スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒かったですね

今日は最高気温24℃の予報、朝から曇り空で涼しいと言うより川は寒いです。
一枚多く着込んできましたが、小雨混じりの中、川風が身に沁みます。

20080823-1

結構鯉は跳ね回っているのですが、小型の個体が遊んでいる感じなので全くルアーを追いません。それでも諦めずに投げていると、1度だけヒットしたのですが直ぐにバレてしまいました。

対岸に釣り人が1人、上流に鮎師が1人居ましたが、早々に引き上げてしまいました。
しばらくして下流側に、先週もいらっしゃったフライマンが入りましたが、このタフコンディションのなか釣れたんでしょうかね?

今日は、とっても渋いので、先日仕入れたルアーのスイムテストに終わりました。
来週は用事が有るので、出撃できるかどうか微妙です。
次回は、秋鯰の季節になるのでしょうか?
スポンサーサイト

盛夏

今日は午前中曇り空で午後から強い雨が降るとの予報だったので、予想気温は高かったのですが日差しが無ければ過ごしやすいだろうと出かけて来ました。

天気予報は外れてしまい、夏空から強い日差しが照り付けて来ます。
土手の上から見ると、金太郎豆さんが熱心にロッドを振られているのが見えました。後、フライの方が下流側に1人、鮎師が上流部の瀬に数人と言ったところです。
波が無く平らな水面は、あまり活性状態が良いとは思えず。この天気からすればホントに朝の内が勝負と言った感じです。

20080816-1

しばらくしてmasaさんが合流、堰下で朝から振るもやっぱり魚の影もないそうです。鮎は調子よく釣れているそうですが、鯰さんも鯉もいったい何処に行ったんでしょうかね?

滝の様な汗が目に沁みますが、かまわずキャストを繰り返します。
「凪の時にはペンシルベイト」なので、スウェイバックザラスプークを付けてドッグウォークさせているといきなりバシャと乗りましたがちょっと引き合ってフックアウト、こんな事を繰り返して5回アタックが有っても1本も取れません。

金太郎豆さんのお話でも、興味だけで追って来ている様なのでフッキングしないといった感じで、masaさんもチェイスは有るが乗らないと、今日はどうも不調です。

どんどん暑くなります、金太郎豆さんが先に帰られてから、段々暑さがヒートアップしてきました。そろそろ帰ろうかなと思った9:07、上流部を再びプロザラスプークでドッグウォークさせていたら、ザラの後ろに一瞬波が立ってロッドが引き込まれました。

今度はがっちりフッキングしました、慎重に寄せるとザラをパックリと銜えています。これなら大丈夫と強引にランディング、暴れまわるとても元気な鯉でした。
かなりいい体格なので大きく見えたのですが、62cm、3.3kgと通常のサイズでした。

20080816-2

兎に角暑いです。今日はもうこれで十分なので、早々に撤収しました。

”プロ”の効果?

今日も35℃以上の暑い一日になると予報が出ていますが、兎に角朝の涼しい内に釣り上げてしまおうと懲りずに出かけてきました。

先日とは打って変わって減水して、ほとんど流れがない状態なので鯉の活性も今一つの様な感じです。
まずは先日追いの良かった、テクノワールドのスイッシャーをラインに結んで投げ始めました。

波一つ無い水面に、時折鯉の作り出す波紋が広がります。
軽いジャークを与えながら巻き上げては投げるのを3回ほど繰り返したところでルアーの隣に波紋が湧いて、早速のヒットです!

魚は間違いなく掛かっているのですが、サイズは小さい感じです。
直ぐに寄って来たのは、55cm程の痩せた鯉でした。
しかしこんなに痩せた鯉は始めて見ました、良くルアーにアタックしてきたものだと感心してしまいました。

20080814-120080814-2

「以外にも活性が良いのか?」幸先の良いスタートに気を良くして、投げては巻いてを繰り返しますが・・・・・・一向に追って来る気配は有りません。さっぱりです。
鯉は沢山居るのですが、小型ばかりの為かヒットしません。

ここで先日仕入れた、プロザラスプーク(トップウオータープロのサイン入り、これで釣果倍増か?また何故か3本フック)が有った事を思い出し。これで遠投して大物を狙う作戦を思いつきました。
力一杯遠投して、ウォーキングドッグで引いてきます。

確かにPEラインは伸びが無いのでこんな時にはうってつけですね。いかにも”プロ”らしい、良い感じの動きをしています。

20080814-4

プロザラスプークに変えてから数投目、水面が炸裂して一気にロッドが引き込まれました。
ずっしりとしたこの手ごたえ!
先日の60cm級とは明らかに違います、大物の引きを十分堪能しました。

何度も走られながらも上がってきたのは、70cm、5kgの元気の良い鯉でした。
今日は、もうこれで十分ですね。

20080814-3

物凄い暑さが襲ってきたので、今日は早々に撤収しました。

増水と細波

先日のトップでの釣果に気を良くして、柳の下の泥鰌狙いで今日も出かけてきました。
曇りで暑さも和らぐ予報だったので、朝の涼しい内に釣ろうと言う計画です。

6時に到着すると、昨夜の雨の為か20cm程の増水です。更に、風が有る為に細波が立っていて、コンディションは良くなく、鯉のライズも見受けられません。
20080812-120080812-2

岸近くに鯉は沢山居るのですが増水のために水没した岸の泥を食べている様子、フィッシュイーターモードでは無い様な感じです。
ままよ、何とかなるかなとダーターミノーを初めとして色々投げまくるが全く反応は無く・・・・・1度ラッキー13にアタックが有ったのみ。

夢中になっていて解らなかったが、ふと気が付くと足元が水没している!慌ててリュックを退けたが、前回から40cm近い増水なので足場がなくなってしまいました。

条件が更に悪くなってしまいましたが、昨日、横浜物流さんで仕入れてきたルアーの中に、ウォーターランド社のテクノワールド スイッシャー18gが有ったのを思い出して投げて見ました。(これシンプルだけど派手ですね)
実は水面に波が立つ時や雨の降る時は、派手なアピールの出来るスイッシャーが効果が有るとの情報が有ったので大きな奴を仕入れてきたのです。(手持ちは昔のバス用の小さな物ばかりなので)

数投目、かなり沖目で大きな頭が見えたと思ったら直後、ロッドが絞り込まれました!しばらく引き合うも無念のフックアウト、フックがしっかりと伸ばされていました。
気を取り直して投げ続けると、今度は近くでヒットが2回続くが、2回とも同じ様にフックを伸ばされてしまいました。
ここでやっと気が付いて(すっかり寝ぼけてました)、フックをがまかつのRB/M#5に交換して投げていると、待望のヒット!今度は大丈夫で、バッチリ取り込んだのは、63cm、3.3kgのメタボな鯉でした。しかしこのルアーこれだけ好反応とは!
20080812-320080812-4

この後は、水位が急激に下がり始めまた濁りが酷くなってきてしまい、鯉の姿が見えなくなってしまいました。
更に、夏の日差しが帰ってきたので今日は早めに撤収としました。

楽しい一日

今日からホントの夏休みです。
それに天気予報でも、お盆休み中で曇り空の一日は今日だけなんて言われると、また釣れないんじゃないかと思いながらも出かけてしまいました。
例年お盆休みは、いつもの堰下はガラガラなので、まず堰下で様子見です。
気温、水温共に28℃!都会の川は朝から暑いですね。

20080810-120080810-2

6時現在、ヘラ師の方々の姿も全く見えず、川崎側に鮎師が3人ほどなのでこちら側は貸しきり状態です。
しかし全くチェイスすらありませんね、鮎は良い型がぼちぼち上がるんですが。

7時過ぎたら順にヘラ師の方が見え始めたので、場所を譲って下手を狙うがチェイスが一回のみと相変わらずの魚影の無さ。
おまけに今日は、ヘラブナも夏休みに入ったみたいで、一向に竿が曲がる気配が有りません。

ここで度々コメントを頂いている金太郎豆さんが、今日も釣り場に見えているんではないかと思い、もしかしてお会いできるかも知れないので場所を移動する事にしました。
この近辺の多摩川は歩き回っているので、場所は大方解るのですがここからではかなり遠そうです。
それにしても何処に行っても釣り人はほとんど居ません、途中何人かの釣り人と挨拶しながら移動して行きましたが鮎師以外ほとんど釣れていないですね。

多分この辺りのはずと見渡すと、ベイトタックルのルアーマンが1人見つかりました。
もしやと思い、さっそく近づいてお話を伺うと、ルアーで鯉が釣れるとの事でした!
なんと、やっぱり金太郎豆さんでした、しかしこんな偶然も有るんですね。

いろいろとお話して近くで釣り始めましたが、さっそく金太郎豆さんが一本上げました。堂に入ったロングキャスティングと言い凄腕です!
しばらくしてまたまたヒットしています、いやはや凄いなあと思っていると、私にもヒットでダブルヒットとなりました。
65cm、2.5kgの元気な鯉でした。ヒットルアーは昨年と同じシーマスターダーターミノー108でした。
久方ぶりのヒットはやはり嬉しいですね!

20080810-320080810-4


しばらくして風が出てきて細波が立ち、当たりが遠のいたので今日は上がる事にしました。

金太郎豆さん、お会いできてとても楽しかったです、また貴重な情報有難うございました、お陰様で坊主解消できました。
また多摩川でお会い出来ると良いですね。

富栄養

今日も釣りと言うより散歩がてらに多摩川にやってきました。
しかし来る度に人が少なくなるのも今年の夏ならではですね、6時現在気温は28℃、水温26℃で天気も良く日焼け日和ですが、釣り人は上下流を見渡しても誰も居ません。(去年の今頃は6人以上は居ましたね)
20080802-120080802-2

この辺りは前回の場所と違って、匂いも無く空気も良い感じですが、川底は何処も同じですね。春先のマルタシーズンの頃と違って、夏場の多摩川はやっぱり富栄養河川だと思い知らされます。
確かに綺麗にはなったんですが、自分が子どもの頃の夏の多摩川にはまだ遠いです。

鮎は大分育ち、大きいものでは20cmを超えています。此処では弱った鮎を鵜が追いかけて捕食しています。
しかし今年は大きな鯉を見ません、後から見えた”パンで鯉を釣るいつものお爺さん”の獲物も50~60cmと小振りだし、昨年は80cm位のが沢山居て鵜と同じように鮎を追っていたのに何処に行ったのでしょうか?(実は宿河原堰の上流側に居るのを確認済ですが)沢山居るのは鯔ばかりです。
今日も昼鯰さんは夏休みでした。

やっぱり日焼け日和だったので、帰りに即売所で捥ぎ立てのキュウリとトマトを買って帰りました。
これが美味しいんですよね。多摩川梨はもう少し待ちましょうかね。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。