スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新色

梅雨空、真っ盛りですね。
今日は、小雨の中Iポイントに来てみました。

20100627-1

水位は平常に戻ってますね、ややマッディな感じは良さそうなんですが。
鯔がやたらといます、もちろんルアーには見向きもしません。
手長師の方が見えましたが、早速一尾釣られた模様です。
様々なルアーを引き倒しましたが、どうにも今日は鯰さんお休みのようですね、反応は有りません。

20100627-2

場所を移動して、何時もの堰下です。
鮎師は右岸、ヘラ師は左岸と住み分けが出来ている感じです。隙間を縫って、下流側にフライマンの方が入っています。結構、混雑していますね。
しかし、ここはあまり稚鮎が居ませんね。やはり鯔のジャンプが目立ちます。

まずは何時ものシーマスターズを繋ぎ、キャスト開始です。
数10投目位でしょうか、荒瀬の中でガツンと大きな当たりが有りました。なかなか良い引きをします、これは鯉ですね。

20100627-3

68cm、3.8kgの鯉でした。どうも最近は、鯉に気に入られているみたいですね。シーマスターズ90Sは、鯉の好きな黄色ですが今回のは新色タイプの方でした。
下流側の浅瀬も狙ったんですが、数回軽い当たりが有ったのみでバイトには至りませんでした。今日は、レイジーの反応が良かったです。
また雨が降ってきたので、今日はこれで上がりとしました。

スポンサーサイト

梅雨の空

昨晩から雨が降り続いていますが、9時位には上がる予報だったので何時もより少し遅く出掛ける事にしました。
ネット情報では、20cm以上の増水です。増水に強いIポイントか迷いましたが、これも増水時に実績のある堰下に行って見ました。

20100619-1

見たことの有る人影が、やはりToshiさんでしたか。久し振りにお会いしましたが、Mは増水で不調の為堰下に移動されてきたとの事でした。
下流側に鯔がたくさん跳ねていて、時折鯉も混じってますので熱心に狙ってみますが今日はピクリとも来ません。昨年の同時期の増水時にはあれ程居た稚鮎が、今日は殆ど姿を見ないせいでしょうかね。

20100619-2

ジョーズの様な大きな波を立てて魚が追ってきましたが、これは無理でした。あれは何者だったんでしょうか。
引いていたルアーに何か手応えが・・・・と思ったら上がって来たのはスレ掛りの鮎でした。暴れるものでシャツが血だらけです。

そんな事で場所を思い切ってIポイントに移して見ましたが、移動時期が遅すぎましたね、何時ものポイントは塞がっています。他を攻めましたが、反応が有りません。鮎はキャスコロでぼちぼち上がって居ます、こちらの方が良さそうです。
ここでもお久し振りですね、tamagawalkさんにお会いしました。
既に、鯰さん釣られたそうです、流石多摩川通ですね。帰宅時間が迫って来ましたが、少しポイントを狙わせて頂きましたが、私には反応が有りませんでした。

まだまだ研究不足ですね、次回は頑張りましょう。

稚鮎

日曜日に出動予定だったんですが、今日は急に休みになったので先週行けなかったNポイント右岸へやって来ました。

20100612-1

先週賑わっていた鮎釣りも今日は誰も入っていませんね、餌釣りの方が左岸に一人のみで、ここ右岸には誰も釣り人は居ません。

20100612-2

水量は少なく、何時も見る鯉の群れは姿を見せませんでした。
稚鮎は彼方此方で跳ねますが、型はまだまだ小さいのが多くこれでは瀬に付かないですね。大きいのが釣れないので鮎師の方達も出て来ないのでしょう。

上から下まで散々引き倒しましたが、ショートバイトのみで残念ながらヒットには至りません。
何処に行こうか?と考え始めたら、ブッコミの方が見えたので場所を譲り、話を聞いて見るとやはり解禁当初~先週までは良かった鮎もここの所、数匹しか釣れなくなってしまったので皆さん来ないそうです。
順次釣り下って行き水道橋まで行きましたが、田んぼに水を引いている為だと聞きましたが、水量はかなり減りそれに水質が悪すぎますね。まとまった雨が欲しい所です。

鮎が悪いとなるときっといつもの堰下が空いているはずなので、行って見る事にしました。

20100612-3

鮎師の方は右岸堰下直下に一人のみですね、他は右岸も左岸もヘラ師の方達のみで比較的隙間が有る方です。但し、一番のポイントは無理ですね。

ここはやたらと小型の鯔が跳ねて賑やかです、左岸のヘラは調子が良く順番に竿が絞り込まれて行きます。水中に鯉に混じって鯰さんがヒラを打ってましたが、丹念に探ってもショートバイトは有りますが、腕が悪いので拾えませんです。

このままでは坊主なので、時間延長してヘラ師の方の下流側を攻めて見ます。
稚鮎が浅場に無数に居ますね、こんな按配で瀬に付いてないので鮎の全盛期は結構後になりそうです。
この辺も鯰さんらしいヒラが見えましたが、鯉の方が沢山見えます。但し、足音がすれば遠くに行ってしまうので、人気が無い事を幸いに(さっきまでフライマンの方が熱心にロッドを振られてました)気配を消して浅場を狙います。
こんな時はシンキングペンシルの出番ですね。
静かに狙っていると反応は結構有りますが、上手く乗りません。カラーを変えて1本上がりましたが、残念ながらスレでした。
大きな鱗が一枚掛かって来ました、この異様な大きさは間違いなく草魚です。相変わらずこんな浅場で遊んでいるんですね。

上がりの時間が迫ってきました、久し振りの強い夏の日差しに真っ赤に日焼けしてしまいました。それに暑くて喉は渇ききっています。次回は、飲み物をもっと準備しましょう。
最後の一投を、丁寧に引いていたらガツンと来てロッドが絞り込まれました。
沖目ですが浅場なので良く動きが見えます、この良い引き具合からすれば間違いなく口に掛かっています。
慎重に寄せてランディング成功です!大暴れして砂まみれになってしまいましたが、81cm、7kgの綺麗な鯉でした。

20100612-5

ルアーはワンダー80のチャートバックです。

20100612-6

大鯉の引きに満足したので、今日はこれで終了としました。

気忙しいです

日曜日は片付けなければならない仕事が有ったので、早い目に帰宅する予定での出撃でした。
何処に出かけるか迷ったんですが、最近実績の有るIポイントに出掛ける事にしました。
到着して見ると、熱心に狙う先行者の方が見えたので邪魔にならない様に上流部に入りました。

20100606-1

水位がぐっと下がっても相変わらず鯔はジャンプして元気です。しかし今日はやたらと鯔のジャンプが多いですね。
キャスコロ師の方も見えたのですが、頻繁に上がる様子もなく鮎も調子悪そうでした。
早い目の帰宅が目標なので気持ちは焦り気味ですが、全くと言って良いほど反応は有りません。

これはNポイントの方が良かったかと思い、早い目に移動する事にしました。ここからだと移動しやすい左岸から立ち込んで狙うつもりです。

20100606-2

9時前に到着しましたが、上流部にはmasaさんの情報通り鮎師の方達が一杯でした。
鯰さん狙いだとミノーだとポイントに届かないので、重いスプーンを繋いで対岸近くまで投げましたが反応は有りませんでした。
鮎師の方達が傷ついた鮎を流し始めると、鯉の反応が良くなるはずなのでトップで丹念に攻めて見ましたがこちらも反応は有りませんでした。
暫くしてから、鮎師の方が順に下ってくるので聞いてみたら、今日は鮎はぜんぜん駄目との事でした。これでは、鯉のトップもまだまだ時期尚早ですね。思ったような反応が無いわけです。

10時を回った所で時間切れという事で上がりとしましたが、次回はもっとじっくりと探って見たいですね。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。