スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多摩川汽水域

今日は曇り空で涼しいので、昼過ぎから近くの多摩川に自転車釣行に出掛けました。
六郷橋から上がって行き見て回りましたが、多摩川下流域は沢山の釣人が並んでいます。季節柄か手長狙いの方々がかなり多いようです。多摩川大橋近くで、お話した方は良型を30尾以上釣り上げてられて、絶好調の感じですね。

しかしこの辺りの多摩川でトップで鯉もしくは鯔を狙おうという目論みは、何度と無く惨敗に終わっています。ずっと以前は、大きな鯔が水面をパクパクと泳ぎ回っていましたが、何の影響なのか最近は見掛けません。鯉が沢山集まる所も無くなってしまい、今日も場所を探しながら走り続けるしか有りませんでした。

20110626-1

結局良い場所が見つからず、私が知る唯一の鯉が沢山集まるポイントにやって来ました。見た目に殆ど止水の様な場所では、ルアーを直ぐに見切られる確率が高いので、偶然以外なかなか狙って釣れるものでは有りません。

今日は長潮、満潮の時間はもう直ぐです、潮が止まると食いが悪くなるのでその前に勝負です。ベビーポッパー50をキャストすると反射的に鯉が飛び付きました。流石によい引きをします、ジックリとやり取りをしてネットに収めました。
写真はちょっと失敗しましたが、およそ85cmで重さは15ポンド。

20110626-2

この辺りは餌が豊富なので、背中側から見ても太目の鯉が多いです。
やっとこの場所で狙ってルアーで鯉を釣る事が出来ました。一尾でも十分です。その後、数回バイトが有りましたが乗らず、すっかりルアーを見切られてしまったので上がりとしました。
スポンサーサイト

バラシの連続

出張先の中国で石鍋を使った魚の鍋料理が出て、小骨が多い食感から「ソーヒー?」と聞いたら「そうだ草魚と言う川魚だ」との事でした。これが意外と美味しかったですね。日本では殆ど食べなくなってしまいましたが、成育環境の違いか調理法の違いなのかまた食べたいと思う良い味を出してました。
1mの草魚だとはたして何人前有るんでしょうか?

いろいろと忙しくて、三週間振りの釣行となりました。
多摩川は今年は鮎の遡上数が最高だそうで、鮎師も沢山出漁されていて、Free Knotさんを初めとされる皆さんからもトップでの鯉が夏バージョンで好調との情報を頂いてました。
昨日の天気予報では降水確率70%でしたが、朝起きてみると青空が広がり如何にも暑そうな感じです。
鮎師が一杯でも何とかなるだろうと、Tポイントに出掛けて見ることにしました。

20110625-1

しかし鮎師の姿が見えません?正確には一人いらっしゃいましたが釣れないのか、直ぐに姿が見えなくなりました。
鮎も流されていないし、鯉のもじりも見えないし、なんだか今日は厳しそうですね。
昨年好調だったダーターミノーをキャストするも反応は有りません。やはりタイミングを外した様です。
それでも粘っていたら、サミーの近くにやっと鯉のもじりを発見。誘いを掛けるとガツンといきなりヒットして、久し振りのもの凄い引きです。
凄い走りだと思ったら、まさかのラインブレイク!
昨日結び直したリーダーのノットに不備が有ったのか?暫く使っていなかったドラグのすべりが悪かったのか、締め過ぎの様な気もするし。

気を取り直してリーダーを結び直して再開するも、数回反応が有りましたが小型なのか乗りませんでした。
今日は、暑さが半端では有りませんね。すっかり日に焼けてしまいました。
ここで気になる大丸用水堰に移動して見ることにしました。

20110625-2

ここも鮎師が殆ど居ませんが、ここの鯉の数は半端ではないので流石にもじりがあり釣れそうな感じです。
先行者に断って下流側に入らせてもらい、好調のブラックポッパーをキャストしますと鯉が追ってきてパクリとしました。グッと重みが有り、乗ったと思ったんですが直ぐにバラシです。
ここから何回もアタックが有りましたが、全てバラシの連続です。今日は、警戒心がかなり強くなっている様ですね。

ポッパーのカラーをチェンジすると暫くは追いますが、じきに反応が無くなり、またカラーを変えるとまた暫く反応する。これの繰り返しです。
何とか工夫をして誘いをかけると、やっと上手くフッキングしてキャッチする事が出来ました。
かなり沖目での、タイニーポップRでのヒットです。今日はちょっと変ですが、前回全く駄目だった茶色でも反応が有りましたしね。

20110625-3

更に、バラシが続きますが、最後に定番のブラックで何とかヒットさせる事が出来ました。

20110625-4

予定が有りましたので、今日はこれで上がりとしました。

色違い

先週は雨が降り、用事も有りで出撃は見合わせましたが、今日は天気も良いので色違いのポッパーのテストにやって来ました。
大丸堰はすっかり流量が増えて、水深も10cm位は深くなっている様です。

20110604-1

相変わらず熱心なバサーの方々が入れ替わりで次々と来れますね。
今日は見ている前でSMBが3本上がりました、ライズは無く活性が低いような感じなんですが皆さんゲットされるのは流石ですね。

20110604-2

私の狙うポイントは誰も居ませんでしたが、準備している内に何時ものブッコミ師が見えましたのでまた並んで釣る事になりました。
色違いのポッパーは2色、緑と茶色です。果たしてどちらのカラーが効果的でしょうか?

まず緑色のポッパーを投げます。
一投目から答えが出てしまいました、奪うようにしてヒットしました。

20110604-3

続けて数投目にまたヒット。

20110604-4

茶色に変更すると、全く反応しなくなり、逆に逃げ出す始末です。ここの鯉は茶色が嫌いなのでしょうか?
ここらから準備が出来たブッコミ師が水際に座り込んだ為か、ヒット⇒バラシの繰り返しが続きます。
4本ほどバラシたら、パッタリと追いがなくなりました。

長い沈黙が続いた後、ルアーマンの人影が途切れたので、下流側に回って好調のブラックポッパーで狙います。
流し込んで行くと、今度は好反応です。次々とアタックして来ます。

20110604-5

2本程ゲット後、再び茶色と緑を試しましたが、やはり茶色は逃げ出しますね。緑も今度はあまり反応が有りません。白も試しましたが、これも殆ど反応は有りません。

再び人影が増えたので反応は無くなりました。ホントにはっきりとしていますね。
今日はカラーの実験でしたが、結果的には鯉はやはり色を見て反応している事が解りました。ここの鯉は黒が好きみたいですが、もっと他のカラーも試して見たいですね。
しかし、陽気が良くなったので鯉が元気な事!小型ながらも、良く引いて楽しかったです。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。