スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年釣り収め

雨が沢山降ったんですが、いつも参考にしている国土交通省水文水質データーベースで玉川観測所の水位を確認してみると、29日の午前5時の時点で2.79mまで増えた水位が午後8時には2.17mまで減水していました。

経験上、この位の短時間の増水では翌日には適度な濁りが残る程度で、良い感じのコンディションになる事と、渡渉場所がもともと浅いので10cm程度の増水が残ったとしても支障が無いと解ります。近くに住んでいない私にとっては、非常に有りがたいデーターです。

仕事納めも終わったし、夜半から小雨→曇り→晴れとなれば早朝から気温も水温も高めのはず!取り巻く条件は、行くしかないとの結論に集約していきます。

遠回りな言い訳をしましたが、単純に釣りに行きたかっただけなんですね。いつもの場所に、今日も6時30分に到着しました。
20071230-1

ヘラ師の方が一人のみ静かです、気温11℃、水温12℃、水はやや濁りが残る程度と予想通りのコンディションです。
黙々とキャスト&リーリングを繰り返すのですが、今回の増水でかなり砂に埋もれてしまったのと、川幅が広くなってしまい向かい風と合わせてポイントに届きません。

それでも8時30分に待望のヒット!水面に鯰さんの姿が!60cm位は有るかな、しばらく引き合うもまさかのフックオフ・・・・・残念でした。
ラインに鯰さんのぬめりが、べったりと付いて居ました。気を取り直して釣りを続けます。

鯉のスレが2回、ヘラのスレが1回・・・今日はもう駄目かと思ったら再び鯰さんのあたりが来ました!
今度はさらに慎重に寄せると、55cm、1.2kgのなんかスリムな感じの鯰さんでした。
物凄く元気が良いので、泥まみれになってしまいました。
20071230-220071230-3

ヒットルアーは何時ものシーマスターズ90S、濁りが有るとこの黄色が良いですね。
取りあえず「何時まで釣れる鯰さん」の更新が出来たので良かったです。
20071230-4

突然、空が暗くなり突風が吹き始め、やがて雨まで降ってきました。急に気温が下がり始めたので、今年の釣り収めはこれでお仕舞いとしました。

皆様も良いお年を!
来年も、楽しく釣りましょう!
スポンサーサイト

今年最後の釣行

先週でラストにしようと思いましたが、何とか天気も持ちそうなのでまた何時ものポイントに来てしまいました。
20071222-120071222-2

まだ薄暗いシンとした川岸に人影が見えました、こんな時期に熱心な人が居るものだ(自分もそうだが)と思ったら、やっぱりと言うか当然と言うべきか、masaさんでした。
早速お話を伺うと、まだ暗い内にすでに1本上げられたとの事!
この悪条件で、先週に引き続きのヒットですから、かなりの腕前です。来シーズンが楽しみですね。

気温は8℃、水温は11℃なので靄は立っていませんが、時間と共に段々寒くなってきてしまいました。風は冷たく、厚着していても芯から冷えてきます。
ルアーを頻繁にチェンジして、様々な引き方を試して見ましたが、一度チェイスが有ったきりで全く沈黙状態です。2人共顔を合わせると、今日は厳しいですねの一言です。
やがて冷たい雨が降り始め、それでも粘ったのですが昼前に諦めて帰る事にしました。

途中堰の所で、鳩が寒そうにしていたので朝食の残りをあげたら、あっという間に鳩・鴎・烏に囲まれてしまいました。100羽以上は居たんじゃないかな、ヒッチコックの映画の様でしたね。いつも此処で餌付けしている人が何人もいらっしゃるんですよね。

今年の釣行回数は48回でそのうちボウズが7回ありましたので、釣れたのは約85%でした。やはり全ての条件をクリアー出来ないのでボウズは免れません、まだまだ勉強不足だと思います。

でも、釣れても釣れなくてもやはり釣りは楽しいですね!

今年一番の大物は、5月26日に釣り上げた73cmの鯰で、ブログを始める前でしたので記念写真を載せておきます。ちなみにヒットルアーはいつものシーマスターズ90S赤金でした。
20071222-3

もっと大きいのを今年は逃がしたけど、来年はきっと上げますよ!

また来ちゃいました

吐く息が真っ白、7時10分前の気温が3℃ですが、水温は12℃と高いので水面には靄が掛かっています。もっと濃くなると幻想的で、都会の川とは思えなくなるんですが、今年はまだのようですね。これだけ寒くなると、流石に釣り人は誰もいません。
2071215-2

しばらくするとヘラ師の方がポツポツ見えましたが、やはり釣れないですね。鯉はその辺を相変わらずうろうろしていますが、彼らはぜんぜんルアーに興味を示しません。
7時20分過ぎに当りが有りヒットしましたが、やけに軽くて左右に走ります、上がって来たのは38cmの大きなヘラブナでした。
2071215-3

今日は結構行けそうな感じです、10分もしない内に当りが有りこんどは待望の鯰さんが来ました!先週と同じく、ちょっと小振り52cm、1.2kg、シーマスターズ90S鮎カラーをガッポリと銜えています。
2071215-42071215-5

その後が続かないんですよね、でも日が高くなると東京側は陽だまりでポカポカとして良い感じです。(昨日も夜遅くて、朝も早かったから流石に眠いですね)
沈みの良いエリアベイスラッシュ90Sにチェンジして数投目、10時20分過ぎでした63cm、1.6kgの鯰さんをゲット!なかなか良い引きに満足しました。
エリアベイスラッシュもこのアクションとこの仕上げ、この低価格は「大変良く出来ました◎」といった感じです。シーマスターズと並んで、貧乏釣り氏にはとても助かります。
2071215-62071215-7

対岸はジョギングの人意外は誰も来ないし、ヘラ師の方達は皆さん早くに帰られて人影は無し、ポカポカの陽だまりで一人のんびりと釣っていました。気が付いたらもう1時に、そろそろ帰ろうと思っていたら、なんとまたヒット!
今度は細長い銀色の魚体が上がってきました、50cm、1.1kgのニゴイさんです。しかしニゴイの目は何となく爬虫類っぽいですね、鯰の目の方が真丸で可愛いですよね。
2071215-82071215-9

そうそう、先日仕入れたフライングダイバーですが飛びも良くキビキビと動くので良い感じです。1度ヒットしたんですが、残念ながらフックアウトしてしまいました。
しかし、場所と釣り方を選べば、鯰はほぼ一年中釣れる対象魚なんですね。

今年最後の鯰釣行?

いったい何時まで、鯰が釣れるものか?興味は尽きないもので、今週もいつもの多摩川左岸に来てしまいました。

流石に12月に入って寒い日が続いた影響で、6時現在気温が7℃で水温が8℃と限界の水温(10℃)を下回ってしまいました。
魚の活性もかなり悪いようで(当たり前ですが)、オイカワが時折跳ねる程度と静か、尚且つ水の透明度はかなり良いと来れば、今日こそは本当に釣れ無いかもしれませんね。
ヘラ師の方も今日は人数が少なく焚き火で暖を取っている状態で、釣果も上がってないようです。
20071208-120071208-2

風が無いので体感的には結構楽ですが、水中に立ちこむと水はやはり冷たく感じます。(やはり冬ですね)
1時間、2時間・・・5時間経っても当りが有りません。ルアーもカラーもローテェーションして行くのですが、どうやってもチェイスすら有りません。

いつの間にかヘラ師の方も順に人数が増えて行き、対岸のオイカワ狙いの方達もずらりと並びました。
しかし先週の様には行きません、思ったように釣れない・・・、結局順番に帰られてしまい、11時過ぎにはヘラ師の方が一人と私だけになってしまいました。

その時急に日が差して来て、ポカポカと暖かくなり、思わずジャケットを脱いでしまいました。
誰もいないので何時もは入れないヘラのポイントに入って、クロスキャストして対岸すれすれからゆっくりと引いていると・・・来ました!鯰の当りそして鯰の引きです。60cm位は有りそうだと思ったら、残念フックアウトしてしまいました。しかし、ガッカリしては居られない・・・。
チャンス到来、今を逃さない様に連投です。数分後に見事にフッキングして上がって来たの
は、ちょっと小ぶりの52cm、1.2kgでした。取りあえず坊主は解消。
20071208-320071208-4

それから20分後位に大きな当りが有り凄い鯰の引きです!70cm以上は確実と思ったらこれも無念のフックアウト。やはり寒いと、食いが浅いのですね。
この後、日が急に翳って寒くなり、当りがまたなくなってしまいましたので2匹目の追加は諦めました。
それでも、鯰釣りの期間延長が今週も出来たので、十分満足して帰路に着きました。

12月の鯰

早いもので今日から12月です。今年も後、残す所1ヶ月となりました。
今日こそもう駄目だろうと思いながら、またいつもの多摩川左岸に来てしまいました。
風が無いので意外と暖かい感じですが、6時現在気温は9℃、水温10℃と先週と変わらない状況です。先日の雨の影響か、水は少し濁りが入り良い感じです。
20071201-520071201-7

まだ薄暗い中、熱心にロッドを振る先行者の方が居ました。このブログにコメント頂いているmasaさんでした。ポイントにシャープに決まるロッド捌き、ルアーのコントロール、かなり熟練されている様子です。
しばらくお話してから、ご一緒に釣り始めました。

ショートバイトは有るがなかなか乗ってくれません、シーマスターズ90Sをカラーローテーションしていたら、お腹の赤いイワシカラーで来ましたついに鯰の当りが!
「小さいですね、50cmぐらいかな?」と言いながら寄せて見ると、上がって来たのは、少し大きめの55cm、1.2kgの腹ぽての綺麗な鯰さんでした。
masaさんが素早く用意して下さったメジャーを当てて記念撮影です。
masaさん有難う御座いました。直接お会いして、お話も出来て楽しかったです。
20071201-120071201-2

masaさんにも大きな当りが!満月に絞り込まれるロッド、大物です。岸から2m程まで寄って来ると大きな鯉でしたが、まさかのフックアウト、とても惜しかったです。でもこの場所の狙い方をかなり掴まれている様ですので、次回のチャンスはきっと物にされると思います。

ルアーを何種類か変えながら対岸筋を満遍なく流していると、再びシーマスターズの色違いに鯰の当りが有りました。今度のはもう少し大きそうだな(60cm位?)と思い寄せて見ると、今度は60cmに少し足りない58cm、1.3kgの同じく腹ぽての鯰さん。
ただ背中に怪我をしています、この前の台風でやられたのでしょうか?
再び、masaさんにメジャーを当てて頂いて記念撮影、暴れたので砂だらけになってしまいました。水温が低いのに、結構元気なものですね。
20071201-320071201-4

その後は、鯉が2回ほど来ましたがバレてしまいました。
でも、12月でも鯰がルアーで釣れるんですね。今年は、鯰に対する認識を新たにしました。
結構、寒さに強いんですね、いや食いしん坊と言うべきか・・・・・兎に角楽しみが増えました。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。