スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吸い込み仕掛け

今日は、午前中曇り空で夜は雨の予報が出ていたのですが、川原に着いて見ると気温は3℃とまだまだ寒いものの良い天気です。

20110227-1

朝の内は鯉も結構岸寄りを回遊しているのですが、私のキャストするルアーは覚えてしまったのか?チェイスは有るもののなかなかフッキングしません。
それでも何とか60cm程の鯉を1本フッキング、でも後が続きませんね。

20110227-2
20110227-3

ああでもないこうでもないと粘ったんですが、気温はじりじりと上がっていくのに活性は下がるばかりです。今日はやけに警戒心が強いようです。
やっとヒットしましたが、寄せてきてアッと思ってしまいました。
上顎が無いのです。ボガグリップが入りませんから、ハンドランディングしました。吸い込み仕掛けにやられるとこうなると聞いた事が有りますが、なんだかがっくりとしてしまいました。

20110227-4
20110227-5

釣り続ける気がしなくなったので、気になるマルタウグイの遡上を確認しようと、久し振りに宿河原堰下左岸に移動しました。

20110227-6

化石島が復活していますね。右岸はヘラ師が何人も入っていますが左岸には1人きりで他に釣り人は居ません。

20110227-7

水量が少ないので手前の浅瀬は長靴でもぎりぎり渡れましたので、中州の良い感じの瀬を観察しましたがマルタウグイの姿は確認できませんでした。
底石は汚れていて一雨降って川底が洗われないと、瀬付きはまだまだの様です。

20110227-8

右岸インレット下流側に立ちこんで狙いましたが、ライズも殆ど無く静かな水面は例年の白い泡が流れて行くのみで反応は全く有りませんでした。
ルアーマンをお二人見かけましたが如何だったんでしょうかね?

気温はどんどん高くなり暑くて上着は着ていられないですし、風に乗って花粉も半端なく飛んでいる様で厳しい状態が続きます。
昼過ぎまで粘りましたが、遂にマルタの姿も見られず、当りも無しで今日は上がりとしました。
スポンサーサイト

体感温度

今朝は気温6℃、水温10℃と暖かい感じだったのですが、冷たい風に煽られて体感温度はぐっと下がって来ました。
常連のブッコミ師以外は、釣り人は誰も来ませんね。完全防寒仕様で来たのですが、リュックを背負っていないと寒くてとても釣ってられません。

20110220-1

水温が高いのですが、やや濁りが入っている為か?冷たい風の為か?鯉のライズは殆ど無く、静かな水面の静寂を破るのは威嚇しあう水鳥の羽ばたきだけです。
今回は新しく作った5cmポッパーのテストなのでまずこれを使ってみます。
ウエイトを入れなかったのでバランスがやや悪いですが、何とかポッパーらしいアクションが出せます。
77cmの鯉をゲット、痩せてますね。ランディング時に驚いて暴れましたが、あまり元気は有りません。

20110220-2
20110220-3

1本上げたら鯉の姿が無くなりました、サーチパンを辛抱強く彼方此方流すも出てきません。ずっと下流の方でやっと姿が確認出来たので、ポッパーを遠投して探って行きます。
今日は犬の散歩の方達が結構多いです、不思議なもので釣りをしていると見ると川を覗きたくなるのですね。皆さん、丁度狙っている下流辺りをうろうろするので何とかチェイスが有っても乗らないか、バラしてばかりが続きます。
こんな状況では、今日は大物は無理でしょうね。

やっとヒットしました、何か引きが変な感じです。寄せてみると背骨が曲がった鯉でした。いつも泳いでいるのを見かけるのですが、まさか彼がヒットするとは思いませんでした。

20110220-4

どんよりとした曇り空が続き寒さも厳しいので、防寒靴の中にも使い捨てカイロを追加して釣り続けます。
水面は相変わらずの静寂で、風が起こす漣が一層釣り難い状況を作ります。サーチパンも無くなりましたから、水面の微妙な変化で鯉を探します。
自作ポッパーでは出てもなかなか乗らなかったので、定番のPOP-Rで目先を変えて70cm近いのをやっと1本追加しました。彼は元気一杯で結構暴れてくれました。良い色の綺麗な鯉でしたね。

20110220-5
20110220-6

夢中で狙っていると気が付くと何時もの追わない時間帯に入っていました。
作戦変更して広範囲を狙う為、思い切り遠投してテクトロで誘いを掛けて行きます。暫く歩いて行くとポッパーの後ろに鯉の波紋が見えましたので立ち止まり軽く誘いを掛けると狙い通りヒットしました。
50cmクラスでしたが、やたらに元気な鯉で思い切り暴れまわってなかなか寄ってきませんでした。小型の方がスピード感が有って楽しいですね。

20110220-7
20110220-8

寒さも収まらないので、今日はこれで上がりとしました。
今年は寒い日が続いた為かマルタの遡上が遅いようですね、日照時間の延長と水温上昇がホルモンの分泌を促すのでしょうから、早くて今週末頃?本格的には次回の大潮の3月3日頃が狙い目になるのではないでしょうか。
次回はマルタ狙いで出撃しようか迷いますね。

雪が降りました

今日は朝の内は雪が残るが一旦止んで、午後から再び降り始めるとの事だったので結局出掛けてしまいました。
最低気温は0℃、最高気温は8℃と比較的高く、この前の-4℃よりは幾分ましだろうとの判断でしたが。

20110212-1

この辺りは昨日の雪がまだ残ってますね、結構降り積もったようです。
新調した防寒ブーツを履いてきましたが、通販で購入したもののこれも非力で足元からじんじんと冷えてきます。
手袋しないと手もかじかんで動かない、冷たい風が吹いて来ますよ、今日は流石に鯉の活性も低いだろうと思いました。

20110212-2

気温は0℃、しかし水温は9℃は有ります、都市河川の多摩川は下水処理水が6割位の為こんな日でも水温は比較的高いので岸近くを鯉が徘徊しています。
流石に動きは鈍いですが、食い気はまだ有りますね。
自作のTOP白色でまず1本出ました、ルアーをパックリと銜えてくれた69cmの良い感じの鯉でした。

20110212-3
20110212-4

薄日が差してきて雰囲気も良い感じです、少し間を置いて自作TOP黄色で更に1本追加です。

20110212-5
20110212-6

今日は寒いのでギャラリーも殆ど通らず、通っても素通りで川を覗き込む人も居ないので鯉のアタックも事のほか多いです。最も寒さ対策で殆ど顔を覆っているのと、こんな日に釣りをしているちょっと変った人?に思われたのかも知れませんね。誰も声を掛けてきませんでした。

20110212-7

日が翳り、冷たい風と共に雪がちらつき始めました。流石にこれは更に寒いですね。
自作TOPは4cmに作ったのですが、シングルフック2本付けると水面ぎりぎりなので風が有ると見難いと言った欠点が有ります。
定番のタイニーPOP-Rに換えて、1本追加してと粘り強く狙って今日は合計7本と十分な結果を出せました。

20110212-8
20110212-9

しかし、こんな日でも不思議と昼に近づくと鯉が沈んでしまって姿が見えなくなります。雪が雨混じりになって来たので今日はこれで上がりとしました。

今日は調子が悪いですね

今週は疲労困憊、用事が有るので時間制限付きですが、半ば習慣的にやってきてしまいました。
気温は0℃と高めになってますが、風が冷たく水漏れ防寒長靴を破棄して別の防寒長靴を履いてきたらこれがとても非力で冷たくてで、厳しい状態での釣行となりました。

20110205-1

じっとしていると足元が冷たいので、歩き回りながら鯉を狙っていきます。
朝の内はやはり活性が高いのでアタックする鯉はかなり居ますが、今日は何か変ですねフックを上手く避けて食い付く様ですね、なかなかフッキングしません。
毎週の様に攻め過ぎたのか、学習効果が上がってきた見たいです。これは厳しいいですね。

20110205-2

それでも何とか、反射的に食いついた60cm程の若い鯉をゲットしました。ご覧のようにやっとフッキングした感じの掛かり方をしていますね。

20110205-3

試行錯誤して、前回使った試作品を使って68cmの鯉をキャッチ。今度はちゃんと銜えてくれました。良く太って、良く引いてくれました。

20110205-4
20110205-5

反応が悪いのですが、やっとこさヒットした鯉を見てびっくりです。全てのヒレがボロボロ、満身創痍の鯉でした。上の丸々した鯉と比べると全然違います。何か同情してしまいます、そっと逃がして上げました。

20110205-6

今日は、野鳥の観察会が開かれる日だったんですね。集団で子供たちが川岸に沿って移動してきました。ざっと300人以上居るんでしょうね、あっという間に私の周りは子供で一杯になりました。中には石を投げ込む子もいます。
この場所は市民の遊び場なので仕方が無いですね。

20110205-7

静かになったグランド、静かになった川岸、この時間になると鯉も静かになってしまいます。
それでも粘って、フッキングしましたが、なかなか強い引きで大物と思ったら、まさかのラインブレイクです。PEラインが引き切れていました。大分弱っていたようですね。
バーブレスシングルフックなので外れてくれる事を祈ります。

20110205-8

気を取り直して、クイックノッターでリーダーを結んだんですが、何か変だと思ったらノッターの先端が裂けてしまいました。
何とか結んで残り時間が少ないところを忙しなく攻めて、遂にフッキングしましたがやはり食いが浅いので、今度はバラシてしまいました。強い引きだっただけに惜しかったですね。

時間切れですね、慌てて今日は撤収しました。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。