FC2ブログ

日差しが厳しいです

梅雨明けという事で、多摩川の河原は半端ない暑さになりました。
水位が下がって、反応はかなり悪くなっています。
試作品のシャローランナーにチェイスが有りましたが乗らずでした。ローテェーションしてもなかなか魚が出て来てくれません。厳しいですね。
鯉の姿が見えたので、リアクションバイトで誘ったらいきなり飛び付いて来ました。70cm程の丸々とした力のある鯉でした。
その後は沈黙が続いたので、自作ダーターで瀬の中をゆっくりと引いていたらガクンと重くなり上がって来たのは久しぶりの鯰さんでした。
60cm程ですが、ロッドが強力なので簡単に寄って来てしまいました。
スポンサーサイト

今日も来ました

今日も多摩川に来てしまいました。
一転して涼しくなりましたし、水位も更に下がりました。
ベイトを追う魚も見当たらないし、活性は低い感じです。ルアーに反応は有りません、苦戦しそうな雰囲気です。
新しく作ったルアーを遠投して流れの中を探っていると、魚が追って来てヒットしました。結構引く感じでしたが、寄せて見るとニゴイ君です。まだいたのですね。
その後が続きません、大きな魚がベイトを追っているのが時々見える程度でタイミングが合いません。それでも自作ダーターの黒で丸々と太った68cm程の鯉をヒットさせました。
雌の鯉なので、雄の鯉がすぐ後ろを追って来ました。まだ産卵期が続いて居る様です。
チェイスが有っても見切られてしまいヒットに繋がらない状態がしばらく続きましたが、ステイさせた自作ピコモドキをちょんちょんと煽って居たらいきなり鯉に銜えられました。よく走る鯉で70cm有りました。厚みのある重い鯉でした。

雨が降って来たので、今日は上りとしました。

今日は休暇です

今日は休暇なので多摩川にやって来ました。
日差しが強くジリジリと日焼けしますね。朝から汗だくになってしまいます。
先日の増水で川の様子が変わってしまいました。賑やかだったニゴイ達も何処かへ行ってしまい、静かになって反応も無くなってしまいました。
狙い場所を変えて自作ダーターで探っていると元気な鯉がヒットしました。しかし岸まであと60cmの所でフックアウトしてしまいました。55cm位でしたね。
暫くは反応が無かったのですが、やっとヒットさせることが出来ました。反転流の所でステイさせていると突然ルアーが重くなり、寄せて来ると65cm程の鯉でした。


また一匹バラしてしまいましたが、MORETHAN X-CROSS 120をステイさせているといきなり奪う様なヒットです。なかなか良い引きをして元気一杯の鯉は70cm有りました。

急に寒くなりました

急に寒くなりましたが、いつもの多摩川に行って来ました。
今日は初めちょっと渋い感じでしたが、荒瀬でニゴイや鯉が猛アタックしてきたり、ステイしているルアーに飛び付いてきたりと派手に出て来るので楽しかったです。
鯉は2匹釣りましたが、大きい方で70cm位、小さい方で55cm程度でした。季節が変わり活性が上がって来たので、70cmの鯉は何度も走って元気一杯でした。


ニゴイ君は、浅瀬でベイトを追っています。ステイしたルアーをチョンチョンと煽って誘うといきなり飛び付いて来ます。何度もアタックが有るのですがなかなか乗らずで、3本キャッチしました。

日差しが強いですね

本日もNポイント左岸でトップカープです。
釣らなくなってしまったのか、鮎師の姿は有りません。代わりに対岸にバサーが何人もいらっしゃいますね。俄かに人気ポイントになったのでしょうか。
 
強い日差しが照り付ける中、熱心にトップ系を投げ続けるものの、釣れるのはニゴイばかりです。まあ派手に出てくれるので歓迎します。
何度かバラシながら4匹上げました。
しかし肝心の鯉は、2度ヒットするもバラシてばかりで上がらずでした。新しい試作ルアーとMORETHAN X-CROSS 120での引っ手繰る様なアタックでした。
小型の鯉は沢山居るのですが、まだ時期が早いのかスイッチが入らないですね。

トップカープは楽しいですね

昨日、鮎漁が解禁になったので、沢山の人達が多摩川に繰り出してまた賑やかな季節がやって来ました。
東京都島しょ農林水産総合センターのHPに、多摩川の鮎遡上調査が毎年発表されていますが、平成30年度は推定994万尾とここ数年来に無くかなりの数が遡上した様です。
http://www.ifarc.metro.tokyo.jp/22,21130,44.html
http://www.ifarc.metro.tokyo.jp/22,21482,44.html

浅瀬には稚アユが沢山跳ねまわって、朝日に輝いて綺麗です。鮎師の方々も大勢出漁されていて賑やかです。ここで呼んでいるNポイントは、例年鮎の名ポイントとして有名です。というかトップカープのポイントとしては、鮎の存在が欠かせないからで、狙うポイントも被ってしまいます。
鮎師の方と話しましたが、昨日の解禁日は良く釣れたが、今日は水位が急に下がって全く釣れないという事でした。
 
さて、トップカープは如何でしょうか?
11cm程の自作ダーターで狙います。派手に出てきたのは、サイゾウ君です。多摩川の方言でサイゾウですが、標準和名はニゴイですね。50cm程度なのと非力なので、旧ディアルーナでは簡単に寄って来てしまいます。

リールはモアザンPESVですが、ドラグが意外と非力なのでかなり締めこまないとこの位の魚でもラインが出てしまいます。
荒瀬の中で、自作トップに果敢にアタックしてくれるサイゾウ君は大歓迎です。彼らは稚アユを狙っているので、今日は5本ほど釣ることが出来ました。
肝心の鯉ですが、まだシーズンも浅く反応が悪かったのですが黒色に替えたら、派手に出てくれました。70cm程の満足いくサイズでした。
やはり荒瀬の鯉は元気一杯ですね。
続けて、可愛らしい50cm程の鯉もアタックして来ました。
昼過ぎになり、反応が悪くなったので今日は上りとしました。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。
最近では、鯉を自作トップルアーで釣る事に拘って多摩川を徘徊しています。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索