スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒かったです

昨日、歩き回って疲れたので今日はお休みのつもりでしたが、金太郎豆さんの鯰さん情報を見てまた来てしまいました。
20080928-2
日活ポイント対岸に着くと、ほぼ同時に到着した金太郎豆さんとばったり遭遇です。
しばらくお話して釣開始、今日は更に寒いですね。しばらく引くも全く当たりなし、魚は時々跳ねるが、対岸の何時もの鯉のブッコミ氏もちっとも釣れない状況です。

こちら側にはオイカワ狙いの方が3人見えましたが、寒いからかやはり釣れません。しばらくして順番に帰っていかれました。
なかなか釣は難しいですね、昨日とは状況が変わってしまったようです。
金太郎豆さん有難う御座いました。釣れなくても楽しくお話できたので行って良かったです。

10月に入ったら秋鯰さん安定してくるんでしょうか、次回は何処を如何狙うか迷いますね。
スポンサーサイト

涼しくなりました

今朝は予報どおりの急な冷え込みで、夜明け前の街を歩く人達は、寒そうに震えながら歩いていました。
何時もの堰下に到着すると、先日の増水でまた流れが変わっていたのと、前回の鯉ポイントが埋まってしまい浅くなっていました。全く魚っ気が無く、対岸の鮎師も全く上がらずで早々に引き上げてしまいました。ちなみに気温は21℃、水温は20℃でした。
20080927-120080927-2

こちらも早々に移動する事にしました。日活ポイントに大移動です。
20080927-320080927-4
先週の金太郎豆さんのレポート通りで、全く鯉のもじりも見えません。ルアーを追って来ませんが、ここは相変わらずブッコミで次々と鯉が上がっています。小型の鯉は居ても、フィッシュイーターでは無いようですね。

次は亀ポイントの様子を見る事に。
20080927-520080927-6
良い感じの水の加減、如何にも釣れそうなんですが、相変わらず駄目ですね。でも今日は対岸の鮎が絶好調で、連続で大きな鮎が釣れています。去年はトロ場だったので鮎は上流部のみでした。

つるのポイント(以前つるの剛士がマルタウグイを釣っていた場所)も気になったので覗いて見ましたが、ここも魚が居ないです。またここの上流部の鮎は今一つの様子でしたね。
対岸上流部の入り江は見た目良さそうでした。
20080927-720080927-8

最後は、堰下の川崎側まで来てしまいました。
此処の流れ込みから下流には何時も通り鯉が泳いでいますが、なかなかルアーには見向きもしてくれませんでした。
20080927-920080927-10

此処で後ろから聞きなれた声がして、振り返ると親子連れのmasaさんと遭遇です。
明日出動との事でしたが幸運を祈ります!釣れると良いですね。
今日も、ポイントめぐりになってしまいましたが、涼しいし良い運動になりましたね。

スレばかり

今日は午前中は曇りの予報なので、様子を見に何時もの堰下へ行って見ました。
気温は23℃、水温は22℃と風が吹くと半袖シャツでは寒いくらいです。

20080921-120080921-2

一昨日の雨で90cm程増水した影響でまた流れが変わってしまい、先週あれほど釣れていた鮎がめっきり上がっていません。
相変わらず水量があり流れが速くて浅いですね、masaさんと丹念に攻めても反応は全く有りません。以前は足元を鯉がウロウロしていたのですが、此処の所姿をほとんど見ません。
鯉は何処に行ったのか?先週は結構下流まで見に行きましたが、今日は少し下流で発見!
ぽつんと底がえぐれて深いところが有り、鯉が集まっていました。

早速何時ものシーマスターで攻めてみると、直ぐに当たりが有りロッドが絞り込まれました。おやでも引きが変だなと思っていると、まさかのスレ掛りでした。60cm、2.7kgの鯉だったんですが残念です。その後2回当たりが有りましたが、多分スレ掛りでしょうね、フックオフしてしまいました。
上流部に戻って、探っていたらごみの様だが泳ぐ変な引き心地で上がってきたのが、赤耳ガメでした。これも後ろ足にスレ掛りです。

20080921-320080921-4

スレ掛りばかりでした、まだまだ調子が出ませんね、まあ魚が掛かっただけでも良しとしましょうか。

気長にまちますかね

昨日、久しぶりに歩きすぎたので足に豆が出来てしまい上手く歩けません。
朝食を済ませてから、電車とバスを乗り継いで今日は金太郎豆さんのポイントにやってきました。

着いたのは9時過ぎでしたが、遠くからも熱心にロッドを振っている姿が見えました。
やっぱり金太郎豆さんですよね、暫しお話してから始めたんですが、やっぱり今日も渋いですね。
20080914-1
ダブルスイッシャーを派手にアクション掛けていたら、一度だけ追って来ましたがやっぱりフッキングしませんでした。

50cmクラスまでの小型の鯉ではどうも追いが悪いですね。昨日の下流の方から、大物が上がって来ないと調子が出ません。
20080914-2
まあ気長に待つ事にしましょう。

歩きました

増水から2週間経ちましたが、大物の鯰さんや鯉がそろそろ戻ってきたかどうか気になって、今日は彼方此方見て回りました。

まずは何時もの堰下ですが、東京側は貸しきり状態でした。気温、水温共に25℃と涼しくなりましたね。
20080913-1
20080913-2
水位は10cm位下がったでしょうか?でも水量はまだまだ多く、水底もご覧のとおり苔も生えていません。鯉は時々泳いだり跳ねたりしていますが、いずれも対象外の60cm以下の小型の鯉です。
対岸のキャスコロの鮎師は良型の鮎を次々と掛けています。いよいよシーズンも終盤にかかって来た感じですね。
う~ん、鯰さんの居る気配は無いですね、これだけかき回していては、無理でしょう。

大移動、金太郎豆さんの大鯉ポイントです。まだまだ堰下と同じ底の状態です。
20080913-3
沖目で一度チェイスが有りましたが、ヒットはしませんでした。
まだまだ大型の鯉は戻っていないような?

更に移動して、亀ポイント。ここも底の状態は全く同じですが、上流部は鮎師で一杯でしかも良く釣れていました。
20080913-4
20080913-5
ここでは何時もお会いするオイカワ狙いの方が、ウグイとオイカワの入れ食い状態でした。とても面白そうなので、今度は振り出し竿も持ってこようかなと思いましたね。

大物は何処に行ったのか?更に下って行きます。
平瀬川の合流ポイントは大鯉で有名、しかし橋の上から偏向レンズで見るとやはり小型の鯉ばかりでした。浅いですね、新二子橋下も遠浅で早い流れの中を小型の鯉が泳いでいるのが見えます。此処にはルアーマンが1人、今日始めて来られたそうです。
(合流点では、鯉釣師からルアーで雷魚が釣れるとの情報を頂きましたが、この水深では如何かな?もう少し減水したら狙ってみますかね。)
20080913-6

二子橋の下はバーベキューの人達でごった返しています。そっと通り過ぎて第三京浜の上手に行くと、中州のフライマンのロッドが満月に絞り込まれています。久しぶりに見る大物です。
20080913-7
20080913-8
やっと寄せてきた鯉は6kgだそうです、75cm位でしょうか?こんな下流に居たのですね。
「フライで多摩川の鯉を釣る」の藤田さんのホームページで紹介されているF-6ポイントです。随分歩いてきたものですね。

更に、第三京浜まで歩いて今日は終了としました。ここも浅くて駄目ですね。
20080913-9
今日は10km以上は歩きましたね。
大物が何時ものポイントに戻るのはもうしばらくかかりそうです。


水が綺麗過ぎますね

4m以上の増水から1週間経ちましたが、何時もの堰下に来てみるとまだまだ平常水位から50cm以上も高い様です。
すっかり状況が変わってしまって、東京側の枝流も埋まってしまい元の中州に歩いて渡れます。これは久しぶりです。ここ何年もウエーダーが無ければ中州には入れ無い水量だったのに、終に陸続きになりました。
20080906-1

流れが速いのでヘラポイントは現在消滅中、数人の鮎師と投網の人が居るのみです。
先に来られていたmasaさんに伺っても、遠浅で全く反応無しとの事。確かに綺麗な石底が遠くまで良く見えます。
50cm程の鯉が時々泳いでいる程度、一度鯰さんらしい魚体がヒラを打ちましたが、魚の反応は全く有りません。

金太郎豆さんのポイントに大移動です。
20080906-2

こちらも水位はかなり高めで、水は透明、苔むした石底は綺麗に洗われて気分は良いのですが、あれほど居た鯉は何処に行ってしまったのか?
小魚はピチャピチャ跳ねているのですが、肝心の大物は姿を見せず、時々小鯉が居る位です。
一生懸命引き倒したのですが、反応は全く有りませんでした。

水が綺麗過ぎますね、後1~2週間経って、川底の石に新しい苔が一杯に着かないと魚が戻って来ないんじゃ無いでしょうか。
それまであまり降らないと良いのですが・・・

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。