スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増水と濁流

台風14号が来た為に多摩川は80cm程の増水となり、また台風一過の晴天とならず天気も曇り空で今日は寒い朝となりました。

20101031-1

流石に人気の無い河川敷のグランドを横切って川岸に立って見ると、ご覧の通りの泥濁りで流れもいつに無く早い多摩川です。
こんな増水時は、何処に行っても釣れないのですが、堰の上のワンドを狙えば若しかすると釣りになるかもしれません。或いは、岸近くの流れの穏やかな所は同じく魚の退避場所なので、こんな時に狙うポイントとしては有望です。

20101031-3

ライズも無く、魚の気配は微塵も無い状況ですね。居たにしてもこの濁りでは、お互い良く見えませんね。
でも熱心に見ていくと、岸近くに鯉がうろうろとして居るのが確認できました。兎に角居れば釣れるかも知れませんね。何とか狙ってみましょう。

お馴染みポップRで岸近くを狙っていると、躊躇するようなアタックが有り、でも何とかフッキングしました。
70cm位の鯉ですが、それほど元気が無いですねあまり引き回す事無く寄ってきました。ところがオーシャングリップで取り込む段になって大暴れしてしまい、折角挟み上げたんですが落としてしまいました。やはりこのグリップ、鯉の場合は使いづらいですね。次回はネット持参の方が良いかも知れません。

ここは暫くは釣りにならないので、別の場所を狙って見ます。
岸近くに、鯉の群れが回遊してきました。何度か銜えるんですがなかなかフッキングしません。食い気のある個体が回ってきて、しっかりと吸い込んでくれました。
彼は元気一杯で、ドラグを鳴らして濁流の中を走り回ります。なかなか良い手応えで上がってきたのが、70cmUPの5kgの鯉でした。ちょっとスリムですね。

20101031-4

その後食い渋りましたが、何とか60cm程の鯉を追加してから沈黙が続きます。
SMBも今日はライズも無く、この濁流では狙う場所も有りません。試しに、ミノー・スプーン・スピナベとキャストして見ますが、全く反応は有りません。

鯉の姿が見えないので、サーチパンを使って見ます。暫く見ていると、濁流を流れていくパンをゆっくりと鯉が吸い込んで行きます。
なるほどとルアーを流して行きますが、やはり偽者は見破りますねチェイスは有ってもなかなか吸い込んでくれません。
今回はじゃれ付き対策に、段差付きスイミングフック仕様を用意してきました。買うと高いので、もちろん自作品ですよ。フックは、定評のあるチヌ針の5号または7号を使用しました。

20101031-7

少し間を置いてこれに換えて流していくと、ルアーがふと沈んだと思ったらしっかりフッキングしました。
久し振りの良いサイズですね。ずしりと重い、良い引きをします。十分にファイトして上がって来たのは、80cmUPで8kgオーバーの太い鯉でした。
段差スイミングフックが、上手い具合にフッキングしています。目論見どおり、じゃれ付き対策には有効だと思います。

20101031-5
20101031-6

かなり暴れ回ったので、この後は魚の影も形も無くなってしまいました。
今日は、もうこれで十分なので上がりとしました。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

まさか
こんばんは。

まさか今日出られているとは思いませんでした。
10時前に右岸川沿いをバイクで通りましたが
堰上にもかかわらずかなりの流量でこれは釣り
にならんと夕方の巡回も諦めていました。

そんな悪条件でもポイントを選んで、狙い方さえ
しっかりしていれば出るんですね~。

増水時は鯉だけでなく魚の寄る場所は限られて
いるので、見つければ容易なのですかね。
いや、こればかりは腕もないと難しいのは重々
承知していますので、さすがの一言です。

段々厳しい季節になってきましたが、ここからが
本番?ですので、引き続き頑張りましょう。
  • 2010-10-31│19:15 |
  • Toshi URL│
  • [edit]
!!
カフェオレ色の濁りなのにしっかり釣果を出すとは、さすがとしか言えません。

しかも80センチUPとは!!

先日多摩川で、鯉のエサ釣り専門のベテラン釣り師に会いました。70歳のベテランなのですが、エサを使っても、80センチUPは年間数匹しか釣れないほどサイズみたいですね。

今日は仕事だったので、火曜にSMB狙いに行くつもりです。フィッシンググローブとジャンバーの下に着る防寒用のインナーを買いました。

早く釣りに行きたいです。



  • 2010-10-31│19:44 |
  • 鯰研究会 URL│
  • [edit]
増水パターン
Toshiさん

本当は、昨日の台風が来る前が狙い目だと思っていたのですが、朝起きたら結構雨足が速かったし寒いしで諦めて今日の出撃にしました。
過去にも今回程度の増水と濁りでも宿河原堰下や堰上でのマルタ、鯉や鯰さんのルアーでの実績は有りますが、如何せん確率は低く博打的な感じは否めませんね。

増水時は、ワンドに逃げ込んだり、岸近くの緩い流れに寄って来るので、この場所は確かに有利な場所で、鉄橋下のワンドにはヘラ師が4人入ってましたね。
でも本流はあの流れですから、後から来られたブッコミ師は途方にくれてましたね。ブッコミなら下流側の護岸の切れ目辺りが狙い目だと教えてあげました。釣れていれば良いのですが。

今日、お会いした方の情報ですと鉄橋上流側の流れ込み付近が、SMBが最も釣れるポイントだとの事でした。多摩川原橋の上流までずっと浅いんですがね、時間帯によっては鯰さんも良いかも知れませんね。
また漁協の方のお話ですと、最近調査の為にストラクチャー沖に網を入れたら40cm位のSMBがかなり獲れたそうですよ。

いいいよ寒くなってきましたが、このタイプのルアーでの鯉釣りはパンフライで狙うのと同じで、ポイントを選べば真冬でも釣れるのではないかと考えています。
時間が有れば多摩川に繰り出してしまうので家人にも呆れられてますが、寒さも何のそのでまた多摩川で楽しく釣りましょう。


鯰研究会さん

今日の濁りは結構酷かったのですが、朝のうちは鯉の興味が水面に有ったので何とかゲットすることが出来ました。
このタイプのルアーの場合、鯉が水面の流下物に興味を持ってくれないと釣り難いのですが、増水時には良く見ていると流れてくる物を銜えて行く鯉が結構居るものです。一度は、流れていく物にまとわり付く大鯰さんを見たことが有りますね。

餌釣り(ブッコミ)の場合練り餌で鯉を寄せて釣るので、沢山集まってくるとどうしても若い鯉が掛かりやすいのでしょうね。それにあの大きな錘の落下音が問題では無いでしょうか、あれでは警戒心の強い大物は逃げてしまいそうです。
但し、餌釣りの場合でも、以前見た親指大のザリガニの活餌を使った釣りの場合は大物に的を絞った釣りなので確率は低いですが、かなりの大物が釣れてましたよ。(昔は、結構多摩川でも彼方此方でこの釣り方で狙ってる方が居ました。結構待ち時間が長いでしょうね。)

火曜日頃には、水位も下がり透明度も増しているので、SMB狙うのに好都合かもしれません。平日は人も少ないし静かに釣れて良いですね。
大物がゲット出来ますように。
  • 2010-10-31│21:10 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
お久しぶりです。

台風直後という事もあって川は釣り難い状況にもかかわらず、
果敢にも出撃&80超えを仕留めるとは素晴らしいです・・!
増水時に流れ藻を追う鯉を見た事は何度かありましたが、
濁ってても結構反応するものなのかと感心しました。

そして写真の無垢(?)色のポップR、今回の大鯉と言い、
先月のスモールと言い良い釣果を出していますね。
自分は段差針に興味を持ったので、いずれ試してみたいと思います。
  • 2010-11-02│06:37 |
  • タカヲ URL│
  • [edit]
ボーンカラー
タカヲさん、今晩は。

ご祝辞有難うございます。
洪水の時は、一種の賭けの様な感じですね。避難場所が判れば、餌を摂れないでいる魚達を狙う事が出来ますが、なかなか判らないものです。
今回は、セオリー通りの狙い場所がここに有ることが判っていたので、運良くゲットする事が出来ました。

ネット情報でも、洪水の時のシーバスの爆釣の話、ワンドに入り込んだ鯰さんの群れ、鮒鯉の集団等々聞きますね。仰る様に、餌が摂りにくいので流下物を狙って追いかけていく姿を良く目撃します。
但し、良く言われている様に、笹濁りは好機だが濁り過ぎの場合警戒心が強くなるので釣れないとの事です。これは、人間でも真っ暗な中で鼻の先も見えないと、ちょっとの音でも非常に不安になるのと同じだそうです。

ポップRはボーンカラーですね。ポップRは超有名ルアーですが、似ているトップルアーで、ラッキークラフトのベビーポッパー50とベビープロップ55のシロヒトリカラーも今回使用して見ました。
いずれも鯉は追ってきましたが、ベビーポッパー50の方がお気に召したようで60cmの鯉はこれで釣りました。
これが良いのはポッパータイプの方が、鯉が水面で捕食する音を再現できるからだと思います。上手く適当なポップ音が出せると鯉が集まってきますよ。
昔参考書にしていた、小西茂木さんの野鯉釣りの本に出ていた「音響誘魚法」(錘の落下音をサミングで調整して鯉がヒラを打つ音を出して鯉を集めて釣る方法)を思い出してしまいました。
タカヲさんも是非狙ってみて下さい。パン餌のイミテートなので、狙い所は彼方此方に有ると思います。

スイミングフックは、バラシ対策に効果が大きいとの事で今回採用して見ました。調べた中では、ヘラスレや鯉スレ針が良さそうでしたが近くで入手出来なかったので、人気一番のチヌ針で製作しました。返しは、もちろん潰して使用しています。
  • 2010-11-02│22:02 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。