スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りです

風邪がまだまだ抜けないのですが、そろそろマルタの遡上が始まる時期ですし、しかも大潮。気になるので時間限定で出撃しました。およそ一ヶ月振りですね。ほんとに久し振りです。
完全武装なので寒さは平気ですが、流石にまだまだ頭痛が酷いです。

気温は1℃、水温は9℃、マルタは影も見えませんが、鯉は活性が高いのか彼方此方でライズが見られます。
前にも気になっていた水面の白い泡が更に一杯に広がっています。水底もどろどろの状態ですので、まとまった雨が降らないとマルタの遡上に弾みが付きそうにありませんね。
このまま行くと、今年のピークは遅くなりそうです。
20100130-1
20100130-2

誰も来ない川岸で熱心に引き倒しますが、なかなか反応は有りませんね。魚は沢山集まっているのですが私の投じるルアーには見向きもしません。
一瞬、グンと重みを感じて合わせるとずしりと重い鯉の引き具合です。残念ながらこの引き具合からするとスレの公算が強いのですが、寄せて来るとやはりスレでした。ちょっと寂しいのですが、取り敢えず写真を載せておきます。
4kg有りましたがスレではねえ、残念でした。

20100130-3

今回は鯉を自作ルアーで釣られる名人、「ミミズ爺さん」の鯉ルアー+鯉フライを真似して作った自作品も試したのですがこれも反応なしです。
尤も、錘の重量をミスったのでシンキングになってしまいましたからかも知れませんね。まだまだ研鑽が必要です。

世の中には沢山の種類のルアーが有り、新しいルアーがどんどん作られてますが、すぐに見切られて(覚えられて)しまい釣れなくなるそうです。
まるで流行り歌の様に一時の人気で終わるようです。
その中でも名品と言われるルアーは時代を越えて残る実力を備えている訳ですから、後は各自の使い方と工夫なんでしょうね。

でもこれが難しいです、ルアーで鯉を狙っていると同じ鯉のはずなのに棲んでいる場所と季節で性質が異なっていて、全く反応が違います。
好期の夏場でも、堰下の鯉はトップでの反応は悪いです。これは人が多すぎるのもあるか知れませんね、鯉は警戒心がとても強い魚ですから。
昨年は、あの大型のペンシルで反応が有ったのはとても楽しかったのですが、同時期に堰下では全く反応が有りませんでした。
不思議ですよね、自然に流れていくパンは目の前でも食べるのにね。

マルタの季節は、一年中で一番、他の魚の活性も高くなるので狙い目かも知れません。今年は自作ルアーで狙って見るのも面白そうです。
それと、最近はチャミング無しでフライで鯉を狙う方もいらっしゃる様なので、これも試さないといけませんね。
今年も釣りに行ける時間がますます無くなりそうですが、何とか時間を都合して出掛けたいですね。
スポンサーサイト

初釣り

今日は初釣りという事で、釣り収めに懲りずに堰下に再びやってきました。
少しゆっくりと冬時間での出動なので、到着時は既に日が昇り始めて周囲が明るくなるタイミングとなりました。

20100103-1

しかし流石に気温は-1℃、水温8.5℃では厳しい条件なのかライズは殆ど無いですし、釣れないからか釣り人も一人もやって来ません。
前回、安物の強力防寒長靴がぱっくりと切れてしまったので、仕方なく普通の(やや)防寒の長靴で来ましたが足元が凍傷になりそうな感じで冷たくなってしまいました。岸辺はすっかり凍っています。

散歩の人は結構来ますが、釣り人は誰も来ないので、上から下まで丹念に探っていきます。ミノー、シンペン、バイブ、スプーン等々を様々な引き方で試して見ますが、シンペンに鱗が2枚釣れて、スプーンに一度当たりが有ったキリでした。久し振りに気合を入れて集中して引き倒しますが、魚は正月休みで帰省してしまった様ですね。根掛り意外の反応は有りません。

20100103-2

朝の内は寒くても風が無かったので良かったのですが、暫くして暖かくなり一瞬良い感じで、すぐに今度は風が吹き始めて体感温度はぐんと下がってしまいました。でも今度は氷が融けたので足元が暖かいのが救いです。

20100103-3

元気に鴨が泳いで居ますが、鯉の影は小型を数匹見たのみで、右岸際を跳ねる個体も小型で数が少ないです。ベイトになりそうな小魚も全くと言って良いほど見ません。日が高くなると、もっと派手にライズがあるはずなんですがね。
以前は、この季節でも多数の中型の鯉が瀬の中を元気に泳ぎまわっていたはずです。気になるのは、この写真でも判ると思いますが変な白い泡が多数流れてくる事です。水質の悪化なのか、工事の影響なんでしょうかね。昨年も聞いた、コンクリートのアクなのでしょうか、だとしたら最悪ですね。

流石に暫くは堰下では、釣りになりそうな感じではなさそうです。
この分では次回は、ちょっと違う所に行って見るしかなさそうですね。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。