FC2ブログ

新タックル

朝の内に雨が止むとの予報だったので、小雨の中Nポイント左岸へ出掛けて来ました。
今日は新調したベイトタックルのお試しも有りますので楽しみです。

20150627-1

ルアーフィッシングも45年位やっている事になりますが、マイクロ7から初めてABU506を使い初期のミリオネアでベイトタックルも使っていました。凝ったブレーキ無しの両軸リールで鯉の餌釣もやってましたから、サミングのみでも平気でキャストできます。最近のタックルは如何なものかと興味が有るのと、ラインの捩れの出ないベイトタックルが実用的との判断もあり急遽購入した次第です。

しかし朝から雨が続きます。釣り人は皆無ですがジョギングの人達に、天気は関係ないみたいですね。結構人が通ります。


水温が下がっているのか、アタックは皆無です。鯉は結構居るようなんですが、反応は有りません。狙い方を変えて見ましたら、自作ダーターの後ろに大きな渦が巻いてガツンと乗りました。
70cm程のサイゾウ君です。新タックルはなかなか良い感じかな。直ぐに2本目のサイゾウ君をキャッチして順調です。


20150627-2

20150627-3

しかし似鯉ではなく本当は鯉狙いなので、ポイントを変えて狙います。
今度は65cm位の鯉ですね。コツが解れば更に1本70cm程の鯉を追加です。


20150627-4

20150627-5

この間に、大物がヒットしたんですが3回とも逃げられました。
その為か、新しいリールのクラッチが既に調子がおかしくなってきましたよ。何とか調子を整えて似鯉を1本追加しましたが、リールに気を取られていたらロッドチップを折ってしまいました。カーボン含有率の高いロッドは軽いですが曲りに弱い事を忘れてました。


20150627-6

という事で今回はタックルの状態は最悪でしたが、釣果の方は何とか満足が行きました。

スポンサーサイト

梅雨の晴れ間

昨日の雨で増水していますが、濁りは殆ど有りませんね。
今日は良い天気なので、Nポイント左岸へやって来ました。

20150620-1



鯉の姿は見えないのですが、小さな鮎は沢山跳ねまわって居ます。
今回新しく作ったダーターを使って見ます。初めは反応が無く諦めかけた時に、ポツポツ反応が出て来ました。しかしなかなか乗りません。
バシャリと派手に出てルアーが水中に引き込まれました。まあまあの感じでしたが瀬の中の鯉はやはり元気です。型以上の引き具合です。65cm位でしょうか。

20150620-2


20150620-3

当たりが遠のいて来たので、同型ルアーの色違いを投入して流れに乗せてダートアクションを繰り返して居たら、いきなりドラグが鳴り始めました。走る走る、止まりません、良い型の感じに慎重に体制を立て直します。
寄せて来たら、75cm程の綺麗な鯉でした。これだけ暴れ回ってくれると今日はもう十分です。

20150620-4


20150620-6

20150620-5

 今回のルアーは良い感じの出来具合になりました。更に70cm程のサイゾウ君を追加して今日は上りです。

20150620-7


雨上がり

今日は雨が降ってましたが、直ぐに止むとの予報だったので大丸堰下流に出掛けて来ました。
増水していて濁りが入って居ますが、釣りにならない程では無いですね。

雨の日は静かに釣りが出来るので良いのですが、風が冷たくて体が冷え込んで来ます。20150606-1
鯉をトップで狙うので、急な冷えこみは厳しいですが何とかぼちぼち反応は有ります。
しかし乗らないです、ルアーを銜えこんで水中に引き込んでも間一髪でかわされてしまいます。

こんな日は鯰さんの方が良さそうです。急遽、鯰狙いにシフトして、只一個持ってきているクルセイダー銀赤13gをキャストしてボトムすれすれをリトリーブすると直ぐに反応が有りました。
良い感じの引き具合ですね、60cmオーバー位でしょうか。
良い調子で連続ヒットして、4本上がりました。そのうち産卵期と判る腹ぼてのメスが2本です。

20150606-2

場所を休ませる為に再び鯉を狙っていると、いつの間にか二人組の高校生がポイントにでかいワームを投げ込んでました。暫くすると釣れないからか、キャストの練習を始めました。
早々に退散して目星を付けていた別のポイントに移動です。

途中、游漁証販売の組合員の方に遭遇、年券を購入して暫く話をすると、僕が行こうとしているポイントよりあっちが良いと力説されるので行って見る事に。
しかし話した通り浅くなってしまった事と人が入った後なので反応はまるでなし。

狙いのポイントに入って、75cmクラスと65cmクラスを追加して合計6本上がったので今日は終了にしました。

20150606-3


プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。
最近では、鯉を自作トップルアーで釣る事に拘って多摩川を徘徊しています。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索