スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり何時もの・・・・

今週はM下右岸にやってきました。6時現在で鮎師も何方も殆ど人影は無く静まりかえっています。
先週末に、皆さん来られて渋かったとの事ですが、今日は更に減水して水色も悪いです。

20090711-1

2時間引いても魚の反応は有りません。これは厳しいと思い色々な所を攻めていたら流石にルアーをロストしてしまいました。
上流部の鮎はぼちぼち上がってますので、鮎はちゃんと瀬に付いている様です。
う~ん、予定通り亀ポイントに移動ですね。
順に上流から当たっていきますがやはり反応は有りません。感じは良いのですがね、と思っていたら少し下流に鯉のぶっこみ師が登場して投げ込み開始です。直ぐに鈴が鳴り鯉が掛かったようですが、ばれてしまいました。更に、ロッド2本に強化されました。
これはもう相当下流に行かないと釣りにならないでしょう。

迷いましたが、ここは思い切って堰下に移動です。浅く埋まってしまい釣れないとは思いますが、魚の活性は高いはずです。

20090711-2

懐かしい景色ですが、10時過ぎているのに左岸には誰も居ません。
良く見ると鯉は相変わらず居るようですが、見えるのは50~60cm位のあまり大きな鯉では有りませんので期待は持てませんね。
順に下流まで探りますが相変わらず反応は無いですね、これは諦めモードかと思っていたら対岸に見慣れた人影が。masaさんでした。何処もダメでしたと大声で話しましたが、がっかりされた様子でした。

masaさんが帰られてから、これは何とか釣らなくちゃと思い更に熱心に探りますが相変わらず反応は有りません。
やっぱりダメかと時計を見たら11時50分、今釣れたらほんとに昼鯰さんだなと思いながら、まさかね・・・・、凄い当たりと共にラインがどんどん出て行きます。
しまった、根掛りの時にドラグを緩めたままでした。
ドラグを締めて、締めて、締めて体制を整えてもまだ緩いのです、ソロンはドラグが滑らか過ぎます。仕方が無いので巻きながらロッドを持って後ずさりすると、大鯉かと思っていたのですがこれは鯰さんの引きです。
ようやく岸近くに寄せると、今までに見たことが無い大きな頭が見えました。大げさですがアンコウの様だと思いました。
慎重に慎重にと思いロッドを立てて寄せに入ろうとした瞬間、バシャリとやられてお帰りになってしまいました。
間違いなくレコード物でした、とてもがっくりとしました。対岸のルアーマンが「今の大きかったですね」と言われましたが、そう言われると更にがっかりですね。
ルアーはやっぱり何時ものシーマスター90S、塗装の剥げた鯵カラーにフレクタライトシールを貼ってウレタンコートしたものでした。鮎カラーにそっくりなので、この時期はこのカラーの実績が高いので選択したものです。(フレクタライトシールは鯉が好きですね)

暫く、呆然としてしまいましたが、ハニータイムを逃さない様に気を取り直して投げ続けます。狙い方が解ったので、また当たりが有りましたが乗りませんでした。焦りが出てるんですね。

ふと川面を見ると傷ついた20cm程の鮎がバシャバシャやってます、ほんとにペンシルベイトのウオーキング・ザ・ドッグにそっくりの動きですね。
最盛期にはあの鮎を大鯉が襲うんだよね、なんて思って見ていたら、ほんとに襲っているのです。慌ててルアーを投げて近くを引いたら追ってきました!しかし、間一髪掛からずに、一目散でした。
再び気を取り直して鯰さんを狙います。
今度も大きな当たりでロッドが絞り込まれました。おやこれは鯉ですね、さっきの鯉に違いないです。
今度は慎重にやり取りして、ランディング成功です!77cm、6.75kgの鯉でした。見るとやっぱりさっきの鯉ですね。粘り強い、良いファイトでした。これは昼鯉?12時20分。

20090711-3
20090711-4

しかし鯰さん釣りたいですね、時間延長して更に粘ります。
当たりは有るが乗らない、う~ん、今度は乗りました!
これは良い引きです、今度はばらさない様に更に慎重に寄せます。67cm、1.8kgの鯰さんでした。ソルティショットで強引に寄せているので、かなり元気にお帰りになりました。
これは昼鯰12時36分。

20090711-5

今日は、まだ行けそうな感じです、シーマスターを赤のゾンカー付きの黄色に変更して、更に時間延長して狙います。
やっぱり来ました、今度は比較的小型なので直ぐに抜き上げました。58cm、1.2kgの鯰さんでした。この方もとても元気良くお帰りになりました。13時16分でした。

20090711-6
20090711-7

対岸で拍手して頂いた方がいらっしゃいましたが、有難うございました。(目が悪いので何方かはっきり解りませんでした。)

今日は、久しぶりに鯰さんを上げることが出来ましたので、これで上がりにしました。
やっぱり何時もの堰下で、やっぱり何時ものシーマスター。

スポンサーサイト

Trackback

Comment

昼鯰、昼鯉
こんばんわマルタウグイさん。
12時とは正真正銘の昼鯰・昼鯉ですね。
鯰も基本は夜行性なのでしょうけど餌の状況優先で動いてるんでしょうね。
日活ポイントでも20cm位の死にかけの鮎がいました。
鮎の動きに注意するのが大物ゲットの鍵ですね。
堰下は状況良さそうなので明日行ってみようと思います。

今日は日活ポイントに夕マズメ行きましたが反応は芳しくありません。
日が暮れてからワンダー白にかわいい40cm弱の鯰が掛かりました。
蛍光白は暗い状況に強いみたいですね。先日水道橋右岸でリベンジを果たして70cmの鯉を上げることが出来ましたが、その時も白でした。
  • 2009-07-11│23:06 |
  • 金太郎豆 URL│
  • [edit]
流石!
マルタウグイさん

昼ナマズ師の本領発揮ですね!

今日は会社でしたが、今週は風邪ひいて水曜日に休んだり、早退したりで散々でしたので急遽休んだのですが、流石に釣りには行けませんでした。

長女連れてお散歩でしたが、堰下にルアーマンが見えたので見学しようと思ったらマルタウグイさんだったのでビックリしましたよ!

あの後、きっちり釣られているのが、流石ですね~

水の濁り具合は良い感じでしたものね。右岸はテナガと藻屑ガニがいたので素手で捕獲して長女に見せてあげましたが、ベイトは鮎だけではないようですね。

しかし右岸から見るとかなり浅い…

ミノーでは厳しいのでは?!っと思いましたが、マルタウグイさんには要らぬ心配でしたね!

何はともあれ、おめでとうございます。これをきっかけにスランプは脱出ですね!
明日、私も出撃しますが、何処に行こうか悩みます…

結果はカキコしますね。

またご一緒に釣りましょう!
  • 2009-07-11│23:16 |
  • masa URL│
  • [edit]
今晩は
金太郎豆さん

初めあれほど反応が無かったのに、急に反応が出てくるので訳が解りませんが、鮎師が釣り始めて鮎を釣り落として傷ついて流されていく、それを追いかけるので活性が上がるのでしょうかね?

2007年に亀ポイントで、昼過ぎに帰ろうと思い川に瀬を向けて片付けていたら、突然後ろでバシャン!と凄い捕食音が聞こえました。鯉が死に掛けた鮎を追い回していたのです。
注意していると、それから良く見るようになりました。今日の鯉も同じでしたね。
夏の鯉は引きも強いので、今日もかなり良いファイトをしてくれました。
鮎の捕食は鯰さんも一緒なんでしょうね。

今日回った中では堰下が良かったです。
明日も同じ様な状況が続く物と思われます。是非、昼鯉、昼鯰ゲットされますように!


masaさん

ご祝辞有難う御座います。
亀ポイントが良さそうですよなんて言って、今日回って見たら雰囲気は良いのですが、上流側は鮎師が、下流側はぶっこみ師が居て反転流の下流側に陣取られたので諦めました。
でも、良いポイントが抑えられれば可能性は有りますね。

今日お会いした場所は浅いのですが、探っていくと意外な場所が深くなってました。
かなり前にスピナベで入れ食いだった場所です。岸の変化が重要ですね。
反応は結構有りましたから、タイミングが合えばチャンスは有ると思います。
流れてくる大きな鮎を狙っているので、使った中ではミノーの反応が良かったですね。
シンキングペンシルでも良さそうです。

明日は、頑張ってください。幸運を祈ります!
  • 2009-07-12│00:00 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
熱い地面に直接魚を置くと火傷して死んでしまいますよ。
  • 2009-07-12│07:28 |
  • URL│
  • [edit]
堰下マスター復活
久々の鯰さんやりましたね。
ここのところ、調子が良くないようでしたが
派手に復活ですね!

しかし、アンコウ級のモンスターは惜しかったですねぇ。
堰下のポテンシャルはまだまだ健在ですね。

私は夏休みに入るかもしれませんが、今年は調子いいので常駐し続けるかも…。
悩みますね
  • 2009-07-12│08:05 |
  • Toshi URL│
  • [edit]
おはようございます
Toshiさん

朝練、お疲れさまでした。
ご祝辞有難うございます。
最近は疲れが溜まっているので感も鈍っているし、釣れなくても仕方ないかなと思っていました。がっかりした声を聞いて何とか1本でもと久しぶりに火がついたのと、やはりタイミングが有るのでしょうね。
タイミングが過ぎると、ピタリと当たりが止まるのも何時ものパターンでした。

バラシの敗因は、ドラグが緩くて合わせが効かなかった事が大きく、シングルフックは上あごにしっかりと掛かっているように見えました。あのまま強引に勢い良く引きずり上げれば良かったんですが、あの頭の大きさを見て一瞬躊躇してロッドをそっと持ち上げたのがいけなかったです。浅場で、重い頭が浮いて強く振られたので、フックが外れてしまいました。
これで何度目なんでしょうか、この時の為の強力タックルなんですがね。
まだまだ、修行が足りませんね。また出会えるかもしれませんので、その時を楽しみにしていましょう。

夏休みですか?一度身に付いた習慣はなかなか変えられないのでは無いでしょうか。
早朝出撃なら暑くないですし、鮎が育てばそれに連れて鯰さんも大型化しますしね。
昨日の鯉もかなり荒々しかったですし、これから楽しみですよ。

また、多摩川でお会いしましょう。


masaさん

お疲れ様でした。
体調不良でも出かけてしまうのは、私も同じなので人のことは言えませんが、長引く風邪は一度大きな病院に行って見て貰ったほうが良いかも知れません。風邪は万病の元ですし、私自身も昔こじらせて酷い目に会ったものですから。

しかし、体調不良でもヒットに持ち込むのは流石です。毎回の様に、ダブルヒットとはお二人とも調子が良いですね。ポイントMの攻略はばっちりですね。
テトラでのブレイクが続きますね、ロッドがかなり長ければ結構かわせるのでしょうが、ルアーロッドはちょっと長さが足りませんし難しいですね。
30ポンドは流石に太く低速でのルアーの動きが悪くなりますよね、私はシーバスゲーム15ポンド(0.8号)にフロロ16ポンドと変則的ですが、やっと納得のいく沈み具合と引き具合に出会えました。ただ柔らかすぎてガイドに絡み易いのが難点です。

フロロはスレに強いのでもっと細くても良いのでは無いでしょうか、ただ耐候性抜群なので何時までも川底に残るので如何しようか迷ってますが(PEも強いか)。ナイロンは時間は掛かりますが、紫外線に弱いのでいずれは鎖が切れて分解するでしょうし(耐UV材は別ですよ)。

また、多摩川で楽しく釣りましょう。
  • 2009-07-12│11:15 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
初めてコメントさせていただきます。

自分もここの堰下でよく投げてるのですが。。。全く釣れません。夜にここでスピナー投げたら釣れたナナマル鯰が一本です。自分ももっと通ってマルタさんのように上手くなろうと思います。
では、失礼いたしました。
  • 2009-07-12│18:43 |
  • たうち URL│
  • [edit]
ご訪問有難う御座います
たうちさん、今晩は。

私も堰下に通い始めの頃はマルタ狙いでしたが、2年目位からマルタ用のスプーンとかスピナーで鯰さんが頻繁に掛かるようになり、気が付くとこちらがメインになり8年以上通っています。(尤も、他の釣りでは子供の頃から通ってますから数十年になりますがね。)
でも当ブログをご覧になられていると解りますが、なかなか釣れない事の方が多いですよね。

特に初めの一匹が難しいと皆さん仰いますが、たうちさんは既に大物サイズでクリアーされてますので、後は通っているうちにきっとチャンスが訪れるものと思います。
多摩川で見かけられたら、気軽に声を掛けて見て下さい。

また、多摩川で楽しく釣りましょう。
  • 2009-07-12│21:58 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
凄い!
いろいろなポイントを回られて、昼鯰と昼鯉とはさすがの釣果ですね。
巨大アンコウ鯰の写真も見てみたかったです。
昼に鯰さんを釣ったことがないので、どうしても暑くなってきたら帰ってしまいますが、粘りも大切ですね。
今度は私も頑張ってみます。

ここのところ、休日大忙しで出動できていないのですが、今週末はなんとかなりそうなので、お会いした時はよろしくお願いします。
  • 2009-07-13│10:09 |
  • NORI URL│
  • [edit]
今晩は
NORIさん、ご祝辞有難うございます。

いやあ久しぶりに鯰さんの顔が見れました。
やはり時合いが有って、当たりが出だすと結構連続で来ることが多いです。今回も、更に数回は当たりが有ったのですが、フッキングは出来ませんでした。

アンコウ鯰、今回は姿が見えただけでも良しとします、根掛りの様に動かないとか、引きずり回されるだけで良い様にもてあそばれるとか、大物は掛かってもなかなか姿を見せてくれません。
通っていれば、いつかチャンスは有りますから、頑張って狙って見て下さい。出会いは突然やってきます。

それにしても、あの鯉のフィッシュイーターぶりはお見せしたかったですね。大きなザラスプークに掛かってくる訳です。
暑さに負けずに、今年は狙って見たら如何ですか?

今度の休みは休出当番なので、いつ出撃出来るかまだ決まりませんが、お会いしましたらこちらこそ宜しくお願いいたします。
  • 2009-07-13│23:20 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
さすがです!!
マルタウグイさん

こんばんは。

昼鯰に昼鯉、さすがの一言です。

亀Pで楽しまれている方がいらっしゃるので気になっていたのですが、マルタウグイさんだったのですね。

ぶっこみ師、困ったものですね。
上流へ歩いて行かれるマルタウグイさんの後ろ姿、亀Pをもう少し攻めたかったのではないでしょうか。

私は対岸下流で、新たに入手したスミスの「ナマジー」を試してました。
ネーミングとおり、ナマズ専用ノイジー。
昨年、同メーカー「キャタピー」でかなり楽しめたので、新発売した「ナマジー」も気になって入手してみました。

泳ぎは、イマカツ「バズジェット」をさらに進化させた感じです。
ジョイント部分の独特な形状により、音と動きで鯰を誘う。
売り文句とおり、好感触のルアーですね。

浅くなってしまったポイントで、かなり活躍してくれそうですよ。
夜鯰のジタバグ、ビッグバド、キャタピーにマンネリを感じ、少し刺激が欲しい方にはオススメです。

早朝水深1メートル以上の場所でも、バイト、バラシがあったので昼鯰にもいけるのではと思っています。
釣行結果は坊主ですが、バラシがなければ・・・。
負け惜しみです。腕を磨きます。

たまには、変わったルアーを入手するのも幅が広がって面白いですね。
子どもも楽しめそうなルアーとなりそうです。
(スミスの回し者ではないですよ〈笑〉)

また、多摩川でお会いしましたらよろしくお願いします。
  • 2009-07-13│23:44 |
  • tamagawalk URL
  • [edit]
大物残念でした!
大物残念でした…でも、流石の釣果です。

私、本日、不真面目してきましたが、ナマ・コイ各1バラシでした。
やはり、腕が違いますね!
しかし、いつものって良いですよね!
自信が持てる釣り方が一番という気がします。
  • 2009-07-14│14:23 |
  • taka URL│
  • [edit]
有難うございます
tamagawalkさん

遠目で見て、きっとtamagawalkさんだなと思っていたのですが、下流を攻めるまもなく通せんぼされてしまったので諦めました。
でもそのお陰で時間も早いし堰下に行く気になったのですから、かえって良かったのかも知れませんね。

久しぶりの堰下は、底の状態が結構変わっていて、ミノーで狙い易い状況になっていました。
好きなルアーで自分流の釣り方で反応が有るとやはり嬉しいものですね。つい時間延長して、反応がなくなるまで粘ってしまいました。

ナマジーも楽しそうなルアーですね、自由自在に操って昼鯰さんを是非ゲットして下さい。
大鯉も掛かって来そうですね!

私は、ペレットペレットを鯉狙いで試して見ましたが、今回は不発に終わりました。
まだまだ研究が必要ですね。

こちらこそ、多摩川でお会いしましたら宜しくお願いいたします。


takaさん

逃がした魚は大きいと昔から良く言いますが、何方かが以前本に書かれてましたが、タックルに不備が有ったり腕が未熟だったりと理由が有るから逃がすので、確かに大物のはずであると。

今まで逃がした中でも特に印象に残っているのは、学生の頃に津久井湖で真夏のピーカン真昼間に、キャスター132(ABUのミディアムベイトロッド)と初代ミリオネア3Hでどうせ釣れないだろうと大きなスプーンを付けてキャスティングの練習をしていた時の事です。

力いっぱい投げては高速で巻き取るのを繰り返しをしていたら、いきなり大きな当たりがガツガツガツと来てロッドは満月状態になりました。あのロッドがこんなに曲がるとは。ようやく寄せてくると、畳1枚半分位の水面が渦を巻いて暴れまわるのです。ドラグを少しずつ締めて更に寄せようとしたとき一気に走られて、銀鱗レッツ5号はぷっつりと切れてしまいました。当時の3Hのドラグ性能は良くなかったので、あまり締めてはいけなかったのです。
しかし何だったのか?多分、津久井湖の超メタボな大鯉だったのではと思います。

チャンスは何時かは巡ってきますから、油断しないようにしたいものですね。
M下にも、大物が潜んでいるそうですから、takaさんのロッドにもきっと掛かりますよ。

また、多摩川で楽しく釣りましょう。
  • 2009-07-14│22:14 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。