スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月の鯰

早いもので今日から12月です。今年も後、残す所1ヶ月となりました。
今日こそもう駄目だろうと思いながら、またいつもの多摩川左岸に来てしまいました。
風が無いので意外と暖かい感じですが、6時現在気温は9℃、水温10℃と先週と変わらない状況です。先日の雨の影響か、水は少し濁りが入り良い感じです。
20071201-520071201-7

まだ薄暗い中、熱心にロッドを振る先行者の方が居ました。このブログにコメント頂いているmasaさんでした。ポイントにシャープに決まるロッド捌き、ルアーのコントロール、かなり熟練されている様子です。
しばらくお話してから、ご一緒に釣り始めました。

ショートバイトは有るがなかなか乗ってくれません、シーマスターズ90Sをカラーローテーションしていたら、お腹の赤いイワシカラーで来ましたついに鯰の当りが!
「小さいですね、50cmぐらいかな?」と言いながら寄せて見ると、上がって来たのは、少し大きめの55cm、1.2kgの腹ぽての綺麗な鯰さんでした。
masaさんが素早く用意して下さったメジャーを当てて記念撮影です。
masaさん有難う御座いました。直接お会いして、お話も出来て楽しかったです。
20071201-120071201-2

masaさんにも大きな当りが!満月に絞り込まれるロッド、大物です。岸から2m程まで寄って来ると大きな鯉でしたが、まさかのフックアウト、とても惜しかったです。でもこの場所の狙い方をかなり掴まれている様ですので、次回のチャンスはきっと物にされると思います。

ルアーを何種類か変えながら対岸筋を満遍なく流していると、再びシーマスターズの色違いに鯰の当りが有りました。今度のはもう少し大きそうだな(60cm位?)と思い寄せて見ると、今度は60cmに少し足りない58cm、1.3kgの同じく腹ぽての鯰さん。
ただ背中に怪我をしています、この前の台風でやられたのでしょうか?
再び、masaさんにメジャーを当てて頂いて記念撮影、暴れたので砂だらけになってしまいました。水温が低いのに、結構元気なものですね。
20071201-320071201-4

その後は、鯉が2回ほど来ましたがバレてしまいました。
でも、12月でも鯰がルアーで釣れるんですね。今年は、鯰に対する認識を新たにしました。
結構、寒さに強いんですね、いや食いしん坊と言うべきか・・・・・兎に角楽しみが増えました。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

こちらこそ
masaさん、昨日は有難う御座いました。
子供がPCで宿題やっていたもので開かなくて、ご返事が今日になってしまいましてすみません。
今日は、リベンジに行かれたんでしょうかね?

あの後は、この季節でも9時を過ぎると追いが悪くなるのと、対岸にずらりとオイカワ狙いの方達が並んでキャストが難しくなってしまったので、東名下流(右岸)のポイントに様子を見に移動しました。
瀬の部分には鮎の人口産卵場が作られていました、生憎鮎の産卵が夜間行われるので、今年はもうお仕舞いなのかどうかの確認は出来ませんでしたが。
台風の後遺症も無くなり、雰囲気的には結構良い感じになりましたが、残念ながら鯉の姿すら見えませんでした。
春先から鮎=鯰なので、良型の鯰を狙うには鮎の存在が不可欠に思います。多摩川の鮎の産卵に関しては、中本賢さんのHPが詳しいです。
http://kentansui.hp.infoseek.co.jp/sub710.html

私の釣り方はその時の状況により変えるのですが、昨日はやや濁りがあったのでアップ気味に投げて少し沈めて流してから、ポイントの所でアクションが出やすい速度まで上げて魚の気を引く作戦でヒットしました。結構、鯰の活性が高かったんでしょうね。
活性が低い場合は、ロッドを高く掲げてゆっくり巻いて漂わせる事も有ります。

シーマスターズ90Sを気に入っているのは、ゆっくり巻いてもローリングする事と潜行深度がそこそこ浅いので中流域で使いやすい事です。またその重量が結構有りよく飛ぶ事(広い範囲を探れる)も有ります。(でも安いのが一番!)
更にゆっくり浅瀬で使いたい時には、下記のHPで詳しく解説されている様にアイを下側に少し曲げて使います。これはもぐりすぎるルアーでも使えます。(夏場はアスリートでも同じ手でヒットしました)
http://www.sky.icn-tv.ne.jp/~gua-naco/guanaco_037.htm
上手く調整すると、かなり派手なローリングをして魚の気を引く事が出来ます。今回の2匹目の鯰を釣ったのは、その場で調整したルアーです。

今年も後何回釣りに行かれるか解りませんが、お互い楽しい釣りが出来ると良いですね!
  • 2007-12-02│09:55 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
惜しかったですね
masaさん、やはり今日も出掛けられたのですね。

鯉のぶっこみの方が入ると、対岸同士でお祭りしてしまうのでトラブルの元ですよね。
ここの場所は人気ポイントで、特に川崎側(稲中前)は日曜日ともなれば結構賑わうので早朝以外釣りになりません。
いくら良いポイントでも、特に鯰さんは音に敏感(側線が多い)なので、騒がれたら釣れませんね。私も鮎のシーズンは、トラブルを避けるために下流のポイントに通っていました。

バラしたのは残念ですが、今日も大鯉が掛かったのですからこの場所の様子や釣り方をすっかり把握されたんだと思います。
次回は、きっと鯰さんをゲットされるでしょう。

鯉は、完全なフイッシュイーターでは無いので弱った(死に掛けた)ベイトを餌さとして吸い込む感じ(トップでカープ)だと思います。ですからゆっくり動かす(またはほって置く)と鯉がアタックして来易くなります。
鯰は完全なフィッシュイーターで、一般的なイメージよりも敏捷で動きも素早いので、アクションが出るぐらい早く引いたほうが良いように思います。
後、ルアーを追う魚が眩しく無い様に、太陽に向かって投げる事を心掛けています。(これは誰かの受け売りですが)

また、ご一緒に釣りが出来ると良いですね。それでは!



  • 2007-12-02│13:12 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。