スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒いですね!

今日は気温が急に下がり、5月末とは思えない様な寒さとの予報でした。
ここの所好調でしたが、果たせるかな今日はホントに寒いです。
板チョコ護岸ですが、先行者の親子連れの方は早々に帰られました。やはり寒かったんでしょうね、私も1枚多く着込んできたんですがまだ足りません。

20100529-1

魚は着込めませんからね、急な寒さには活性が低下してしまいます。水面の雰囲気通り、いくら引いてもロッドに反応は有りませんね。時折跳ねるのは元気な鯔ばかりですが、これもいつもより少ないです。
もう鮎の解禁です、解禁になると堰下は激戦区になるので今の内に行って見ようと思い移動しました。

20100529-2

相変わらず良いポイントはヘラ師の方々が押さえていますね。浅場しか狙えないので、今日のような日は厳しいですね。
更に移動して亀ポイントへ、重めのスプーンを使用して広範囲に探るも反応は無し。更に更に移動して久し振りにMポイントへ。

20100529-3

板チョコの手長師の方達の情報通り、昨年と流れが変わったので良い感じのポイントを形成していますが、如何せんこの寒さ反応は有りませんでした。ミノーに鯉が追ってきましたが、フッキングには至らずでした。
小雨が降ってきて、更に風が冷たくなったので撤退することにしました。

次回は、鮎の解禁後なので出掛けるポイントは限られ厳しいですが、じきに鮎を狙うフィッシュイーターが活性化するので今から楽しみです。
スポンサーサイト

雨が降ると

今日は雨の予報ですが、この季節であればかえって活性が増す事が多いので、兎に角出掛ける事にしました。
早朝は曇り空で、対岸で鯔が元気良くジャンプしています。水位はかなり下がってますが、ややマッディな水色、雨の前のどんよりとした空模様、鯰さんを狙うにはこの雰囲気なかなか良いですね。

20100523-1

増水時とは勝手が違いますが、お馴染みシーマスター90Sで川底のえぐれに沿って丹念に探って行きます。ここの川底は見た目よりも結構複雑なので、リーリングに気を使います。
来ましたね、なかなか良いバイトです。ただ、追ってきて水面近くのバイトだったのでフッキングが悪かった模様。姿が見えた所でフックオフしてしまいました。60cm位だったと思います、またまた惜しかったですね。

今日はまだまだ大丈夫、気を取り直して場所を変えてまた引き続けました。
スピード感の有るバイトでした、今度こそしっかりフッキングしています。54cmとちょっと小さいですが、嬉しい1本です。

20100523-2
20100523-3

雨が降り始めました、それでも下流側に鯉釣師の方が見えて、上流側には手長師の方が見えて少し賑やかになりました。
同じパターンではバイトに持ち込めませんねえ、この空模様ですから食事に出ている個体を狙って広範囲に、ややスピーディーに引いていきます。
沖目でガツガツと明確なバイトが有り、これは良い感じのファイトです。
上がって来たのは、60cmの鯰さんでした。

20100523-4

雨も激しくなってきました、今日はもうこれで十分なので終了としました。

惜しいですね

久し振りの土曜釣行です。
国土交通省の水位データーで見ても、前回の増水はすっかり収まってしまいました。
こうなると増水時に好調なIポイントは難しいと思いますが、まずここから出掛ける事にしました。

20100515-2

前回から20cm以上の減衰に見えますね、鯉と鯔、鮒に混じってまだマルタの姿がちらほらとしています。暫く引いて見ましたが、この減水では案の定当りは有りませんね。
初めは誰も居ませんでしたが、順にヘラ師、鯉師、手長師の方達がぽつぽつと並んで行きます。
手長師の方と話したんですが、こんな物で釣れるのか?何て言われた矢先、スピナーベイトに大きなマルタが追ってきました。手長師の方もびっくり、ほんとに追ってくるんだと妙に感心されていました。
余談ですがここには沢山の大きな鯔が居ますね、彼らが釣れたら面白いんですが、こればっかりは難しいですね。
そうそうここはブルーテントが幾つか有るんですが、其処の方とお話していたらルアーを貰っちゃいました。種類は色々取り混ぜて、20個以上有りましたよ。

M下左岸上流部を経由して・・ここも結構場所が変わってしまいましたね、こんな時は何となく釣れそうな気がしたのでいつもの堰下にやって来ました。

20100515-3

流石にここはヘラ師の方が多いのですが、間を縫って怒られない様にロッドを振ります。
いつものシーマスター90Sを投げていると突然のライントラブル、ぴょん吉君が酷い絡みを作ってしまい手の施し様が有りません。
暫し試すも解れないので諦めて巻き取り始めたら、直ぐに魚がヒットしました。なかなかの手応えに、若しかして鯰さんかと思い寄せてくると、なんとマルタがしっかりとベリーのフックを銜えていました。
これはでかいね70UP確実と思ったんですが、意外と57cmしか有りませんでした。でも丸々ととっても太いマルタなので、重さは2kg有りました。良く引いた訳ですね。

20100515-4

この季節に効果的な引き方を色々と試して居ると、狙い通りの良い感じのバイトが有りました。残念ながら合わせた直後に外れてしまいましたが、水中で翻った魚は間違いなくよい型の鯰さんでした、やはり浅場に広く散っている様ですね。

その後、堰下の瀬にマルタの瀬付きが見えたので狙って見ましたが、鯉が果敢にブレットンを猛スピードで追ってきただけで(もう少しでした)、あっと言う間に瀬付きは消えてしまいました。
その後も鯰さん狙いで粘ったんですがね、強風が吹き荒れて釣り難かったですし、意外と寒くて風邪を引きそうでしたので上がりとしました。

有終の美

連休も今日が最終日、初日は運よくNポイントで鯰さんを久し振りに釣る事が出来ましたが、この時期の鯰さんは何処に居るのか気になって探しに来てしまいました。
先日masaさんとNポイントでお会いした時に、鯰さんの行き場所はNポイントかIポイントが怪しいですよとお話したので、仮説を確認すべく今日は久し振りにIポイントにやって来ました。

20100505-1

6時頃到着しましたが、まだ誰も居ないので貸切状態です。前回も狙ったポイントを丁寧に探っていきます。
増水の影響で水位はまだ高く、水色はややマッディな良い感じです。これは絶対釣れるとの不思議な確信が湧いてきます。
お気に入りのシーマスター90S、鰯カラーをゆっくりと引いていると、何か追ってきている感覚が有り、「来るぞ!」と思ったらロッドが絞り込まれました。
なかなかの良い引きに、テトラをかわして寄せてくると見えた魚体は70UP確実の大物です。良い掛かり具合に見えました、これは獲ったと思ったら目前でまさかのフックアウト。これには、全身の力が抜けてしまいました。

20100505-4

でも今日はまだまだ行けそうです、気を取り直して更に丁寧に探っていきます。
すぐに同じ様な感覚が有り、今度は上手く乗った様です。追い合わせを入れて寄せてくると、60cm、1.25kgの元気な鯰さんでした。

20100505-2

再び大物が来そうな予感に、更に広範囲に引き倒しているとまた同じ感覚と共に引っ手繰る様な激しいバイトが有りました。
これは良い感じの大物の引きです、テトラに巻かれないように慎重にやり取りを続けます。やっと引き上げると、とても元気で大暴れです。
泥まみれですが、73cm、2.75kgと満足の行くサイズでした。

20100505-3

何処も一緒ですね、狙っているポイントにヘラ師の方々が3人次々と入ってきてしまいました。一人は人が釣っているすぐ脇に入って来て、挨拶も無く平気なんですね。常連の方なんでしょうから、止む終えないでしょうが、残念ですがここは早朝のみしか狙えませんね。

それでも場所を変えて試しに広範囲に探って見ましたら、これも何時ものベイスラッシュで鯰さんのバイトが有りました。残念ながら数十秒でフックアウトしてしまいましたが、やはりこの近辺は有名ポイントだけの事は有りますね。
お陰様で、連休最終日に満足の行く結果を出す事が出来ました。
10時を回り、日差しもきつくなってきたので今日は早上がりとしました。

今日も来ました

今日は、久し振りに堰下にやって来ました。
だいぶ水は引いたようですが、まだまだ平常水位とは行かない様ですね。

20100503-1

先行者はヘラ師の方一人のみ、ヘラ狙いのポイントは時々魚がもじりますが、他はいたって静かなものです。
当りは全く無いしヘラ師の方が段々と増えてきたので、ここは撤収することにしました。

20100503-2

懲りずに昨日の瀬にやって来ました。
着き場が少し変わりましたが、アプローチが違うだけで基本的にはマルタの入れ食い状態です。昨日に引き続き、エリアベイスラッシュとシーマスター90Sが活躍してくれました。

20100503-3
20100503-4

先日の増水で洗われて水も底石も綺麗ですね、まるで奥多摩川みたいです、もうマルタは十分と思っていると、今日は結構人が多い様で対岸にルアーマンが見えました、同じポイントを攻めるとお祭りしてしまいますからね。もう一人は割と深い瀬を無理して渡ってこちら側に来られたので釣らせて上げたいしで、場所を譲ってまたまた移動する事にしました。

P1000958S.jpg

Nポイントに来て見ると、昨日と違いここも結構賑やかですね。ブッコミ師と小物師は昨年も見掛けた常連の方々ですね。Free Knotさんが熱心にロッドを振られてました。
いろいろと情報有難うございました。またお会いしましたら宜しくお願い致します。

帰ろうかと土手を上がろうとしていたら、見慣れた方が自転車で近づいて来ます。M下で釣られていたmasaさんでした。
産卵時期は、定番ポイントは何処も鯰さん厳しい様ですね、次回は何処に行こうか思案のしどころですね。

連休初日

昨日はまだ増水の影響が残り水位が高かった様ですね、こんな時は堰の上流側の方が良いでしょうからまずは水道橋周辺を狙って見ました。
産卵時期の鯰さんは、増水時に浅場に集まってくる様です。この近辺の浅場を見て回りましたが、残念ながら鯰さんの姿は見つかりませんでした。

20100502-1

水位が思ったほど高くは無く水質もかなり良い印象なので、思い切って「庭の瀬」に移動して見ました。
渡渉する時に彼方此方で水飛沫が上がります、水没した草の中で沢山の鯉達が産卵の真っ最中でした。浅いので、足の間に挟んで捕まえてしまいました。その位沢山の鯉の群れでした。

20100502-2

中の瀬上流部にはマルタの激しい瀬付きが見られましたが、とんでもなく浅いのでルアーでは狙いにくいです。
それでもブレットンで1本釣り上げましたが、粘っても後が続きません。連続してバラシてばかりです。

20100502-3

移動して本流筋を狙います。
トロ瀬に沢山の待機マルタが集まっていますね、水深が結構有るので底を狙いやすいエリアベイスラッシュを使って攻めて行きます。大当たりで入れ食い状態です。トリプルフックなのですが、上手く流すと殆どが口に掛かります。

20100502-4
20100502-5

でも偶にスレが混じるので、シングルフックに交換しました。20本程釣り上げたらルアーを覚えてしまったのか当たりが遠のいてしまいましたね。こんな時にはローテーションするのが効果的です。

20100502-6

お馴染みシーマスター90Sイワシカラーで連続ヒット、次は色違いの鮎カラーでも来ました。

20100502-7

アスリート9S(修理品)も沈みが良いので、この位のトロ瀬では使い易いです。

20100502-8

更に、新規に通販で仕入れたガイアミノーを使ってもバッチリと連続ヒットです。このルアーは安いですがなかなか良い動きをしますね。写真の魚は、3本線の婚姻色が目印のウグイですね。今日は結構混じりました。
後期のマルタは、ルアーを覚えてすぐにスレてしまうので、ローテーションが重要になってきます。

20100502-9
20100502-10

40本以上釣ったのでしょうか、こちら側を見渡す限り釣り人は皆無です。貸しきり状態でのんびりと釣る事が出来ました。
一番大きいので60cm、1.75kg有りました。水質も良いので元気ですね、良い引きに十分満足しました。

11時を回って、交換できる手持ちのルアーが無くなった事も有るのか、マルタは相変わらず沢山居てもまるっきり当らなくなってしまいました。
それではと、何時ものブッコミ師の上流側で鯉を狙いますが、いや今日はかなり大きな鯉(70~80cm位か)も混じって泳いでいますね、しかしトップには見向きもしません。

ここでライントラブル発生、スプール内側にラインが巻き込まれて途中で切れてしまいました。ラインシステムを組み直して、またまた移動です。
今度は、Nポイントにやって来ました。今年はかなり良さそうな深場が出来たので、トップでカープは大物が期待できそうですね。

20100502-11

12時半を回って暑くなりもう初夏のようです、この時期の鯰さんなので浅場を広範囲に狙ってみます。
意外と早く答えが帰ってきました。結構流れが速いのですが、川の中程で良い感じのはっきりとした当たりが有り、元気良く上がって来たのは60cm程の鯰さんでした。

20100502-12

ヒットルアーはお馴染みシーマスター90Sイワシカラーでした。クリアウォーターでは、鯵カラーと並んで実績が有ります。
今日から休みだったんですが、十分満足出来る結果が出ましたので、これで上がりとしました。
次回は、別のポイントを狙って見ようと思います。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。