スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポイント調査

水位低下に暑くなる予報、今回は厳しいでしょうが夏のトップの下調べに各ポイントを回って見たいと思います。

多摩川の河川敷に降り立つと何やら凄い虫の乱舞です。
何処にでも無数に居て息が詰まりそうですね、もう無視するしかないでしょうね。

20120526-1

ここから出発ですが、以前はあれ程沢山居た鯉が少ないです。釣り人も何方も居ませんね。

20120526-12

まずはI下流を攻めますが、何もルアーを追っては来ません。小型の鯉は居ますがやる気が無い様です。

20120526-3

順繰りに狙っていきますが何処も魚気が無いです、M下は鯔が沢山居ましたが相変わらず反応が無くて。もっと盛夏にならないと鯉は無理の様ですね。

20120526-4

Tポイントは、流れが変わってしまって狙い難いですね、いずれにしても今日は反応が無くて最盛期の状況はまだ掴めないと思います。

20120526-5

気が付くと坊主なので、思い切って大丸堰下に移動しました。

20120526-6

此処も鯉のパクパクが全くと言って良いほど見られないので、やはり活性が悪いのですね。
それでも、上流のフライマンは鯉をゲットしました。こちらも何とか1本上げたいものですが、手を変え品を変えて狙っても出たと思うとバラしばかりでなかなか手強いです。

それでもようやくヒットしました、鯉だとばかり思っていたら引きが違うので、寄せて見たら久し振りのサイゾウ君でした。
ヒットルアーは、新型自作トップの白です。これでサイゾウ君も釣れるんですね。

20120526-7

時間と共に反応が良くなりましたが、水が澄んでいて警戒心が強いのかバラシの連続でタイムオーバーになってしまいました。
スポンサーサイト

増水後3

流石に大分水位は下がりましたが、今朝は寒い×寒いですね。
大丸堰下はすっかりと浅場になってしまい、狙い所が難しい状況となってしまいました。

20120512-1

水はすっかり澄んで浅場に鯉が沢山、流れの中にはまだまだマルタウグイの姿がポツポツ見えます。この堰が遡上の上限だからでしょうか?
鯉の産卵は終わってしまったのか静かです。水面に口を出してパクパクは全く見えません。自作鯉トップには厳しいですね、流しても反応は有りません。

バサーの方達が熱心にルアーをローテーションして探ってますが、何時もは必ず反応が有る鯰さんも鯉さえも釣れないとの事で、これは絶望的ですね。

何時もお会いする常連の餌釣りの方は、初めて直にヒット食欲は有るのですね。
堰下からずっと下流まで順番に攻めて見ますが、何処も浅くなってしまい駄目でした。
それでも気温が上がって来た為か、やっと見つけたポイントで反応が有りました。

丹念に探っていると、沈んで見え無かった鯉が水面に浮かぶ自作トップに猛アタックして来ました。
何度目かで口にすっぽりと吸い込んでくれました、がっちりとフッキングしてようやくゲット出来ました。60cm程の鯉ですが、嬉しいですね。

20120512-2

今日は、意外ですが白色のみしか好反応は有りません。その後は、ヒット→バラシの繰り返しで今日は終了です。

増水後2

なかなか水位が下がらないので迷いましたが、連休最終日なので出かける事にしました。昨日より20cm位下がり、濁りは大分収まりましたがまだまだ流れが強く、釣りになる雰囲気ではないですね。
それでも大丸堰下は人気ポイントですね、今日は朝からバサーの方が5人程熱心にロッドを振ってます。

20120506-1

産卵に夢中の鯉達は相変わらずですが、待機回遊組みを狙って見ますが何のルアーにも反応を示しません。
今日は少し底が見えるので、ウエーダーを履いて彼方此方探して歩きました。

やっと反応しそうな鯉達を見つけて、新作トップでカラーローテェーションです。とんでもない所を流すとくすんだ黄色に飛び付いて来て、すっぽりと口に吸い込んでくれました。
55cm程のお腹がやたらに膨らんだ元気な鯉です。

20120506-2

新作トップは、誰でも簡単に作れる事を考えて実験中です。今のところ、狙い通りの飛距離と好反応が得られています。
20120506-3

続いてもう一匹ゲットです。同じ位のサイズの元気な鯉です。

20120506-4

流石に暫くは反応は有るが乗らない状態が続きましたが、茶色に変えて流すと底からすっと浮上してきてパクリと一口です。とても元気な60cm程の鯉でした。

20120506-5

これで鯉の姿が消えてしまったので、下流側に移動して探って見ました。
バサーの方が何人もいらっしゃるので、ウエーダーを生かして人気の無い中州に渡って鯰さん狙いです。場所が当ればこの位の澄み際が良いんですが、何処も流れが強いですからね、狙い難いです。
それでもコータックの12gを引いていると特有の当りと引き具合で上がって来たのは、55cm位の綺麗な鯰さんでした。

20120506-6

後が続きませんね、当りが二回ほど有りましたがもう乗りませんでした。
振り向くとバサーの方が、SMBらしい30cm位の魚をランディングしている所でした。
流石、粘りがちですね。熱心さには脱帽です。

今日は、この辺で上がりとしました。

増水後1

今回の増水で3m近く水位が上がりましたし、今日はまだまだ1m位高い状態ですから釣にはかなり無理が有ります。
様子見の散歩と言う事で、昼近くですが出かけて見る事にしました。

20120505-1

大丸堰下は水位が高くがんがんと流れている状態です。流石に釣り人は何方もいらっしゃらないですね。
濁流の中、鯉は水没した草に激しく産卵中です。マルタと違って産卵中の鯉は、ルアーに見向きもしませんね。

それでも移動しながら探って行くと、新作のトップルアーに遂にバイトが有りました。
パクリと一口サイズで口の中に吸い込まれたので、ヨシッ!とばかりに合わせてヒットです。
足場が高いので何処から上げるか迷っていたら、残念ですねバレてしまいました。しっかり吸い込んでフッキングしたはずなんですがね。

様子見なので、KOポイントに移動しました。工事は終わっていましたが、この増水の中ブッコミ師とヘラ師が一杯です。この場所は上河原堰上流なので増水に強いですからね。

20120505-2

向かい風が出て来て全く反応が無いまま今日は終了です。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。