FC2ブログ

マルタは終了しました

昨日は冷たい雨が降り、水温が下がってしまいました。今日は天気は良いのですが、風が冷たい肌寒い朝になっています。
 
前回のポイントに来ましたが、マルタは既に下ってしまい姿は見えません。今年は結構早仕舞の様ですね。その為マルタの産卵に浮かれていた鯉達も早瀬から離れて、小型の鯉が浅場にウロウロしているのみとなっています。
 
従って、色々試しても小型トップで僅かに反応が有ったのみでした。
更に上流のポイントは、ボラと何か小型の魚が跳ねているだけで、活性が高い感じでは有りません。お会いしたバサーの方とお話ししている時に、こんな感じでトップを引くと反応が有ってと説明していたら、多分ニゴイか小型の鯉でしょうがささやかな追いが有ったのみでした。
 
この一帯は活性の有る鯉が居ないので、下流の方に移動して鯉を探して回りました。以前反応が有った浅瀬では、小型トップで数回反応が有りましたがフッキングまでには行きませんでした。
 
対岸に人が一杯で石を投げ込んでいる所にやって来ますと下流側には二人の釣り人が入っていますので、上流側のガンガン流れている瀬の縁で釣るしか有りませんでした。しかしこの辺りには鯉が沢山集まっていて良い感じです。
 
時間延長して狙っていると、早瀬の縁で派手に出てきて乗ってくれました。

60cm程の若くて元気な鯉でした。ルアーは何時もの自作ダーター白色です。
すぐにまた追いが有ったのですが、フッキングには持ち込めませんでした。大幅に時間オーバーなので早々に引き揚げました。
スポンサーサイト



シーズンイン

 暖かい日が続いています。ここの所夏スタイルのトップカープを求めて徘徊していますが、季節がまだ早かったのか結果に結びつきませんでした。

 今日は手堅い所で冬スタイルのポイントに行ったのですが、何故か鯉達は何処かに行ってしまい魚影は全くありませんでした。何とか1本釣り上げましたが、見切りを付けて他のポイントを探しに行きました。
 前に鯰を釣り上げたポイントの対岸に行って見ましたが、鮎の放流が行われていて稚魚の塊が彼方此方に出来ていました。待機マルタはまだ居ますが、瀬付きは有りませんでした。

 色々なルアーをローテェーションしましたが反応は有りません。鱗が何枚か釣れただけでした。
 
 歩き回って瀬に付いているマルタを発見しました。狙って見ましたが産卵している訳では無く活性がイマイチの様子で反応は有りません。    
 ここ何年も狙った事が無かったので忘れていましたが、マルタの群れ 
に活性化した鯉が混じっているのですね。
 
 瀬の中を自作ダーターのホワイトを流してアクションを加えると、水面がざわついて鯉がヒットしました。70cmでしたが瀬の中の鯉は元気一杯でやはり楽しいですね。
 なかなか後が続かないのですが、激しい水流の所にブラックバージョンを流すと突然アタックして来ました。65cm程の鯉でした。
 すっかり昼を回ってしまいましたが、流れの脇を探っているとルアーの後ろに波紋が広がり飛び付いてきました。派手に出てきたのはやはりSMBで、47cm有りました。
 今日は久しぶりに狙って釣れたトップカープなので時間延長してしまいましたが、風が強くなってきたので上りとしました。

春爛漫

いよいよ春爛漫と言った所ですね。日中は日差しがかなり強くなってきました。芥子菜の花が満開です。
そろそろトップで鯉が釣れるんではないかとNポイント左岸にやって来ましたが、いつの間にかSMBのポイントになっておりかなりの人出でした。先月の下見の時は誰も居なかったのですがね。
右岸側もバサーの人達が並んで入っており、次々と良型のSMBを釣り上げています。左岸側は遠浅なのでまだ季節的に厳しいのか誰もヒットしていません。狙いは右岸側の深場ですね。
 
鯉をトップで狙いましたが、まだ時期尚早か、またはこの人出では警戒心の強い鯉は難しいのかもしれません。前にも人が多かった時は下流に数十m以上遥か彼方に流さないとヒットしませんでしたからね。人気が有ってもニゴイは平気で釣れるんですが、5月にならないと瀬に出てこないです。マルタウグイの後に産卵しますので、まだ最盛期は先です。
 
鯰でも狙おうとシンキングミノーやスプーンを使って見ました。反応が有ってヒットしたのは、周り中に沢山居る待機マルタでした。
鯰狙いなのでクルセイダー13gの金です。滅多に口を使わない待機マルタですがきちんと口にフッキングしていました。待機マルタなので追星も出ておらず婚姻色もまだ薄いです。お陰で坊主は免れました。
瀬ではマルタウグイの遡上が盛んでした。
土手の道沿いは名物の桜が満開で、沢山のお花見の人達で賑わっていました。
天気も良いので暑いくらいです。土手の道を暫く歩いて帰路に着きました。
 

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。
最近では、鯉を自作トップルアーで釣る事に拘って多摩川を徘徊しています。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索