スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はやっと時間が出来たので何時もの堰下へやってきました。
天気予報では、気温は上がらないがにわか雨程度との事でしたので、防寒すれば何とかなるだろうとの楽観的な感じです。

20100213-2

到着した直後から雪がちらちらしてきました。
段々酷くなって来ましたが、雪なので服に掛かってもすぐに落ちて行き雨の様に濡れる事は有りません。
気温は2℃、水温は8.5℃と意外と暖かいのですが、たま~に鯉が跳ねる位で水面は静かなものです。

20100213-1

鯉の鱗が一枚釣れました。
ミノーを引き上げる時に、落ちてしまいましたが、魚がその辺りに居る証拠ですね。
一度、当りは有りましたが、あの軽い当りは鮒の様な感じでした。生命反応はそれ切りで、その後はずっと沈黙が続きます。
やがて、気温が少し上がったのか、雨混じりになってきたので早めに撤収としました。天気が落ち着けば、堰上も行った見たかったのですがね。

20100213-3

雪の中でも工事は進んでいますね。
前よりも少しは増水していますが、この位ではマルタウグイの遡上が始まるにはまだまだのようですね。次の雨で、50~100cm位の増水が有れば一気に加速するんでしょうが。
多摩川の春はまだまだですね。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

まさか
おはようございます。

朝起きると駐車場の車に雪が積もっていたので
巡回は見送りましたが、出撃されたんですね。

マルタの時期が近づき、巡回強化中ですので
毎週堰下を様子見しようと思っています。

明日の雨の量が多いといいんですが、こればか
りは天に任せるしかないですね。
あの底の状態では、瀬付きは難しいそうですからね。
  • 2010-02-14│09:29 |
  • Toshi URL│
  • [edit]
雪の多摩川
マルタウグイさん
昨日は仕事だったのですが、まさか出撃しているとは思いませんでした!

あの雪ではかなり人間が厳しいですよね。

今日ポイントM右岸に行きましたが、マルタは極少数は来ているっぽいですが、まだ釣れないですね。

なんとか66センチのナマズさんは引き出せましたが、アタリは3時間で2回しかありませんでした。
かなり放射冷却がきつかったですが、反応してくれるナマズさんが居て助かりましたよ~

来週辺りにはマルタも姿が見られそうですね。

また現場でお会いしましょう!
  • 2010-02-14│10:59 |
  • masa URL│
  • [edit]
今日は暖かそうですね
Toshiさん

昨日は、あんなに雪が降るとは思っていませんでした。
ちらちらしてもすぐに止むだろうと、楽観的に釣りを続けていました。
完全防寒スタイルなのであまり寒くは無かったですが、風を直接顔に受けると厳しいのと指先を出しているのは冷たいですね。

流石に静かでした。工事の方達が右岸をうるうろされてましたが、大声を上げる訳でもないし、左岸も散歩の人が一人来た位でした。
魚も寝ていたんでしょうかね、殆どライズも有りません。

マルタもあの底の状態では、遡上したとしても淵で待機する事になるのでしょう。瀬付きの個体と違って釣り難いですが、あれはあれで趣が有りますしね。楽しい釣趣の小型ミノーの出番ですし。
何はともあれ、待ち遠しいですね。


masaさん

雨だとびしょびしょで辛いのですが、さらさらの雪なのでかえって都合は良かったです。足元は、厚めの靴下の重ね履きより、ホカロン中敷タイプを使ったほうがよほど暖かいです。昨日はこれでもぎりぎりの感じでしたが、釣りにそれほどの支障はありませんでした。

それにしても毎回鯰さんを引き出されるとは流石masaさん、冬鯰師免許皆伝ですね。

しかし、バックス使いの方の毎回の結果も考えると、ポイントMのポテンシャルはかなり高いですね。
やはりこの時期はストラクチャー周りを狙うのが一番なんでしょうが、堰下の場合右岸沿いの流れが結構速いので左岸からでは上手くポイントに沈められません。ジグヘッドにワームが一番合ってそうですが、どうにも好きではないのでミノーで狙う事になります。でもこれでは右岸際の深みを狙うには、難しいですので一工夫が必要のようです。
まあ、迷っている内にまた春になるんでしょう。

次回、行ける頃にはマルタがかなり上がって来ているのでしょうね。
来期も忙しいので、何回出撃できるか分かりませんが、皆さんで楽しく釣りたいものですね。
また、多摩川でお会いしましょう。
  • 2010-02-14│11:45 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
ご無沙汰です
あの厳しい状況の中の出撃お疲れ様でした。

まさか出られてるとは思っておりませんでした。堰下は私も平日夕方何度か出ていますがなんと言うか釣れそうな気配が感じられませんよね。
右岸沿いを上手く流せられない腕の問題もあるんですが、もっと徘徊してくれるような季節にならないと私では厳しそうです。

こちらは11日にM右岸でなんとか8ヶ月振りの鯰を釣る事が出来ました。
2匹目までが長かったです(笑)
その代償と言うか単に私のミスですが、ソルティの706Lのティップを折ってしましました。
しょうがないので新しいガイドを折れた部分に装着しマルタ用に使おうと考えて、パームスのサーフラウド86Lを買ってしましました。

昨日初めて使いましたが安い竿の割りに振り抜けも良くなかなか使い易かったです。

私も次回週末行けるのはマルタの時期になってそうなので、また現場で一緒に釣りしましょう♪
  • 2010-02-15│09:23 |
  • yasu URL│
  • [edit]
ニューロッド
yasuさん、今晩は。

お父さんとは何回かお会いしてますが、yasuさんとは暫くご無沙汰してますね。
堰下は、右岸沿いに急激に沈めてボトムを引かないといけないのですが、今の水流では沈みの良いルアーか抵抗の小さな細いラインを使わないと上手く攻められない状態です。
使ったラインでは、東レのシーバスPE パワーゲーム0.8号位が良い感じでした。
後は、出来るだけ下流側の流れの少しでも緩い所を、出来るだけ立ちこんで狙うしかないでしょう。
魚は居るようですので、狙い方次第なんですが腕が付いて行きません。
尤もマルタの季節になれば、マルタの卵を狙うベイトフィッシュを追って浅瀬に出てきますから釣り易くなるはずです。もう少しの辛抱です。

ニューロッドとは、良いですね。
ロッドによって、ルアーのアクションも違いますし、当りの取れ方も違います。「幸運な竿」を入手するのは大事ですね。
新鋭、バームスのロッドは良さそうですね。
私もニューロッドが欲しいのですが、先立つものも無いのですがどれが良いのか迷ってしまいます。今使っているソルティショットは強力なんですが、どうも魚を弾いてしまうようです。特になれない使い始めは、酷かったです。
昔使っていたやわらかなロッドの方が、当たりが取りやすく食い込みも良かったです。
サーフラウド86Lが、yasuさんにとって「幸運な竿」になると良いですね。

また、多摩川でご一緒に釣りましょう。
  • 2010-02-15│23:56 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2010-02-19│18:26 |
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。