スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しいですね

今日は曇り空だったので、少しは涼しいかと思い急遽出掛けました。
明日からは再び猛暑となるので、今の内なら負担が少ないかと思いましたが、実際は徐々に厳しい日差しが射し始め酷い日焼けになりました。
20120815-1

前回よりも水位が低下、何処を探しても鯉の姿は少なくより厳しい状況となってしまいました。
偶にルアーを追ってきても近くに寄って臭いを嗅ぐ様にして、プイとそっぽを向いてしまいます。それでも数回は掛かりましたが、すぐにバレてしまいます。

一計を案じ、誘い方を変えてみます。流れの筋に乗せて流して行き、テンションが掛かった所から軽いジャークを入れて焦らして見ましょう。
今度は乗りました。良く引く元気な鯉です。80cmですね。
20120815-4
20120815-3

ルアーは今回もダーターミノーでした。

P1030335A.jpg

一休みしていると、親子連れが狙っているポイントを丁寧に上から下まで泳いで行きました。釣りをしている事が解っていてですからね、もう釣れないでしょう。
それでも魚は駄目でも、大きな亀が釣れました。

20120815-5

例年少しずつ焼くので免疫が出来ているのですが、今年は一辺ですからヒリヒリと痛みます。
LDSで同様に誘うと下流側で何回かアタックが有ったのですが、警戒心が強くて乗りません。
今日は、これで上がりとしました。一雨来て、底の藻が流れないと駄目ですね。(亀も藻だらけの甲羅でした)
スポンサーサイト

ご無沙汰してました

夏休み前の検診で、骨が何とか付いている事が判り一安心です。
後はリハビリを真面目にやって行けば、以前の様に腕が動かせる事と思います。
そうなると、まだまだ十分には右腕が使えませんが、多摩川にリハビリを兼ねて出撃しました。実に、約3ヵ月近いブランクですが、果たして勘は取り戻せるのでしょうか?

20120813-1

Tポイントに昼少し前に到着しました。Free Knotさんが大物を釣られているとの事ですが、最近は如何なのでしょうかね。夏季の渇水状態で水質も芳しく有りません、鯉の姿は見えますがサイズはあまり大きい感じではないですね。

不自由な右手でロッドを振るのは難しいですが、ラパラのゴア入りから巻き直したシーバスPEパワーゲームのお陰で飛距離は結構出せます。風が強いのもあり、コントロールはなかなか難しい。
それでもLDSに何度かアタックが有りました。活性が低く、警戒心が強くて、ガッチリとしたフッキングは望めません。

「マルタウグイさん?」との声に振り向くと、Free Knotさんがいらっしゃいました。久し振りにお会い出来て嬉しかったです。何時も貴重な情報を有難う御座います。
一昨日90cmが出たというポイントを教えて頂き狙って見ましたが、色々とローテーションしても、反応が有っても乗ってくれませんでした。
かなり警戒心が強いのと、強風が有るのはトップには歩が悪いと言い訳を考えて見ても現実は如何にもなりません。

初めは結構浅場に居た鯉の群れが散ってきてしまったので、思い切った場所を狙って見ましょう。
夏場は水温の上昇で水中の溶存酸素量が減ってしまうので、魚の活性が下がります。こんな時は酸素が溶け込みやすい白泡立つ荒瀬が好ポイントになります。
狙いは当たり、凄い勢いで鯉が襲い掛かってきます。でも勢いが良すぎて皆フックアウトしてしまいます。
それでもようやく80cmクラスをゲット出来ました。

20120813-2

ルアーはお馴染みシーマスターズダーターミノーの白塗り+レインボーシールです。

20120813-3

大暴れされてしまうと後が続きません。暫く経ってから荒瀬の浅場に魚の姿が見えたので、上流側から流し込んでアクションを与えると飛び付いて来ました。あれ鯉では無い、細長いと思ったらサイゾウ君でした。
でも結構良いサイズですね。

20120813-4

ルアーはフィードシャローです。これは流れに強いですね。
しかしこの後、コントロールが悪くて対岸に引っ掛けてしまいました。
何方か拾ったら、ご活用下さい。

20120813-5

追いがすっかり悪くなってしまい、更に集中して狙って行きます。
荒瀬を狙う時は、対岸際から横断する様に目立つ様な大きなジャークを連続して、流れ際に入ったら警戒心を解くように流し方を変えて、兎に角ナチュラルドリフトを心掛けて。
何度かのアタック、バラシの後、大きな口がルアーに飛び掛りました。
これはズシリと重くてなかなか寄せられません、久し振りの大物なので慎重にやり取りをします。
やっと寄せて見ると、90cm+αの格好の良い鯉で21ポンド有りました。

20120813-6

ルアーはダーターミノーの白塗りバージョンです。今日は白系が良かったですね。

20120813-7

病み上がりなので疲れたのと、これで十分なので今日はあがりとしました。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。