スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増水と濁流

台風14号が来た為に多摩川は80cm程の増水となり、また台風一過の晴天とならず天気も曇り空で今日は寒い朝となりました。

20101031-1

流石に人気の無い河川敷のグランドを横切って川岸に立って見ると、ご覧の通りの泥濁りで流れもいつに無く早い多摩川です。
こんな増水時は、何処に行っても釣れないのですが、堰の上のワンドを狙えば若しかすると釣りになるかもしれません。或いは、岸近くの流れの穏やかな所は同じく魚の退避場所なので、こんな時に狙うポイントとしては有望です。

20101031-3

ライズも無く、魚の気配は微塵も無い状況ですね。居たにしてもこの濁りでは、お互い良く見えませんね。
でも熱心に見ていくと、岸近くに鯉がうろうろとして居るのが確認できました。兎に角居れば釣れるかも知れませんね。何とか狙ってみましょう。

お馴染みポップRで岸近くを狙っていると、躊躇するようなアタックが有り、でも何とかフッキングしました。
70cm位の鯉ですが、それほど元気が無いですねあまり引き回す事無く寄ってきました。ところがオーシャングリップで取り込む段になって大暴れしてしまい、折角挟み上げたんですが落としてしまいました。やはりこのグリップ、鯉の場合は使いづらいですね。次回はネット持参の方が良いかも知れません。

ここは暫くは釣りにならないので、別の場所を狙って見ます。
岸近くに、鯉の群れが回遊してきました。何度か銜えるんですがなかなかフッキングしません。食い気のある個体が回ってきて、しっかりと吸い込んでくれました。
彼は元気一杯で、ドラグを鳴らして濁流の中を走り回ります。なかなか良い手応えで上がってきたのが、70cmUPの5kgの鯉でした。ちょっとスリムですね。

20101031-4

その後食い渋りましたが、何とか60cm程の鯉を追加してから沈黙が続きます。
SMBも今日はライズも無く、この濁流では狙う場所も有りません。試しに、ミノー・スプーン・スピナベとキャストして見ますが、全く反応は有りません。

鯉の姿が見えないので、サーチパンを使って見ます。暫く見ていると、濁流を流れていくパンをゆっくりと鯉が吸い込んで行きます。
なるほどとルアーを流して行きますが、やはり偽者は見破りますねチェイスは有ってもなかなか吸い込んでくれません。
今回はじゃれ付き対策に、段差付きスイミングフック仕様を用意してきました。買うと高いので、もちろん自作品ですよ。フックは、定評のあるチヌ針の5号または7号を使用しました。

20101031-7

少し間を置いてこれに換えて流していくと、ルアーがふと沈んだと思ったらしっかりフッキングしました。
久し振りの良いサイズですね。ずしりと重い、良い引きをします。十分にファイトして上がって来たのは、80cmUPで8kgオーバーの太い鯉でした。
段差スイミングフックが、上手い具合にフッキングしています。目論見どおり、じゃれ付き対策には有効だと思います。

20101031-5
20101031-6

かなり暴れ回ったので、この後は魚の影も形も無くなってしまいました。
今日は、もうこれで十分なので上がりとしました。
スポンサーサイト

難しいですね

いつの間にか日が短くなり、早朝は寒くなりましたね。
今日は流石に迷いましたが疲労が溜まっているので、アクセスの良い京王多摩川に再びやって来ました。
今朝はブッコミ師はまだ来ていませんでしたが、ルアーマンの方が3人並んでロッドを振っています。やはりSMBは人気が有りますね。

20101023-1

早朝は鯉も結構活気が有って、彼方此方でもじりが有ります。ただルアーを引きますが、アタックは何度も有る物のフッキングしません。
ルアーを覚えてスレてしまったのか?いやいや、銜えて持って行っても掛からないのは、フックシステムに問題が有るのでしょうね。アタックしたら確実にフッキング出来る様に、難しいですがまだまだ研究が必要です。

ここで声を掛けられて振り向くと、いつもコメント頂いているパパバサーさんでした。暫しのお話タイム、パパバサーさん貴重な情報有難うございました。お話楽しかったです、またお会しましょう。

なかなかフッキングしませんでしたが、やっとこさ70cmUPを1本ゲットしました。これだけアタックが有って掛からないとは、腕の悪さを思い知らされました。

20101023-2

日が高くなると鯉が沈みだしてしまいます、それに今日は河川敷のグランドでなにやら大掛かりなイベントが開催され賑やかなのでいつに無く警戒している様です。

20101023-3

何時ものブッコミ師が見えたのも有り、少し離れた石垣ポイントで狙うとここでも何度も激しいバイトが有るんですがね。
でも、やはり乗りませんね如何したことか?
それにしても、ここでもテトラの間でSMBがベイトを激しく追い回して居ます。ただ彼らは私のルアーには反応してくれませんでした。

昼間は暑くなり日焼けしながら頑張ったんですが、今日はこれで上がりとしました。

メジャーポイント2

今日も京王多摩川へやって来ました。すっかり曇っているので肌寒いですね。
それでもメジャーポイントなので、既にブッコミ師が2組、直ぐにルアーマンが2人見えてと結構な混雑となっています。

20101017-5

それでも朝の内は鯉も結構活性が高くて、彼方此方でもじりが有ります。
お馴染みポップR50mmで、70cmUPの鯉を順に2本ゲットして順調な滑り出しと思ったんですがね。

20101017-2
20101017-3

朝の寒さが落ち着いてきたと思ったら、鯉が沈んでしまい反応が無くなってきてしまいました。水面はひっそりと静かになってしまいました。

20101017-4

それでも何とか食い込ませるのですが、警戒しているのか素早く吐き出すのですっぽ抜けばかりでヒットしませんね。釣れないのでブッコミ師も早々に引き上げてしまいました。
でも直ぐに変わりの人が来られました。流石、人気ポイントですね。

こんな時にも元気なのは、寒さに強いSMBですね。彼方此方で追われたベイトが派手に逃げ回っています。見ている前で、ルアーマンの方が1本ゲットされました。
狙って見ますが、私のルアーには反応が有りません。

足場の良い護岸にも回って見ましたが、何時も鯉が沢山確認できる所には姿を確認出来ませんでした。
更に下流側で鯉が派手にもじっているんですが、例によって竿が並び場所が塞がっているので手も出せません。
今日は早仕舞いとしました。

メジャーポイント

今日は迷いましたが、朝の内短時間の釣行と言うことでまたこの場所にやって来ました。
迷ったのは、雨続きの連休最後の好天ですから多くの人出が予想され、まず釣りにならない公算が強いからです。
何時ものポイントに入ろうと川岸を歩いていると、横をバイクが追い越して行きそのポイントに入ってしまいました。
メジャーポイントなので仕方が無いですが、ブッコミ師なので竿が並びポイントは完全に塞がってしまいました。パン餌で狙う方ですと、仲良く一緒に釣れるんですがね。

20101011-1

水位は大差無いのですが、増水の影響で堰を開放しているのか流れが速いです。
場所を何とかしようとしても、ルアーマンも数人来られているので入れる隙間に入るしか有りません。
ルアーマンは移動して行くので、空いたポイントを順に回って行きますが、天気が良いのと人気が多いので、何処も追いが悪いですね。
それでも何とかポップR50mmで誘って、75cmUPの鯉を釣り上げる事が出来ました。その後は、数度追ってきましたがヒットする気配は無かったですね。

20101011-2

今日はこれで諦めるのが妥当ですが、折角なので時間の許す限り上流と下流を見て回りました。上下600m位の範囲では浅い場所が多く、小型の鯉が泳いでいるばかりでした。意外とポイントは限定されているのですね。しかし、何処に行っても人が入ってますね。
またブッコミで釣れているのも60cm位の中型がほとんどでしたので、人気が有ると大物は出て来ないのでしょうね。
SMBを狙われているルアーマンが、今日は2本だそうでこんな状況でもゲットされるとは流石です。ポイントを良く熟知されているのでしょう。

この場所、流石に魚影は濃いのですが、人出も濃いので考えてしまいますね。
日と時間を上手く選ばないと、大物狙いは難しいです。
次回は、何処に行こうかまたまた迷ってしまいます。

話題の魚

午後から雨の予報でしたが、すでに朝から雨が降ってますね。今日も、前回好調だった京王多摩川にやって来ました。
機会を逃すと釣りに行けないので、雨の日も却って静かで良いだろうと楽観的な感じで釣り始めました。流石に釣り人は誰も居ませんが、ジョギングの人達はやはり熱心ですね。雨にも関わらず走る人が続きます。

20101009-1

相変わらず鯉は沢山居ますが、ルアーは見切ってしまいなかなか掛かりません、ようやく誘いに乗りましたが掛かりが浅く2本共バラシてしまったので、用意して来た飛ばし浮き+食パン餌で流して見ます。
これも針が見えると(不自然だと)見切ってしまい掛からないんですね。でもコツが判れば大丈夫、すぐに75cmを1本釣り上げました。餌釣りはこれでお仕舞いです。

20101009-2

その後ルアーに切り替えて、沖目を狙ってポッパーアクションの連発です。
サイドからルアーに激しく襲い掛かる魚が居ました。しっかり乗りましたが、この引きは鯉では無いですね。
寄せて見ると、最近話題のこの魚でした。SMBです、38cm有りました。とても元気でした。

20101009-3

暫くして、バス狙いの方が下流側に一人見えました。それに、気が付くとグランドも人で一杯です。雨が小降りになったんですね。流石に追加は難しい様ですしまた鯰さんを狙うも反応が無いので、鯉狙いに戻ることにしました。
今回仕入れてきたポップR50mmのサイズで狙って見ます。流れの筋を見極めながら流して、細かい誘いを掛けて行きます。
今度は来ましたね、これも先程の鯉と同じサイズですね。このクラスですとやはり良い引きをしますね。

20101009-4

「ミミズ爺さんのつぶやき」と言うブログが有りますが、こちらで紹介されているミミズ鯉ルアーとタオルフライを真似して作ったのですが(無断で済みませんです)、これもかなりチェイスが有りますね。タオルフライは、浮力のある発泡スチロールを芯にしてタオルの切れ端を巻いて作った物ですが、熱心に食い付いてきますね。
ただ残念だったのは私のはフックサイズが大きいようで銜えて持って行ってもフッキングしないんですね。次回は、もう少しフックサイズを下げないといけませんね。

高校生のグループが入り、賑やかにパン餌で釣り始めました。これも暫くの間だけで、雨足が激しくなると辺りはまた沈黙を守るようになりました。でも、相変わらずジョギングの方々は走ってますね。

この後、ルアーで3本追加して今日は終了としました。結構粘ってしまいましたので、足元はすっかりずぶ濡れです。
まだまだほんの一部しか回って居ませんが、この界隈は狙い方によっては結構面白いポイントが有りそうですね。
昼鯰さんを何とか誘い出して見たい物ですが、まだまだ難しそうですね。

今度は上流へ2

今日は用事が有るので朝限定ですが、もう一つの気になるポイントに行って見る事にしました。京王多摩川は昔、親戚の家が有ったので、子供の頃は毎年行われる花火大会に来るのを楽しみにしていました。ここには以前、遊園地が有りましたし子供にはとても良かったですね。

20101003-1

場所的には、上河原堰の上流左岸に当ります。
思い出すのは、昔はここに木製の幅の狭い橋が有り自由に渡れた事です。もちろん当時は、京王相模原線も京王多摩川駅が終点だったので、写真の鉄橋は有りませんでしたがね。
川原の広場では人が多く出て賑やかですし、カヌーの練習場も有りでやはり都会の川だと痛感してしまいます。
この場所評判は良いのですが、魚影は如何でしょうか?

20101003-2

ここは流石に堰の上流側に当るので、鯉の魚影は回った中では最高ですね。
大物は見ませんでしたが、岸近くを沢山の鯉が群れになって回遊しています。時間と共にパン餌で狙う方が増えてきましたが、パン餌にての反応はかなりよいですね。この辺り一帯がパン餌で狙うのに適したポイントと言えそうです。

こんな場所では、レーベルポップRが良さそうです。活性の高い群れの近くにキャストすると直ぐに来ました。55cm位でしょうかね。テールフックをバックリです。

20101003-3

ポップRは2種類のサイズを準備して有ったのですが、このサイズの鯉では小型の方ですよね。一匹釣ると群れが散ってしまいますが、暫くしてまた来ました。これは調子が良いなと思っていたらまさかのラインブレイクです。どうも先程護岸ですれて傷が入っていたようです。
仕方なく、大きなサイズで釣り始めましたがなかなか反応が渋くなりました。それでも、リアクション狙いで60cm程のサイズを一匹釣り上げ成功です。今度は、ベリーのフックをバックリです。
取り合えず、2本釣ったので良いでしょう。

20101003-4

その後、見切られてしまい反応は有っても掛かることは有りません。いずれにしても吸い込むように来ますから、ここではもう少しルアーサイズが小さくないと難しいと思います。
研究の為に、パン餌でも狙って見ました。飛ばし浮きで投げて流すと好反応ですが、針の付いたパンはなかなか飲み込んでくれませんね。良く見ていますね。
それでも、直ぐに掛かりましたが、以前作った仕掛けだったので痛んでいたのか、これもラインブレイクしてしまいました。今日は、寝ぼけが酷すぎますね。

浮き無しで、フックのみでやって見ます。これでも掛かり、なかなか良い引きと思ったら食いが浅くてバレてしまいました。
ここでまたルアーで広範囲に探って行きますが、数度反応が有りましたが結局乗らずで時間切れでした。

20101003-5

上河原堰上はなかなか反応が良い場所なので、これならもう少し季節が過ぎてもいけるかも知れませんね。今日は、狙いませんでしたが、この状況では鯰さんも結構出るのではないでしょうか、ポイントもかなり広いので探り甲斐が有ると思います。

今度は上流へ

先週は何時もの所から下流方面を調査しましたので、今週は上流方面に行って見ました。
今日は、午前中に用事を済ませて、昼過ぎから大丸用水堰に出掛けて来ました。
ここ大丸用水堰に来るのは実に8年ぶりです。前回も10月に来て、その時はニゴイをゲットしました。

20101002-1

堰下は水が結構綺麗で私が子供の頃に比べると雲泥の差が有りますね、バックウォーターも水量豊かで良い感じです。
今日、お話した方はこのずっと上流で、49.5cmのスモールを釣られたとの事です。やはり上流の方が噂通り魚影が濃いようですね。

20101002-2

しかしこの近辺も何処もやはり浅くなってしまいました。
8年前は水深が有り、上の写真の様にブッコミ釣の良いポイントだった是政橋上流も、下の写真の様にすっかり浅くなってしまい釣り人の姿も見えません。

20101002-3
20101002-4

南武線鉄橋下もあれ程深くて良い感じだったのですが、下側の写真の様にすっかり浅くなり、これでは駄目ですね。

20101002-6
20101002-5

鯉はあまり大型は居ないのですが、ここの個体は結構活性が良いようです。流れていくパンを追い掛けて行く鯉を何度も見かけましたし、パン餌で釣られている方が何本も鯉を上げていました。
しかしトップを積極的に追いかける感じではないのが残念な所ですね。
ただ、一度サミー85を滅茶苦茶に追いかけてきた鯉が居ましたので、この時期の可能性を感じる事が出来ました。狙い方によってはまだ行けるかもしれません。

さてと、次回は何処に行きましょうかね。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。