スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪引き

2週連続雨の中で釣っていたもので、流石に先週の帰宅後から急に喉が酷く痛み出してしまいました。気合で熱も殆ど出なくて、一日で収まったんですがね、仕事は相変わらず忙しいし持病の悪化等々で今週はパスしようかと弱気になっていました。でも、行くのは大変だと思っていた別のポイントへのアクセスが意外と良いことが解ったので、早速出掛けてみる事にしました。

最寄のアクセスポイントから、300m程なのでほとんど歩かなくても良いのは助かります。思えば、小学生の頃から良く通っていたポイントなのですが、数十年の月日は昔の面影を全く無くしてしまっていました。昔は、大きなカーブの深い良いポイントが有ったのです。
尤も、何時もの宿河原堰下も昔とは全く違いますから、致し方ない事なんだと思います。

20090613-3

様々なルアーを試してみましたが、どうも今日は鯰さんは出張中の様ですね。
留守を守るのは、鯉・鮒・鯔・亀の異母兄弟たちですが、肝心の鮎は今日はさっぱりだそうです。
対岸の浅瀬には稚鮎が居るようですが、ペンシルベイトを送り込んでもバイトは有りません。

今回も奇遇ですねtamagawalkさんにお会いしました。ついつい時間を忘れて話こんでしまいましたね、またまた楽しいお話有難うございました。
流石に多摩川をご自分の庭の様にご存知のtamagawalkさんですね、今日はこの辺りで鯰の姿を見ないとおっしゃるので、思い切ってM下に移動してみる事にしました。

20090613-2

やっとこさM下に着いてみると、結構鮎師の方達がいらっしゃいますが、ポイントは空いているので早速順番に狙ってみました。
全く反応が有りませんね。ここもお休みか?と思っていると、真っ黒に日焼けした鮎師の方が「ここは鯰がうじゃうじゃ居るが昼間はダメだね、朝か夕方ならルアーで釣れるが、昼間は活餌しか食わないよ。ダメダメ!」とおっしゃる。
それから何回も近くに来てこう言われると、昼鯰師としては何とか釣ってやろうと少しムキニなってしまいましたが、やはり反応が無いですね。

流石、今回仕入れてきたシュガーミノーには反応が有りましたが、残念直ぐにロストしてしまいました。でも噂どおり流れ川には良いルアーですね。
いやあ、つい時間オーバーしてしまい、慌てて帰りました。

次回はリベンジしたい所ですが、やはり帰り道がやけに遠かったですね。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

お疲れ様でした。
M下もやっぱり鮎釣り師の方が多いんですね。
平日に釣行したいと思っているんですが、始発釣行だと夜明けも早いこの時期、どうしてもポイントが限られてしまうので無理かなと思っています。
どうしても皆さんが釣られているところに頼ってしまいますが、少しでも自宅に近い場所で新規ポイントを探さないといけないですね。

体調が悪い中、あまり無理はしないように気をつけてくださいね。
  • 2009-06-13│23:04 |
  • NORI URL│
  • [edit]
有難うございます
NORIさん、ご心配有難うございます。
調子悪くても、歩かなければ良いだろう、ここなら足場も良いしなんて理屈をこねて出掛けてしまいます。私も、病気ですね。

始発釣行だと夜明けの釣は無理ですから、明るくなってからでも釣れそうなポイントを探さないといけません。
これからは鮎が群れを解除して瀬に着くので、これを狙う鯰を狙うのが良いと思います。
或いは、鮎師が沢山居る下流のトロ場には弱った鮎が流れて来るのでこれを狙う鯰を同じく狙うかです。
彼らは、食いしん坊なので昼間でも狙えます。

今日ダメダメ言われた鮎師から聞いたM下情報としては、朝と夕方は流れの脇の浅場に鮎とヤマベが沢山着いているのを、鯰が背びれを出して追いかけている(凄いそうです)。こらが昼間は見られない、だから昼間は釣れないよ。(夕方から行く手も有りそうですね)

瀬に鯰が出ていると鮎が警戒して逃げてしまう、だからそんな時は鮎は釣れない。鮎が掛かると、鯰に横取りされてしまうが、大きいのが居るので鮎仕掛けでは上がらない。サイゾウも同じだが、こちらは上げられるとも言われてました。

実は、今日も友釣仕掛けの鮎を横取りされているのを目撃しましたが、てっきり鯉が掛かったんだと思いましたよ。結局ラインブレイクしてましたが、この鯰80cmは有ったそうです。
これは、急流の際から少し外れた、トロで掛かったそうですが、其処だと聞いても普通は鯰を狙うポイントとは思えない所でしたよ。
活餌だと釣れるという事は、ソフト系の方が絶対有利でしょうね。(私は嫌いなのでまず使いませんがね。)

と言うことは鮎釣の良いポイントを探せば良さそうではないですかね、何とか近くにも有るんではないでしょうか。

また多摩川で、楽しく釣りましょう。
  • 2009-06-13│23:58 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
M下
お疲れ様です。

自分も最近M下に行きましたが、あそこはテトラだらけですね。
いかにも釣れそうな感じでした。
リーダー長めにとらないと怖そうですが・・・。
左岸からやったほうが良さそうでしたが、右岸の方がアクセスがいいんですよね。
それと鮎釣り氏にも好ポイントのようでたくさんいたので、いない時間を狙うしかないと思いました。
鯰沢山いるみたいなので自分も早く結果を出さねば!

身体の方お大事にしてください。
  • 2009-06-14│00:02 |
  • マサす URL│
  • [edit]
おはようございます
マサすさん

ご心配有難うございます。
此処の所、立ちっぱなし仕事が多かったのも響いてますね。思い切ってM下まで足を伸ばしたのを帰りに後悔しました。

しかし、耳寄り情報は入手したので、役に立ちそうですよ。
鯰さんは、鮎の天敵(鰻も同じですね、鮎を餌に釣るくらいですから)なので、鮎師にとっては厄介者なんですね。皆さん、そんな口ぶりでした。
雷魚も同じなんですが、昔はこの辺凄かったが皆で釣れると足で踏んで処分し続けたのですっかり減ったそうです。(なんとも・・・)
前にも聞きましたが、大きなアメリカ鯰もここらに居るとの事、その内何方か釣り上げそうですね。

私も良く見ましたが、ヘラの練り餌に食い付く鯰さんもかなり多いとの事なので、並外れた聴覚だけではなく臭覚も良いのでしょうか?だとすれば私は嫌いなので使いませんが、ガルプの様なスイミングアクション+臭い付きワームを使うのが最も効果的でしょうね。

ここは朝夕は、マサすさん得意の狙い方がばっちり良さそうな感じです。
また、釣の神が降臨すると良いですね。


masaさん

masaさんは昨日はお休みかと思いましたが、急遽出撃されたのですね。
午後も出撃、良いお天気の中悪条件も物ともせず、30分でリベンジは流石昼鯰師です。これは凄い、脱帽ですね。

ショックリーダーは、私はフロロの20ポンドですが、使わないとPE沈みが悪いのと傷が入ると切れ易いので必要悪かと思って使っています。
今回、Abuにした利通のひとつが替えスプール付きである事なので、今回もお試しにフロロを再度使ってみました。沈みは抜群で、感度も結構良いですが、太い番手はやはりテンション強すぎて使いづらいですね。

ヒットパターンを解析してみると、使用しているPEの影響がかなり大きいと思われますので、もう少し研究しようと思っています。

ラインもロッドも硬いとバイトを弾いてしまうので、沈みの良い細くても擦れに強いPE直結(若しくは特殊処理のソフトフロロの細いリーダー)に、チップが柔らかくてもパワーの有るロッドが良いですね。鯰人の設計者がナイロンしか使わないのも解る気がします。

また、多摩川で楽しく釣りましょう。
  • 2009-06-14│10:53 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
お疲れ様です
M下入れ違いだったようですね。

私とmasaさんは9時前に堰下に移動しました。
その頃鮎師は少なかったんですが、一気に増えたんですね。
(実は夕練も行きましたが、その頃は瀬は鮎師でいっぱいでした)

私の掛けた鯰さんは下流部分ですが、以前TOPで出たのは
瀬から外れた流れが緩くなっている部分です。

なんとかあの瀬を攻略したいと思い、昨日の夕方はダウンで遠投し
探りましたが、時間が無いこともありちょっと雑にやりすぎたかな?
と思ってます。

背びれを出して鮎を追うシーンには未だ遭遇してませんが、雰囲気
はかなりありますね。
人の気配ではなく鮎が逃げ惑うというシーンは目撃していますから。
捕食音が聞こえないと、鯰さんが狩りに来ている気がしませんが、
確実に追ってきているやつはいますね。

スプーンで得たバイトはそれ相応に激しかったですから。

次週もM下が熱そうですね。
  • 2009-06-14│11:29 |
  • Toshi URL│
  • [edit]
M下のポイント
Toshiさん、今日は。

近いポイントでのんびりとと思っていたのですが、昨日は鮎が居なかったので10時過ぎにM下に移動しました。
ここは鮎の評判が良いのか、人出はかなり多いですね。例年結構な人が朝から出ていますが、今年は流れの状態が良いのか好調の様です。鮎師も鯰さんも集まる訳ですね。

稚鮎を追うシーンは、鮎が瀬に付いてしまうと見られなくなるかもしれませんが、夜は鮎が岸近くの浅場で寝ているのでそれを追い掛け回しているのが見れるのではないでしょうか。

いずれにしても、今年のM下はいけそうですね。大物が期待できそうです。
しかし、masaさんの昨日の健闘された堰下もなかなか良さそうですし、選択肢が増えるのもまた迷いますね。
更に、昨日の帰りにも良さそうな所が有りましたし。またまた、迷います。

また多摩川で、お会いしましょう。
  • 2009-06-14│12:26 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
お疲れ様でした。
新規ポイント早く結果が出るといいですね。
自分は金曜(10~16時)に堰下と堰上を攻めてきましたが
下で鯰52,3cmと63cm、上で42cmのバスを
釣る事ができました。
鯰はスピナベとワームのライトテキサスで
バスはライトテキサスで獲れました。
(マルタウグイさんはワームはやらないとの事ですが)
基本はハードですがどうしても釣りたかったので
封印していた禁じ手を使ってしまいました汗

最後になりましたがお身体ご自愛下さい。
元も子も無くなっちゃいますからね。
  • 2009-06-14│18:52 |
  • パパバサー URL│
  • [edit]
多摩川バス
パパバサーさん、今晩は。

おお、堰下で鯰さんと堰上でバスが出ましたか。
なかなか調子が良いではないですか、パパバサーさん、お名前の通りバスを釣られるんですね。多摩川バスは、滅多に釣れない幻の魚の様ですから貴重ですね。

不思議ですね、結構ワームが嫌いな方、若しくは使わない様にしている方が多いように思います。でも効果は大きいのですから、使ってみたくなるのが人情ですよね。
多摩川ではあまり使っているのを見たことは無いですが、40年ぐらい前の流行初めの頃に鯰と鯉を沢山釣った話は聞いたことありますね。

ご心配、有難うございます。
見た目が元気に見えるものですから、自分でもついつい無理をしてしまいます。
集中力が続かないので、釣果にとらわれずぼちぼちと楽しもうと思っています。
また、多摩川で楽しく釣りましょう。
  • 2009-06-14│20:07 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
メインはバス釣りでやってます汗
堰上でバスを狙っている方は殆どスピニングでワームを投げてますね。
メインレイクが河口湖なのでそれに合わせて使う頻度が一気に減りました。
多摩川で使わないのは天邪鬼なだけですが…

確かに多摩川バスはかなり少なくなりましたね。
数年前までは朝だけで20匹(豆ですが)釣れていた時期もありましたが
鯰やマルタだけではなく、台風や工事の影響を受けていると思います。

余談ですが、去年あたりからスモールがかなり増えてきており
釣りとしては楽しいのですが、外来魚問題もありますし
個人的には複雑な心境です
昨日は
マルタウグイさん
昨日は、ありがとうございました。
いろいろと興味深いお話を伺えるので、ついつい会話に夢中になり、貴重な釣行時間をいただいてしまって・・・いつも申し訳ないです。

あの後、大型の鯰とマルタを見つけたので、声をおかけしようと思ったのですが、M下に移動されていたのですね。

本日も、板チョコに足を運びましたが、昨日同様坊主。
鮎もいまいちのようでした。
一昨年まではもっと深く、小魚も多かったので、行けば釣果を期待できるポイントでしたが、去年の増水ですっかり環境が変わってしまいました。

M下は今後期待大ですね。
鮎釣師の方がおっしゃるとおり鯰の一級ポントに間違いはないようです。
右岸消波ブロックをダイビングして観察した方も同じ事を言ってました。
昨年は家族で夕まづめにルアーを引いて、何度もいい思いをさせてもらった思い出があるので、今年は日中に攻めてみたいと思います。

また、多摩川でお会いしましたらよろしくお願いします。
  • 2009-06-14│21:01 |
  • tamagawalk URL
  • [edit]
masaさん こんばんは
あそこの水路は毎年この時期になるとかなり差してくるのですが
今年はかなり少ないですね。
お食事タイムになると水路から出て魚道上や少し上流部のゴロタ帯で
ボイルする事もありますよ。
ただ、超天才くんですから、生半可な攻め方では見向きもしませんねww

スモは一つ上の堰あたりでかなり繁殖しているようですが
釣り禁止区域らしく先日、警察に捕まった人が出たそうです。
ルールは守らないとですね。
  • 2009-06-14│21:07 |
  • パパバサー URL│
  • [edit]
そうでしたね
パパバサーさん、失礼しました。

そうでしたね、滅多に堰上には出没しませんが、昨年何回か行った時にはワームを投げられている方達がいらっしゃいましたね。
私も30数年前までは、津久井湖に出没するバサーだったんですが、色々と有って暫く釣りは止めていました。釣れないバサーを8年ぐらいやってましたかね。

おお、20匹も釣れる事も有ったんですか、凄かったんですね。
調布堰上下流を昔狙っていた時は、何方に(滅多にバサーは居ませんでしたが)聞いても釣れないという人が多かった様に記憶しています。
当時は、スピナベで釣るのが流行っていたような・・・そんな頃です。

多摩川で釣れる話を聞いたのは、10年位前に調布堰の左岸で50cmクラスをグラブで何本も釣った話位でした。ここはグラブ以外はダメだそうです。

スモールは結構彼方此方で、見かけた話は聞いてますね。
数年前は、東名下が話題になり、あの時はかなりの方達が訪れて賑やかでした。

多摩川はかなり工事が多いですね、折角見つけたポイントが工事の度に潰されていくのも残念ですが、生態系に与える影響も心配です。
何十年もそのままの所も有るんですが、この近辺の様に頻繁に何らかの工事が入るところも有りますし。この辺は、例の大水害が有った所だから、安全面で仕方が無いのかも知れませんがね。
  • 2009-06-14│21:16 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
こんばんは
tamagawalkさん

昨日はこちらこそ有難うございました。いつもいつも貴重なお話、興味深く聞かせて頂いてます。
移動する時にご挨拶をと思ったんですが、何か見つけられたのか熱心に観察されてらっしゃるようでしたのでそのまあ失礼しました。

そうですかあの後大型の鯰さんを見つけられたんですか、マルタウグイもまだ健在でしたか。
私の写真の少し上流側でしょうかね、前に中学生が大鯰を釣り上げていた所辺りでしょうか。
しかしこのポイントは、アクセスが思っていた以上に良くてしかも足場が良くて助かりました。
相変わらず魚種は豊富ですし、タイミングが合えば大物が出そうです。

M下も昔に比べて大分埋まったとは言え、仰るとおり良いポイントですよね。
ダイバーの話は圧巻でした。
こちらもアクセス方法を探して有るので、遠回りですが結構歩かなくても良いポイントでは有ります。
しかし多摩川は、やはり楽しい川ですね。奥が深いです。

またお会いしましたら、宜しくお願いします。


masaさん


多摩川は子バスは結構昔から見てますが、釣れないイメージですね。(私にはとてもとても無理でしたね)
津久井湖でもものすごい数のバスを見ましたがルアーを見切ってしまうので、餌釣以外では入れ食いは無かったです。

六郷橋辺りから上流にシーバスに行っていると鯔の子に混じって岸近くで、子バスが結沢山遊んでますよ。意外と塩分にも強いのかと思います。
シーバスに混じって釣れたと言う噂は聞かなかったですが(狙い方が違いますからね)、あのゆったりとした流れですからもし居れば大型の可能性が高そうです。
専門に狙うと面白かったりするかも知れません。

堰上はかなりのルアーマンの方がいらっしゃるので、プレッシャーは相当高いですよね。
多摩川バスは難しいと思います。
外来魚問題も有りますが、スモールも一度釣ってみたいと思いますね。
  • 2009-06-14│23:17 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
アメリカ鯰
お疲れ様です。
アクセスの良い釣り場は良いですよね!私にとってはM下がそうですが、通い詰めてしまいますね。そのせいか風邪が長引き後一歩のところで完治しません。

私は昨日朝出撃で、ベイトや鯰さんの姿をみたのにダメでした。

アメリカ鯰ですが、私もテナガ釣りの方から聞きました。昨日一度だけ赤いお腹のお魚さんが水面に出てきたところを目撃しましたが、婚姻色のマルタが今頃いる筈ないし、あれがそうなのでしょうか?
足元から2m未満のとても狙えない場所でした。
  • 2009-06-15│08:11 |
  • taka URL│
  • [edit]
アメリカ猫魚
takaさん

チャンネルキャットフィッシュ(俗に言うアメリカ鯰)は

大型になるとグレーのボディに白い腹です。
子供の頃は薄い茶色というか、そんな感じの色です。

日本鯰(マナマズ)より尾びれが発達してますから
パワーはありますね。
でも、匂いに敏感で匂い付きワームのぶっこみが一番効いた記憶があります。

赤い腹ではなかったと思いますが
レッドテールキャットフィッシュは尾びれが赤いです。
これも飼いきれなくなった個体が放流されている
ようですから、可能性はありますね。

  • 2009-06-15│13:52 |
  • Toshi URL│
  • [edit]
はじめまして
初めて書き込みをします610と申します。毎週HPの更新を楽しみにしています。私は調布市在住、マルタウグイさん同様、多摩川に毎週繰り出し、色々な魚に遊んでもらっています。特にホームポイントは京王線鉄橋~日活撮影所前、時に登戸~宿河原堰下まで足を伸ばすという感じでしょうか。マルタが静まった今日この頃は、調布堰下(東京側)がメインで、70cm越えの鯉をミノーイング中心に、ひょっとしてブラックバスもおまけで狙っています。先々週、今週と、フラッシュミノーの早引きでブラックバスらしき魚が2回もヒットしたんです!しかし、この2回とも痛恨のバラシ・・・・エラあらいした瞬間の魚体がバスに見えただけなので、何ともいえませんが・・・非常に悔しい思いをした2週間です。まっ、ことはどうあれ、多摩川は最高です。魚との出会い、釣り人との出会い、一週に一度の楽しみですが、とでも満喫しています。マルタウグイさんとも、どこかでお会いできたらと思います。楽しみにしています。
>Toshiさん
ご指摘頂きWEB魚図鑑で確認して参りましたが、確かに全然赤くないですね。テナガ釣りの方に「赤い腹」と聞いたので、そう思ってしまったのですが。
レッドテールキャットなら可能性ありますか・・・一瞬のことなので自信がありませんが、赤かったのは尾鰭ではない気がします。かといって、別の何てお魚さんかも思いつきません。
記憶力には自信のない方なので、困っています。とりあえず、朱色って感じの赤でした。
コメント有難うございます
takaさん

最近良くお会いするtamagawalkさん(http://tamagawalk.exblog.jp/)が、最近マルタウグイを発見されてますよ。
婚姻色が残る大型の個体のようですから、takaさんが見られた魚もマルタウグイの可能性が大きいと思われます。
鯔が沢山(ほんとに沢山ですね)いますから、汽水域と勘違いして居座っているんではと半ば冗談で言ってますが、実際は如何なんでしょうかね。

宿河原堰の上では、確か秋口でも釣れた(婚姻色のない)との話を聞いたことは有ります。昨年は7月に金太郎豆さんが堰下で51cmのやはり婚姻色のない個体を釣り上げられてます。
私は9月に汽水域の多摩川大橋で55cmをスレで釣りましたが、この個体はこの時期なのに婚姻色が出てました。

やはり魚の中にも、アウトサイダーが居てなかなか通り一遍の理屈では割り切れないと言うことなんでしょうかね。


Toshiさん

アメリカ鯰を多摩川で連続釣り上げた話はネットでも読んだ事が有りますが、例によって場所は定かでは有りません。でも確か結構流れのある深場だったと書いてあった様に記憶しています。

亀Pで鯰を釣った話をすると、ヘラ師の方は日本かアメリカかと聞いてきます。そんなに多摩川でも増えているのでしょうかね。
私は日本鯰の方が好きなので、と言うか日本産淡水魚が今は好きなので、アメリカ鯰には会いたくないです。でもこの分では、いずれ何方か釣りそうですね。


610さん

ご訪問有難うございます。
多摩川は仰るとおり、とても楽しい所ですよね。
昔からの暴れ川と言うことで、小河内ダム等による水量減少や治水工事を受けながらも、増水のたびに表情を大きく変えていきます。
昔々は、六郷橋下の水を汲んで水売りが天秤棒で下げて売って歩いたとか、今では信じられないような話も有りますし。

調布堰上下は子供の頃から良く遊びに行った所ですが、十数年前位から水質が改善されて釣り人がまた一気に増えてますよね。
シーバス狙いのルアーマン、鯔・鯉狙いのフライマンの方達がずらりと立ちこんでいるイメージが強いです。(私が行っていた頃は殆どルアーマンは居ませんでした)

六郷橋近辺の下流域は大きな鯉が沢山居ますが、何度狙ってもどうもフィッシュイーターモードでは無いような感じですが、なるほど調布堰下は水の動きが大きいので状況が違うのかも知れませんね。

かなり前に私も調布堰下の東京側護岸先端で40cm位のバスが泳いでいるのを目撃して一生懸命投げても見向きもされなかった事が有りました。
2回ヒットしたとは凄いですね、次回に期待大ですね。

その内、多摩川でお会いする事と思いますが、その時は宜しくお願いいたします。
  • 2009-06-15│22:11 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
お久しぶりです。
マルタウグイさん、貴重な情報ありがとうございます。
背びれを出して鮎を追いかける鯰を見たことはありませんが、去年のこの時期水深20cm程度の浅瀬で背びれを出して泳いでいる鯰は 何回か見ています。そうした鯰は、活性が高く、2-3投で結果が出ました。そのため、川原で準備をしている最中に ”鯰が近くで泳いでいないかな” と観察しながらロッドをつないでいます。
 今日、みなさんが鶴Pと呼んでいる場所に夕方行ってきました。多少増水しても、右岸からは釣りやすい場所ですよね。結果は、鯰 1匹でした。雨上がりで期待していたのですが、予想に反して 鯉も鯰も姿が見えないという渋い状況でした。釣れた鯰は浅瀬にいる背びれ鯰ではなく、深みにいました。

 また、先週6/9のことですが、やはりここで、マルタウグイを釣りました。婚姻色はまったくなく、 4月のものより やや大きめといったサイズでした。やはりアウトサイダーですね。ルアーは、CB100というクランクベイトでした。  週一のペースで、夕方 専門ですが、宜しくお願いします。
  • 2009-06-18│00:32 |
  • スズキ URL│
  • [edit]
鶴P
スズキさん
鶴P情報有難う御座います。
私も5月に2回程行きましたが、昼ナマズに出会えませんでした。以前より浅くなった感じですね~瀬の落ち込みがやや深いですが。
ちょっとアクセスが悪いですが(河原を結構歩く)良いポイントですよね。

そのうち多摩川でお会いしましょう。
  • 2009-06-18│08:23 |
  • masa URL│
  • [edit]
有難うございます
スズキさん、今晩は。

つるのポイントでも、鯰さん出ましたか。やはりあの近辺も良いですよね。
ここのポイントは、昨年つるの剛が動物奇想天外で多摩川大物列伝と題した番組で、マルタウグイ・ニゴイ・鯉をミノーで釣り上げていた所です。
ご存知の様に、マルタの季節にはベテランの方々が入られる、一級ポイントですね。
以前護岸工事が入る前には、マルタの季節に良く出掛けて楽しんだものです。
昔は鯉が沢山居るイメージでしたが、最近はそうでもないみたいですね。

しかしこの辺りは鶴P、亀P、M下、チョコとなかなか良いポイントが揃っているので、何処を狙うか迷ってしまいます。
増水時に上手く集まっている所が見つかれば良いのですが、此処の所私が行く日はどうも分散しているか、潜ってしまっているかのようです。
どうも鯰さんに振られっぱなしです。

マルタウグイを釣られたのですか、この季節は釣り難いのでまるで別の魚の様ですよね。
待機マルタに近い状態なのか、それとも中流域が気に入って永住を決め込んだのか?
マルタの気持ちはわかりませんね。

いずれ何処かでお会いしそうですね、その節は宜しくお願いいたします。
  • 2009-06-18│21:12 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
ポイント
つるのポイントは、鶴のポイントではなく、つるの(さんがテレビに出た)ポイントだったのですね。
失礼しました。 去年は、鯰のポイントを探して 小杉の堰から堰上までひととおり一辺ですが、探ったことがありました。私もマルタウグイさんと同様で、流れのあるところが好きですが、特に背びれ鯰が好きなので それ+浅瀬で鯰がいるところを探していました。実績は 鯰が釣れたのは 釣行の30%くらいです。何か当たりがあったり、他の魚が釣れたりしたのが30%、残りの40%は、完全なボー〇でした。
秋口から 堰下に通っていますが、マルタウグイさんが言われているように、堰下から亀P当たりまでは鯰の雰囲気のするいいポイントだと思います。(去年の実績では、チョコとつるので鯰が釣れました。) 鯰だけでなく、川鱸やサイゾウ、鯉、雷魚(まだ釣ったことはありませんが)までと楽しめますよね。 masaさんも 言われていますが、去年より随分浅くなっている感じがします。つるのポイントで、CB100で鯰も釣れましたから。 
今年は、クランクベイトで釣れるパターンを見つけようとやってみます。また どこかでお会いしましたら、宜しくお願いします。
  • 2009-06-19│23:42 |
  • スズキ URL│
  • [edit]
お大事に
masaさん、今晩は。

帰って来て熱が出てとは、大変ですね。
お大事にして下さい。
先々週の自分のようです。帰宅後夜になってから、喉の刺すような痛みがいきなり出てきて熱っぽくてぐったりしてましたが、一晩寝たら何とか出掛けられる様になりました。
明日は父親参観日ですか、何としても元気になって出掛けないと後々響きそうですね。

それにしても、何処も無反応とは明日も厳しそうですね。
鮎がすっかり瀬に付いてしまったんですかね。
尤も最近、思いっきり外してますから、明日もスイムテストに終わりそうな気がします。

まあ、釣れても釣れなくても、ロッドを振っていれば気晴らしになりますので。
来週は、多摩川でお会いしましょう。
  • 2009-06-19│23:57 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。