スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散歩がてら

今回の台風には酷い目に遭いました。鉄道の停止により帰宅難民となり、バスの乗り継ぎで8時間掛かってやっと家に帰り着きました。
帰宅途中に見える河川はいずれも目一杯の増水で、濁流が流れて見るも無残な状態でした。私よりも後に帰った近場の人達は、橋の通行止めに遭ってしまい私と同じ位の遅い帰宅となったそうです。

多摩川も記録で見ると約2.5mの増水と前回よりも水位は高く、まだ厳しい状況と思いますが取り合えず散歩がてら出掛けてみました。

宿河原堰上のワンドに久し振りに来て見ましたが、鯉の姿は時々見えるものの反応は全く有りません。一枚多く着込んで来ましたが、流石に季節が変り今朝はかなり寒いですね。

20110925-1

本流は濁流で何処も釣りにならないです。

20110925-2

季節柄、彼岸花が彼方此方で咲いています。

20110925-3

上河原堰下流は、相変わらずの人気スポットなのでポイントは一杯でした。餌釣りで鯉が結構上がりますが、ルアーには全く反応が有りませんでした。

20110925-4

二子玉川駅近くの街路樹に蜂の巣が有りました。街中に作るとは危険ですね。子供が石でも投げたら大変です。

20110925-5

親水公園は増水で出っ張りの部分は浸水していました。

20110925-6

下流の野川合流点は狙い難そうなので、ここから上流側を暫く攻めましたが鯉の姿は確認できずで、反応も無くお昼過ぎたので今日はここでタイムアップです。
スポンサーサイト

二子玉川

まだ増水の影響が抜けない多摩川ですが、ターゲットの鯉が流されてきているポイントを探して久し振りに二子玉川近辺を探索してみました。

20110918-1

野川に掛かる兵庫橋を渡ると親水公園に出ます。
確か以前は広い川原で子供達が遊んでいたと思いますが、親水公園になってから流れが変ってしまい、何年か前に子供の水難事故が起きて、今は出っ張り部分はロープが張って立ち入り禁止になっています。

20110918-2

小物釣りの子供達が数名楽しそうに釣っています。
時々鯉が跳ねるんですが、全く反応は無いですね。サイズが小さすぎるのが原因でしょうか。

岸辺の散歩道を上流目指して歩いて行くと、この辺はやたらに小さなトカゲが多くて何度も遭遇しました。楽しい散歩道ですね。
この辺りも以前は浅瀬が続いていて、狙っても何の反応も無かった場所ですが、良い深みが出来ていて鯉の魚影を確認しました。
ダーターミノーで一度チェイスが有りましたが、サイズの問題かヒットには至らず。

20110918-3

板チョコポイントを見て回っても、鯉の姿は見えません。
キャスコロの方のお話ですと、上流部で二日前にこんな大きな鯉が上がったと両手を広げると1mを軽く越えそうでしたよ?
「釣りの話をする時は、両手を縛っておけ」と聞いた事が有りますね。
ちなみにキャスコロは、全く駄目だそうです。

20110918-4

今度は下流を目指して移動します。
スーパー堤防の工事中と言う事で、例のごとく立ち入り禁止の柵が延々と続いています。
やっと終わったと思ったら、既に第三京浜のすぐ上流側でした。

20110918-5

下流側に移動して、鯉の姿が見えたポイントを攻めるも、やはり反応は有りません。

20110918-6

鮎師のお話では、鯉を狙うなら上流のテトラの所だと言います。やはり鮎は全く駄目だそうです。テトラ帯に移動して狙って見ますが鯉の姿は全く皆無です。

20110918-7

引き上げる方向で上流を目指します。
結局、スーパー堤防の工事柵がかなり上まで有って、兵庫橋を渡らないと川に出られませんでした。
定番の野川との合流点ポイント、やや澄んで来た野川の流れとまだ濁った本流の流れが合わさる所です。鯉の数は回った中では一番多いようですが、やはり大型の鯉はここにも居ませんね。当りらしいのは一度有ったきりでした。
珍しく、マルタ?ウグイ?、40cm位のが流れに逆らって泳いでいました。

20110918-8

最後の残暑の中ちょっと粘りすぎてしまったので、今日はここで上がりとしました。
明日からは段々と秋の気配が強くなって行くそうなので、夏のトップでカープもお仕舞いかも知れませんね。
今年こそ、落ち鮎パターンを狙ってみたいですね。

再び放浪

水位は下がらなくても、そろそろ水質は澄んできたのではないかと思い、増水に強いBポイントに行って見ました。

2010911-1

岸辺には台風の爪跡が残り、濁りも全く取れていない酷い状態です。
対岸には鮎師が数人、ボチャンボチャンと熱心に転がすも全く掛からない。降るほどいた鮎が殆ど見えなくなっています。
それでもこのポイントは、時々鯉が顔を出します。ただ型は小さいのか相手になりません。

鯉を探して下流に大きく移動して見ました。
ここはいつもは鯰釣りで有名なポイントですが、本流は濁流で釣りにならず、ワンド内ではヘラ師が並んでますが釣れている様子は有りません。ワンド口は見た目良いポイントなんですが、残念ながら鯉の姿は有れども沈みっぱなしで反応は有りません。

2010911-7

2010911-3

もっと下流かと前回ベイトがかなり集まっていた、KOポイントに移動して見ました。本流はあれ程居た鯉の姿は全く確認できず、ワンド内はヘラ師が一杯。柿の種~木っ葉ぐらいの小型のヘラがバタバタ釣れていました。サーチパンも空しく流れていくのみで効果無し、大鯉は何処に行ってしまったのでしょうか?

更に、M下~Kポイントと探りますが、M下流れ込みに小型の鯉が居てパンプカの人が狙っていたのみでここも駄目ですね。

2010911-2
2010911-4

最後はTポイントですが本流は相変わらずの激しい濁流、下流側のワンドを狙いますがここは深いトロ場になってしまい良い感じなんですが鯉の姿はまだ有りません。

2010911-5
2010911-6

鮎師の方が下流から上がってきましたが、今日は上から下まで鮎はちっとも掛からないそうです。
増水時は新幹線鉄橋下流まで流されるそうですから、鮎も鯉も通常に戻るにはまだ掛かりそうですね。
今日は、かなりの移動をしましたが、魚の退避場所を見つけることは出来ませんでした。
シーズンが終わる前に、あの荒瀬の大鯉を再び狙いたいですね。

濁流

多摩川は台風12号による豪雨の為に昨日は2m以上の増水でしたが、様子見の為に少し遅めですが出掛けて来ました。
まだ1m以上の増水ですが、上河原堰上流はグランドが冠水していないのでジョギングの方々が結構走っています。

20110905-1

しかし凄い濁流ですね。対岸を見ても岸から流速は速く、とても釣りになる状態では有りません。平日と言う事も有るでしょうが、釣人は皆無です。当たり前ですね。

20110905-2

魚が退避している場所さえ見つければと歩き回ります。
急に雨が降ったり止んだり、日が差して来たりと天気はめまぐるしく変りますが、寒くは無いので平気ですね。

やっと流れの中に魚の姿が見つかりました、鯉も居ればSMBがベイトを追っていますし、ニゴイらしい魚も顔を出します。しかしルアーをローテェーションするも反応は有りませんね、この濁流ではルアーは見えないので波動で誘うしか無いでしょう。
LDSをショートジャークしているとググンと手応えが有りました。この引きは鯉では有りませんね。寄せてくるとやはり鯰さんでした。65cm位でしょうか。

20110905-3

お腹一杯の様で、口から15cm程の鮎を吐き出しました。

20110905-4

試しにサーチパンを流すと鯉がパクパク食べますが、濁りで見えて無い様ですね。
匂いで探して手探り状態の様に見えます、それにかなり警戒している様子です。これではルアーに反応が無い訳です。
また雨が酷くなってきたので、これで上がりとしました。
台風13号も北上中ですし、水位が落ち着くまで当面の間かかりそうですね。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。