スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦戦ですね

三週間振りに来て見ると水位はかなり下がり、透明度は更に高くなっています。
多摩川の秋は深まり、朝はかなり冷え込んで川面に靄が立っています。
出張先はまだ暖かかくずっと半袖で過ごしていたので、久し振りの寒さは堪えます。

20111029-1

しかし、意外と魚の活性は高い様で、寒さに強いSMBと鯉は時々跳ねていますね。
鯰さん狙いでスプーンを連投するも反応は全く無しです、浅くなりすぎましたね引越ししてしまったのかな?

20111029-2

跳ね回っている魚が居るので、季節的に厳しいと思いながらもトップ狙いでLSDをダートさせていると、ガツンと良い当りが有り久し振りに走ります。良い感じで寄せて来ると70cm以上の鯉がLDSをバックリ銜えています。
沖のほうに立ち込んでいたので何処で上げようかと一瞬迷ったら、こちらに向かって突進してきてウエーダーに体当たり。残念、逃げていきました。

立ち込んで更に粘っていると、足が冷たくなってきました。見てみるとさっき魚が当った時にフックが刺さった所に大きな穴が・・・・!

フライマンの方は結構上がられているので、飛ばし浮きに小型ポッパーで狙って見ますが、チェイスは数回有ったものの乗らずです。

20111029-3

今日は散々でしたが、LDSにまだ反応が有ったのが救いですね。次回はポイントを考えないといけません。
スポンサーサイト

昼鯰さんを狙う

朝起きると外は豪雨、天気予報では曇りのち晴れだったので以外でしたが、通り雨みたいな感じだったので兎に角出掛ける事にしました。
昨日は病院めぐりの一日ですっかり気落ちしてしまったので、今日は歩かなくて済む駅から近いポイントをチョイス。
移動は極力しないつもりでのんびりと、先週良かった鯰さん狙いとしました。

大丸堰下流に来て見ると、水位は下がり平常となりすっかり透明度は上がって水底が良く見えます。

20111009-1

この辺りは遠浅ですが魚影は濃く、SMB狙いのバサーが沢山見えています。場所が無いので、先行者に挨拶して下流側に入らせてもらいました。

20111009-2

SMBがベイトを追い回しているので暫く狙って見ますが、先行者のお話どおり反応は良く有りません。透明度がかなり上がった為でしょうか?

鯰さん狙いにシフトしますが、先週と違い水位が下がったのでポイントが変ってしまいました。移動してポイントを探します。
遠浅対策として今日はウエーダー持参ですので、広範囲に探れますね。

ググッと来て独特の引きは鯰さんです、60cm程の綺麗な個体でした。

20111009-3

ヒットルアーはクルセイダー17g、安くて良いアクションでチヌークよりも浅場に適します。

20111009-4

再度ヒット!今度はかなり良く引きます。寄せてくると70cmUPですね。慎重にと思った途端、残念ながらローリングされてフックアウトしてしまいました。

ルアーチェンジしながら更に探ります。
再びヒット、今度は軽いですが、慎重に寄せてゲットです。55cm程の鯰さんでした。

20111009-5

ノーザンバックス18gと重めのスプーンでのヒットです。私にはこの位の大きさが扱いやすいですね。
引き続きヒットはするものの食いが浅く、暫く引き合うとフックアウトしてしまいます。次回はフックシステムを変更する方が良さそうですね。

20111009-6

厳しいですが、何とかランディング成功です。60cm程の丸々太った鯰さんでした、やはり良い引きをしますね。

20111009-7

その後はヒットはするもののやはりバラシが続き、根掛りが多いのでルアーをロストしてしまい終了としました。
7ヒット、3ゲットと惜しい結果でしたが、鯰さんと遊べたので良しとしましょう。

しかしこの辺りは鯉も集まっていて、水面を泳ぎ回って居ますがトップルアーには反応は有りませんでした。攻略法を考えないといけませんね。

多摩川放浪

大分秋も深まりましたが、大鯉を探してまた多摩川放浪の旅に出てみました。
まず初めは、鯉の魚影がかなり濃い京王多摩川にやって来ました。
流れ着いた枯れ草が岸辺に一杯で、台風の後がハッキリと解りますね。

20111001-1

平常水位に近づいて来ましたが、濁りはまだまだかなり酷い状態です。

20111001-2

それでも流石上河原堰ですね、鯉が群れになって泳ぎ回っています。早速、ポップRで誘ってみますが、直前で見切ります。銜えてもフッキングまでは持って行けません。
特製の3cmポッパーでやっとフッキングしましたが、掛かりが浅く暴れまわって居る内にフックアウトしてしまいました。

鯉は彼方此方で水面を泳ぎまわっていますが、かなりの警戒心ですね苦戦を強いられます。ベビーポッパーでやっと、70cm程の鯉をゲットしました。
濁り水なので、体色も薄くかなり痩せていますね。

20111001-3
20111001-4

さっきから後ろのグランドで褌一丁の方が体操?していたのですが、やっぱりと言うか入水し始めました。ここは諦めるしか無い様です。
こういう人が野放しになっていると、危なくて子供も遊ばせる事が出来ませんね。

Bポイントに移動しました。
20111001-5
20111001-6

ここも川原の土と草が流されて、すっかり砂利ばかりで見る影も有りません。
魚っ気が無いと思ったんですが、移動しようと思っていたら流れの中で何か魚が彼方此方で跳ねます。
LDSで誘いますが反応が有りません、今年好調のシーマスターズダーターミノー108のブラックバージョンで流れの中を高速ジャークしていたらガツンと良い当たりが有りました。この引きは鯉では有りませんね、思ったとおりSMBでした。
45cmの綺麗な魚体です。思わず見とれてしまいました。

20111001-7
20111001-8

さて鯉は居ても反応が無いので、大丸堰下流に移動です。5月にブラックポッパーで鯉を釣った場所ですが、すっかり流れが速くなってしまって鯉の姿が見えません。

20111001-9

更に下流側に下って行くと、良さそうな場所が新たに出来ていました。

20111001-10

バサーの方が何か掛けて引き合ってますね。水面が波立ってますからかなりの大物の様ですが、残念バレてしまったようです。
気温が上がり、結構活性が高そうなのでお馴染みシーマスターズ90Sを激しい流れの中に投入して高速で巻き上げているとガツンと来ました。
今度もSMBでしたが、25cm程の可愛いサイズでした。

20111001-11

先程のバサーの方が来られて、写真を撮っていただき暫くお話しましたが、バラした魚は鯰さんでフックを折られてしまったとの事でした。
ここの鯉もルアーを追ってはくれないので、鯰さんを狙ってみる事にしました。

ミノーでは風に負けてしまって、遠投が出来ません。今回はスプーンを持ってきているので、クルセイダー13gゴールドを力投します。
ググンと良い当りが有り、独特の引き具合で上がって来たのは60cm程の元気な鯰さんでした。

20111001-12

一匹では寂しいので、二匹目の泥鰌ならぬ鯰さんを狙います。
クルセイダーはロストしてしまったので、今度はピュア18gゴールドでリベンジです。
流れの中で再びググンと良い当たり。上がって来たのは50cm程の可愛い鯰さんでした。皮一枚でしたから危なかったですね。

20111001-13

残念ながらピュアもロストしてしまったので、本日は上がりとしました。
久し振りのシンキングタイプのルアーはロスト続きで厳しいですね。
でも今日は三目達成なので良しとしましょう。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。