしまったので、今日はここで上がりとしました。
明日からは段々と秋の気配が強くなって行くそうなので、夏のトップでカープもお仕舞いかも知れませんね。
今年こそ、落ち鮎パターンを狙ってみたいですね。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

増水の影響
おはようございます。

あちこち巡回されましたね。
もう少し早く収まると思っていましたが、この連休も濁りが
取れないですね。

奥多摩湖の底で溜まっていた泥ですので、魚たちの活性
にも影響があるでしょうし、鯉は姿を見なくなりましたね。

昨日、いつものポイントでは久々に跳ねる鯉達が居ましたし
鱗が掛かってきましたので、徐々に通常に戻っているんですがね。

底の状態も大分変わったようですし、しばらくは手探り状態と
なりそうです。

  • 2011-09-19│08:23 |
  • Toshi URL│
  • [edit]
秋の荒食い
Toshiさん、おはよう御座います。

回った中には、鯉が跳ねたり岸近くで餌を摂ったりするのが散見されましたが、いずれも60cm程度まででルアーを積極的に追うのにはサイズが足りない感じでした。
大物は更に下流に流されてしまいまだ戻っていない様で、水位が平常に戻ってからゆっくりと遡上してくるんでしょうね。

今回は、思った以上に濁りが長引きますね。
良く参考にさせて頂いている、「奥多摩観光案内」HP(http://www.okutama.gr.jp/)⇒観光情報⇒季節・景観⇒山と季節の最新情報⇒季節情報によれば、9/17でも鳩の巣渓谷は完全な泥濁りでしたから、復活にはまだまだ時間が掛かりそうです。
中流域が比較的落ち着いて来ている様に見えるのは、9/12頃から日原川等の流入する支流が既に澄んでいるのと、生活処理水の放水が流量の大部分を占めているからなのでしょう。
いずれにしても奥多摩湖は9/3でも青く澄んでますから、下流の泥濁りは底流排水が効いているのは間違いないでしょうね。

台風が来ると季節が更に一歩進んで行きますが、秋の荒食い~落ち鮎パターンのチャンスを上手く掴めると良いですね。
  • 2011-09-19│09:43 |
  • URL│
  • [edit]
Kにて
マルタウグイさん、こんにちは。

ちなみに、仕事中です。

画像を拝見しますと、ずっと東京側を移動されたのですね。
二子の鮎ポイントもダメでしたか。。。
ここから少し上流のI下流東京側も良いような感じがしますが。。。
第三のテトラポイントは、通常であれば鯉が比較的多いですが、型が小振りですね~。流下してくる鮎を喰うというよりじゃれ合う場面は目撃しています。
昨日、私も第三付近を見て回りましたが、ワンドがなくなっていたり、流れが複数に分割されていたりとかなり変わってしまったなという印象です。I下流も水位が高くて、未だに足場が水没中です。なので、Kまで行きましたが、流量多く流れ早くで上流部分はアウトですね。魚がスティ出来る流れが緩い下流部分にポイントを絞り、打ち始めましたがまったく反応がありません。鯉の姿も見えません。ルアーもローテして行きますが、きっかけが掴めませんね。ダウンクロスで流れに乗せ岸際までダートさせてくるとググッと来て、ラインが下流に出ていきます。おお、久々の強い引きです。少し引きを味わいながら大事にランディングです。70クラス、元気な鯉でした。ルアーはいつもの、他は反応なしです。
  • 2011-09-19│15:41 |
  • Free Knot URL│
  • [edit]
秋パターン
Free Knotさん、今晩は。

お仕事、お疲れ様でした。
何処に行っても大物は姿を見せずで、歩き回ってしまいました。
以前の大型台風後は、川崎側を下って行き第三京浜の少し上流で大物が掛かったのを目撃したので、今回は東京側を下ってみました。
例年、この時期は台風シーズンで増水が続き、いつものポイントが狙えなくなる状態が続きます。良さそうなポイントに鯉の姿が殆ど見えないのですが、何処に行ってしまうのでしょうかね。不思議です。

Kで出ましたか、流石です!この状況での大物ゲットは貴重ですね。
徐々に魚が戻ってきて、何とか秋パターンでの釣果に結びつければ良いのですが、果たして今年はこれからどんな感じになるのでしょうかまた悩みますが楽しみですね。
  • 2011-09-19│19:56 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
先程京王多摩川で
午後3時くらい
70センチくらいのコイ
パンで釣りました

午後4時くらい9センチのイワシ系シンキングに
スモールマウス推定サイズ30センチ後半~40センチ
(陸に上げたらすぐに逃げてしまった)

その後
6時半に8センチの緑系シンキングに
ナマズ40センチくらい

15分後にルアーを10センチのレッドヘッドシンキングにチェンジして一投目に
ナマズ50センチくらい

7時に一緒に釣っていた
僕のバンドのドラム君が12センチのイワシ系シンキングで
70センチくらいのコイ釣りました


やっぱり台風の影響が強く
濁りが全然とれていません
京王多摩川のコイたちもあまり元気がなく
ポッパーどころかパンにも反応が悪いです

堰下は暗くなると結構寒かったから
これから夜やる人は上着を一枚持って行った方がいいかもです

明日は学校休みだから明日も堰下出撃します!
  • 2011-09-19│21:59 |
  • マルタマン URL│
  • [edit]
情報有難う御座います
マルタマンさん、今晩は。

お久し振りですね、お友達と釣りを楽しまれているようで何よりです。
しかし、増水後の厳しい時期に連続ヒットとは流石ですね。
それに、鯉にSMBに鯰にと三目釣りとは恐れ入りました。
濁りの強い時に、波動の強いシンキングミノーは良い選択と思います。

増水後の濁りの強い時は魚の居場所を探すのが大変ですが、なるほど越流堤側の堰下は魚の退避場所として適しているのでしょうね。
私も評判は聞いているのですが、駅から遠いのと今年は工事が入ったので今まで回った事が有りませんでした。
機会があれば、一度行ってみたいと思います。

また、多摩川で楽しく釣りましょう。
  • 2011-09-20│23:13 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。