FC2ブログ

久しぶりの大漁

今朝はすっかり冷え込んで、河原にも霜が降りて真っ白でした。
防寒対策してきたので割と平気ですが、先日の暖かさとは打って変わって風が強いのも有りますが体感温度はかなり低めです。

多摩川は水温が高いので結構魚は彼方此方で跳ねています。
フィードシャローのレッドヘッドを引いていると、グッと重くなり魚の感触が有りました。寄せて来ると再び、三度のヘラブナです。
20191130-153010.jpg

人が居ないので下流方面を探って行きます。浅いトロ場でショートジャークしているとガクンと来て良く引きます。今度は鯉ですね、65cm位でしょうか。
20191130-153104.jpg

反応が無くなったので、丸型白ポッパーに変えて誘いを掛けると、何度アタックしてきてもフッキングしなかったのですが、大きな口が横から出て来て引き込みました。良い感じに暴れ回りなかなか元気で寄って来ませんでした。75cmの鯉でした。
20191130-153144.jpg

しばらく沈黙が続き、再び追い出して来てヒットしました。やや細長い体色の濃い75cmの魚体で、口から赤い糸が出ていました。糸の先には大きな針が付いていて、しっかりと食い込んでいて外すのが大変でした。
20191130-153200.jpg
20191130-153206.jpg


本日は順調にヒットしていますが、次に掛かったのは65cm程の鯉で、元気一杯だったのですが、尾鰭が半分欠損していました。何に食いちぎられたのか?つい最近だった様で、暴れたら出血が始まったので写真は無しです。元気に泳いで帰りましたが、多分生き延びると思います。

風が強くなってきましたが、何とか最後に65cmの鯉を追加出来ました。これで6尾目なので久しぶりの大漁でした。
20191130-153318.jpg

少し歩いて上流側のポイントを確認して、上りとしました。
スポンサーサイト



短時間釣行です

今日は、病院で検査が有ったのですが、早く終わったのと天気が回復したので短時間ですが多摩川にやって来ました。
先週末は雨が降り、50cm程の増水となっています。薄く濁りが有りますが、殆どクリアに近い感じで泳いでいる魚が見えます。

ウイークデーですが思いのほか、釣り人が多いですね。対岸は有名ポイント、前回の台風ですっかりと変わってしまいましたが、だったので人が多いのでしょう。
夕日を受けて、背中が暖かいです。

当たりは有った物の直ぐにバラしてしまいましたが、潜航力の有るタイプのルアーに変えて流心の底近くを引いているとグッと重くなり左右に首を振る感じです。これは小型の鯰だろうと思いながら寄せて来るとまたまたヘラブナがフックを銜えていました。このヘラブナは傷だらけで散々痛めつけられた様です。
191125-3

丸型白ポッパーで誘いを掛けて、何度もアタックは有るもののなかなか乗らずでしたが、やっとフッキングして元気一杯暴れ回って上がって来たのは70cm位の鯉でした。
191125-4

日が沈む前に上りとしました。

平常水位に戻りました

日が短くなり、朝も同じ時刻では真っ暗で、釣り場に着くころに日が昇ってくるタイミングになりました。
朝はかなり寒いですが、下水処理水が殆どの多摩川の水温は暖かく靄が立っています。
多摩川も平常水位にもどり、水も澄んで底まで見える様になりました。
魚が泳いでいるのが良く見えますが、魚からも人が見えているので釣り難くなりました。

季節がら派手にトップを追ってくれなくなる時期なので、今日は小型のダーターとかスローシンキングを対策で作って来ました。
案の定、いつものダーターは追いが悪いので、55mmの小型のものをキャストしてショートジャークしてはステイを繰り返すとガクンと重くなり左右に走り始めました。元気一杯でなかなか寄ってこないし、ズシリと重いです。
ようやく寄せて来ると、80cmの太い鯉で16ポンド有りました。
PB160004.jpg

日が高くなると強い日差しで日焼けしてしまいましたが、当たりは有ってもなかなか乗ってくれません。
時間とともに当たりも遠のいたので、歩け歩けで移動しました。
こちらのポイントもガラッと変わってしまいましたが、中流域では珍しい一面小砂利底ですが鯉は沢山居ます。
しかしなかなか当たりは有りませんね。
時間切れなので、イチかバチかでフィードシャロー105をキャストして高速ショートジャークを繰り返すと、ガツンと良い当たりが有り、これも良く引きます。これだけ引くとスレではないかと疑ってしまいます。
寄せて来ると口にしっかりとフッキングしていました。75cm程の丸々と太った鯉でした。
PB160009.jpg

流石に時間オーバーなので早々に上りとしました。

まだまだ濁りが酷いです

多摩川はまだ濁りが取れません。水位は観測地点により40~70cm増と違いますが、流石に大量の土砂が流れて来たので元の水位が当てにならない状態です。
今回はロストルアーの回収といった目的が有りましたが、3個の内1個のみ回収出来ました。一抱え有る人の背丈ほどの丸太に刺さっていました。ほかの2個は刺さりが浅くて流されてしまったのでしょうね。
PB020012.jpg

水位が下がってくると、19号の為に大幅に流れが変わったのが良く分かります。今までのポイントは無くなってしまいました。写真の所は、大きく曲がった本流が流れていたのが直線化した為に、元の本流がワンドになってしまいました。ワンドの上の方は堆積した砂が浮き砂になっており、踏み込んだら長靴が半分以上ずぶずぶと沈んでしまったので慌てて引き抜きました。砂利も浮いていて嫌な感じです。
PB020007.jpg

急流の中を鯉やSMBが登って行くので、ダーターをキャストしてショートジャークを繰り返して誘っても、今日は水温が下がったのがいけないのか追いは極端に悪いです。
結局、4回ほど当たりは有った物のしっかりとフッキングしないのでばらしてばかりで、久々の坊主となってしまいました。
お陰で今日は、随分と歩き回って運動しました。朝は寒いのですが、日中は汗ばむ程の陽気になりました。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。
最近では、鯉を自作トップルアーで釣る事に拘って多摩川を徘徊しています。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索