スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑かったです

 朝6:00に多摩川の何時もの釣り場に着くと、台風以来鮎があまり調子良くないのか、鮎師の方は川崎側に2人しか見られずがらんとした感じでした。

 今日は朝から暑いので、駅から15分程歩いてくると額から汗が噴出して来ました。早々に上着を脱ぎ釣りの支度を始めると、水は相変わらず澄んでいますが先週と違い川底の石にはうっすらと苔が生えています。

20070728tamagawa0120070728tamagawa02

 今日は行けるかな、いやまだまだ元に戻るには後2週間ぐらい掛かるかなと言った感じです。 先週当ったデュオタイドミノー90Sから始めましたが、しばらく引いていても鯉の姿が見えず、今日の鯉は底に沈んでいる様です。

 沈みの良いエリアベイスラッシュ90Sにして、しばらく底を引いていると8時過ぎにグンと重みが来てラインが下流に走り出しました。かなり引きましたが、上がって来たのは60cm3.2kgの鯉でした。台風に揉まれたのか、この鯉かなり傷だらけで痛々しい感じです。

A20070728-120070728koi02

 このエリアベイスラッシュ、前にも鮎を釣った写真をUPしていますが、実売700円台なのにとても良い作りでしかも釣れるので大変助かります。今回のカラーはホログラムアジです。(このカラー、何となく鮎っぽく見えます)
 
 ナマズは今日も駄目かと思いながら、200m程の範囲を何度も細かくチェックして行きました。先週よりも流れが弱くなっているのでなかなか良い感じです。

 でもまだ水量が多いので川幅があります。飛びの良いアスリート9Sで遠投して、対岸テトラ際から沈めてゆっくりと引いていると待望の当りが!これはもしやと思っていると、頭をぐんぐんと振りながらの力強い引きに、ナマズと確信して慎重に引き寄せました。60cmの綺麗なナマズさんでした(久しぶりなので興奮気味で重さを量り忘れました)。

A20070728-220070728namazu02

 アスリート9S、カラーはCOIです。このアスリートもスロー引きでも、良いローリングアクションを出してくれます。丁度12時になったので今日はこれで撤退です。

 しかし今日は久しぶりのピーカンでほんとに暑かったですね、でも噴出す汗を拭きながら釣りをするのもなかなか楽しいものです。
スポンサーサイト

台風後の多摩川

 先週は台風4号の為に2m以上の増水が有ったので、ポイントも全く様相が変わってしまいました。
 左が台風前で右が台風後です。河原の草が流されてしまい、川底の様子も藻や苔が洗われてとても綺麗な状態です。
台風前3台風後1

台風前2台風後2

 まるで奥多摩川の様ですね、春のマルタシーズンなら一気に産卵に弾みが付くのですが、ナマズに取っては迷惑千万ですね。1週間経つのですが、水量はまだ20cm近く多い感じです。

 流れは速くなり、平面的には変わらない様ですが川底の高低がまるで変わってしまったので残念ながらナマズはまだ付いていないようです。
透き通った水の中を鯉が泳いでいるのが見えます。やっぱり多摩川で彼らが一番多くて、しかもタフじゃないかと思えますね。

 ルアー釣りの場合対象魚がフィッシュイーターなので、獲物になる小魚が集まる場所がポイントになりますが、流れが川底の低い所で巻き返してその手前の深い所に淀みを作ると小魚の餌が集まりやすくなり結果的に良いポイントを形成する事になります。
 表面的に見ていると何処も同じようなトロ場でも立体的には変化が有りますので、この場所には約300mの範囲のトロ場が有りますが釣れる場所はほんの数mが数箇所しかなかったりします。

 春に通って昼ナマズを釣っていた場所も、200m程の中で釣れるのは7m程度の範囲で、その中で60cm以上が居るのは3m位、更に70cmクラスはその中の約1mの範囲、他は40~50cmクラスと言った感じでかなりはっきり分かれていました。

 前置きが長くなりましたが、今日は55cmの鯉が1本でました。ヒットルアーはデュオタイドミノー90Sで、アップストリームで投げて流れの脇を引いていたらコツコツと明確な当りがあり合わせるとグンと乗りました。頭を振ったのでもしやナマズかもと思ったのですが、上がって来たのはフロントフックをがっぽり銜えた鯉でした。

20070721koi120070721koi2

多摩川での対象魚

今日からブログを始めました。
子供の頃からなれ親しんでいる多摩川での釣行記が中心になると思いますが、その他にも趣味の話等思いつくままに書いていきたいと思います。
拙文ですが、どうぞ宜しくお願いいたします。

今週は台風の影響で釣りにならなかったので、先週の釣果を見て下さい。今の季節はこのような魚達を相手にしています。
また夜釣りは怖いので、いつも明るい内に釣っています。

20070707namazu
60cmのなまずさんです。とぼけた顔をしていますが、歯が鋭いのでこの間もっと大きいやつの口に指を入れたら、かまれてかなり痛かったです。この時期のメインターゲットとしています。

20070707raigyo
ライギョ75cmです、あまり数が多くないのでめったに掛かりませんが、今年は珍しくこれで2匹目です。口に指を入れると食いちぎられるとのうわさもあります。もちろん入れませんが------。
ルアーが口元に見えませんが、実は丸呑みにされてしまって外すのに難儀しました。

20070707koi02
鯉です、80cm近く有りました。専門に狙うとなかなか釣れないのですが、時々気まぐれに掛かってきます。彼は珍しくやる気満々に高速で追いかけてきて、目の前でルアーに食いつきました。パワー、持久力抜群です。

20070707ayu02
約20cmの鮎です。この様にルアーに掛かってきます、釣れるのは圧倒的にプラグが多いので縄張り争い(友釣りの原理)のようです。ここの所毎週何匹か釣っています。

この他に、春には名前の通りのマルタウグイ、夏には奥多摩川で虹鱒等、秋にはシーバスを狙って多摩川を気ままに徘徊しています。また釣れたらアップしますので宜しくお願いします。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。