スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増水の後4

昨日のリサーチの結果から、増水後のリカバーが早いと思われるポイントに行って見ることにしました。
Nポイント右岸に来て見ると、昨日のコ式の方が左岸で頑張ってますね。暫くするとヒットして取り込まれてました。

今日は人気が無いので、鯉を驚かさない様に岸から少し離れてルアーを投げ込んでアクションを与えて見ます。
予想通り、一投目から鯉が水面まで追って来ました。でももう少しでアタックと言う所でUターンしてしまいました。
まだまだ魚影が薄い様ですね、それに型も小さめです。
その後、2回追ってきましたが、チャンスを物に出来ませんでした。
寝ぼけていたので、写真を撮り忘れてしまいましたので写真無しです。

場所を移動して、流れに乗せてアクションを与えているとやっと鯉が追ってきました。
じっくりと誘いを掛けていると遂にヒットしました。しかし食いが悪いですね、暫く引き合ったんですがバラシてしまいました。ホントに残念ですね。

その後、「庭の瀬」近辺から本流筋のトロ場を狙って見ましたが、鮎師が多くて反応は有りませんでした。ここも砂利に埋まってしまいすっかり浅くなってしまいました。

20100919-1

ここも春先は鯉とマルタが沢山居たんですが、すっかり砂利に埋まってしまい見る影も有りませんでしたね。
今日は少しですが、鯉の引きが楽しめたので良しとしましょうか。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

連休
おはようございます。

連休をうまく活用されてますね。
私は昨日夕方巡回しましたが、コテンパンでした。

鯉TOPもそろそろ終盤ですかね?
最近涼しくなってきたので鯰さんにシフトしてしまい
初ヒットは来年に持ち越しになりそうです。

TOPは持ち歩いているのでいい状況だったら試してみます。

もうすぐ鮎も禁漁ですしのびのび出来ますね。
  • 2010-09-20│06:19 |
  • Toshi URL│
  • [edit]
堰下
Toshiさん、今日は。

やはりまだ昼間はかなり暑かったですね、更に日焼けしてしまいました。
流されて戻ってくる鯉は小型からの様で、どうしてもルアーの追いが悪いです。大型の個体は警戒心が強いのですが、一度スイッチが入ると思い切りが良いので激しくアタックしてきます。
ヒットしたのは、かなり慎重にねちっこく誘ってやっとでした。

今年も、いよいよトップでカープのシーズンも終わりになりそうですね。
本来は落ち鮎の頃まで釣れそうなものですが、寒くなると活性が低下してしまい追いが悪くなります。いや、違った狙い方が有るのかも知れませんが、毎年トップを持ち歩いて試しては居ますが思った様には行きません。更に研究が必要ですね。

鮎の禁漁と共に、釣り場も静寂を取り戻すので、のんびりと秋鯰さんを狙うのも良いですね。静かになってきたらまた堰下に行こうかと思います。
また、多摩川でお会いしましょう。
  • 2010-09-20│13:59 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
ロッド殉職
マルタウグイさん、こんにちは。

Nポイントも調子悪そうですね。せっかくヒットしたのに残念です。

私は昨日、今日と、おニューを携え、Iポイント下流に行きました。
探って行きますが、まったく反応がありません。ならば、何時ものポイントより少し上流を狙うことにしました。流れの中をアップでナチュラルドリフトで流しますが、反応がありません。う~ん、ならば発想を変えて流れの際を流していくと。。。反応ありです。数投するとピックアップ寸前にバイトです。これはデカイです。目の前でバイトしましたので90近いヤツです。やっと寄せましたが、最後に一暴れされ、フックアウトです。大物に対処するため、チヌ針の太軸を使用していますが、伸ばされてしまいました。この後、80クラスを一本上げて上がりとしました。
今日は、昨日と同じ探り方で、流れの際を流していくと、やはりきました。
おお!こ、これは引きがかなり強いです。昨日ほどの大きさでは無いにしても、かなりのパワーです。やっと寄せて、フックを外そうとしたら流れへ向かって走られ、ロッドで止めようとしましたが"ボン”という音と共にロッドが折れてしまいました。ああ~という声も虚しく鯉は彼方へ。。。。しばらく呆然です。昨日といい、今日といい色々見直す事がありますね。鯉のパワーのスゴさをあらためて痛感させられました。強力なフィッシュグリップも必要と感じます。鯉恐るべし!




  • 2010-09-20│16:53 |
  • Free Knot URL│
  • [edit]
増水後
マルタウグイさん
精力的に回られていますね~

私は夏の疲れがここにきて出てしまい、今週は出撃しませんでした。

今日は娘と二ヶ領用水に小物仕掛けとパン餌を持って緩い釣りに出掛けてみました。
2時間程度の釣りでしたが、ウグイ・オイカワ・タモロコ・金魚の4目でしたが、金魚は誰が逃がしたのか…

それと南米原産のバスに似た アイスポットシクリッドが錘にアタックしてきて、暫く付近をウロウロしてましたね~

昔、飼っていたことがあるので一目で分かりました!
尻尾の付け根に目玉模様があり黄と緑がかった体色に三本線が入ってます…

ミミズだったらGET出来たと思いますが、如何せんロールパン餌では釣れないですね。

釣れたらお魚ポスト行きでしたね~

流石はタマゾン支流です…



来週こそは多摩川ルアーに復帰したいです、またお会いしたら宜しくお願いします。
  • 2010-09-20│18:27 |
  • masa URL│
  • [edit]
コメント有難う御座います
Free Knotさん

貴重な情報有難うございます。Iポイント下流、順調ですね。今回の増水で流された鯉は、ここまで来ていたのですね。以前はこの近辺を何度も歩いた事が有りますが、足腰が弱ってからはちょっと行き難い場所になってしまいました。

2008年の秋の台風ですっかり流されてしまった時に、探して下って行ったら第三京浜の所まで歩いた事が有りました。(帰りは辛かったです)その時は目の前で、いないなさんがフライで大物を釣り上げた所でした。こんな所まで流されて来る(或いは避難して来るのかも)のかと驚いたものでした。増水の程度により、狙い所を考えないといけませんね。
これからは落ち鮎のシーズンでも有り、鮎の産卵場よりも下流域が良いかも知れませんね。

おニューのルアーも活躍していますね。私の方は何故か、いい加減な白塗りのダーターミノーが何処に行っても好反応です。
大阪のじゅん屋という方がブログで書かれてますが、レーベルポップRのボーンカラーをナチュラルドリフトで流すとパンと思って食い付くそうです。多摩川で2サイズ試しましたが、無反応でした。場所により鯉の食性が違うのか、鯉のルアー選びは難しいですね。
ダイワのこのルアー、色使いも良い感じですね。私も今度入手して見ようと思います。

大鯉のパワーは凄いので、トラウトロッドやバスロッドではいつかは折られてしまいます。体力は使いますが、長めのシーバスロッドが丈夫で安心ですね。但し、小型の鯉ではあっという間によってしまい面白みに掛けてしまいます。(スローテーパーですと、比較的小型でも良い感じにロッドが曲がるので見た目は楽しいです。)
でも私は多摩川大物タックルだから良いと、納得して使っています。

フックは難しいですね。ゲイブまで深く刺されば、または複数のフックが掛かれば比較的小型のフックでも持ちますが、少しでも掛かりが浅いと大きなフックでもあっという間に伸ばされてしまいます。
鯉はフィッシュイーターではないので吸い込むように捕食しますから、スイミングフックを散らした方が掛かりが良さそうですが、ルアーアクションを生かす為にはオリジナルサイズのフックでないと難しいし。
今の所、私はハイパーシールドMHを愛用しています。

フィッシュグリップもオーシャン2816を使用していますが、これは大きな鯉には向かないですね。大人しくしていれば良いのですが、一度暴れると鯉の口ではホールド性が凄く悪いです。もっと良い物が無いか思案中です。
メータークラスもすくえるシェークスピアの折りたたみ大型ネットも持ってはいるんですが、ネットはフックが絡む問題が有るので複数のトリプルフックでは使い憎いです。
昔、淡水大魚釣で有名な小西茂木氏がギャフではない特製手鈎を使用していましたが、あれは良いですね。でも入手は困難ですが。


masaさん

夏の疲れが出てきますね。私は職場が特殊でとても暑い毎日なのと体調不良で、今年は特に堪えました。今回は眠くてだるくて、歩くのもしんどかったです。
masaさんもゆっくり休んで、元気を出して下さいね。

のんびりと二ヶ領用水での小物釣は、元気快復に良いかもしれませんね。
しかし金魚にアイスポットシクリッドですか、まさにタマゾン水系ですね。まさかゲーム用に誰か放したんでは無いでしょうね。

度々の増水で釣り場に変化が出てきましたが、秋の荒食いシーズンに向けて良いポイントが見つかると良いですね。ホントに場所選びが最近難しくなってます。

また、多摩川でお会いしましょう。
  • 2010-09-20│20:46 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
はじめまして、いつも楽しく読ませていただいております。
住まいが多摩川と荒川の中間にていつもではありませんが
実は当方もよく多摩川には釣りに出ます。
基本的な場所は丸子堰から二子玉川、登戸、京王多摩川とですが
多摩川はルアーする者には昔では考えられないほど対象魚が
豊富ですね。
よく書かれている堰下へは春にマルタウグイ狙いで、
その後にはナマズ狙いで行きますので
ひょっとしたらマルタウグイさんとすれ違っているのかもしれません。

最近ではコクチバスが話題になっているので、ワームなど投げてみたら
結構簡単に大きめのサイズが釣れてしまい、今後どの様な川になるのか
行政はどう出るのか注目していますが、湖と違い川となると
駆除は難しいかもしれません。

バスの違法放流はもちろんいけない事で、そういう事する人は
罰せられるべきと思いますが、人の勝手で違法放流された魚に
罪は無くかわいそうな存在と思えてなりません。

  • 2010-09-20│23:36 |
  • ミッチェル URL│
  • [edit]
ご訪問有難う御座います
ミッチェルさん、今晩は。

拙いブログですが、見て戴きいつも有難うございます。
ミッチェルさんと言うと名機308を思い出しますね。以前、持っていたんですが、手放してしまい今でも残念に思います。今のリールとは結構違った雰囲気で良い感じでしたね。

確かにネット情報を見ていると、場所によってはスモールが結構容易に釣れたと言う記事を見る事が結構有りますね。ほとんどの方が、こんなに増えているとは脅威であると、意見が一致しているのも恐ろしいことです。
最近、増水後のTポイントやKやMポイントでも跳ね回ってベイトを追っているのを目撃しました。
でも大概、外来種は初めは爆発的に増殖しても、時間が経てば落ち着いてしまう事が多いのではないでしょうか。

違法放流は今に始まった事では無く、40年前に津久井湖で会ったバサーも得意げに埼玉の野池に次々と放流していると話していました。
でも、今では特に繁殖して大変な事になっている話は、聞かないですよね。当時と人は変っても、同類の人は何時の時代にも居るもので、話題にするから無くならない事も考えられますしね。
在来種でも、放流魚に混じって別の水系に移植されてしまう事が結構有りましたが、気が付くと意外と少なくなっていて探すのが難しいことが多い様に思います。

堰下に良く来られていたとすればお会いしたことが有るかも知れませんね。
最近、人出が多くなって来たので、釣れない事が多くなりましたが、堰下は面白い場所です。秋も深まってくるとまたちょくちょく顔を出すと思います。
今度、お会いしましたら宜しくお願い致します。
  • 2010-09-21│23:20 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
こんにちは、雨なので書かせていただきます。
308をお持ちだったのですね。
マルタウグイさんも結構古くからのアングラーなのですね。
ウルトラライトスピニングの308は私も年代違いで2つ程所有しております。
このメーカーのスピニングはあれこれ13機所有しておりますが
一番使うのは、少し大きい300ですが、川も湖も海も酷使で可哀想なリールです。
しかしながら多摩川は色々な魚がいて川幅もあり根掛かりの事もあり
プラグもスプーンもワームも他も使うので、
8フィート強のベイトリールに16ポンドナイロンを巻くのが
ここ数年の方法になってきました。
堰下は人が多い時、堰上にも行きますが、
ここから上流は東京らしからぬ雰囲気があり
これも良い感じかと勝手に思っております。
泳いでいる方がおりましたが、根掛かりしたルアーなど踏んだりしたら大変だろう。
なんて考えてしまいます。
仕方がないかもしれませんが、極力釣りのゴミは出したくありません。
  • 2010-09-23│18:50 |
  • ミッチェル URL│
  • [edit]
下手の横好き
ミッチェルさん、今晩は。

短時間ですが、308を使っていました。結局、お金も無いしで欲しがる友人に売ってしまいました。後になって考えると、一世を風靡した名機なので惜しかったですね。
当時、メインに使っていたのはABU506で、こちらは手返しの良さとオートシンクロドラグが気に入ってましたね。(最近の多摩川でも暫く使ってました)
ロッドは、シェークスピアSP-540、ダブルビルト構造で丈夫なロッドです。ガイドが当時珍しかったハードロイで出来ているのもお気に入りでした。
当時は国産品は、大森製作所ぐらいしか使い物になりませんでしたね。
しかしもう40年ぐらい前になりますから、下手の横好き、良く続いたものですね。

ミッチェル製のリールは、確か海用のかなり大型のものから渓流用の小型まで揃ってましたね。フランス軍の大砲の焼付け塗装と同じ仕上げなので絶対剥げないと書いてあった様に記憶しています。使い始めはギアが硬いが、使い込めば滑らかになりますよと薦められて、当時良く釣り人誌に執筆されていた芳賀古城氏の芳賀釣具さんで購入しました。
この釣具屋さんでは、当時珍しかったカナダのジップス社のスプーンも購入しました。他にも宝物が沢山ありましたね。

13機種も所有されてるのですか、凄いコレクションですね。でもメインでお使いなのは、定番の300なんですね。これ、確か最初に売り出された機種で、年代によって構造が少しずつ違う物ではなかったでしょうか?今ではとても貴重ですね。

多摩川では私も長めのシーバスロッドに、大き目のスピニングリール、暫く前までは同じくナイロン16ポンドを使用していました。多摩川ではこの位強力でないといけませんね。
堰下、堰上も行かれるのであれば、その内お会いするかも知れませんね。
白髪頭の太め体型で、腰にオーシャングリップを下げていたらそれが私です。
お会いしましたら、宜しくお願い致します。
  • 2010-09-24│21:43 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
増水後
マルタウグイさん

明日早朝にN右岸に出撃して来ます。

増水後の影響が少ない堰上で9月ラストナマズ狙ってみます!
堰より下流域は増水の影響をモロに受けて今までの経験では駄目なので、堰上で勝負してみます。

皆さんの参考になれば良いですが…
玉砕覚悟で行って来ます~
  • 2010-09-25│18:45 |
  • masa URL│
  • [edit]
鯰さん出ると良いですね
masaさん、今晩は。

堰上の方が増水の影響が少ないので、可能性は高いですね。
私もNと思いますが、前回鯉が集まっていたのが左岸なので、右か左か迷っています。
いずれにしても上流側は浅くなってしまったので、狙い所は決まってしまいますね。
ご健闘を祈ります。
  • 2010-09-25│20:57 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。