スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み

全国的に梅雨明けだそうで、流石に今日は朝からかなりの暑さでした。

昨日は急な50cmの増水で二子玉川の中州に取り残された釣り人が、ヘリで救助されるといったアクシデントが有りましたが、今日は水位がすっかり下がり水は薄濁りの状態で先週よりは条件が少しは良さそうです。
20080719

先週から鯰ポイントが減水の為岸から深くなりかつトロ場になった為、格好のヘラポイントに変わってしまいました。その為、従来のヘラポイントには写真の様にほとんど人が居ませんが、上流側は朝からずらりとヘラ師の方が並んで入る余地が有りません。

他の場所は、全て砂礫に埋まって浅くなってしまい駄目なので、先に見えていたToshiさんも下流側で釣られていました。
やはり当たりが無いそうです、Toshiさんが先に帰られてから暑い中頑張ったんですが、昼鯰さんはやっぱり夏休みなのか夜しか浅場には出てこないようです。

立ち込んで引いていたスピナーベイトに70UPの雷魚殿が追ってきて目の前でUターンしたのが唯一の反応でした。薄にごりの中にあの目と大きな口が印象的でした。

流石にこの場所は、台風でも来てリセットされないと無理なようです。
今日の暑さには参ってしまったので、私も昼鯰さんと一緒に当分の間夏休みにしようかと思います。
スポンサーサイト

日焼けその2

昨日も暑かったのですが、今日は朝から晴れていて予報でも30℃を超えるそうです。とても厳しい一日となりそうです。

気温は朝から高く、計る気にもなりませんね。汗がじわっと滲んできて、飲み物を沢山仕込んできたのは正解でした。
20080712-120080712-2

更に水位が下がり、いつもの場所は意外と岸から深くなっており、ヘラブナの格好のポイントになっていました。
空いている下流側も釣り易い感じになったのですが、2時間引いてもチェイスすら有りません。

今日は、彼方此方見て回るつもりだったので、まず亀ポイントに行って見ました。
昨年鮎の人工産卵場が有った辺りは、毎年良いポイントなので今日も6人ぐらいの人達が入っていました。しかしあまり釣れている様子は有りません。
20080712-320080712-4

亀ポイントの下流部は砂に埋もれてしまい、ここも魚の気配が有りませんでした。
流れ込みのテトラの所を移動する時に見たら、50~60cm位の鯔が沢山餌を食べていました。余りにも沢山居るので、ルアーを引いて見ましたがやっぱり反応は有りませんでした。

次につるの剛士がテレビでマルタを釣っていたポイントに移動。
ここに出るのに薮を漕ぐのですが、暑い盛りに藪漕ぎはしんどいですね。
見た目、場所的には良い感じなんですが、ここもちょっと浅くなっていて魚の反応は無し。
20080712-520080712-6

更に上流に向かうと、毎年一等地の多摩高前の瀬では流石に鮎釣りで賑わっていました。ここで鮎師の方とお話しましたが、やはり全く駄目との事、見れば魚篭には15cm程の鮎が一匹のみ。

結局、堰下まで来てしまいましたが、流れ込みで釣っていると30cm程の鯔が居ますがやっぱり釣れません。元気に跳ねるのは鯉か鯔ですね。
20080712-720080712-8

真夏並みの暑さなので、腕は塩が白く粉を吹いて、流れる汗が目に沁みます。流石に厳しいですね。
帰りがけに組合員の方とお話しましたが、鮎は度重なる増水で流された様で、今釣れるのは二子玉川近辺と宇奈根の下側の狭い瀬のポイント位で、他は駄目みたいですね。

いずれにしても、一度大きな増水が無いとリセットが掛からないと思います。
毎年、8月が一番釣れない時期に当たるのですが、今年はもう既にそんな感じです。
まあその内また釣れる様になるでしょう。今日も、更に日焼けして真っ黒です。

日焼け

昨日が暑かったのと先週からの状況から見て、今日はかなり難しいとは思いましたが、まあ一匹位は何とかなるかなとまたいつもの堰下にやって来ました。
気温26℃、水温23℃で結構クリアな水質です。いや、釣人が少ないですね、良い天気なのにヘラ師の方が数人のみ、鮎師の方は相変わらず誰も居ないです。

20080705-120080705-2

写真の様に水位が急激に20cm位下がったようで、濡れた岸が大きく出ていました。
経験上、こんな日は釣れないんですよね。
国土交通省水文水質データベースの玉川観測所のデーターをいつも参考にさせて頂いてますが、残念ながらこんな変化はデーターに出ない事が多いのです。

今日は、ファイヤーラインとロッドの相性、リールの巻き取り長さ(結構影響が有ると私は思う)、フック形状、リーダーがナイロンとフロロの比較をしようと結構な量の荷物を持ってきましたが、鯰さんは今日は遠足にお出掛けのようで全く影も形も見えません。

繰り返した増水でポイントが埋まってしまったのとこの減水で、何処を探ってもすっかり浅くなってしまいました。
気温30℃を超える暑さの中粘りましたが、1ヒットのみ、しかもテスト使用の新形状のフックがいとも簡単に伸ばされて・・・残念ながらフックアウトしてしまいました。
ネムリが入っているので根掛りはし難いのは良いのですが、ショートバイトは取れなかったし、このフック大丈夫なのかな?

鮎師の方が1人見えまして、色々お話を伺ったのですが、相模川水系は結構鮎の調子が良い様で、人が沢山だそうです。
今年の多摩川は駄目ですよとお話しましたが、流石にベテランの方で、始めて数分後にはもう一匹釣り上げてしまいました。これには驚きました。
が・・・その後は全く駄目で、鯉のスレ掛りに苦笑いして早めに帰られました。鮎は何処に行ったんでしょうかね?

次回は、狙い場所を考えないといけませんね。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。