スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベンジ

前回、大丸用水堰に行った時に、口をパクパクして泳ぎ回る鯉達をポッパーで狙うも全く反応が無く残念な思いをしました。水面の浮遊物を吸餌しているプランクトンイーターモードの彼等をゲットすべくリベンジにやって来ました。

20110515-1

SMBとLMBの人気ポイントらしく、バサーの方が次々と見えますね。目の前で釣れているのでかなり魚影は濃いようです。
ここは子供の頃から良く来て居ましたが鯉が沢山居るポイントなので、やはり前回同様沢山の鯉達が口をパクパクとしています。

まずは何時ものポップRをキャストして様子を見ますが、やはり全く反応は有りません。何度狙っても同じです。
ここで今回、プランクトンイーターモードの鯉を狙う為に急遽準備した秘密兵器を投入します。
慎重にキャストして流れに乗せてアクションを与える、あっけなく数投で答えは出ました。
大きくは有りませんが、若者らしい元気一杯な引きを楽しんで寄せてきました。55cm位でしょうか。しっかり口にフッキングしています。

20110515-2

次々と連続ヒット、前回の不調がうその様な反応の良さです。

20110515-3

60cm台も混じり、水温上昇も手伝って引きも強く夢中になってしまいました。

20110515-4

愛用のダイコーフェルザスFZ-90LSは今日も快調です。
スローテーパーなので、ファイト時に満月のようにしなり十分引きを楽しめ、強力なバットパワーで大物も安心して寄せる事が出来ます。

20110515-5

今回の秘密兵器は、何時もの白と反対の黒い自作3cmポッパーです。
昨夜、急遽思い立って黒く塗りました。

20110515-6

段々と見切りが酷くなってきましたが、トータルで7匹ゲット、リベンジ成功で今日は十分満足しました。
キャッチミスは7匹以上有りましたから、これは大ヒットでしたね。プランクトンイーターモードの鯉をコンスタントに釣れる目処が立ちました。
急な塗装で仕上げしなかったので、鯉に食いつかれて最後には大分塗装が剥げてしまいました。

20110515-7

スポンサーサイト

Trackback

Comment

プランクトンイーター
マルタウグイさん、こんばんは。

やりましたね!これで各食性によるコイもほぼ網羅できましたね。しかし、創意工夫され、結果まで結びつけられるのはいつもながら感心してしまいます。う~ん、スゴイです。

ポップRの場合、パンのイミテートでホワイトカラーだというのは理解できますが、プランクトンイーターの場合はなぜブラックが有効なのでしょうか?市販でのポッパーは最小で約5センチなので、それ以下のマイクロポッパーは虫系ポッパーがありますが、やはり自作するしかないですかね。う~ん、不器用だからな。出来れば市販の物で対応出来ればと思うのですが。。。。

本日、下流のいつものポイントに行きました。なまずを一本上げて、周りを見渡すとバザー、バザー、バザーときどき小物釣師という先週よりさらに混み合っています。ならばと場所移動すると直ぐにブッコミ師が入られ、少し下流に行くと、対岸にバザー2名で、入ろうとしたポイントにウェーディングしてきた小物釣師が入ってしまいました。いや~激混みデス。このポイント、こんなに人気があったかな~?次から何処に行こうか迷ってしまいます。

  • 2011-05-15│23:00 |
  • Free Knot URL│
  • [edit]
最近の大丸で7匹、しかもルアーで、すごいですね。
自分も今日の夕方いってきいましたがパンプカでは不発でした。
魚影が見当たらずいても沈んでる魚ばかりで、歩いて見つけたパクパクしてる鯉もやる気がなく結局ボーズでした。

マルタウグイさんの腕ならばこそ、ではあると思うんですが、パンよりルアーの方が効率がいいときもあるんですね。
  • 2011-05-16│00:06 |
  • yaoko URL│
  • [edit]
どこも盛況
今晩は。
自作ポッパー効いてますね~。
何しても反応しない鯉をバイトに持ち込む力は何ですかね?
本能を呼び覚ます何かスイッチみたいなものがあるのでしょうね。

マルタウグイさんの研究熱心さに頭が下がります。

しかし最近の多摩川はどこも混雑ですね。
でも増えすぎたSMBが淘汰されるには人が釣って負荷を掛けていくのが一番効くかもなんて思ったりもしますけどね。
  • 2011-05-16│22:52 |
  • Toshi URL│
  • [edit]
コメント有難う御座います
Free Knotさん

ご祝辞有難うございます。

予想以上の効果が有って、驚いています。気紛れな個体が1~2匹も掛かれば良いだろうと思っていたら、初めの内は奪い合う位の好反応でした。
それにしてもフッキングが悪いので、アタックは有ってもほんの一瞬でバレてしまう事が多かったです。まだまだ改良が必要ですね。

水底に堆積したり、水中を浮遊する微生物の死骸や排泄物を総称してデトリタスと言いこれを食する食性をデトリタス食と言うそうですが、これらの色は白色ではなく黒系や緑系ですよね。
大丸堰や稲城大橋下流は、下水処理水が流れ込み富栄養状態なのでこれらの浮遊物が多いです。(多摩川全体が富栄養ですね)
子供の頃、堰上の大栗川合流点下流側で川面一面になにやら黒っぽい棒状の物が浮いていたのですが、良く見るとボウフラの蛹が羽化した抜け殻だったのです。当時は河川の汚濁が酷い時期だったのですが、もの凄い量に流石に気持ち悪かったのを覚えています。

パンのイミテートの場合、パンフライもそうですが、やる気のある鯉を探すのにサーチパンと称してパンを流して反応を見ますが、今回の場合はパクパクしているのを探して流すだけです。
実は最後の方に、サーチパンを流してみたら、中には反応を示す鯉が居ました。その時は、ポップRでもベビーポッパーの白でも反応が有りましたよ。でもこの黒色ポッパーにはかないませんでしたね。

市販ではエリアメバポップ48が一番小さい方でしょうか、これにタミヤカラーのブラックを塗れば完成です。私はバルサの端材が安いのでこれを張り合わせて削って使っています。販売する訳ではないので見た目は関係有りません。
ネットで調べるともっと簡単なポッパーの自作方法が見つかりますよ。
フライのポッパーをバブルフライ(飛ばし浮き)で投げる方法も有りますし、選択肢は意外と広いです。自由に楽しめれば良いのではないでしょうか。

バザーの方はホントに多いですね。これからの季節、ますます増えていくのでしょうね。

yaokoさん

前回、完全に振られたので、意地になって狙ってしまいました。
でも、狙い通りに出てくれるとやはり楽しいですね。

上にも書きましたが、サーチパンを流したらパクパク食べる鯉が居ました。例によってなかなかフッキングしないのですが、ポップRとかで反応は有りましたから、リアルパンプカでも釣れると思います。
ただこの時期、KOポイントでもそうですが朝の内が反応が良く、昼過ぎると鯉が沈んでしまって反応が悪くなります。
真夏になれば、夕方でも好調になるのではないでしょうか。

トップでの鯉釣は面白いですから、是非挑戦してみて下さい。

Toshiさん

マッチ・ザ・ベイトと同じでしょうね。鯉は適応力がかなり大きい魚だと思います、生息場所による食性の違いがネットで調べてみても多様な餌の種類に現れています。
その場所の食性に合えば、釣れるのでしょう。これには季節も影響しますね、夏場は鮎を模した白いトップが抜群ですからね。
段々と解明出来ていますが、まだまだ興味が尽きません。面白くて止められませんね。

SMB狙いの方が増えて、確かに良く目撃されて、釣れている状態ですが、いずれ数が減りすれて来て釣れなくなるのでしょうね。
大方の外来魚はそんな運命を辿っているように思います。
不謹慎かもしれませんが、釣るなら今の内?かも知れませんね。
  • 2011-05-16│23:52 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。