スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パターン2

今日も猛暑日ですね、昼から出掛けましたがまだ早かったので暑いです。
遠くから見たら高校生二人組みが下流側に立ちこんで、長いロッドでルアーを振っています。キャスコロ師も4人?入っています。
静かな上流側に入り狙いますが、暫くすると対岸に子供達が遊びに来ました。更に、ルアーマンが一人入りで、今日は難しい状況ですね。鯉は臆病なので、途端にルアーを追わなくなります。

20100904-1

人影が無くなって暫くしたら、鯉が動き出しました。
実験の為に持ってきたルアーを繋いでポイントを流すと直ぐにフッキングしましたが、凄い引きですね思ったよりも良い型でしたのであっさりとフックを伸ばされてしまいバラシてしまいました。

これはダーターミノー108の釣れない色違いバージョンを持ってますが、以前はホログラムシートを貼って鯉を釣り上げました。今回は、ホログラムシートを剥がして、白一色に塗装して釣ろうと言う試みです。フックを換えれば良かったんですが、夜中に塗り替えたもので換えてませんでした。(しかし酷い塗装ですね。暗い所で塗るものでは有りませんね。)
これで鯉は白が好き?と言う証明になるのでしょうかね。少なくとも反応は抜群に良くなりました。

20100904-2

直ぐにハイパーシールドMH5番に交換して釣り始めました。
暫くしてフッキング、今度は逃がしません。70cm、6kgの鯉でした。

20100904-3

人が居ると追いが悪くなりますが、再び静かになったので今度は激しい流れの中を狙って見ます。凄い勢いでルアーに襲い掛かってきて、ずしりと重い手応えで走り始めると止められません。これは大物ですね、慎重にやり取りして寄せてくるとでっぷりと太っているので簡単に上がりそうにも有りません。
仕方が無いので水の中に入って、ランディング成功です。89cm、13kgの超メタボな鯉でした。
今日のパターンは、強い流れと、効果的なナチュラルドリフトの与え方がキーとなりました。

20100904-4

次に使ったのはコンタクト(タックルハウス)のフィードシャローです。これは店頭で見て、一目で気に良いって購入したものです。
これは追いが良いですね、ポスト108です、いやそれ以上かも知れません。
バシャリと水飛沫を上げての激しいバイトとなかなか良い引きで上がって来たのは82cm、9kgの鯉でした。大暴れしてしまい写真は上手く撮れませんでした。

20100904-5
20100904-6

この後、対岸に人が入ったのですが、何とか粘って誘ったらまたフッキングする事が出来ました。でもやはり掛かりが浅かったんですね、後少しでランディングと言う所でしたがバラシてしまいました。

私は気配を殺しているので、直ぐ近くで鯉が頻繁にもじりますが、それでも近くの鯉は追っても掛からない事が多いです。思っている以上に鯉はかなり神経質な魚です。
意外と気が付かないのが、携帯電話での会話です。ここに人が居ますよとアピールしているので、途端に反応が無くなります。大型の個体ほどはっきりしていますね。
その後は、やはり追いは有りますがフッキングしません、暗くなってきたので今日は十分すぎるのでこれで上がりとしました。

暗くなると鯉の反応もなくなるので、明るい内が勝負です。
しかし人出も段々に増えてきて、このポイントも厳しくなってきましたね。それに、ルアーを見切り出してきているので、毎回パターンに悩みます。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

好調ですね
おはようござます。

いやはや絶好調ですね~。

Tポイントですが、私が行くと鯉が水面を意識していないんですよね。
運が悪いのか、腕か中々難しいです。

水面直下を攻められるルアーが手持ちでないので、これは手に入れ
ないとまずいですね。

メタボ鯉は凄い体つきですね。これだけ丸っこいとランディングに苦労
されたのではないでしょうか?



  • 2010-09-05│08:48 |
  • Toshi URL│
  • [edit]
魚の視野
Toshiさん、お早う御座います。

毎回パターンが変りますが、今の所何とか結果が出せています。運が良いに尽きますね。
メタボ鯉は近くに寄せたのですが、浅場では腹が出てしまいこれ以上魚が寄せられないので、やむなく水に入ってグリップで挟みました。
しかしオーシャングリップは鯉の口には合いませんね。口の形状がフィッシュイーターと違うのと重さで直ぐに落ちてしまいます。ゴミが詰まっている為かもしれませんのでメンテして見て、駄目ならば買い替えも検討しなければならないかもしれません。しかし重かったです、重さの為に背中と腰を痛めてしまいました。

しかし意外な盲点は、以前から「エッ?こんなに」と思うことが度々有りましたが、鯉が人の気配を察知して警戒すると言うことです。
昨年の堰上でも、30m位遠くから鯉の大きな口が多数パクパクしているのが見えて、いそいそ近づいたら10m以上手前から姿が全く見えなくなりました。もちろんルアーに反応は有りませんでしたし、遠くから暫く見ていましたが戻っては来ませんでした。

これはトロ場とか止水の方が顕著なので、水面が泡立つ流水の方がこの時期溶存酸素量も多くて有利なはずです。
Tでも静かにしていると、かなり近くでベイトを漁る鯉が居ますが、彼らを相手にしてもまず無理です。流心近くで時々魚の気配を感じる流れの筋を読んで流す必要が有ります。
こんな所には居ないだろうと思う所から魚が出てきますよ。

ネット上でも魚の視野についての情報は沢山有ります。
http://homepage2.nifty.com/JAL/IsonagePast2.html
http://blogs.yahoo.co.jp/sksk_naoto/3020938.html
http://shalomnet.net/2006/01/10/

昨日はサミーは惨敗でした。追ってきてもバイトに至らないのですね。流れを狙った為と思います。風も有って水面が波立ってましたしね、トロ場の方が合うルアーなので。
流れに強いシャローランナー系で探していたんですが、フィードシャロー105Fが形状と色具合レンジ共に理想に近く、実際の流水でも思ったとおりのアクションをしてくれました。コモモⅡも良いかも知れません、ちょっと細身か?。色は白系が追いも良いし、流水でも見失うことが有りません。
魚にも見えやすい事が大事なので、日没後は魚が沈み反応がなくなります。薄暗くなる直前までが狙い目ですね。
  • 2010-09-05│10:49 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
好調ですね~
お早うございます。
昨日はかなり暑かったんじゃないでしょうか?
あの暑さでも皆さん釣りに来ていたのですね~
私は余りの暑さに出撃を見送りました。
暫く雨降ってないのでかなり減水してるのでしょうか?
コイもポイントTに戻ってきたのですね。

大鯉連発は流石ですね!
良いルアーも見つけられたようですね~
シーバスのシャローミノーは沢山あるので、良いルアーを探すのも楽しそうですね。

私も今日の午後にでも出撃して来ます!子連れですが…
  • 2010-09-05│10:51 |
  • masa URL│
  • [edit]
シャローランナー
masaさん、今日は。

昨日も暑かったですね。
暑い内はシャツ一枚でホッカムリして頑張ってました。この姿、とても人に見せられませんね。
水位もかなり下がってますが、鯉は元気ですね。こんな天気ですから、荒瀬の近くを狙ってルアーを通しますが、もの凄い勢いで飛び掛ってくるのを見ると暫し暑さを忘れてしまいます。夏は、トップでカープが楽しくて病み付きになってしまいます。

シーバスのシャローランナーは種類が多いので迷いますね。
ただアクションは実際に動かして見ないと判らないので、形状から予想するしか有りません。今回は、色もバッチリでかなりの好反応、視認性も良かったです。
ただあまりに高価なのが多いですね。ロストの心配は殆ど無いのが救いですが。
最も、今回の実験で動きさえ良ければ、下手な白塗りでもOKと言う事ですから、中古品で探して来て塗り直しの手も使えそうです。

お子さん連れ、熱中症に気を付けて下さいね。
また、多摩川でお会いしましょう。
  • 2010-09-05│13:34 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
荒瀬パターン
マルタウグイさん、こんばんは。

暑い中、お疲れ様でした。
巨ゴイGetおめでとうございます!見事にメタボな鯉ですね。
鯉の荒瀬パターンも一つのメソッドとして、暑い日が続くときには有効ですね。というか一番エキサイティングかも。。。。

お使いのシャロー系ハードベイトはかなり良さそうですね。
カラーイイですね。フラッシング効果もありそうです。
今回は、流れの筋(ベイトを意識した)のナチュラルドリフトですかね?
私は、Iポイント下流の瀬に行ってきました。いつものLDSをダートさせますが、まったく反応がありません。潜りすぎるのか?ならば新しく仕入れたジャークベイト、ロングAを投入です。ダート幅が狭いのでキッチリ攻められます。表層近くをダートさせていくとグンと来ました。元気な70位の鯉です。しかし、最近は甘くないですね。ここのポイントも、幾つもパターンを変えないとダメでしたから。鯉TOP、奥が深いです。
  • 2010-09-05│23:16 |
  • Free Knot URL│
  • [edit]
ナチュラルドリフト
Free Knotさん、今晩は。

荒瀬の中を流す方法としては、①ショートジャークしてはラインを張り気味にしてベイトが流れに逆らって泳いでいる状態を作るか、②ショートジャークしてからラインを完全に緩めて流れに任せるか、③アップクロスでキャストして流れに任せてそのままナチュラルドリフトするかの何れかですが、今回は③が効果的でした。これはすれて来たからかも知れません。
この場合、如何にドラグが掛からないで流すかが重要です。また、ルアー自体が流れや風でおきる波で上手くローリング(フラッシング)しないといけませんし、じっと待つ根気が必要です。

パールレインボーAHGはなかなか良い感じのカラーです。コモモⅡを購入しなかったのは、良い感じのカラーが無かったからです。他に、ダイワ製でも良い感じの物が有りましたね。
最も、白一色に塗った物が反応が良かったので、近いものでホログラムカラーの入った物が良いと思います。

Iポイント下流も良さそうですね。私にはちょっと遠いですが。
LDSも覚えられてしまいましたか、ロングAこれも有名なルアーですね。やはり、長く市場に残るルアーは名作なのですね、私も今度試して見ましょうかね。
トップでカープ、いつも同じパターンが通用しないので研究のし甲斐が有ります。気が付くと、色んな種類のトップルアーが手元に溜まってしまいましたが。
  • 2010-09-06│00:01 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
またまた凄いデカ鯉ですね。何食ってんだ?!みたいな腹ですね。自分はマルタウグイさんのルアースタイルを真似しつつもヘタレなのでいつもパンプカがメインです。それで飛ばし浮きを自作しているのですが白い浮きよりも真っ黒な浮きの方が浮きへのバイトは多いです(餌のパンんじゃなくて)。
  • 2010-09-06│00:03 |
  • ヤオコー URL│
  • [edit]
おめでとうございます
スゴイ鯉ですね~!!
普通にやりとりしたら大変な事になりそうですねw

こちらはついにキロアップ(2Kg弱)のアイツを仕留めました!!
詳細は伏せておきますが例のあれですwww

今は全域で豆は釣れてるみたいです。
  • 2010-09-06│13:32 |
  • パパバサー URL│
  • [edit]
コメント有難う御座います
ヤオコーさん

腹を裂いて見る訳には行きませんが、多分流れてくる鮎をたらふく食べているんでしょうね。上がってきた時に、浅瀬で腹が引っかかってしまい動かなくなってしまいました。
同じサイズでも重さは段違いに重いですね。

飛ばし浮きに良くバイトする話は聞きますが、黒が効果的なんですか。
ミノーでは黄色が良くヒットしているのですが、今回のトップでは白が良さそうです。
黒はコントラストがハッキリとしてシルエットが目立つと聞いた事が有ります、実際黒のスイッシャー(ミラーオールアー)も試して見たのですがこちらは反応が有りませんでした。
今度、黒塗りも実験して見ましょう。面白い結果が出るかもしれませんね。

パパバサーさん

ついにキロアップですか、おめでとうございます。
多摩川では大きいのは非常に難しいでしょうね。
特に、夏場の場合減水、酸欠、水温上昇で確率はかなり低いと聞いています。
流石ですね。

メタボな鯉で以前の自分の様な気がしますが、ホントに重かったですね。
以前は外道として歓迎しなかったんですが、トップに激しくアタックするのを見てから気が変って本格的に狙うようになりました。
最も夏場のみの期間限定ですが、大型とのやり取りは楽しくて病み付きになってしまいました。

また、多摩川でお会いしましょう。
  • 2010-09-07│19:58 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。