スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大物は何処に

そろそろ濁りも薄くなってきたので、いつもの場所に大物が帰ってきているかも知れません。
20071006-1

台風の置き土産の大きな流木が、川の中ほどに鎮座しており邪魔以外の何物でもありません。ここだけでは無く彼方此方にこの様な大きな木が流れ着いています。
通常の台風の後は、川底が洗い流されてとても綺麗なんですが、今回は度を越しているので川底は堆積物で一杯です。

水嵩も先週に比べて20cm位減っているので、ルアーを流し易いのですが-------------肝心の魚が居りません。時々、40cm位の鯉が跳ねる程度で、オイカワ達は沢山居ますが、大物は全く姿を見せません。
しらみ潰しに狙って見ましたが、この場所は今年はもう駄目の様です。
20071006-2

上流側の鮎師の方達は、ぼちぼちは釣れている様ですが、下流側は流れが変わってしまったのでルアーでの大物は期待できないでしょう。

大物が何処に居るのか、2.5km程歩き廻って捜して見ました。やっと良い場所を見つけましたが、なんとも釣り難い場所でした。
20071006-3

おまけに根掛りが多いしで、早速1個ロストしてガッカリして----新しいルアーを結んで投げる-----何だまたまた根掛りか、ラインを持って思いっきり引っ張ってもビクともしない。諦めきれずに少し上流側に行ってロッドを何回も煽って、巻き上げると、何となく生命感が感じられる!非常にゆっくりでは有るが移動していくではないですか!

引きずられるこの感じは、かなりの大物に間違い有りません。前に釣ったナマズの大きいのがこんな感じでしたが、今までに無く大きいのが掛かったみたいです。
慎重に、慎重にやり取りをして少しずつ寄って来た、と思ったらまさかのフックオフ、一変に気が抜けてしまいました。
先週といい、どうも大物が掛かるが上がらない事が続くと言うのは、精神衛生上良くないですね。ちなみにヒットルアーはいつものシーマスターズ90Sでした。

次回に期待しましょう。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。