スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒い寒い!

今日は冷え込みがキツイとの予報だったので如何しようかと思いましたが、来週は行かれそうにもないので兎に角行って見ようと出掛けました。
昨日、好調だったという橋の下にやってきましたが、まだ薄暗く寒い中岸近くに鯉が沢山居ます。
今日の目的は、橋の上流に出来た流れ込みでトップを引いてみたい事だったので、早速スイッシャーを繋いでキャスト開始です。
20081124-1

駄目ですね、30分ほど引いてもチェイスも有りません。鯉は逃げていくのですがね。
シーマスターの新色を繋いで順に下って行きました。しかし寒いですね、持病の腰痛が悪化してきて、立っているのもつらいです。

おや見覚えの有る方が歩いてきます、金太郎豆さんでした。お久しぶりです。
暫し楽しく歓談しました、金太郎豆さん有難うございました。
気を取り直して釣り始めましたが、とても渋いですね。
更にリールの調子が悪くてキイキイ五月蝿いのとハンドルが重いので予備のリールに取り替えてキャスト、おやこれはラインが極端に少ない。先日バックラッシュでラインを切り捨てた為ですね、これも使えないか。
何故か3台目はフロロカーボン14ポンドですが、寒さで更にラインが硬くごわごわしています。沈みはいいんですが、巻き癖が凄いです。投げる度にガイドに当たってバタバタ凄い音がして気になります。このラインはやはりベイトでないと問題かな。まだキイキイする方がましみたいですね。

寒いですが、気温は11℃、水温は何と15℃も有ります。昨日の名残でしょうか?
対岸にToshiさん登場。テトラ帯で粘るも、暫くしてこちらに移動されました。
20081124-2

その後、今日は早く帰ろうと思っていて振り返ったら、鯰さんを上げられた所でした。
おや居たんだともう少し粘る事にしましたが、その後もさっぱりでした。
おまけに小田急線下で、前回とルアーを取られた太い根掛りラインにまた引っ掛けてしまいました。前のルアーも仲良く一緒です、ええいままよで引っ張ったら運よく回収できました。
今日は、ここで終了としました。

しかしこの場所、トランペットに爆竹・投石と橋上含めてギャラーの多さはホントに落ち着かないですね。
多摩川は彼方此方で楽器の練習をしています。大師橋でオカリナ、六郷橋で尺八、多摩川大橋下流でサックス、上流でフルート、登戸でドラム、宿河原でコンガにサックス、ギター等々。中でも尺八はプロ並でしたよ聞きほれてしまいましたもの。
やっぱり休みの日は、釣れなくてもいいので静かな所でのんびりと釣りたいですね。まして聞くんだったら好きな音楽を、嫌いな音を聞くのはちょっと遠慮します。
スポンサーサイト

橋の下

3連休初日は晴天に恵まれましたが、朝は冷え込みが厳しいです。
6時現在、気温は10℃、水温9℃とだいぶ下がって来てしまいました。
今日は、気になっていた堰上に行こうとうす暗い川原を降りて行ったんですが、立ち入り禁止のロープが張ってあって入れない雰囲気なので、結局遠回りして何時もの堰下へやってきました。
既にmasaさんがロッドを振っていましたが、反応は無いそうです。
20081122-1

日差しは暖かいが風がとても冷たくて芯から冷えてきますが、ヘラ師の方達は順調に上がっています。対岸のルアーマン氏は鯰さんをゲットされたそうですが、こちらは全く反応が有りません。
手応え有りと思ったら鯉のスレでした。すぐにオートリリースしました。

亀ポイントに行かれていたToshiさん合流、皆さん投げ続けるもう~ん当たりが有りません。
ここで朝行けなかったが、堰の修復工事の為に減水して魚影は濃いはずなので水道橋の下に行く事にしました。何となく鯰さんが居そうな気がするし。
結局、立ち入り禁止はほぼ関係無しで、近くのワンドにはヘラ師が一杯でした。

流石に鯉の数は多いですね、小田急線の鉄橋下流の流れ込みまで釣り下りルアーを引いていると6回程鯉がスレ掛りしましたが全てオートリリースでした。口を使ってくれません。
20081122-2

折り返して水道橋下に戻ってくると上から声がします、masaさんとToshiさんのお2人でした。橋上から見ると鯰さんが泳いでいるのが見えるらしいです。
20081122-3

声に従って投げるも反応は有りません、いつもはこのテトラが隠れるほど水位が有る場所ですからね。すっかり浅くなって、両岸にギャラリーが頻繁に通るしで厳しいです。朝のうちは釣れるかも知れませんね。橋の上下流に良い条件が整っているのでタイミングが合えばゲットできるかもです。
20081122-4

風が無いと昼間は暑いくらいです、厚着しているので汗をかきながらの帰宅になりました。また風邪を引きそうですね。明日は用事が一杯になってしまったので、残念ながら釣りはお休みです。気温がグンと上昇するのでチャンスかもです。皆さん、頑張ってくださいね。

厳しいですね

流石に昨日は飲みすぎて、久しぶりの二日酔いですが、しっかり起きて何時もの堰下へやってきました。
まだ薄暗い土手の所でヘッドライトが煌々と燈り一台のバイクがやって来ます。こんな朝早くから熱心な釣り人だなと思いながら、バイクのシルエットに何となくもしかするとと思いました。

土手を降りて川原に下りていくと既にToshiさんが入られており、何やら撮影中です。走って行くと2匹目の泥鰌ならず、2匹目の川鱸でした。流石ですね、浅場にナマズさんが居たお話も伺い、今日は何だか活性が高そうだと期待も高まります。

先ほどのバイクの方が見えたので声を掛けて見ると、やっぱり、このブログにコメント頂いているタカヲさんでした。いろいろと楽しいお話を伺って皆で釣り開始です。
タカヲさん、有難うございました。お会いできて楽しかったです。
20081115-1

遅れてmasaさん到着、皆で引き倒しますが、今日は鯰さんお休み見たいですね。チェイスすら有りません、これほど厳しいのも久しぶりです。
でもタカヲさんバイトが有ったそうで流石ですね、初めての場所ではなかなか難しいですから。バラシたのは惜しかったですが、次回はきっとゲットですね。
20081115-2

二日酔いで頭痛がしますが、じっくりと攻めて行きます。しかし釣れるのは落葉ばかり、ブッコミの鯉師もヘラ師も順調に上がるのですがこちらは全く反応なしです。
制限時間が来たので上がりましたが、昼過ぎには汗ばむ位の陽気になっていました、でも来週は冷え込みが一段と厳しくなるのでしょう。
しかし難しいですね、決定的なパターンが見えません、更なる研究が必要ですね。

ラパラでリベンジ

朝、堰下に到着したらまだ日の出前でした。ホントに日が短くなったんですね、次回からはもう少し遅く出た方が良いのでしょうかね。
今日は曇りでとても寒い予報なので、沢山着込んできました。お陰で、顔以外は寒くは有りません。しかし寒々としたこの雰囲気、とても釣れそうに無いですね。
20081109-1

数分後Toshiさん登場、少しお話してからそれぞれ釣り開始です。
Toshiさんは、昨日masaさんが鯰さんを掛けた流れ込みで頑張る様子、あれもう根掛りか、でも外れたみたいだと思っていて・・・暫くして見ると猛烈ファイトの真最中。
大きく弧を描くロッド、なかなか寄らない大物、強引に寄せたあの銀色に光る幅のある魚体は、やっぱりシーバスだ!遂にToshiさんがシーバスをゲットされました。
おめでとう御座います!しかし色々な魚種を釣られますよね流石です。

人の気配に振り返るとルアーマンらしい方が1人歩いて来るのが見えます、何となくこちらを見ている様なので(始めてきて勝手が解らないのかな?声を掛けようか、でももしかすると・・・)「ルアーですか?」と声を掛けると、「マルタウグイさんですか?」、やっぱりtakaさんでした!遂にお会いできましたね、いやあ嬉しいですね。暫くお話して、少し釣りをされて、門限を気にされて帰られたのは何時ものブログの通りでした。
takaさん、有難う御座いました、また今度ゆっくりと釣りをしましょう。

しかし下流側はピクリとも来ないです。上流側はヘラ師が入ってしまったので狙えないし、やや下手から狙ったら手元が狂ってヘラ師の沖目にルアーが落ちて睨まれたしで。
Toshiさんは早めに帰還されたので、ヘラ師の更に上流側の荒瀬を狙います。
鯰さんが駄目なら私もシーバスを狙おうと、アスリート9Sを繋ぎシーバス向けの引き方?で暫く引き続けると、ガツン!と来ました。鯉でも鯰さんでもない、この懐かしい強引な引きは多分シーバス、慎重に寄せて大きな背中が見えた所でまさかのフックアウトでした。残念、でもまた今度が有りますよね。

すっかり気が抜けたのですが、このままでは坊主に終わりそうなので、シーマスターが駄目な時の秘密兵器、そう名器ラパラCDを使います。
小雨がパラツキ始めた中、丹念に操作して探りを入れていきます。さっきより小さいですが当たりが有り、懐かしい引きと共に上がってきたのはやっぱり鯰さんでした。55cm、1.2kgの小振りのサイズですが、今日は貴重な一匹です。
20081109-2
やっぱりラパラは頼りになりますね。
20081109-3

取り合えず坊主は免れたので、今日はこれで終了としました。

寒い!

貴重な連休なので、今日も何時もの堰下に来てしまいました。
今日はmasaさんが既にスタンバイしてキャスト中でした。気温は16℃、水温15℃と昨日より気温は1℃低いだけなのに、川に立ち込んでいると芯から冷え込んで来ます。太陽の登り道を塞ぐように雲が空を覆いちっとも日差しが差し込んで来ません。
鯉は結構跳ねるのですが、昨日と同じくチェイスすら有りません。
20081102-1

おや対岸にToshiさん登場です、暫く引くも流れが有るのでどうも釣り難そうですね、結局こちら側で3人並んで釣る事になりました。
しかし釣れませんね。急な冷え込みは活性が悪くなりますから、暫く経てばまた釣れる様になるでしょう。

上流側のヘラ師の方達も釣れない様ですし、下流側の鯉のブッコミ師も早々に撤収され、対岸のルアーマンもいつの間にか居なくなりで静かになりました。
昼過ぎたので今日は撤収です。次回に期待しましょう、もっと着込まないと流石に11月の川は寒いですね、この季節に二日続けて出動は堪えましたねすっかり風邪を引いてしまいました。

北風と太陽

今日は天気になりますが北風がビュンビュン吹く予報なので、体感温度はかなり低いだろうなと思って冬物のジャンバーを羽織ってきました。
しかし日が短くなったので、釣り場に着くと明るいけどまだ日の出の直前でした。
20081101-1

Toshiさんは既にスタンバイしてキャストしています、並んで釣り始めましたが今日はまさしく渋い感じです。気温は17℃、水温15℃ですから大分寒くなりましたね。
宿河原堰は去年の台風9号の被害の修復工事でゲートを27日から開放しているので、堰上のワンドが干上がってしまいヘラ師の方達が珍しく数人見えていました。でも釣れないですね、暫くして強風に耐えかねて皆さん撤収されました。
こちらも当たりが一度有ったきりで音沙汰無しです。何だったのか?鯉のスレかも知れないし・・・。
20081101-2

12時頃Toshiさんが帰られてから、もう一度上流部からおさらいしてみました。
先週と比べて底の状態が彼方此方変わっています。順番に引いているとやはり始めに当たりが一度有った辺りが、今日は良い雰囲気だったので最後に丁寧に引いて見ました。
祈りを込めて引いていると天に通じたのか大きな当たりが!
この強い引きは結構良い型の鯰さんに間違いない、慎重に寄せて来るとぼってりとしたお腹の鯰さんにフックが2本しっかりと掛かっていました。
20081101-3

この引きは65cmと思ったんですが、62cm、1.5kgの鯰さんでした。メタボですね。(自分と見比べてしまいます)12時25分、やっと太陽が強くなって汗ばむぐらいになってきた所でした。
ヒットルアーはやっぱり何時ものシーマスター90S(改)、今日はイワシカラーで決まりです。
20081101-4

明日は風が無い分暖かいでしょうから、今日よりも活性が高くなると良いですね。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。