スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KOポイント

今日も京王多摩川に出没です。
京王多摩川=KO(鯉)ポイントとしましょうか?
ホントに日が短くなって日の出が遅いのでまだ真っ暗ですね、冒頭の写真に鉄橋が写らないじゃないですか。

20101127-1

グランドは霜が降りているんでしょうか、サクサクとした踏み応えで川岸まで歩いていくと流石に釣り人は皆無です。それでも、相変わらずジョギングや早朝散歩の方々で賑やかな事は変らないですね。

昼でも寒いとの予報なので、防寒長靴に厚着をして来ましたから剥き出しの顔面意外は平気です。
でも肝心の鯉の活性状態は如何でしょうか?
この寒さでも鯉は元気そうです、この近辺の鯉は人なれしているのでパン餌に寄ってきて良く食べますが、不思議と針の付いたパンはなかなか食べないんですね。なので、イミテションであるルアーは直ぐに見切ってしまいます。
しかし不思議なのは、流れる枯葉を結構銜える鯉が多いんですよ。食べられないと思うんですが(直ぐに吐き出す)、活性が上がると頻繁に見る事が出来ます。

タックルの準備をしている内に日が昇り明るくなってきました。スナップをパロマーノットで結びます、これはとても簡単で強度も有るのでお勧めです。
メインラインは信頼性の高い東レシーバスPEパワーゲーム1.2号(20lb)を使用しています。これにクレハのフロロカーボンシーガーエース4号をクイックノッターを使用してFGノットで結束するんですが、方法は次の映像を参考にしています。
 クイックノッターの使い方 巻き付け編み FGノット
初めはすっぽ抜けや強度不足が有りましたが、この方法を取ってからは全く有りません。慣れると釣り場でも、かなり早く結束出来るのでイライラしなくて済みます。この二つの結束方法はお勧めですよ。

人気の無い朝の内の方が活性が高い様ですね、パン餌は全く撒いていないんですが、定番のポップRで鯉の好きな音を出すと段々と集まってきました。
活性が上がって夢中で奪い合う状態に持って行けると、遂にはルアーを銜える鯉が出てきます。
今回は沖から大きいのが来て一気にルアーを銜えました、ロッドを絞り良い引きをします。82cmの元気な鯉でした。

20101127-2

暫くすると前回の方が下手の同じ場所に入りました。他には、下流の石垣ポイントにいつものブッコミ師の方が竿を並べているのが見えるだけです。釣り人はホントに少ないですね。

これではサーチパンも使えないので、再び音響誘魚法で丹念に鯉を呼び集めます。
30分位立ったでしょうか、ようやく集まってきました。しかしルアーは簡単に見切られてしまいます。ベビーポッパーに変えても同じく見切られてしまいますが、思案して別のアクションを加えると横から凄まじい勢いで銜えてくれました。
フッキングしましたが、寄せてくると下顎の柔らかい所にフッキングしていますね。無理をしないように何度も寄せましたが、グリップで挟もうとすると暴れてまた走りだします。やはり80cmは有りますね。
もう無理だと思って強引にラインを持って寄せたんですが、身切れしてバレてしまいました。

その後、ますます見切りが激しくなり、銜えようとして直前でハッとして暴れて逃げていくので追加は難しくなってきました。
それでも何とか追いの良い個体が居て、ようやくルアーに飛びついて来ました。70cmクラスを1本追加して、場所を移動してみる事にしました。

20101127-3

今度は暑くなりましたね、中野島駅から歩いていると汗ばんできます。薄着になって二ヶ領上河原堰下に着くと、今度は打って変わって寒い風が吹いて震え上がりました。これでは風邪を引いてしまいます。

20101127-5


ここは三沢川の合流点で、当時の面影は有りませんが子供の頃はオイカワ釣りを良くしたものですがね、それに暫く前は鯉が沢山居た所です。しかし今は全体に浅いですね。
サーチパンを流すと流れの中に鯉がパクパクとしています。それほど数は多く有りませんが、取りあえずルアーを流して見ます。
何度も銜えそうになりますが、どうにも見切りますね。どうも昼近くなると無理のようですね。

後から来られたルアーマンが、この方は「そこに入って良いですかと?」と礼儀正しい方だったので快諾したのですが、SMBをしっかりとゲットされました。38cmの綺麗なSMBでしたよ、なかなかの腕前ですね。やはりこの堰の上下は、噂通りなんですね。

その後、下流の方を散策しましたが、良い感じの場所が有ったんですが、活性の高い鯉は居ませんでしたね。ここでタイムアップ、上がりとしました。

20101127-6

スポンサーサイト

Trackback

Comment

どこまで伸ばせるか
おはようございます。

相変わらず好調ですね~。
ポップRは分かるんですが、
ベビーポッパーをあのロッドで遠投されてるんですか?

ラインのセッティングも同等ですし、ロッドの調子、リールの番手の違いですかね?
私はCD7くらいまでサイズダウンすると一気に飛距離が落ちますよ。
(リップがあるのであまり比較にならないですが)

硬めの先調子が好きなのですが、バリエーション増やそうか考えちゃいますね。


しかしどこまでTOPで釣れ続けるのか?
記録が伸びるのが毎週楽しみになってきましたよ。
  • 2010-11-28│06:15 |
  • Toshi URL│
  • [edit]
サイトフィッシング
Toshiさん、おはようございます。

TOPでのこの釣り方では、至近距離でのサイトフィッシングになるので、遠投の必要性は無いですね。良く見掛ける様に、鯉は岸近くで餌を摂る事が多いです。

ポップR P50は5.08cm-3.5g、ベビーポッパー50は48.5mm-4.2gなのでベビーポッパーの方がキャストは楽です。
但し、このサイズでもバックから吸い込んでくれると口に入りますが、鯉はサイドから銜えてくる事も多いので硬いルアーは口に入りません。本当は、もう少し小さいほうが良さそうです。

使用ロッドはダイコーフェルザスFZ-90LS(Lure:7-28g、Line:8-16lb)、スローテーパーなので軽いルアーでも確かにキャストは楽ですね。それに掛かってからのバラシは少ないので、このロッドに変えてから大物が上手く上がる事が多いようで、今年は記録更新に繋がりました。ロッドが柔軟なので食い込みが良い事も大きな要素です。大物とのやり取りには強度が問題ですが、負荷ランクが下の柔らかいロッドの方が良く釣れる事が多いですよね。そこで強度を重視すると食い込みが悪くバラシが増える、それをこのロッドは上手く埋め合わせてくれました。パワーが有るので大きな鯉とのやり取りでも全く不安は有りません。
私が使っていた頃の昔のベイトロッドは、バックラッシュを起こし難い事もあり殆どがスローテーパーだったと思います。但し欠点は、電撃合わせが効かない事でしょうか、瞬間的に合わせてもロッドチップがついて来ません。ショートバイトが拾い難いですね。

人気が無いと鯉は餌を求めて岸近くを回遊して居ます、本来の食性からすればは川底の沈殿物を中心に摂取しているのでしょうが、静かに観察していると流下物(水面のゴミや枯葉等)を追い掛けてパクパクしている光景を見る事が出来ます。
多摩川の鯉は、パン餌に慣れているので試しにパンをちぎって流すと(サーチパン)鯉が居る場所に来るとパクパクと食べます。
昨日の三沢川合流点でも、流れるパンを追って何匹も浅い場所に来て食べていました。ここは殆ど小型が多かったですが、中には70~80クラスも混じってましたね。

私も試しにパン餌で何度か狙って見ましたが、何故か針が仕込んであると警戒してなかなか食い付きません。沢山集まって来て奪い合いになると(ボイル状態)我を忘れて夢中になるのですが、通常は少し舐める程度で吸い込むまでは行かないですね。一番良かったのは、飛ばし浮き無しでフックのみでパンを大きく付けて自然に流す方法です。やはりナチュラルドリフトが基本の様です。

鯉が餌摂りに夢中になっていれば釣り易いのですが、難しいとすればパン餌に針が付いただけでも食わなくなるのをルアーのみで、悪く言えば騙して食い付かせるやり取りでしょうか。
でもこれがTOPでは目で見えるので、エキサイティングで面白くて続けています。
夏場のTOPでも同じですが、偶然釣れたのでは無く誘って来てアクションで食い付かせるやり取りが良いですね。

また、多摩川で楽しく釣りましょう。
  • 2010-11-28│08:35 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
まだ釣れますか!
お早うございます。
まだトップでコイ釣れますか~
凄いですね、コイは冷水に強いので、ひょっとしたら厳寒期でも場所によってはイケるかも知れませんね。


今日は用事があるので短時間しか釣り出来ませんがポイントMに出撃してみました~
瀬下でワンバイトと下流域のテトラ際でワンバラシでしたが、最近バラし多発してます(>_<)
ただでさえチャンスが少ない時期なのにバラシは即ボウズに繋がるので何とかしたいですね…


あと来年4月から大規模な河川工事が入るようです、ポイントTからポイントMにかけて壊滅しそうです(>_<)

意味あり気なことを書いてありましたが、どうなんでしょうね…
  • 2010-11-28│11:26 |
  • masa URL│
  • [edit]
バラシ対策
masaさん、こんにちは。

貴重なバイトでバラシが続くとがっかりですね。
鯰さん関係のネット情報ですと、トップ系が殆どですがスイベルやスプリットリング等でフック位置を後ろに伸ばす、スイミングフックタイプ系の使用がショートバイト・バラシ対策として多く出ています。
他の魚種でも同じなので、前回は私も段差スイミングフックを使用して効果を確認しましたが、あの小型ポッパーにはちょっと大げさですのでまたシングルフック2本にして使っています。
小さめのフックでも2本ともしっかり掛かるとバレませんね。
もともとバーブレスの方がフッキングは良いとの事ですので、バーブを潰すだけでなく削り落とした方が良いかも知れません。

また、特に回転してフックを外す魚には、ヒネリの入ったフックが良いとの情報があり、鯰さんにはこちらが良いかと思います。
私はベリーはシングルのスイミングフック、テールは段差スイミングフックとしたシーマスターを作製済で出番待ちとなっています。これだと泳がせたバランスは結構良いです。フックはヒネリの入った丸セイゴです。

後はPEではなくナイロンラインが推奨されている事が多いですね、ロッドは柔らかめ、スローテーパーが確かにバラシは少なくなります。これは食い込みと追従性の問題ですね。
根掛りには、ネムリの入ったフックの使用が好調との報告も有ります。スイミングフックでもトリプルよりはかなり良いですね。

鯉は真冬の早朝でも結構ライズが有りますしね、多摩川は水温が高い事もありでまだまだ行けそうです。フライでは一年中釣れていますものね。
基本的には、パンフライで釣れるポイントならば何処でもこの釣法で釣れる筈です。
昨日の三沢川合流点でもタイミングが良ければ、フッキングは取れたと思います。ルアーに十分な反応は有り、何度もチェイスしてましたからね。
静かにパンを流すと膝ぐらいの浅場でも鯉が来てパクパクしますから、そんな場所ならその近辺は狙い目です。サーチパンと言われている鯉を探す方法ですね。

また工事ですか?
京浜河川事務所の多摩川水系河川整備計画は20~30年計画としていますので、まだまだ続くのでしょうね。
今までもT~Kポイントは何度も掘り返して大規模な工事を行っています。
今回はかなり様相が変ってしまうのでしょうかね。落ち着くまでは、上流側にポイント探しをする必要が有りますね。

また、多摩川でお会いしましょう。
  • 2010-11-28│15:01 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。