スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レコード更新

今日は朝から良い感じの曇り空でムシムシしています。こんな日は釣り日和じゃないですか、でも午後からは暑くなる予報だったので今日は休養の予定でした。
午前中に用事を済ませて天気予報を確認すると、午後から暑くなるはずだったのに曇りになっています。涼しそうなので、夕涼みがてら出掛けて見る事にしました。

20100814-1

お馴染みTポイントにやって来ました。上流に鮎師が一人、若者が一人で静かなものです、前回狙ったポイントを丹念に流しますが嘘のように反応が有りません。
ダーター108から初めて、数種類のサーフェースミノーを試します。シーケンシャルビルミノーには2回反応が有りましたが乗りませんでした。今日は、渋いですね。

活性が低いならばダーター108に戻して、ダートアクションで別のポイントを狙います。読みが当り、ガツンと来てロッドが絞り込まれました。ほんとに良い感じの引きですね。
83cm、9kgの鯉でしたが、元気すぎてじっとしていません。

20100814-2

丁度対岸に小物釣師が一人入りました、やはり人影は厳禁なのでその後当たりがぱったりとなくなりました。ほんとにはっきりしていますね。
しかしやはりここは釣れないと諦めたのか短時間で移動されたので、水の具合から見て今度はサミー100に変えて丹念に探ります。
対岸際からリズミカルにウォーキング・ザ・ドッグアクションで引いてきて、一瞬のポーズ、ボコッとサミーが水面から消えてロッドが絞り込まれました。
良い感じの当りで上がって来たのは、同じく83cm、9kgの鯉でした。

20100814-3

今日は意外と調子が良いですね。その後、サミー115でもより大きいのがヒットしましたが、掛かりが浅かったのか暫く引き合ってフックアウトしてしまいました。
その後は、再び渋くなり、追ってきてもなかなか掛かりません。

対岸にルアーマンが一人見えたので再び反応が無くなりましたので、かなり下流側を狙うことにしました。
サミー115のカラーを変え、狙うポイントを変えて、ショートジャークで丹念に探って居た所、沖目でガツンと大きな当たりが有りました。
これは凄い強引な走りです、ロッドで溜めますがとても止めようが有りません。何度も走りますが、何とかいなして少しずつ寄せて来てやっと姿が見えてきました。これは大きいですね、何とか獲りたいものですが、寄せては走るの繰り返しで一向に弱る気配すら有りません。
2本掛かっていたフックが1本外れてしまいました、それでも何とか寄せることが出来たので水の中に入って強引にランディング成功です。オーシャングリップで下げると、ずしりと重いです。
95cm、14kgの鯉でした、自己レコード更新です!

20100814-4
20100814-5

その後は、当りも遠のいてしまい腕も痛いしで予定よりも早上がりとしました。
Free Knotさんの巨鯉情報のお陰で、とても良い夏休みの最後を飾る事が出来ました。
今日の釣果は大物ばかりでとても楽しかったです。有難うございました。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

記録更新おめでとうございます
すいません、対岸で邪魔したルアーマンは私かと思います。
大変申し訳ありませんでした。

丁度良いタイミングだったようで、更新サイズとのやり取りを対岸からじっくり見させていただいたのですが、さすがと言いますか冷静な竿捌きに感服いたしました。
あまりの大きさに、対岸からでも拍手をしたい気分だったのですが、面識も無いのにそれもどうかと思い躊躇してしまいました。
次回会う時がありましたらよろしくお願いします。

P.S.
退院おめでとうございます。
  • 2010-08-14│22:42 |
  • Flon URL│
  • [edit]
ご祝辞有難う御座います
Flonさん、今晩は。

対岸のルアーマンはFlonさんでしたか、若しかして私のブログを見ておられる方かも知れないと思ってました。
今日は、4回ほど対岸に人が来られてましたが、逆に前回のポイント以外の所を別の狙い方で狙う事になったお陰でレコード更新出来たともいえますね。
明らかに前回よりもすべてがサイズアップしていますしね。

Free Knotさんの巨鯉情報で大きいのが居るとは思いましたが、まさか今日掛かるとは思っても居ませんでしたので何とかゲットしようと粘りました。
以前上げた草魚が1mで11.2kgでしたからそれよりも重いですし、季節柄引きもより強かったですね。
それでも、あまり時間を掛けすぎるとフックを伸ばされたり、針穴が大きくなった所で回転して外されたりするので気をつけないといけませんし。
寄せた所で勝負を掛けて水に入って引きずり上げました。成功したから良いですが、失敗して暴れられると全身ずぶぬれになります。
Flonさんに、全身ずぶぬれを見られなくて良かったです。

今度お会いしましたら、こちらこそ宜しくお願い致します。
  • 2010-08-14│23:33 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
おめでとうございます
モンスターゲットおめでとうございます。このサイズはルアーならでわですね。しかしマルタウグイさんのようにコンスタントにあげられないです(涙)。キープキャスティングです。
  • 2010-08-15│00:00 |
  • yaokoh URL│
  • [edit]
ご訪問有難う御座います
yaokohさん、ご祝辞有難う御座います。

いえいえ、ブログにご訪問頂いている方々の貴重な情報に由るところが大きいですね。それに、何故かここの所運が良いようです。
今日も、対岸に人が居たお陰で考えて別のポイント、別のアクションで狙ったので良い結果が出せました。

yaokohさんも多摩川で釣られてらっしゃるのでしょうか?
多摩川でお会いしましたら、気軽に声を掛けて下さい。
宜しく、お願い致します。
  • 2010-08-15│00:13 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
14kg!
おはようございます。

14kgですか~、草魚ははるかに超える重量にびっくりです。

私の多摩川の鯉の目標は90㎝超ですが、ずっとやってきて
実現不可なんじゃないかなぁと思っていたんですが、やり続けて
いれば出会うことができるんですね。

あの流れでこの重さの鯉に走られたら、ライトタックルではひと
たまりもありませんね。

906Mでやるかセッティングを考え直さなければいけないですね。


まぁまずは1尾GET目指して頑張りますよ。
  • 2010-08-15│09:56 |
  • Toshi URL│
  • [edit]
大物タックル
Toshiさん、今日は。

確かに906Mでないと、ライトタックルでは無理だと思います。
何度も大物に逃げられたので、今の大物タックルになっています。
今回はタックルの威力で上げる事が出来ましたが、あの走りは尋常では無かったです。

使用したロッドフェルザスFZ-90LSは、スローテーパーで割と柔らかい感じなんですが、流石ダイコーといった所で、バットパワーでしっかりと耐えてくれましたので安心感が有りました。
ラインはシーバスPEパワーゲーム1.2号、細くてしなやかですが8本撚りで20ポンドテスト有りますので心丈夫です。リーダーはシーガーエースフロロ4号(16ポンド)約1mをクイックノッターを使用したFGノットで結んでいます。
クイックノッターを使うと短時間でムラ無く結べるので都合が良いです。
(YouTubeで見て結び方を練習しました。)

「フライで鯉を釣る」ホームページの情報ですと108cmの鯉が多摩川で釣られています。
まだ見ぬ大物目指して頑張りましょう。また、多摩川でお会いしましょう。
  • 2010-08-15│12:05 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
さすが!パートⅡ
やりましたね!!!!!!!
95cm14kg、りっぱです。さぞかし重かったことでしょう!いや~流石ですね~、自分のことのように嬉しいです。こういう時は釣りって本当に面白いなと思いますよね。

またあの重量感は、思い出すとジワッと手に甦ります。

いまさらですが、13日に夏季休暇に入った為、Tポイントに行きました。上流に鮎師2名、対岸に1名いらっしゃいましたが、数投したところで、正面近くの対岸に入られてしまいました。また、下流から釣り上がって来た方が入られた為、下流で数投して釣れる気がせず、場所移動でKポイントに行きました。さすが夏休みで、キャンプ場と化しています。人気がないところをと。。。下流で岸沿いに草が茂ったポイントを選択し、岸沿い平行にキャストして行きます。手元5メートル位の水中でギラッとしたかと思うと、グンと来ました。上げてみると傷がある鯉です。ん!?この鯉何処かで見たことあるな~。これはマルタウグイさんが釣られた鯉じゃないか?傷も同じような場所にありほぼ間違いなさそうです。こういう勇猛果敢な鯉はカッコいいですね。傷も最初はイタイタしく思いましたが、これは勲章ですね。お帰りいただき、中央のトロ場で探ります。グンと来て、ランディングすると、フロントフックに掛かっています。鯉がフロントフックにねェ~それだけ獰猛になっているということでしょうか?
ここ何回かは純然たるトップというより、ティップを下向きにし、ルアーを潜らせ、ジャークからいったんルアーを止めます。止めるとルアーは浮上しますので、この浮上時がバイトを誘発しているように思います。でもまだ研究は必要です。

最後にもう一度。レコード更新おめでとうございます!!
  • 2010-08-15│20:05 |
  • Free Knot URL│
  • [edit]
キャンプ場
Free Knotさん、ご祝辞有難うございます。

まさか自分にも巨鯉が来るとは思いもしませんでした。
鯉のあのトルクフルなパワーはとても魅力的ですね。
一見浅場が続いている感じなんですが、鯉にとっては良い餌場になっている様で、とても楽しいポイントですね。

13日はかなりの人出だったんですね。それでは厳しいですね。
それにKポイントは最近キャンプ場化していますね。南多摩のキャンプ場がマナーの悪さが問題になり、閉鎖されたとの情報を聞いていますからその影響かと思います。
以前はこんなに多くの人が集まる事は無かったですね。

同じ鯉を釣られたんですか、奇遇ですね。
「フライで鯉を釣る」の藤田さんがタグで実験されてますが、同じ鯉が何度も掛かることは有るそうです。それでも何か不思議な感じがしますね。

ルアーアクションですが、私もショートジャークでポーズした時に当りを取ります。バイトを誘うのは、間を上手く取らないといけない様に思います。
昔水槽で鯉を飼っていた時には、小魚は頭から丸呑み、大き目の魚は柔らかい腹部を狙って食いついていました。
「ミミズ爺さんのつぶやき」のブログを見てみると、鯉は横からフッキングするとの記事が有ります。もともとフィッシュイーターではないので、魚を襲うときにはそんな習性が有るのかも知れませんね。

まだまだトップでカープは楽しめそうですね。
また、多摩川で楽しく釣りましょう。
  • 2010-08-15│22:12 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
興奮しました
ご無沙汰しています。

遅くなってしまいましたが、退院おめでとうございます。
復帰直後にそのサイズ、数をたたきだすマルタウグイさんの記事を見て、
興奮しまくりです。
トップカープはもう雑誌で特集が組まれそうな勢いですね!
自分もモンスターと戦ってみたいですが、タックルに難ありですね・・・。
その前に腕を磨く必要がありますね(^^;

最近は夜も暑いですし熱中症も怖いのでくれぐれもご自愛ください。
  • 2010-08-16│02:04 |
  • マサす URL│
  • [edit]
記録更新おめでとうございます!
復帰戦も素晴らしかったですが、今回はまた凄まじい釣果ですね!!
95cm14kgとは恐れ入りました。
こんな大物に走られたら、さぞ大変でしょうね~
考えただけでもゾクゾクします。
これだけの大物とのやり取りが可能なのですから、順調に快復されているようですね。安心しました。
  • 2010-08-16│10:46 |
  • taka URL│
  • [edit]
記録更新!
やりましたね!

おめでとうございます。
コイは80センチが壁ですね~ なかなか90UPはお目にかかりませんが、重さが凄いですね~ 家の娘くらいあります(^O^)

私も昨日出撃しましたが、ナマズは全く駄目でした(>_<)
近くで小学生がミミズ餌の投げウキ仕掛けでナマズ2GETは凹みました…
ルアーではミミズ餌にかなわないのか?と思いましたが、腕を上げるしかないですね…

因みに小バスが沢山いたので、急遽ミミズを掘って、スナップにスプーン用の小さいシングルフックを付けた即席仕掛けで狙ってみたら釣れました… バスは今年沢山見かけるので、かなり増殖しているのかも知れませんね。
複雑な心境です(-.-;)
  • 2010-08-16│14:42 |
  • masa URL│
  • [edit]
ご祝辞有難う御座います
マサすさん

お久し振りですね。
今年はトップでカープの調子が良い様です。TポイントもKポイントも好調ですし、例年後半が良いNポイントも多分良くなって来るものと思います。

ルアーも定番のサミーが活躍してくれるので、これも有りがたいです。サミーはアクションを与えやすいし、遠投は効くし、中古店で安く入手出来るのでとても助かります。

トップ独特の当りと鯉のトルクフルな引きが楽しめるので、一度体験するとトップでカープは止められません。
マサすさんもぜひトライして見て下さい。マサすさんは、釣りのセンスがとても良いですからすぐにマスターされるものと思います。


takaさん

なかなか100%快復とは行かないのですが、家人も呆れて見送ってくれます。
何か空模様を見ていたら、「今日は釣れそうだ」とも声を聞いたような気がして、気が付いたら多摩川の岸に立っていたという感じですね。

大物は何度か掛かってますが、何かしら不備が有ってなかなか上がらなかったんですが、今回はラッキーでした。それでも、2本掛かっていたフックが1本外れた時は、少し慌ててしまいました。
鯉の引きと走りは何度経験しても良いですね。これだから夏場のトップでカープは止められません。


masaさん

確かに鯉の80UPはなかなか上がりませんね。
でも今回は何か調子が良すぎて、掛かると80UPばかりと言う状況でした。
ちょっとまとめて運を使い過ぎてしまった感じなので、次回はコテンパンにやられそうですね。

確かにルアーよりも生ワームの方が効果テキメンですね。
大分以前に津久井湖に行った時に、やはりルアーでは全く反応無く、りんたろうで狙うと20cmほどのバスの入れ食いなんて事が有りました。
ニゴイも同じで、ルアーでは頻繁に追っては来るがなかなか掛からない所で、りんたろうでは30~40cmほどのサイズが入れ食いで1束釣れたりと大きな差が有りました。

多摩川でも姿を見てもルアーには見向きもしないと、何とか釣ってやろうと思うのですがこれがなかなか難しいです。まだまだ研究が必要ですね。

バスは昔から見て増えているのでしょうか、40年前に昔の宿河原堰の上で投網を打つと10数匹の子バスが入って居たのを見て驚いた記憶が有ります、あの頃からかなりの数が居たのではないかと思います。
5年程前では、六郷橋やガス橋辺りでも子バスがかなりの数泳いでいるのを見ました。

スモールは確かに最近でしょうけども、一旦増えて、暫くするとそこの生態系の中で安定するのではないでしょうか。多摩川の中がすべてバスだらけはまず無いような気がしますが、どうでしょうかね。
  • 2010-08-17│00:06 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
新たなるポイントへ
マルタウグイさん、こんばんは。
今日は、夏休み最終日でしたので、出撃することにしました。何処に行こうか迷いましたが、Tポイントへ行くことにしました。ただ、前々から気になるポイントがありましたので、そこを迂回してから向かうことに。。。
到着してみると、いつも鮎師でいっぱいの瀬に誰もいません。他の釣人も見当たりません。これはチャンスと思い、ここでしばらくやって見ることにしました。ポイントはIポイント下流の瀬です。気になるところがあるので詳しく書けませんがお察しいただけるかと。。。たぶん。。。
因みにこのポイントは足場は良いですが、手前にテトラが張出していて、ランディングに難ありです。うまく往なせばテトラの隙間から上げられますが、大物が掛かかった場合、ネットがあれば安心と思います。東京側は問題ないと思います。
ちょうど瀬尻からのポイントになり、手前が深場となります。ベイト、たくさんいますね。如何にも大物が潜んでいそうです。瀬の中央から引いてくるとバシャっとバイトです。久しぶりに二ゴイ君が上がって来ました。さらにキャストして行くと、流れ込みから深場の辺りで、グンと来ました。ドラグが鳴り、ラインが出て行きます。大物か?ドラグを調整している間に、ガンガン走られて、テトラの下へ潜り込まれてしまいました。ロッドを煽って何とか引きずり出しましたが、今度は別のテトラの下へ。。。ラインが擦れます。これも何とかかわして、ようやく魚体が見えて来ましたが、またここからさらに粘ります。寄せて走るを繰り返し、何とかランディング成功です。かなりやり取りしましたので、弱っていましたが最後に一暴れされ、ラインが切れました。あわててグリップでホールドして、釣上げ成功です。80cmの鯉でした。危なかった~、去年までは、サンライン、キャスタウェイを使用していましたが、色々考え、また、手持ちのタックルもハイスペックではないので現在はナイロンに戻しています。ナイロンに戻してからはラインブレイクがありません。あくまでも自分の使用感です。フックもかなりの太軸を使用しています。マルタウグイさんのフックも画像で拝見すると一本オシャカですものね。この後は4回程バイトがあり、獲れませんでしたが、良いポイントと思います。今回の鯉がたまたま元気な鯉だったのかもしれませんが、引きはかなりのものでした。この後、Tポイントへ行きましたが、ワンバイトのみで終了です。新規開拓はt。
  • 2010-08-17│21:32 |
  • Free Knot URL│
  • [edit]
新規開拓
Free Knotさん、情報有難うございます。

この季節、鮎が好調な釣り場の近くは、トップでカープの狙い所となりますね。
Iポイント近辺は、コロガシ、キャスコロとかなり賑わう場所ですが、かなり良さそうじゃないですか。
場所の選択も流石ですが、Free Knotさんもすっかりトップでカープが板に付いて、コンスタントに釣果を出されてますね。流石、センスの良さが感じられます。
それとIポイントでは掛かった鮎を鯰さんに横取りされる事が有るそうなので、この釣法を行っていると大鯰さんが掛かるのでは無いかと思っています。是非、狙ってみて下さい。

ラインは色々と迷いますが、トップウオーターの場合はナイロンが定番と言われています。私もナイロンを巻いたリールを持参していて、状況により使い分けています。
アクションを与えた時に、ナイロンの方が明らかに自然な動きをします。飛距離がPEより落ちるのは、大口径のスプールの使用(私はナビ5000)でほぼ同じになります。
ナイロンはトップの場合、伸びが有る分合わせが遅くなりはじかれる事が無くなります。PEの場合は早合わせははじかれるか浅く掛かるので、十分食い込んで重さを感じてから合わせる様にしています。

ネット情報を見ていて、鮎が幾らでも釣れるとの話が出ていました。もちろん場所は出ていないし特定し辛いのですが、N上流の例年大型が友釣で出る瀬であることはすぐに判りました。上流側から来られる方は、この辺も視野に入れると面白いかもしれません。
新規開拓はエネルギーが要りますが、予想が当り釣果に結びつくと楽しいですよね。

今年は鮎も好調のようですので、結構遅い時期までトップで狙えるかも知れませんね。
  • 2010-08-17│23:28 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。