スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解禁前

今日は雨の予報でしたが、鮎の解禁前に行ってみたいと思い出掛けてきました。
下流側の左岸にやって来ましたが、濁りがかなり薄くなっているのに、水量はかなり多いままと言うこの感じはあまりコンディションが良いとは思えません。

20090530-2

左岸の岸近くから順に攻めて行きますが、鯔が跳ねるのみでまるで反応は有りません。
右岸の浅場を見ると鯉がバシャバシャと産卵している様です。
雨が本降りとなったので、橋の下で暫し休憩です。雨の多摩川もたまには良い物ですね。

20090530-3

ちょっと休み過ぎましたね、バスの時間に間に合うかどうか?急いで行くとバス停から発車する所でした。何とか飛び乗って、堰下へと向かいます。今日は、ルアーのスイムテスト決定ですね。
堰下の鯉を何とか釣ろうとしましたが、時々水面に出て遊んでいる状態なのでまぐれ当たりでもなければ食いつきそうに有りません。

20090530-4

稚鮎の死骸が沢山流れ着いている所が有ったので、ここに集まっている鯉を狙ってみました。
良い感じの当たりが有り、ラインがどんどんと出て行きますが、暫くしてフックアウトしてしまいました。スレでは無いと思いますが、結構大きかったですね。

20090530-5

対岸のmasaさんも帰られて、雨も上がったんで、今日は早上がりとしました。
水底が洗われて綺麗になってますから、数日後水が引いて餌が少なくなる時がチャンスでしょうね。
鮎の解禁と共に、重なるポイントが多くなるので、次回は狙い方を考えないといけませんね。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

お疲れ様です
雨の中精力的に各所巡回お疲れ様でした。

反応が無かったのは雨で水温が下がったせいでしょうか?
鮎解禁で鮎師がどの程度押し寄せるかは不明ですが
やはり複数のポイントは押さえておきたいですよね。

最近HOTな亀付近も上流部分は鮎師が入りますし、その
時々で柔軟な対応が出来るようにしなければなりませんね

明日は雨の影響が収まっているといいですが・・・。


  • 2009-05-30│18:35 |
  • Toshi URL│
  • [edit]
今晩は
Toshiさん、有難うございます。

フィッシュイーターですから、ベイトの行動が重要なキーになっているのでしょう。気温・水温の低下がベイトの活性に影響があれば、鯰さんも同じでしょうね。

今日は、岸辺の溜まりに稚鮎の死骸が沢山(鯔の子も混じってましたが)有りました。弱い稚鮎は洪水に巻かれて死んでしまうんですね。
川底は洗われて綺麗なのですが、その分今は流下物が多いのでいろいろと餌に困らないんでしょう。
水位が下がり、水が澄み、餌が無くなると、鯉もフィッシュイーター化すると共にまた面白い時期になるんじゃないでしょうか。

今日は、若しかすると堰上の流れ込みが良かったかも知れませんね。
明日は水が落ち着いて、釣れるといいですね。
  • 2009-05-30│20:08 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
12連敗(笑)
マルタウグイさんこんばんは。お久しぶりです。

雨の中ご苦労様です。先日結構な雨の中釣りをしましたが体に堪えますよね。

私は雨が上がった夕方2時間ばかり堰下に行ってきました。下流のドシャローに結構な数の稚鮎がぴちゃぴちゃ跳ねてました。ルアーを目視出来るくらいの岸から近いところでシーマスター90Sを止めていたら鯉が猛然とアタックしてきたんですがフッキング出来ず。。鯉がルアーにアタックするところを初めて見たんで興奮しました!

その後はアタリもなく瀬と下流を行き来しましたが水門ちょい下流で40cmくらいのマメ鯰がミノーの後を追いかけるってゆうより付いて来ただけでタイムアップになってしまいました。

これで12連敗!なんとか明日連敗ストップしたいものです。
  • 2009-05-30│20:50 |
  • yasu URL│
  • [edit]
お疲れ様でした
masaさん、お疲れ様でした。

今日は厳しかったですね、川に着いて水を見た時に今日は難しいと思いました。あの感じで、釣れた事は無いですものね。
あの悪条件でも、鯰さんをヒットさせるとは流石です。
ルアーも何時も同じに引いても駄目で、条件に合ったルアーをその時に適切な引き方で引かないと釣れないですものね。
しかし、太目のPEで流れている所の底を引くのは難しいです。

今日、鯉が来たのはスプーンのピュア13gでした。
しかし、スプーンを低速で引くとリールのギアが駄目になっているのが良く解りますね。
以前、マルタを大量に釣り上げた事が有るリールは皆駄目ですね。
そろそろ新調しないといけませんが、今度はもっと丈夫なのが欲しいです。

次回は、鮎解禁後なので、何処に行くかまた迷います。
マンション下左岸は、鮎師が結構上下に入ってしまうので難しいですよね。
そういえば、masaさんが歩いてきた右岸岸際の浅瀬、暫く前に鯉が産卵していて賑やかでしたよ。

また、多摩川で楽しく釣りましょう。
  • 2009-05-30│20:56 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
今晩は
yasuさん、今晩は。

今日はウエーダーを履かなかったので、長靴から上のズボンはびしょびしょでした、これが帰りには乾いてましたからね、かなり体を冷やしたと思います。まだ気温が高いから良いですが、寒い季節は更に堪えますね。

そうですか、稚鮎を追っていた鯉がシーマスターにアタックしてきましたか。私は、上流部の流れ込みの鯉を狙って、シーマスターズダーターをダートさせたんですが不発でした。
いよいよフィッシュイーターモードになって来ましたね。意外な一面を見せられると、驚きますよね。
これはもう、じきに釣れますね。楽しみですね。

明日は、水位が下がって今日より条件がよくなるかも知れません。
幸運を祈ります。きっと初鯰さんゲット出来ますよ。
  • 2009-05-30│21:27 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
痛恨のバラシ
こんにちは。

今朝少し遅くなってしまいましたがいつもの場所に行ってきました。瀬の付近から探るも反応ナシ。水門辺りまで来たところでToshiさん参上。
下流でトップに出たが外れてしまったようです。

少しお話して釣りを再開させると稚鮎溜りの場所でグググッと持っていくアタリが!しっかりフッキングさせたと思ったんですが岸にずり揚げるところで暴れられてフックアウトしてしまいました(ToT)

惜しかった・・・。

その後はな~んにもなく終了になりました。Toshiさんは夕練行くかもとおっしゃってました(笑)今降ってる雨がどう出ますかね。Toshiさんならやってくれそうです。

そうそう、一応堰下で初鯰はGETしているんです。通い始めて2回目でジッターバグで釣りました。初めはまぐれで上手くいきましたがそこからが修行のはじまりでした(笑)
今日で13連敗!まあめげずに通いますけどね。また宜しくお願いします。
  • 2009-05-31│14:37 |
  • yasu URL│
  • [edit]
フックアウト
yasuさん、今晩は。

ランディング寸前でフックアウトすると、ほんとに残念ですよね。
鯰さんはあの底物体型なので、泳ぎは速くは無いですよね。それにあの受け口ですからあまり元気にルアーを引かれると、下顎の先端にちょこっと掛かるなんて事が多くて冷や冷やします。食べやすいようにゆっくり引けば、バックリと銜えてしまうのでバラシは減ります。

また、意外と口周りが堅いので、フックが刺さり難いですよね。刺さりが浅くて、伸ばされる事が多かったです。それで段々太軸になって行き伸ばされないとなったら、今度は太軸は刺さりが悪いので大合わせしないといけないとこれも難しい。
どうしようかと思っていたら、がまかつのハイパーシールドに行き当たりました。ストレートポイントと針先の鋭さで刺さりが抜群に良いので、軽い合わせで簡単にゲイブまで刺さる為にバラシは減りましたね。針先のみ刺さっているとてこの原理で簡単に伸ばされてしまうか、外されてしまいます。

そうでしたね失礼しました、4月16日にジッターバグでゲットされてましたね。
彼らも自然の中で生きており日によって状況がころころと変わるので、毎回必ず釣るのは難しいですよね。
夜釣りの方々のブログを拝見していても、全く無反応だったり、連発だったりしています。その日に何処に魚が居て、どんなルアーを如何泳がせれば良いのか解れば良いのですがそれは難しいです。でもこの辺が面白いところですよね。

私はマルタを狙っていて、毎週鯰が釣れてしまう(良い日で3本連続も有りました)のでこんなに釣れる物かと当時は驚いてましたが、専門に狙いだすと一筋縄では行かない事が良く解りました。
タックルも本当はマルタ狙い位の細いラインで柔らかいロッドの方が当然食いが良いのですが、大物狙いなのでそれ相当のタックルになってしまいますしね。

また、多摩川で楽しく釣りましょう。
  • 2009-05-31│20:18 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
増水とにごりが出てますねー。
にごりは好影響なんですかね?
  • 2009-06-01│04:29 |
  • goodtrip URL
  • [edit]
解禁
どーもです。

やっと雨が止んだので今日あたり行って来ようと思います。
そういえば鮎解禁らしいですが、もう解禁しちゃったんですか?
となると結構人いそうですね~。
ポイント選びが大変そうです。

まぁとりあえず行ってみます。
  • 2009-06-01│12:36 |
  • マサす URL│
  • [edit]
勉強
ホント、多摩川攻略は難しいですね。
最近やっとナマズさんが釣れましたが、今後も釣れるのかと問われればまるっきり自信がありません。
しかしながら、皆さんのWEBでのやり取りは考察が素晴らしく、本物の経験値には絶対に敵わないものの、私のように経験が非常に浅い人間には確実に助けになります。
皆さんと同じことをするのが早道だと分かっていても、予算がなくてタックルが揃わなかったり、時間がなくて同じ場所に行けなかったり、釣行回数が少なかったり。
しかし、一つ一つを自分の装備、行動範囲と照らし合わせて、妄想すれば多少は!?
今週末も出撃できないのですが、皆さんのレポを参考に妄想を膨らませて過ごしたいと思います。
やはり現場に出て本物の経験値を上げたいですが・・・
皆さん、今晩は
goodtripさん

濁りの程度にも因ると思いますが、昔から少し落ち着いてきた笹濁りが一番釣れると言います。昼間でも、朝・夕まずめの様な程良い薄暗さを水中に再現するので、魚も安心して餌を追うといいます。
濁り過ぎると暗闇で警戒するのと一緒で、澄み過ぎも良く見えるので見切りやすく駄目と言われています。

私の経験上では、有る程度濁っている方が大胆に狙えるので良いですね。ええ、こんなんで釣れるのなんて濁りでも、マルタも鯉も鯰も釣っています。
(台風直後の濁りの時にシーバス入れ食いの話も聞きます。ベイトが岸に寄るからですね。)
先日は雨の中なのに、水が澄みすぎでした。彼方此方探しても稚鮎が散ってしまっているので、ターゲットも分散してしまって狙いにくかったです。
一箇所、宴の後?の稚鮎の死骸が一杯の浅場に大きな鯉が何匹も居たので、スプーンをやや沖目からそっと通したらヒットしたのですが逃げられました。

子供の頃、初めて鯰を釣ったのは洪水の時でした。キジを餌にして2匹連続釣り上げて喜んだものです。濁りの中では見えないので、匂いか音で誘うしか有りません。


マサすさん

多摩川の鮎釣りは、6月1日~10月14日、12月1日~12月31日までの期間です。今日の解禁日は人が居なかったのでしょうか?
稚鮎を見ていると、結構育ちが悪い感じですよね。去年は鮎がシーズン半ば過ぎまでずっと不調だったんですが、今年も一緒なんでしょうか。
鮎が小さいまま、瀬に着かないとつまらないですね。鯰さんも瀬に着かないので、好きな瀬での鯰狙いが出来ません。

また新規ポイント開拓が必要ですかね。


takaさん

う~ん、私は堰下に8年は通ってますが、未だに絶対は無いですね。
今回の様に水色を見て今日は駄目だと言うのが解る位でしか有りません。
それでも悪あがきで、色々なパターンのルアーと引き方を試して見ますがなかなか釣れません。同じパターンが何度も通用すると楽なんですが。

ただ、基本的にロッドは柔らかく、ラインは少しでも細い方がヒット率を上げるには有利です。遠投が効く、沈みが良い、ルアーアクションが良い、食い込みが良いのです。ラインは一ランク違いで全然別物になります。
大物を逃がしたくないので、場違いとも思える様なタックルを使っていますが、数を望むなら迷わずライトタックルを使った方が良いですよ。

ライトタックルで6ポンドラインでも70cmの鯉が平気で上がりますが、何度も続くと或る日ポッキリ行ってしまいます。多摩川は超大物が潜んでいて、チャンスが何時巡ってきても良い様にタックルを選んでいるのです。それでも、信じられない引きに何度も出会って、敗北を帰しています。まだまだ修行が足りまあせん。

takaさんの所からですと、鮎の解禁後は右岸からの方が良いでしょうね。左岸は、結構広範囲に早朝から立ちこまれるので釣り難いと思います。


また、多摩川で楽しく釣りましょう。
  • 2009-06-01│23:54 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]
よーやく
4月末からの連続の魚に優しい瞬間水中リリースがようやく終了しました。5月4回出撃バイト10回リリース10回かなりへこんでおりました。昨夜6月初出撃開始早々バイト!合わせきまりこれはOKでしょう>がなぜかまたまたの水中リリース。今夜も自己記録更新かと思いながらも実績ポイント攻めつつずけ待望のバイト!ランデイング!サイズは50cmそこそこでしたが嬉しかったですね~。
国立周辺も例にもれず意味のない工事だらけです。一週間前にはなかった排水導水溝・少し水がでたらながされてしまう堤等々。おかげでせっかくの産卵床が破壊されて・・・それでも自然はたくましいですね。昨年は何もなかった水際に葦が生えて魚の着き場になっていたり。頼むから3年間ぐらい河川修復???工事止めて自然に任せてほしいもんですね(登戸周辺も)。
  • 2009-06-04│21:31 |
  • 通り縋りの・・ URL│
  • [edit]
おめでとうございます
通り縋りの・・さん、今晩は。

おお、瞬間水中リリース終了ですか、おめでとうございます。
バラシの連続だとへこみますよね、久しぶりにゲットするととても嬉しい物ですよね。

国立周辺も工事が続いてますか、折角良いポイントが見つかったと思っていると工事が始まってがっかりが多いですよね。都会の川だからしょうが無いのかも知れませんが、もう少し何とかならないものでしょうか。
それにしても、最近多く見かけるネットに石を詰めて沈めるのは止めて欲しいですね。
せめて自然石護岸に出来ないのかなと思います。

もうじき梅雨に入りますが、魚の活性が上がると良いですね。
また、多摩川で楽しく釣りましょう。
  • 2009-06-04│23:59 |
  • マルタウグイ URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。