スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空振りでした

空はすっかり曇っています、朝の内は少し寒いですね。
今日は、再び大丸にやってきました。

20130525-1

先行者の方が二人、お一人はToshiさんでした。
流石常駐班ですね、すでに鯰さん二本捕られたそうです。
丁度上がられる所だったので、暫くお話しして後に入らせて頂きました。

20130525-2

稚アユは沢山跳ねまわり、どんよりとした空模様からして釣れそうな感じなんですが、如何にも反応が有りません。数回チェイスは有ったものの、鯰さんは乗らずです。
こんな日は鯉の活性は悪いので、狙ってみても軽いアタックは有るもののやはりこちらも乗らないですね。

ここの所暑い日が続きましたからか、あっという間に釣り人が増えて行き、何時ものオイカワ狙いのフライマンの方を含めて7人程の方が上流、下流に一杯になりました。
日差しが強くなり汗が出て来ましたが、見え鯰さんも全然姿を見せずで、今日は用事が有るので時間切れとなりました。
スポンサーサイト

日差しが強いです

最近鯉を釣っていないので今日はどうしても鯉を釣りたくて、彼方此方徘徊しようと多摩川にやってきました。

20130518-1

ここは人気のない静かなポイントです、それに水の感じは良い感じなんですがね。
肝心の鯉の姿がほとんど見えません。
日差しが強いが水温は低い、先日の雨が祟っているようです。

それでもあの手この手で誘いを掛けていると、遂にヒットしましたが暫く引き合いフックアウト。とても残念ですね。

足で稼いで移動しましたがやはり出ません、最後は定番の大丸にやってきました。
今日は不思議と人気が有りませんね。先行者の方が帰る所でしたので様子を伺うと、今日はまるで駄目だけど何とか一本捕られたそうです。
確かに、稚アユも跳ねていなければ見え鯰も居ません水の中は静かです。

暫く粘り、強い日差しで水温が少し上がって来たのか、70cm程の鯰さんをゲットして坊主は解消しました。

20130518-2

しかし今日はどうしても鯉を釣りたいので、ポッパーをカラーローテェーションして彼方此方狙います。
時間とともに水温が上昇してきたのか、鯉の活性がちらほら出て来ましたよ。
それでも見切りが酷いです。銜える寸前に見切られてしまいます。

誘い方を練って何とかヒットに持ち込みましたが、フッキングが浅いので寄せる前にフックアウトばかり続きます。
何回も掛かっては逃げられてを繰り返しましたが、お陰様で結構遊んでもらえたので今日はこれで良しとしましょう。

子供の日

朝の内は寒いですね、それでも子供の日、日曜日、晴天と重なると結構な人出です。

20130505-3

実は3日にも散歩がてら出動したんですが、急激な水温の低下でまったく反応が有りませんでした。今日は水温も少しは上がり気味なのですが如何でしょうか?

隣に入れて頂こうと先行者の方に挨拶したら、なんとkuniさんでした。
なんとなく今日はお会いするような気がしてましたが、まさか本当になるとは。

稚アユがもう沢山遡上してきて、彼方此方で跳ねています。
シュガーディープショートビルをキャストして、高速ショートジャークを繰り返します。これは、この辺りの鯰さん、結構スレていて通常のアクションではソッポを向かれてしまうので、リアクションバイトを狙う為です。

狙い通りに、ガツンと来て良い感じで暴れ回ります。
70UPの腹ぼての元気な鯰さんです。

20130505-1

20130505-2

次に来たのは70弱の鯰さん。下顎が欠損した個体です、返しの付いたフックでやられたのでしょうか?でもやたらに元気です。

20130505-4

目の前をジッターバグを銜えた鯰さんが泳いで行きます。ラインブレイクだったんでしょうかね。あまり細いラインは危ないですね、私は今日は試しにラピノヴァXの1.5号を使っています。

鯉が少し水面に出てきたので狙ってみましたが、かなり人見知りしますね。白い自作ボールポッパーに何度かアタックが有ったもののフッキングには至りませんでした。もう少しですね。

再び鯰さん狙いです。
フラットラップはやはりリップが弱いですね。今日は2個溺死してしまいました。
シュガーディープも気が付くとリップのみになって上がってきました。
これは私の扱いがハードすぎるのが原因の様ですね。

フラットラップで荒っぽい口の鯰さんをゲット。65cm位でしょうか。

20130505-5

シュガーの色違いで70cm程のやはり腹ぼての鯰さん。

20130505-7

この後は暑くてすっかり日に焼けてしまい、反応が無くなったので撤収しました。
今日は4本出せたので十分でしたね。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。