スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また増水ですね

昨日、中国から帰国して疲れているけれど、釣りに行きたい気持ちが勝ってしまいました。
増水情報は解っているのですが、比較的増水に強いBポイントにまず行きNGならば、同じく増水時が狙い目の新M下に移動、更にTポイントの様子見と欲張った計画です。
しかし、増水時はどうも釣り難いので結果が出せるかどうかですね。

まずはBポイントですが、対岸は鮎師がずらりと並んでますがあまり釣れない様子です。ただ岸近くに鮎が集まっている様で、近くに沢山居るじゃないかとの声がします。
上流側の浅瀬には鮎が沢山跳ねています。

20110828-1

まだ水位が高いので狙い所が少なくて困りましたが、何とか鯉を見つけたので狙って見ました。苦戦しましたが、お馴染みLDSで何とかヒット!暫く引き合うも、惜しくもバラシてしまいました。
気を取り直して、更に狙います。再度ヒットしましたが、今度もバラシてしまいました。逃がした魚が警戒警報を出すのか、その後全くチェイスもヒットも無し、予定通り移動する事にしました。

新M下に移動、赤ちゃん連れの夫婦がハイキングに来ているのですが、上手から狙えば問題は有りません。鯉は沢山居ますが、鮎は殆ど居ませんね。
しかし全くルアーを追いません、頭の上をいくら通しても反応は有りません。鯉のサイズが小さすぎるのかな?また課題が増えてしまいました。

20110828-2

Tポイントに移動、Free Knotさんがいらっしゃいました。お話を伺うとやはり全く反応が無い様ですね。私も探って見ましたが、増水時には不思議と魚影が無くなる不思議なポイントですね。

20110828-3

下流の小ワンドは増水時には強いのですが、そちらでゲットされたのを教えに来て頂いたので、私も狙ってみる事にしました。
Free Knotさんが帰られて暫くしたら、ジャークしているLDSがグーンと重くなりました。今日の鯉は元気が無いと言われた通り引きは強くないのですが、寄せてみると結構大物です。
しっかりフッキングしているのですが、寄せてくると意外と暴れだしました。岸が草が水没している場所だったので、如何上げるか考えている内にフックが外れて行き危ない状態に・・・・慌てて片足を水に入れてボガで挟んで上げました。
76cmの鯉でした。もうこれで十分ですね。

20110828-4

Free Knotさん有難う御座いました。お陰様で坊主は免れましたよ。
その後、何度かチェイスは有りましたが、上手く乗らずで今日は上がりとしました。
増水時は秘密の小道を抜けて土手に上がります。出口はこんな感じですが、判り難いですね。

20110828-5
スポンサーサイト

Trackback

Comment

ぞうすい
マルタウグイさん、日曜日はお疲れ様でした。

いや~かなり厳しい状況でしたね。しかし、この厳しい状況下で出た一匹は、何ものにも代えがたいものです。また、ポイントをおさえたからといって釣れる程甘くない状況から、それでもゲットされるとは流石です。

濁り状態でも、LDSの3Dアクションは有効ですね。あのアクションから出る波動がポイントですね、モアザンではまったく反応がなかったので。

秘密の小道を今度探索してみます。
  • 2011-08-29│18:09 |
  • Free Knot URL│
  • [edit]
LDS
Free Knotさん、今晩は。

日曜日はお世話様でした。粘って正解でしたね、朝から2本逃がしていたので如何しようかと思っていたのですが、お陰様でゲット出来ました。

不思議と増水時の澄み際は、追いが悪くなるようです。昔から笹濁りは好機と言われて来たのですが、最近の多摩川は魚が流されやすくなっているようで、増水で流されて疲れた感じの魚が多いですね。
前に増水後に上河原堰上に行った時は、傷だらけの魚が沢山集まっていました。
昔はこんな事は無かったと思います。増水後にワンドに集まった魚たちはもっと元気でした。

LDSは強力ですね、アクションがイレギュラーで扱いは難しい部類に入るのでしょうが、ツボにはまると他のルアーで反応が無い時でも不思議な効果を発揮します。
首藤武蔵氏ハンドメイド、バンパイアのインジェクションモデルですが、レプリカでこの効果ならば、もとのバンパイアはもっと凄いのかと欲しくなります。でもあの値段ではちょっと考えてしまいます、ロッドやリールが買えますものね。

Tポイントに魚が戻ってくるのは、もう少し時間が掛かりますね。早く、あの元気なファイトを楽しみたい物です。
また、多摩川でお会いしましょう。
  • 2011-08-30│21:49 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。