スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増水注意

昨日の雨で60cm以上の増水になったので、かなり厳しい状況が予想されましたが、キャスティングの練習と言う事でまた出かけてしまいました。
気温は17℃、水温15℃とやはり水温は下がってしまい、濁りも結構入っています。

20090426-1

堰下の何本も有った瀬はほとんど見分けが付かない位です、水が引かないと解りませんが結構ポイントが変わってしまったと思われます。

20090426-2

鯉とマルタは相変わらず沢山居ますが、鯰さんは何処に隠れてしまったのか?
マルタは数日の内に最後のカーニバルを迎えるのでしょうね。

ロッドが引き込まれて、ずっと下流まで走らされました。定番の鯉のスレ掛りでした。スレですが立派な体格なので写真を上げておきましょう。80cm、8kg有りました。

20090426-3

尾びれにシャッドが掛かってました、どなたかラインブレイクしたようです。このサイズで濁流で暴れられてはひとたまりも有りませんよね。なんとToshiさんが、持ち主をご存知だったので後でお返ししました。

キャスティングの練習を十分堪能した頃、風が強くなってきたので今日は撤収としました。
今日は、masaさん、Toshiさん、yasuさんと楽しくお話出来ました。
皆さん有難うございました、また多摩川でお会いしましょう。

次回、連休釣行は、新ポイントを探して徘徊しようかと思っています。

スポンサーサイト

こんな日もある

今週は疲れていたので如何しようかなと思いましたが、気が付くと何時もの堰下に立っていました。これもほとんど病気状態ですね。
瀬にはマルタが物凄い勢いでバシャバシャしていますが、一直線に鯰さん狙いに直行です。
準備を始めていると直にNORIさん到着、目が霞んでしまい一瞬どなたか解らなくなってしまい勘違いしてしまいました、済みませんでした。

20090418-1

気を取り直して先週良かったスピナーベイトから投入開始、こんな状態でもコントロールだけは結構良いのでポイントを順番に攻めて行きますが・・・・今日は先週と違い全く反応が有りません。
周りでは待機マルタや鯉がうようよとしていますが、彼らは興味が無いのかスピナーベイトには無反応です。

今日は体調不良なのでオカッパリと決めていたんですが、気温は21℃、水温は17℃と暖かいのでウエーダーを履いて膝まで立ちこんで幅広く攻めて行きます。
下流の方に、かなり沖まで立ちこんでいるルアーマンを発見!相変わらず良く見えないが、シルエットがToshiさんに見える。近付いて来られるとやはりToshiさんでした。

20090418-2

当たりらしいのは有る物の、ほとんどマルタか鯉に触っているだけのようですね。
一心に立ち込んで釣っていると、意外と水は冷たく足から冷えた血液が全身を巡って行った模様です。頭痛が酷くなってきました。

マルタは相変わらず元気なので数本ゲットしようと、2番瀬にいつもお会いする方がいらしたのでご挨拶して、例のウキ釣り仕掛けを瀬に流し釣り始めたのですが、これがなかなかヒットしません。
何でだろうとうろうろしていると、後ろから瀬を1本跨いで投げている方が居て、見えなくてお祭りして怒られてしまいました。
1本は何とか釣って、もう1本は59cm有ったんですが残念ながらスレでした。

やはり鯰さんの顔が見たいですね。直にポイントに戻ってお馴染みシーマスターも動員しましたが・・・・・それでも無理して粘ったんですがね、今日は駄目でしたね。
最後に、コンビニ袋に拾ったゴミを詰めて持ち帰りました。
鯰さん臨時休業の様でした。また、次回に期待しましょう。

お久しぶりです

今年は始まりが早かったからか、マルタは早々と収束との事。
でも鯰さん・雷魚殿は良さそうですしね。兎に角行って見るかで、今日も何時もの堰下です。

20090411-1

今日は、堰下メンバーズの皆さんがお忙しいのと、毎年この時期になると釣り人は減って行くのも有りで、常連のヘラ師の方達を含めてほとんど人影は有りません。
気温は16℃、水温18℃と朝から暖かいですが、今日は1番瀬に鯉とマルタがバシャバシャやっているのが目立ち、後は5番瀬に集まっている位で全体に小さく散らばってしまっています。

20090411-2

目の前の1番瀬が賑やかなので、つい粘ってしまいました。ウキ釣り仕掛けに全く反応が有りません。此処で時間を掛けてしまったのは拙かったですね。
更にチャレンジした5番瀬で根掛り、仕掛けをロストしたので直に鯰さん狙いに変更です。

気温はグングンと上昇して行きます。これならミノーに反応が有るはずと、何時ものシーマスターをカラーローテーションしながら、ヘラ師の間を縫って上から下まで何回も往復しました。
その他の手持ちのミノーも使いましたが、チェイスが1回有ったのみでフッキングには至りません。

こんな時は、集魚効果の高いスピナーベイトが良かった事を思い出し、数回引いているとグンと鯰さんの当たりが!しかし直にバレてしまいました。
その後、何度も当たりが有りますが中々乗らない、どうも型が小さい様です。
しかし、スピナーベイトのこの効果は凄いですね。

こまめに場所を探ります。7時40分過ぎ、大きな当たりが有りなかなかの引き具合、これは間違いなく鯰さん、慎重に寄せてくると、68cm、2kgの久々の大物です!
スピナーベイトをバックリと銜えています。

20090411-3
20090411-420090411-5

その後、少し立ち込んで引いていると、当たりは有るけれど乗らず、ふと見ると後ろに付いてきた鯰さんは小さいです。小型のディープクランクでないと釣れそうに無い大きさです。
今日は、水温が高いので浅瀬で狩モードに入っていて、結構広い範囲で何らかの当たりが有りましたが、小型が多いのか腕が悪いのか(きっとこれだ!)で、追加はままなりませんでした。

20090411-6

今日は暑いので皆さん水遊びですね。
まだ早かったので、masaさん推薦のカラシナを摘んで帰りました。
早速茹でて、夕食で頂きましたが、醤油でもマヨネーズでも美味しかったですよ。
masaさん情報有難うございました。

20090411-7

桜も散って行き、川面に浮かぶ花びらと共にいよいよ浅瀬に繰り出す鯰さん、これから楽しみですね。


連続バラシ

今日は暖かいお花見日和という事なので、久しぶりでスニーカーで出かけてきました。
ホントに日が長くなったので、家を出るときから既に明るくなっていますね。

今日は先週よりも人出が出ているのでは無いかと思う反面、多摩高前と堰上流が好調との話が有る事、4月に入るとフライの方達が順に渓流に移動される(ブログ拝見していると解りますね)ので人出は減って行く事、等々で意外と少ないのではと思いながら土手を上がります。

熱心にロッドを振る釣り人を発見、やはり常駐班のToshiさんですね。masaさんもほとんど同時に到着されました。今日は2番瀬が良いとのお話ですが、誰も居ない5番瀬をまず狙って見る事にしました。

20090404-1

鯉が結構居るみたいですが、先週に比べて5番瀬は魚影が薄いですね。それでも手を変え品を変えで工夫していると、5回以上バイトが有りましたが暫く引き合うも全てフックアウトしてしまいます。

食いが浅いですね、悪戦苦闘しているとウキが大きく引き込まれて、合わせるとかなり強い引きです。これは間違いなく鯉ですね、しかもスレっぽい、本流に乗られてしまい止む無く全部の瀬を横断して下ってランディングしました。大きな4kgUPの鯉でしたが、背びれにフッキングしていたので写真は撮りませんでした。ふう~、疲れた。

20090404-2

1時間以上こんな状態だったので、2番瀬に移動して見ました。魚は沢山入っているので少し調整するとヒットしますがやはりバラシが多いですね。このシステム、合わせが難しいですね、特に食いが浅い(じゃれる様な感じ)ときは連続バラシです。

それでも、試行錯誤(このシステムの面白い所)しているときっちりとフッキング、これは重いなと思いながら寄せて見るとご覧の様にぶっといマルタでした。

20090404-3
20090404-5
20090404-5

その後は、ポツポツとウグイとマルタをゲットして、鯰さん狙いのmasaさんと合流です。
強固な根掛りの正体がバイクだったとは(Toshisさんのブログ参照)、道理でピクリとも動かない訳ですね。
しかし鯰さんヒットしません、いったい何処に行ってしまったのか?

再度、マルタ狙いに戻るもフライを見切ってしまいます。相変わらずバラシの連続ですが、ようやくウグイがヒットしました。
丁度お見えになっていたtamagawalkさんに、お見せする事が出来ました。

このフライも見切られてしまい、久しぶりにブレットンを投入するとたちまちヒット、しかしやはりバラシが多いです。
最後にお馴染みシーマスター70Sをキャストして引いてくると、良く見える水中を狂ったようにマルタが追ってきて目の前でヒットしました。これはエキサイティングですね。

20090404-7

その後、数匹上げてから鯰さんの延長戦に再チャレンジしましたが、こちらはやっぱり駄目でした。

帰る頃には流れ込み下流の右岸はヘラ師の方達で一杯でした。鯰さん、次回は場所を変えて狙うかですね。
でも今日は、沢山の方達とお話が出来て楽しかったです。皆さん、有難う御座いました。

水が引いて化石島が復活していました、右岸は今年もお花見で賑わってますね。

20090404-8
20090404-9

マルタの季節が終わると、鯉・ニゴイの滝登りに引き続き鯰さんの季節がやって来ます。楽しみですね。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。