スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び増水

雨が降ったり止んだりの憂鬱な天気となりました。
季節柄、寒くて震える事はないので今日も出撃です。
Tポイントに行こうとしましたが、一晩で急な増水と酷い濁りが入ってしまいましたので断念しました。50cm近い増水では、前回の小さいワンドも埋もれてしまったでしょう。

20110731-1

久し振りに来たM下の流れ込みですが、相変わらず鯉は沢山居ますね。しかし濁りが酷いためでしょうか、私のキャストするルアーに反応は有りません。
濁りが酷いとルアーが良く見えない事も有りますが、警戒心が強くなり音により敏感になるのです。
実は、ロッドを出していると釣人が来て手長を狙いに来たと言う、大きな話し声が聞こえたので見る間に鯉達は沈んでしまいました。手長?投げ竿は使いませんよね。なんで解る様な嘘をつくのかね。
小場所に2本も投げ込まれたらお仕舞いです。

やり様が無くKポイントに足を伸ばしました、こちらの方が大きめの鯉が居るのですが、やはりルアーに反応は有りません。増水に強いポイントに移動するしかなさそうです。

20110731-2

増水時に実績のあるKOポイントに移動して来ましたが、増水量が多いので流石に上河原堰全体が大きく流れています。それでも濁った水の中に鯉の姿が多数確認出来ました。
しかい、増水にやられた感じの傷ついた個体が多いですね。
雨が降ったり止んだりですが、グランドの若者たちは元気に歓声を上げています。

サーチパンに反応は有りますが、ポッパーは直前でどれも見切ります。これは厳しいですね。
更に不思議な事に、石垣ポイントの鯉はサーチパンにも見向きもしません。増水に強いこのポイントも今日は何処か変です。
それでも誘い方を色々と変えて狙っていたら、やっと奇特な鯉がポッパーを銜えてくれました。これで坊主は免れましたね。ここは定番のタイニーポップRです。
およそ65cm程度ですが、傷だらけの痩せた鯉ですね。

20110731-3

雨が酷くなり、合羽は着ているのですが全身ぐっしょり濡れてしまいました。少し静かになった所で、音響誘魚法で誘いを掛けて、ようやく80cmクラスをゲットしました。

20110731-4

雨も上がったし、今日はこれで上がりとしました。
スポンサーサイト

増水

増水の影響はまだ続いて居ますね。
Tポイントはまだ30cm以上は水位が高い様で、流れも速く水面に鯉の姿は見えません。とても釣れそうにも無いのですが、鮎師の方々は朝から何人も竿を振っています。それでも稚鮎が何匹か釣れていました。

20110424-1

反転流のところで稚鮎が跳ねているので、サーフェースルアーを引いて見ましたが鯉の反応は全く有りません。増水時は、波動の強いシンキングミノーを高速に引く方が効果的なんですが、何とかトップで反応が出せないか色々やって見ます。

Tポイントは増水後もいつも芳しくなく、鯉の姿が暫くは消えてしまうのでやはり無理かと思いましたが、鯉の姿を探して下流へと下って行きました。
こんな時はワンドの流れ込みが良さそうです。魚の姿は見えませんでしたが、気配を消してじっと見ていると鯉が時々流れの中を泳いでいるのが見えます。

まだ濁りが有るのでトップは良く見えないはずですが、各色をためしてみると今回も黒塗りのルアーに反応が有りました。警戒心が強いのでなかなか乗らないですが、何度目かにやっとフッキング成功です。
70cm級の鯉ですが、元気すぎて暴れまわったので血だらけになってしまいました。

20110424-2
20110424-3

今回からリールを新調して、シマノ11ツインパワー4000XGにしています。
高速巻取りが欲しかったので選択しましたが、流石に巻き始めも重くなくシルキーな回転とライントラブルも無く快適です。
小場所なので後が続きませんね。折角ですから、増水時の他のポイントの様子を見に行く事にしました。

大丸用水堰下流にやって来ましたが、更に水量が増した感じで川全体が流れが強くて何時もの水面を徘徊する鯉達は姿を消していました。少しは流れの緩い所を探して狙って見ましたが反応は有りませんでしたね。ここでは吸い込みで狙っていた常連さんが、増水時の狙い所の岸際で良い結果を出されてました。

20110424-4

さて、増水時に強い上河原堰上流ですが、到着時は昼過ぎだったので何時ものブッコミ師の方達がポイントに入っていましたし、反応は今1つでした。

20110424-5

隙間が有る石垣ポイントに移り探って行きますが、ここでは食性が違うのかやはり大きなルアーは反応が悪く、おなじみの小型白色ポッパーに何度もチェイスが有りましたが、グランド脇は賑やかですからね、しっかりと銜えてくれません。やはり朝の内が良さそうです。

今日はついつい、時間延長してしまいましたが、増水時の狙い所がだいぶ分かって来たので次回に生かしたいと思います。

今日は厳しいですね

猛暑が続きますが、今日もTポイントに出撃です。
日曜日なので、左岸側は結構な人出が有りますね。

20110717-1

水位は低下していて水質も良い状態とは言えないですね、ルアーに藻が絡み付いて来て動きが悪くなります。先週と違い鯉の活性もかなり悪いです、水面に出てくる姿は確認出来ません。
ルアーを色々とローテーションして誘いますが反応は殆ど無く、2時間粘ってもモアザンXクロス120に1回チェイスが有ったのみです。これは厳しいですね、場所を移動しようとリールを外してロッドを仕舞い、さて行くかと再度川を見ると稚鮎に食い付く鯉の姿が見えました。

思い直して良く見ると、鮎は沢山居ますがどれもサイズが小さく如何にも稚鮎と言った感じです。遡上数が多すぎるからなのか?(良い餌場に入れないので育たない)放流したばかりの湖産鮎なのか?

再びタックルをセットして、今度はPE1.2号とサミー85で狙います。瀬の中で泳ぐ鯉が見えますが水位が下がっている為警戒心が強くなっているので、近くの個体はまったく反応が無いですね。沖目を流して、小刻みなドッグウオークを続けるとガクンといきなりヒットです。狙い通りのヒットは嬉しいですね。
ラインサイズを落として居るので慎重に寄せに入ります。大きな鯉が見えますが、ここでまさかのフックアウト、合わせが甘かったんでしょうか?

ガッカリしましたが気を取り直して、今度はトロ場を狙います。陽もすっかり高くなったので、先週好調だった黒塗りのシーマスターズダーターミノー108で攻めていると結構反応が有ります。じゃらしながら誘うっていると遂にヒットしました、良い感じの引き具合に十分満足して寄せたのは80cmクラスの鯉でした。

20110717-2
20110717-3

その後、数回チェイスが有ったもののヒットには至らず。対岸のバザーがテトラの上を歩き回り、子供達が下流で泳ぎ始めると鯉達は皆沈んでしまいました。いつもそうですが、泳いでいるのは確認できても、どうやってもルアーに反応は有りません。さあ狙い方を変えないと、追加は難しい状況となりました。

鯉を狙う時はトップ~サーフェース狙いを専門にしているのでシンキングやDDタイプ等は使わない主義なので、潜行深度がフィードシャローよりも深いイマカツのリップライザー130にチェンジして荒瀬を狙います。
大きなジャークを繰り返すとガツンとヒット!
この引きは夏ならではですね、元気一杯の80cmクラスでしたが、リップライザーを横からバックリと銜えた感じです。

20110717-4
20110717-5

人気が多いので更に瀬の中を探ります。
今度はやや小ぶりですが、上に下に元気良く走り回ります。十分楽しんで寄せてくると、まるでヘラブナの様な幅広の65cm程の鯉でした。

20110717-6
20110717-5

流石に凄い暑さですね、熱中症になりそうな感じでしたので今日はこれで上がりとしました。

黒いルアー

今日は節電対策の振替休日、用事が有りますが平日釣行のチャンスなので早朝限定で出掛けました。
平日のTポイント、それでも対岸にいつものルアーマンと小物師が御一人ずついらっしゃいますね。

20110711-1

先日の居ても掛からない状態から考えて、手持ちのルアーからレッドペッパーを持ってきました。
それに今年は反応が今1つのダーターミノーの白塗り、ならば今度は黒ならばと急遽真っ黒に塗って見ましたが反応は如何な物か楽しみです。
早速、レッドペッパーで狙って行きます。これは良い感じにチェイスして来ます。
来るなと思ったら、浅瀬でドカンと水柱を上げて大物がヒットしました。
凄い引きですが、何とか耐えて引き合うもグンと伸されたらまさかのフックアウト。
ルアーを回収してみると、トリプルフックの1本はのの字に曲げられ、1本は完全に伸ばされてました。凄い力に驚きますが、オリジナルフックは駄目なので、がまかつの#5に換装してチャレンジを続けます。

一度暴れまわるとなかなか追いが悪くなりますが、誘い続けると再びヒット、今度は逃しません。82cm、17lbのメタボな鯉でした。
ホントに太くて重くて、粘り強く引き回してくれました。

20110711-2
20110711-3

レッドペッパー、今年は当たりかもしれませんね。

20110711-4

その後、何度かチェイスは有るもののヒットには至りません。
実績のあるルアーをローテェーションするも同じです。警戒心が強くなって仕舞ったようですね。魚は居てもヒットしない状況です。
今度は、黒いダーターミノーの出番ですね。

20110711-5

予想以上の好反応です、程なくして80cmクラスがヒットしました。

20110711-6

調子良く、2尾ゲットしてから当たりが遠くなってしまいました。
引き上げの時間が迫ってきます。今度は下流側を攻めて見ましょう。
ゆったりとした流れに鯉がのんびりと泳いでいるのが見えますが、ルアーを換えて見てもなかなか追っては来ません。

再び、黒いダーターミノーを試してみました。
何度かキャストしてもやはり駄目かと思っていたら、再度からいきなり来てヒットです。凄い引きに慎重にやり取りしますが、流石になかなか寄ってはきません。
やっと姿が見えると、かなりの大物ですが、ベリーのフックしか掛かっていません。更に慎重に寄せてようやくゲットしました。
これは重い!91cm、27lb、腕が痛いです。

20110711-8

20110711-7

真っ黒いルアー、炎天下に効果抜群ですね。

夏のトップでカープ2

今日は定期健診の為休暇を取りました。
病院は混雑しますので早朝から出掛けてますから日没までにはまだ時間が有ります、折角なのでTポイントに夕錬にやって来ました。
上下流には鮎師が数名、対岸には小物師の方々が7人、直ぐ下にコ式の方が、その下流側に泳いでいる学生さんが6人、彼方此方に移動しながらルアーマンが数名と賑やかな午後です。梅雨明けで、まだまだ焼け付くような暑さですが皆さん熱心ですね。

20110709-1

人気の無い隙間を縫って浅瀬にXクロス120をキャストします。
今日は活性が高いですね、目を凝らすと鯉が結構居てポイントを狙うと直ぐに反応が有りました。大きな波が立ちガクンとロッドが重くなりました。
流石にこの時期の瀬の鯉は良い引きをしますね。存分に走らせて、慎重に寄せに入ります。80cmクラスの綺麗な鯉でした。

20110709-2
20110709-3

場所を変えて狙うと、直ぐに2尾目をゲット出来ました。
同じクラスの良い引きの鯉でした。派手なアタックをしますね流石に夏の鯉です。止水や春先の鯉は、6lb程度のライトタックルで何度も上げた事は有りますが、同じサイズでもパワーが違います。この引きは、この時期ならではですね。

20110709-4

多摩川も流石に夏模様、カヌーが何艘も川下りを楽しんでいます。その度に、浅瀬の鯉達は皆どこかに消えてしまいまが、手を振る皆さんはこちらと同じ休日の楽しみでしょうから怒る訳にも行かないし。川原で暫くふて寝を決め込んでいると、今度はウォーターチュービングの団体さんが何組も下って来ます。彼らは、目の前の川の中を歩き回るので、私は更にふて寝を続けるしか有りませんでした。

暫く寝ていると周りが静かになったので再開です。
流石に追いが悪いですが、荒瀬の中で何かがルアーに飛び付きました。スピードと力は有りますが、やや軽めの感じです。暫く引き合うも、下流に一気に走られてバレてしまいました。鯉だったのでしょうか?40UPのSMB、鯔、いや鯔ならスピードがもっと有るからシーバスか?見えた魚体は銀色でやや細めに思えたし、遠かったの
で判断は難しいですね。

その後、苦戦しながらも一尾追加しましたが、魚は居ても追わない状態が続きます。
ルアーを色々と変えて、誘いを変えて狙い続けるていると、何度か反応が有りましたが見切ってしまい乗ってくれません。O.S.Pのヤマトまで投入しましたが、反応は有るもののやはり乗りません。
昨年好調だったルアー達もみんな撃沈です。

20110709-5

O.S.Pのベントミノー106に変えてツイッチしていると、大きな波が起ち激しいアタックをして上がって来たのは80UPの良い型の鯉でした。ベリーとテールのフックをバックリと銜えています。このルアーはバーンズリビングデッドスペシャルとコンセプトは同じですが、細身で独特のアクションは評判通りです。

20110709-6

その後、アタックは有るものの魚は居てもヒットしない状態が続き、日没まで粘って見ましたが駄目でした。今日は4尾ゲットで終了です。
目の前に魚が居て惜しい状況が続くと、ついついもう少しとなってしまいますね。
このタイミングの彼らをヒットさせるには、まだまだ研究が必要です。

夏のトップでカープ

節電対応の為、勤務先も土曜出勤の月曜休みになりました。(でも昨日は出勤でした)そんな訳で、久しぶりの平日出撃と相成りました。
前回惜しくも大物をバラシてしまったTポイントにリベンジにやって来ました。
今回はFree Knotさんの情報により、急遽仕入れたモアザンXクロス120の効果を確認する楽しみも有ります。

20110704-1

夏休み前の平日なので流石に人影は少ないですね、鮎師が一人か二人か位です。今日は静かなのは良いのですが、やたらに風が強いのが困り物で、トップで狙うには厳しいですね。
鯉のもじりは確認できません、何処に居るのか?彼方此方で小型のSMBやLMBがベイトを追い回していますが、鯉の姿が見えませんね。
上から下まで順番に当って行きます、ここでXクロス120をキャストして誘いを掛けていると波をたてて追って来ました。
ヒット!良い感じの引き具合、この季節ならではの元気一杯の暴れん坊は、大鯉では有りませんが70cm程の綺麗な鯉でした。

20110704-2

Xクロス120、アクションバッチリですね。Free Knotさん情報有難うございました。
続けて大きな口が追っては来ますが、サイズが小ぶりなのかなかなかヒットしません。暫くしてようやく2本目をゲット、彼も元気一杯で今日は十分楽しめました。

20110704-3

日は高く流石に暑くなり用意した飲み物は底を尽きました。
追いもかなり悪くなってしまいもはや反応は有りません。
ここで少し潜行深度の大きい、フィードシャロー105にチェンジして流芯際を高速ツイッチするとガツンと大きな当りがあり水中でヒット!良い感じの走りを十分楽しんだので今日はこれで上がりとしました。

20110704-4

年間通して鯉をトップで狙って来ましたが、やはり夏場の流水の鯉が誘いのやり取りも面白く、引きも強くて楽しいですね。

前回、ラインブレイクが有ったので、今回はラインをキャスウエイ30lbに変更しています(リーダーはフロロ20lb)。飛距離の減少を考慮してリールもスプール径の大きなカルディアKIX3000を久し振りに使いました。
キャスウエイ、糸鳴りが大きいですが、扱いは良いですね。リールと合わせてライントラブルは有りませんでした。暫く使ってみたいと思います。
ここの所使用していたシーバスPEパワーゲームは流石に細くても強力ですが、私の使い方が悪いのか痛みが早くて気が付くと簡単にブレイクしてしまいます。やはりブレイクだけは避けたいですよね。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。